フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アトリエ日記

2019年12月14日 (土)

アトリエXmas その1

 もう何回目になるんだろう。。。

 横浜のずっかちゃん。トトロクッキーを焼いてアトリエの人数分+オマケを送って下さっている。

 まだお会いしたこともなく、だから彼女はアトリエのみんなに会ったこともないのに。。。

 Xmasの度にこさえて下さる。

 今年も本番2日前に届けられた。

1912141

 みんなはそんなことも知らず、12月14日の土曜日クラスからアトリエXmasがはじまった。

 はじめはいつものようにお絵描きタイム。

 トトロはそれとなく サンタさんの気配を匂わせる。「サンタさんのお使いが来てくれるかもよ。。」と。

1912142

 一年生のカホちゃんと二年生のユズカちゃんは アトリエのXmasを知らない。

 その二人と去年サンタが来てくれたユウキちゃんの3人でケーキを創る。

 トトロ先生が焼いたスポンジに仲良くクリームを。。。ジュース係のユウタ君はそれを待つ。

 「このケーキ サンタさんにあげよう。」「うん。うちらも少しもらおうね。」「うん。」

1912143

 のせるところが無いほどにイチゴのてんこ盛り。ポッキーも刺しまくり。。。「いいケーキだね。」「うん最高だね。。」なんて言ってる。

1912144

 代替えで来ている高3のミカちゃんは もっぱらスタッフにまわってくれて。。オトナのジュンコさんも参加。

 アトリエ名シーンの「メリーーーーー クリスマス!☆☆☆」パーーーーーーーーーン☆

1912145

 と そこにサンタの鈴の音。。。そして大きな袋が届いた。

 トトロ先生が中を開けて 最初にユウキちゃんの名前が英語でかいてあって ユズちゃんは「よかったねー」と拍手。

 ユウキちゃんは上に「サンタさーん ありがとーーーー」

1912146

 カホちゃんは「もうトナカイで行っちゃったの? ありがとーーーございますーーー☆」と叫んだ。

 先輩達はなんだかジーンとして 拍手を送る。

1912147

 はじめてのユズちゃんのも届いて「せんせー見て見て トトロのクッキーです。すごいです。」とトトロに見せた。

1912148

 小さいモノを一つずつ取り出しては「わぁーーー 」と歓喜。

1912149

 「消しゴムも マスクもあるよーーー。」とカホちゃん。

19121410

 静かに開けているスタッフハルカちゃんの袋にも いつもお手伝いをしてくれる ねぎらいの贈り物がいっぱい。

19121411

 「これ  ほしかったの。サンタさんてわかるんだね。絵本にかいてあったもんねー。」

19121412

 そこに「先生 元気になりましたねー。よかったー。」と 8月に一旦卒業したりょうなちゃんが来てくれて、みんなの嬉しいが最高潮。

 よかった よかった・・・・サンタさんありがとうのトトロです。

19121413

 後半クラスは 大きい子ばかりなので 続けて参加したミカちゃんも絵が描けて、ミオちゃんはまもなくセンター試験。。

19121414

 長年 このクラスはアオイ君がケーキをデコって来たけど、今年はテンテン君が引き継いだ。

19121415

 恒例のパーーーンも 息がピッタリ。上のモールにぶら下がるテープのすだれ。。。

19121416

 「はい 出来ましたーー。」とテンテン君。

19121417

 こんなに大きくなってもサンタさんは 忘れていないのです。アオイ君も上に向かってお礼を言った。

19121418

 ミオちゃんとミカちゃんは 最後のアトリエクリスマス。手づくり袋はずっしり重たかった。

19121419

 サローラの袋はパンパン。みんなは拍手する。よく手伝ってくれているから サンタさんは見てるのよ。

19121420

 何故かミカちゃんの袋に入っていた「ブタメン」

 大笑い。

19121421

 ゴソゴソと袋を開けるみんなにトトロは伝えた。「今年は全国七か所のサンタさん達が 心を送って下さいました。みんなもオトナになって思い出したらサンタさんをしようね。」「はいっ。」

 ヒロト君が「先生もサンタなんでしょ。。」と言うから「もちろんです。長い間一人でやってたけど、助っ人が増えて感謝してるんだよ。」

 …全国サンタ同盟の皆さんの存在なんて あり得ない話だから、このことがどんなに稀でありがたいことかを これから巣立つ子たちに伝えていこうと思う。みんなが サンタの心を持って生きれば、この世はどんなに平和なことか。。と。

19121422

 仕込んで来たとっておきのマジックを披露するテンテン君。

 時々失敗して 大笑いするみんな。アトリエの幸せな時間はたちまち過ぎてゆく。

 ここに並ぶ子ども達は 全員違う学校だ。

19121423

 ケーキも まあまあ美味しかった。笑

 いつもだけれど とても上手く焼けた頃には Xmasが終わっている。

 でも 一口ほおばって みんなは必ず「美味しい。。。♪」と言ってくれる。

19121424

 やっぱり手渡す袋は モノだけじゃない何かが詰まっていて、みんなもトトロも心の底からサンタを信じて、やがてアトリエを巣立ち きっとこの日のことと仲間の顔を思い出すことだろう。

 おかげさまの サンタクロース。一回目のアトリエXmasは 大きな夢とチカラをアトリエ一杯に漂わせて大成功のうちに終わった。

 さあ 最後まで サンタ仕事 がんばりますよ。たくさんの感謝を込めて。。。メリー クリスマス♡

19121425

 

2019年12月11日 (水)

いよいよです。。

 7日の土曜日クラスにやって来た 背の高いセラ君に頼んで、キラキラモールに踏み台無しでオーナメントを下げてもらった。

1912111

 低い所にはミカちゃんが、二人とも最後のアトリエクリスマスとなる。

 12年間のアトリエライフ。一度たりとも アトリエに行きたくないと思ったことはないそうだ。

 トトロはミカちゃんに言った。「あなたには 周りの空気をホッコリさせるチカラがあるからね。それは凄いことよ。」

 セラ君は就職が決まり、ミカちゃんは大学が一つ合格した。

 「アトリエに寄ってみたいときはいつでもおいでね。」と言うと セラ君が「はいっ。」とうなづいた。

 「アルバイトしたら おっとっと買って来ます。」とミカちゃん。アトリエラストクリスマス。。。楽しんでね。 

1912112

 教室の最中に宅急便が3つ同時に届いた。

 スタッフのハルカちゃんと こっそり開封してみるとXmasの空気が箱から飛び出して。。。声をひそめて トトロとハルカちゃんは「わぁーーー・・」と小さく叫んだ。

 大阪のOGメグちゃんからのが2つと トトロブログの読者でアトリエファンの 広島のうさパンさんからだった。

 サンタ同盟初参加。。。トトロは胸がジーーーーーンとした。

 「ね 全国のサンタさんからだよ。」とハルカちゃんに伝えると コクリとうなづいて 感動した様子。

 コッソリとしまって またみんなの部屋へ。

1912113

 後半クラスも全員参加。

 Xmasカードの仕上げをしながら みんなの絵を見て歩く 名スタッフサローラ。

 6年生のソーシ君 緊張ぎみ。。ppp

1912114

 ココナちゃんは いつも生けてあるアトリエの花と虹。

1912115

 サンタ工場の正社員の二人とベテランアイ子ちゃんには この日届いた箱の中を見せた。

 「せ 先生・・・・すごいです。」

 そして みんなで 施設の子ども達にも分けようと決めた。

1912116

 全国サンタ同盟の皆さん ありがとうございます。手づくりのものもたくさん入っていた。

1912117

 9日の月曜クラスもみんなで手分けして 病院に贈る粘土の天使など一生懸命に創った。

1912118

 3年生のレン君は モールにも「すごい。きれい。」と見上げ、みんなの天使にも「わぁ上手。」と感心。

 トトロはみんなに「レン君は初めてのアトリエXmasだからね。次の23日はいい時間にしようね。」と告げて・・「風邪ひかずにおいでよ。」と言うと、「絶対来ます。」とマオちゃん。

1912119

 アトリエのワクワク感は 水曜クラスの11日も最高潮で、みんなはいろんな相談をしていた。

19121110

 ニューフェイスのランちゃんには BOSS手づくりのライティングボードがしつらえられて さらに描きやすそう。

19121111

 トトロ先生に抱えられて「あったかいや。」とヤンチャコンビ。

19121112

 器用に折り紙ケーキを折るミサキちゃん。みんなにも教えてくれていた。

19121113

 真似してみんなで ケーキを折っている。

19121114

 みんなの願いが サンタさんへのメッセージカードに書かれていた。

19121115

 この日福島会津のリンゴが トトロ童画ファンの方から届けられて、もういただいた箱を隠すところがないので スカーフを掛けておいたら

無事 みんなには見つからなかった。

 不思議なことに 神戸のラクヨサンタからはじまり 福岡 信州 大阪 広島 そして横浜のトトロクッキー予告と 皆さんの入れて下さる中身にダブりはまったくなくて、まるで連絡網があるかのようなミラクル。

 トトロと子ども達は 病院や施設に分ける相談を始めている。「うちらだけ もらうのはもったいないよ。。」と。

 14日に第一回アトリエXmasが始まるまで、一人一人の一年に思いと応援を詰め込んで、超オリジナルな素敵なサンタギフトを完成させようとしているトトロ。入院して留守番させて心配かけてしまったことへの 感謝とゴメンも詰め込もう。

 一人も欠けず元気でアトリエクリスマスを迎える喜びは、一番大きな贈り物。

 今のアトリエ終わりのあいさつは「次はXmasだよ。待ってますよ。」「はーい。ぜったいきまーす。」だ。

 

2019年12月 5日 (木)

奇跡の土曜日

 11月のラストは、元気なちびっ子たちの27日水曜日クラス。

 アトリエの中は少しシクラメンが増えただけで、それほどXmasの空気も感じさせず。。。さりげなくサンタの話の絵本を読んで、ちょっとクリスマスのお話をしたりして、12月のお出迎えのようなムードにしていたトトロ。音楽はジブリ。

 ノリトラ君はいつも一人で一番乗りだし、ソージン君もママが出張で一人で歩いてやって来ていた。

 はじめは静かに絵を描く。。。。。。はじめのうちはね。

1912041

 「ここはこうなってるんだよ。」と説明しながら面白そうな建物の中身を想像して描くノリトラ画伯。

 ご両親のお仕事の関係からか「オレ ホテルニュー◎◎◎△で 去年はクリスマスだった。」と。。

1912042

 すかさずソージン君も「ぼくだって 公民館でやったし。。」と胸を張る。子ども達にとっては 楽しければ どこでやろうと、それは夢のような思い出となる。

 歴代生徒のみんなは毎年「サンタっているよ。」「いないよ。」の大論争を繰り広げる。

 トトロ先生の方をチラッと見るから、トトロは静かな声で「いますよ。」と真面目な顔で答える。

 ほらね。。。とソロンゴ。みんなも そうかもな。。。と なんだか安心した風にまた絵を描きはじめる。

1912043

 

 このクラスはノリトラ君とランちゃんが初めてのアトリエクリスマスを迎える。

 ソロンゴが小さな声で二人に言った。「あのね アトリエにはサンタさんが来るよ。本当だよ。」ランちゃんはニッコリした。

 帰りの時間 雨が降って来たのでソージン君にはおじい様が ノリトラ君にはおばあ様がそれぞれ車でお迎えに見えた。

 ちょっと照れた顔で 二人はホッとしたように手を振って帰って行った。一人でも来たいから来ると言う一年生と二年生。男らしいね。

 

 6年生のミサキちゃんがロマンチックな夜のツリーの下に贈り物を描いた。

1912044

  年に数回あるかないかの第五土曜日は、アトリエ教室のない貴重な日となって 高校生のサローラとカイキ君が飾り付けに駆けつけた。

 「あまり指示しないから 自分たちのセンスと工夫で頼みます。」とトトロ。

 とかく指示待ちをされると、トトロの手も止まり、子ども達の発想力の使いどころがなくて いいことは一つもない。

 二人はあーでもない こーでもないと 何度もやり直しをしながら作業を始めた。

 トトロからのミッションは「入ってきたときに 見上げた子たちが わぁーーーーっ と思う飾り方をして下さい。」

 サンタの予算の関係で毎年一本か二本増やすので、色もバラバラ長さもまちまち。

1912045

 途中経過。

1912047

 何度も飾りなおして「見て下さい。」と言うので 玄関からアトリエに入ったトトロは言った。

 「わぁーーーーーーっ。きれい。二人ともよくやりました。今迄で一番だよ。」…実はこれ 毎年の助っ人に言っているのよね。

 でも ホントに毎年ごとに今までの一番なのだから。

 模試を控えた土曜日なのに 22年間 いろんな先輩達がつり下げていたモールを 令和元年のクリスマスもつり下げてくれる子が居たことが、ホントのサンタの居る証拠なのです。

 つぎはぎだらけの色だけど どんなホテルよりデパートより 美しい心がこもる飾り。

 トトロ特製のカレーを温めて「おつかれサンタ・・」と二人にごちそうした ミラクル土曜日のことだった。

1912046

 翌 12月1日 日曜日。

 信州サンタのくまたろうさんから 手づくりの手鞠と野沢菜の漬け物 松ぼっくり 色々ギッシリの箱が届いた。

 もう何年になるだろう。。。ブログでお知り合いになって久しいけれど アトリエに手づくりのXmasを届けて下さる全国アトリエサンタ同盟の第一号だ。

 「今年は他力本願で・・」と添え書きがあって ブログを拝読するとお仕事が超ご多忙の季節らしく。。。それでも手縫いのランチョンマットが掛けてあったりする。美しい手鞠は本当に見事な作品だった。

1912048

 あちこちのサンタさんたちに励まされ トトロは毎日少しずつ色々と進めた。

 今年は 生徒のお母さんの中からも いろいろな手助けがあって、それは本当にありがたいことだ。

1912049

 3日の火曜日。仕事帰りのシュウヘイ学芸員がトナカイになって駆けつけてくれた夜。

 トトロ特製弁当をこさえて、まずはトナカイの腹ごしらえから。。。

 チンゲンサイとお肉の中華炒めジャガイモのフリッター 卵焼き 大山ウインナー ブロッコリー などなど。。。

 高校生の頃からトトロ飯を食べてくれた彼。久しぶりに舌鼓。

19120410

 トトロサンタ第一便は 千葉から移住されて今年ついに念願の梨の出荷まで果たした ファー民さんのご一家まで。。。

 お兄ちゃんは高校受験なのでシュウヘイ君の体験談などもアリかと・・・

 妹のSちゃんは宿題もそこそこに待ちわびてくれていて。。。2年前にもマサヒロ記者とシュウヘイ君とがトナカイでおじゃましたっけ。

 「大きくなったねぇ。。」とSちゃんに言いつつ「僕は親戚のおじさんかっ。。」と自分で突っ込むシュウヘイトナカイ。笑

 なにせトトロはこの一家の 勝手に応援団長のつもりなので、いつもサンタはここからはじまるのですよ。

 帰りに美味しい白ネギと立派な梨をいただいてしまって。。。恐縮至極。

 とにかく ご家族みんなお元気で。。。と祈りつつ 夜道を走るトナカイとトトロサンタだった。

19120411

 今週7日の土曜クラスからアトリエ教室で、Xmasは14日から。

 思いがけなく奇跡的に30日の土曜日がお休みのおかげで 滞っていたことが全て進み始めた。そのことはホントの贈り物。

 助けられつつ 助けつつ この世はみんなつながっていて、肉親 他人 関係なく、出会えたご縁は宝物。

 トトロがサンタなのかサンタがトトロなのかは知らないけれど、たくさんのみんなに助けていただく こんなサンタもあらばこそ。

 子ども達と繰り広げる至福のひとときが ただ見てみたいから きっとサンタはこっそりと居るのです。

 だって 毎年不思議なことばかり起こる12月。トトロが退院して元気に迎えられる12月が来て本当に感謝です。

19120412

 子ども達もおとな達も みんなみんなで キモチを分け合いたいと思うトトロです。

 サンタさん トナカイさん ありがとう。トトロはもうこれ以上何もいりません。だから元気で今年も来てね。。。 

 

 

2019年11月26日 (火)

ハートみかん♡

11月21日 木曜日

 鳥取県立博物館の学芸員 シュウヘイ君が、新聞に初めて「博物館便り」を執筆して、日本画の屏風絵を紹介していたので拝観しに出向いた。

「シュウヘイ学芸員の記事で来ました。」と挨拶すると 彼が出て来て、トトロと熊田っちに閲覧室貸切り状態で 解説をしてくれた。 

 彼が記事を書かなければ、入ったことのない常設展の中二階。

 鳥取藩に伝わる所蔵の中から、いつも取っ替え引っ替え 展示しているのだとか。

 おめでとう 頑張って。。の気持ちで訪ねて行って良かった。

 古い見事な美術に触れて、「絵師って 昔から 歴史を伝える貴重な仕事なのねー」とトトロ。

 地味な作業を白手袋でコツコツとガンバル彼にエールを送り。。。100円ショップへと急ぐトトロ。

 なるべく アトリエの弟子たちの関わる仕事には顔を出そうと思うのだった。

1911251

  BOSSが畑のミカンの木で発見した「ハートみかん。」いやーーーー 博物館的 ミラクルでしょ。

 「なんか いいことあるかもよー」と 生徒達に見せて みんなでさすり、幸運を祈った。

1911252

 ていねいに色えんぴつで ニャンコと花畑を描いたユウキちゃん。

 11月23日 土曜日前半クラス。

1911253

 あちこちのクラスに散りばめられた オトナの生徒さんの中でも、とりわけナースのジュンコさんはお仕事のシフトによって。土曜日の好きな時間にやって来られる。

 この日はこのクラスに混じっていただいて、となりの席のユウタ君がおもてなし。

 とんがりコーンを ジュンコさんの指にさしてあげたりしているし・・・・・。なんか 自然で笑える。一応クラスメイトだからね。笑

1911254

 ゲージツ家のユズカちゃんは、次々と発想が沸くらしく、ひとしきり絵を描いて 次は粘土と忙しい。

 みんなでハートみかんをこっそり触って、ご利益ありそうな秋晴れの一日。

1911255

 後半クラスのミオちゃんは、受験を控えた高3で この日も模試のあとに駆けつけた。

「息抜きをしんさいよ。」とトトロ。

「はーい。」とXmasカードを創ってくれている。

1911256

 倉吉の高1のアオイ君の顔も見えたので、久々に全員集合でパチリ。彼はサッカー部とアトリエを両立させてカッコいい。

 みんな部活や試験をかいくぐって、よくぞアトリエに辿り着いてくれて。。。トトロは本当に感心してしまう。ありがとね。

 しかし…アオイ君 デカくなりましたね。兄ちゃんについて来た3歳くらいから知るトトロ。人生の大半をアトリエで過ごしているのね。

1911257

 ありゃ。。。いつの間に。だれかの描いたラブレター。。。。時々 こんなのがこっそり隠してあるから面白い。

 この日 福岡サンタのミコミコさんから秘密の箱が届いた。。。。。。。心から感謝です。

1911258

 11月25日。月曜クラス。

 雨だし 寒いし。。。「よく来たね。寒くない?」と聞くと「走って来たから暑いですっ。」とマオちゃんとアカネちゃん。わ 若いね。

1911259

 なんだかみんなは 一生懸命。ひたすらに自分の作品を描いている。

19112510

 リースを描いたユウヒちゃん。

19112511

 デカい刷毛で下地を塗るマオちゃん。 「なんか美大みたいだねぇ。」と トトロ先生。

19112512

 アトリエで初めてXmasを迎えるレン君は、玄関前のピカピカに「きれい。。」と感動している姿が新鮮だった。

 得意の「まめ太」を貼付けて、カードも出来て。。今年も何人かは初めてのアトリエクリスマスなのね。サンタも姿勢を正していると・・思いますよ。・・・・たぶん。

 もちろん みんなはあのハートみかんをチョンチョン撫でて帰った。写メを撮影するお父さんもいらした。♡

19112513

 26日の火曜日に、かねてから「眼科に行ってみて下さい。」と心臓の先生に言われていたので、ようやく重い腰を上げて出向いた。

 アトリエから徒歩10分。元生徒の あの神戸のシズカちゃんとメグミちゃんのお父さんの病院だ。

 「トトロ先生ようこそ。」と 迎えられて 9月に姉妹とその母アヤどんが神戸の病院に来て下さったことのお礼も言えて。。

 9月の手術後 少し血糖値が上がり気味で網膜を診てもらうようにとのことなので、たくさんの検査をしていただいた。

 結果は「ダイジョウブです。」「アーーーー良かったです。ありがとうございました。」と。。検査室の時計を見ると。。

 トトロ時計がカチコチと、やさしく時を刻んでいた。

19112514

 ハートみかんのご利益満載。これで心おきなく 色々な準備が出来そう。

 博物館にも眼科にも、身内のような空気が広がっていて、トトロはそんなことをとてもミラクルだと思うのです。

 感謝の日々はもうすぐ12月を迎える。

2019年11月18日 (月)

サンタ工場

   東の空に冴え渡る十三夜の月。アトリエの外はすっかり暗い。

  水曜クラスのみんなは外の夜にも気づかずに、一生懸命えんぴつを握る。

  一年生 二年生 三年生 の 強いパワーは疲れを知らず たまにやかましくてよく注意されている。

  その度に「てへっ・・・」と ちょっとだけ静かになる。

 

1911181

 ニューフェイスのランちゃんは、ヒロト君と同じ斜めの台にした。

 前回 首が痛そうだったのでお母さんに聞くと 少し背骨がしんどい体質だとか。

「これならどう?」と聞くと「痛くないです。」と。。。。よかった。

1911182

 一年生ながら落ち着いているノリトラ君と やんちゃ坊主のソージン君。描きたいものはメイとサツキ。。。

1911183

 すっかりお姉さんらしくなった唯一6年生のミサキちゃん。空想で部屋と窓の絵を描くのが好き。

1911184

 マスクは、駆けつけてくれたスタッフハルカちゃん。

 みんなはなかなか並んでピシッとしないのが面白い。笑い声の絶えないクラスだ。

1911185

 アトリエの窓を外から見ると。。。。サンタがこっそりお出まししていた。

1911186

 16日の土曜日は、BOSS庭から枝についた柿が登場。

 みんなは枝を持って「重たいね。こんな細い枝なのにがんばっているんだなぁ。」と。

1911187

 前半クラス終了後にタカユキ君が「先生 ライン登録しましょう。」と。セラ君とも登録してもらってトトロは二人とつながった。

1911188

 後半の面々もひたむきに描く。

1911189

 サローラはBOSSに頼まれて お月謝の袋にイラストを描いているし。

 アトリエのお月謝袋は手描きなのだ。トトロのイラストも描き入れて たまにみんなにも手伝ってもらう。

19111810

 米子から来たユリちゃんはお花が大好きで この日も新しくいただいていたフラワーバスケットを前に丁寧に描く2年生。

19111811

 土曜日終わりの時 トトロはケント君コーセー君の双子兄弟に声をかけた。「ねぇ 明日の日曜日時間ある?」

 二人は察した。・・・・あこがれのサンタ仕事。。。。「はいっ。あります。」

 去年は女の子達だった。

 アトリエでは 中学生になると みんな時々トトロの秘密仕事を手伝う。

 性格穏やか 素直 正直 器用 優しさ アイディア 全て持ち合わせていないと トトロは仕事を頼まない。

 素敵な難関を突破した二人は 翌17日の日曜日 自転車を飛ばしてやって来た。

 トトロミッションを聞く目が輝いている。

 「まず 金色の松ぼっくりを創りましょう。」「はいっ。」

 秋までに拾って集めて洗って渇かした松ぼっくりに 粉絵の具とボンドをお湯で溶かした金の液体をつけていく。。

19111812

 ついでに 信州のくまたろうさんからいただいたクルミも ドライにした小花も金色におめかし。。ときどき動かしつつ渇かす。

19111813

 不思議なサンタさんから早めに届いたヌイグルミを 透明な袋に分けて 一匹ずつリボンをかけていく。

 途中から高校生のカイキ君も駆けつけて 三人はついに2019年 サンタ工場の正社員に昇格した。

 「どぉ?めんどくさいですか?」と聞くと「いいえ すっごく楽しいですーーー」とのこと。

 開けて見るみんなのことを想像して 包んでいるもよう。。

 「先生 足りなかったら僕たちの分はいいですから。。」というので「今まで 足りなかったことは一度もありませんよ。」と トトロ。

 優しいサンタたちだ。伝統は受け継がれて行く。

 デビューした双子君たちにカイキ先輩が言った。「これは あくまでも包むお手伝い。本物のサンタの助っ人だからね。秘密なんだよ。」

 「はいっ。」

19111814

 そして 三人はトトロの特製おでんをハフハフニコニコと お腹いっぱい食べて 満足そうに帰って行った。

 あぁ 今年も無事にサンタ工場がはじまって 12月までにはまだまだ仕事が山積みのシアワセ。。

 トトロはおかげさまで 元気になって アトリエにはちゃんとXmasの気配が感じられて 感謝です。

19111815

 今年のアトリエイルミネーションはもうピカピカと光り始めている。サンタさんが道に迷いませんように。。。

2019年11月11日 (月)

アトリエの11月

 アトリエの花はBOSS畑のダリアとゼラニウムが定番になって、紅色が寒さを少し和らげてくれている。 

1911111

 11月9日 土曜日の前半は、一年生から五年生までのちびっ子クラスだ。

 一年生のカホちゃんは 思いのままにセンパイたちのテーブルをまわり 質問をする。

 まんざらでもないユウタ君は、ちゃんと気象学に基づいて解説をしてあげている。

 まるでギャラリートークのようだ。

1911112

 みんなは チョコンと自分の席で、ひたすらに ひたむきに 作品に向かう。

 この日はとても静かだった。

 「いつまで黙っていられるか競争をしよう。」と決めたのは みんな。(いい感じ。他のにぎやかクラスにも提案してみよっと。)

1911113

 粘土のときも 並んで静か。。。これまでにないことだった。

 「いいですねぇ。みんな上手いよ。」と言うと。

 「あーーーーーっ せんせいの負けーーーー。。。しゃべったから。」

 「そ そんなぁ。。。」と トトロが笑うと、みんなも笑って またいつものにぎやかさが戻った。

 

  そこにトトロフレンドのM先生がお花とお菓子を持って登場。みんなは自然に「こんにちは。。」とお迎え。その自然さに感心する。

 ブログで闘病を読まれて、訪ねて来られ・・・密かに勤務校の担任クラスで さりげなくカードを募り続けて下さっている先生だ。

 いつものアトリエの様子をニコニコとご覧になって ジワジワとされていたもよう。。。。感謝です。

1911114

 ユウタ君の作品。地球と さまざまな気象現象。

 アトリエ歴 約5年。はじめて絵の具で最後まで仕上げた。

 「先生 これ今度の作品展に出します。」

 ほぼ白い画用紙のままで帰ること数年。気長に待っていて良かった。

 

「自分で決めて 自分で描きなさい。自分の気持ちと相談して 何を描きたいか決まるまで 急ぐことはないよ。」と 言い続けてきたトトロ。

 彼はとてもとてもうれしそうだった。よくがんばりました。サインがデカいね。。。。

1911115

 後半クラスも感動スペクタクル。

 学芸員のシュウヘイ先輩が 自分が持っている「からくり人形」を持って来てくれたのだ。

 食い入って離れないテンテン君。

1911116

 テンテン君があんまり一生懸命に からくり人形を描くので、トトロがシュウヘイ君に「博物館にないかしら?」と相談すると「自宅にあるので 持って行きます。」と言って 日程を決めていたのだ。

 この日 本物が見られることを告げていたら、それはそれは楽しみにしているとお母さんから うかがっていた。

 テンテン君は一人っ子で ご両親ともに中国の方。

 このアトリエのひとときが 何より好きだと言って、いつも一番先に自転車でやって来る。そしてマジックを仕込んで来てみんなに見せる。

 生徒展のときなんか 中国からご親戚まで呼び寄せるほど熱心なアトリエ家族だ。

1911117

 ついに全員が移動して、人形が弓を射るのを何度も見学した。

1911118

 みんなで人形に名前をつけた。

 「弓曵きテンテン」

 子ども達が 日本の古い貴重なメカに触れた 大切な記念日になった。

1911119

 みんなが戻って絵を描いていても、テンテン君は最後までシュウヘイ先輩の側に居た。

 そして 先輩はからくりの仕組みが解説してある古ぼけた本を 「これ 君にあげるから、ゆっくり読んで。」と差し出した。

 BOSSは「男の子は こんな感動を一生のものにして、人生に影響していくもんだぞ。」と・・・

   なんだか 一番喜んだのはシュウヘイ先輩のような気がした。・・よっ 学芸員!拍手☆

 さあ テンテン君は将来何になるのかなぁ。ロボット発明してたりしてね。ノーペル賞もらったりしてね。。。。

 素敵な時間だった。  みんな ありがとう。 不思議で素晴らしいアトリエです。

19111110

 11日の月曜クラスも 全員集まって充実のひととき。

 レン君はデッサンの周りを虹色鉛筆で丁寧に塗った。

19111111

 アカネちゃんは 首里城の話をすると 自分もおもろまち先生に励ましの絵を描いた。

19111112

 着々と出来て来たXmasカードたち。みんなは手分けしてパーツを創っている。

 「先生 神戸の病院にも送るんでしょ?」「うーん ドクター達には送りたいわね。。。」「よしっ、たくさんつくろー。」

19111113

 この日 トトロはサンタたちが そろそろ出発の準備を始めたことが描いてある絵本を読んだ。

 呼吸が楽で いい声で読んだ。。。みんなはシーンと聞いてくれた。

19111114

 集まって 楽しんで 分け合って 温かい、アトリエの11月。

「なんだかすぐにXmasが来るね。。」と子ども達。

「ごめんね。今年は9月がなかったからね。」

 それでも いつもの通り Xmasの準備は着々と。。。。

 密かに忙しい アトリエの11月。

2019年11月 6日 (水)

秘密の仕事

 10月は水曜日が5回あったので、トトロ退院直後の日を変更したにも関わらず 今月2度目の水曜クラスが生きてラッキーのみんな。 

 先回 仲間入りしたランちゃんは 小さなネズミくんを描いていて、「お顔はラッキョのように描いてみて・・」とトトロ先生。

 「はい。あっ 描けた。笑」「よかったね。」 横では 新人を気にかけてくれつつ 黙々と楽しむミサキちゃん。

1911061

 小さなネズミの次は オトナも読むような百科辞典で宇宙を語る ノリトラ君とトトロ先生。

1911062

 ソロンゴとノリトラ君が 今度は動物図鑑を楽しんでいる。この日 ソージン君は都合でお休みだった。

 アトリエにはトトロが集めたり いろんな方からいただいた大きな重たい図鑑がいっぱいあって、ネットの時代にみんなでめくるトキメキのひとときをもたらしている。

1911063

 10月31日に沖縄の首里城が焼け落ちるというショッキングな出来事があった。

 その2日後の11月2日の土曜日クラスで、トトロは沖縄の話をした。

 もう5回も消失しては建て直し、戦争の苦しみや痛みを味わった沖縄の方達の心のシンボルだったこと。

 何年もかけて ようやく今年 見事な首里城が復元されたばかりだったこと。。。

 そして アトリエにも修学旅行などで沖縄に行ってお土産に買って来てくれたみんなのシーサーがあること。。

 トトロのプログでお知り合いになった沖縄のお医者さんのオモロマチ先生にクリスマスカードを贈っていたら、いつも「ちんすこう」をどっさり送って下さるので、みんなは「せんせい哀しいだろなーー。」と心を痛めつつ、首里城の絵を描いた。

1911064

 後半クラスのみんなにも その話をした。

 「かたちあるものは いつか消えることもあるけれど、今のアトリエタイムは思い出になるよ。大事にしようね。」

1911065

 つるべ落としで日が暮れて、外は真っ暗の中、みんなはそれぞれの世界を楽しんだ。

1911066

 「先生 これオモロマチ先生に送ってください。」

 とっても明るい顔のシーサーを描いたココナちゃん。    

       (*お医者さんの本名は別で オモロマチというのは病院の名前です。でも子ども達はオモロマチ先生だと思っています。)

1911067

 信州のくまたろうさんのこさえた「クルミインク」で描くコーセー君。

1911068

 土曜日のアトリエが終わると、首里城とシーサーのカードがのこっていた。「沖縄がんばれ・・・」みんな思っていた。

1911069

 

 11月4日 今はすっかり学芸員になって 新人の日々をひたすら精進しているシュウヘイ君登場。

 実は前日の寒さと雨模様で なんだかくたびれ果ててあちこちの痛みも増して エンジンが止まりそうだったので、元来 弟子達の前ではカラ元気を出すトトロは助かった。

 秘密のサンタ仕事のあれこれを手伝ってもらいながら 深い話も出来た。

 お盆以来なので、神戸でのことも報告。

 彼の小さいときからの夢だった博物館の学芸員。。。努力して修行して バイトして。。論文を何度も提出して ついに本採用となったのをトトロは見ていたよ。だから ホントに良かったと思った。

19110610

 たくさん手伝ってくれた彼がおみやげに持って来たのは、アトリエのオヤツの定番「おっとっと」とカルピスウオーターどっさり。

 トトロはお礼に ちょっとだけ作文の書き方をアドバイスした。いろいろと書かなきゃいけないらしく。。。ガンバッ。

19110611

 11月6日水曜日。神戸のサンタさんから箱が。。。。今年の一号サンタだ。ありがとうございます。

19110612

 病院へ行って 傷の処理をしてもらい、ようやくお風呂のOKが出た。

手術から二ヶ月。。。。シャワーだけと言われていたので、、ああ お風呂に入れる。感謝です。

19110613

 アトリエ裏庭のハーブガーデンが 香り高く秋の日にやさしく咲いている。

  出雲は旧暦の10月。。ちょうど今時分の時期を「神在月」という。トトロは神様もサンタも信じて祈る。

 みんなが 本当にやさしくて シアワセでありますように。台風 大雨 火災 地震 津波 そんなところに暮らす人々も ニッコリできますように。。。何より みんながお風呂に入れますように。。。。あぁ ありがたくサンタ仕事 がんばれます。

 今日 アトリエ生徒のお母さんが一人、「手伝います。」とやって来て下さった。

 「子どもさんにはナイショですよ。」とトトロ。 「はい。モチロン。。笑」

 寒いけれど いい秋晴れだった。

19110614

 

2019年10月29日 (火)

晩秋のはじまり

 10月26日 土曜日クラス。

  前回 台風で日曜に移行したとき 来られなかった子もみんな集まって、これでようやく全員がトトロ先生との再会を果たした。

「人生で一番天才なのは 二年生の時かもよ。。」と 常日頃言っているトトロ。ユウキちゃんユズカちゃんコンビも二年生。

「須磨水族館に行ってきました。」とユズカ画伯は イルカジャンプの絵を5分で描いた。「前に座ってたらジャップーンとぬれたよ。」

 子どもの頃の家族旅行って しっかり感動がのこって一生忘れないものだ。

 ユウキちゃんは買ってもらったらしいカラーペンで 愛らしい花畑を描いた。

 画家たちは 絵の道具を買ってもらうと必ず持って来る。100均の価値は果てしない。

 「せんせい ちょっとかしてあげよーかー。。」「いいね。あとで貸してね。」 うれしそうなプチ自慢が可愛い。

1910291

 一年生のカホちゃんと トトロ先生との会話。空想の物語りをつくって遊ぶ。

1910292

 高3のミカちゃんは 色々な面接やら模試やら受けていて この日ようやくトトロと再会。

 「どうだった?」「うーん 面接官の人の作り笑いがわざとらしくて。。。手応え薄いですぅ。。」笑

 幼稚園教諭を目指すミカちゃん。アトリエの小さい子たちから慕われて、上手に注意したり誉めたり出来る子。なかなか居ない。

 「トトロ的には合格なんだけどねー。」「トトロ先生が面接官だったらなー・・・」

1910293

 今日のユウタ君は地球を描く。

 「先生 天使の梯子って知ってますか?」・・すかさずミカちゃん「トトロ童画によく描いてあるよ。天使もね。」

 自慢しようとしていたユウタ君「・・・・・・・」

1910294

 ハルカちゃんは生徒としてまったり。

「スタッフのときより 楽でしょ?」とトトロ。「はい。」

 そそ 両方経験すると とてもいいのよね。ゆっくり描いてね。

1910295

 三人のちびっ子はとんがりコーンのキバをつけて ハロウィンのゾンビになった。

「キャーーーー たすけてーー」とトトロ。エスカレートする三人。笑 笑

 前半はとてもとても楽しそうに時間が過ぎて、ユズカちゃんが家で書いたお手紙をくれて「トトロさんげんきですか・・」と みんなはいつまでもトトロを心配してくれているらしかった。

 会えたよろこびと 会えないさみしさを味わった子ども達。アトリエのドアを開けたときの顔がちょっとオトナになったかも。

1910296

 後半クラスも全員出席。。

 日本画調の秋の花はカイキ画伯。。

1910297

 彼は調理師の専門学校へ行って バテシエになる夢がある。

 「最初に創ったお菓子はアトリエに持って来ます。」と。。あと何年待てばいいのかな。。待ってますよ。

 ありあわせのお菓子をハロウインっぽく盛りつけている。

1910298

 トトロは肺機能が良くなり、絵本の奥深さも伝えられるようになった。

1910299

 たくさん描いて マジックで遊び、たくさん笑って外は真っ暗。。。秋の夜は長い。

 アオイ君がさりげなく小さな花束を差し出し。「先生 退院のお祝いです。」と。あ ありがとね。。

19102910

 マスクのテンテン君とは先日 病院でバッタリ会って。。「救急車で運ばれました。」と。

 「今週のアトリエ無理して来ないのよ。」と言うと「学校休んでもアトリエは行きたいです。」・・・・

 おかあさんまで「アトリエには行かせます。。」っっっって一体。ここは神社か教会か。。。

 テンテン君は声は出ないけど 熱は下がってニコニコと…・来た。。  やるね 君達。スゴイね。。。みんな。

 彼のからくり人形の絵は たまげるほど精密に 仕上がりに近づいていた。

19102911

 翌 10月27日 日曜日。

 神戸での診察が月曜の朝からなので、昼に出発。

 BOSSもトトロも駅名や地名の由来や、市町村それぞれのたたずまいが好きなので、急がないときは高速を使わず旧道を楽しみたい派。

 ここは「引原ダム」。兵庫県宍粟(しそう)市…西播磨の名所で、野鳥の保護区としても知られる。

 絵のようなこの場所で、持参のおにぎりをいただく。

 お店や観光案内もなく、自動販売機などない場所が大好きなのは昔から変わらない。

 たっぷりと深呼吸。

 

19102912

 宍粟 道の駅の巨大なリンゴ。

19102913

 あちこち寄り道をして 神戸に着いたのは夜6時半頃で、トトロフレンドのラクヨさん夫妻がホテルまで来てくれた。

 一日中あれこれご多忙だったのに、「帰って来たから車出せるよ。」とご主人が言って下さったそうで、病院以外で会うのは久しぶり。

 「快気祝いやおみやげはいらないよ。」とラインをもらっていたから、ウヒヒと見事に裏切ってご主人の大好物の鳥取砂丘ラッキョとカレーを差し出すトトロ。。。ラクヨもBOSS好物とも知らずにみかんとおかきを出してるし。。。アハハと裏切るお友達っていいね。

 気を遣わないでと言われるほど なんかしたくなるトトロのイタズラ心。。。。笑って許して。。。

 こんなに疲れない旅も珍しい。。。呼吸が出来たり心臓が動くって ありがたいことです。

 トトロは 元気なのね。。。信じられないことです。

19102914

 10月28日。月曜日の神戸大病院。。。色々な検査が終わってから 診察室でトキメキの再会。

 後ろのレントゲンはトトロの肺。右の肺はふつうの人の半分だけど 手術の前はつぶれていて5分の1くらいしかなくて、機能を果たしていなかったのだ。今はちゃんと働いてくれている。

「血液の結果もいいですよ。肺も手術後と変わりないようです。心臓も心配ありません。」と内田ドクター。

 退院後すぐに送ったファー民さんの梨のお礼を仰って 「みんなで分けました。」と。

 よしっ 次はXmas。。過酷な医療の現場に トトロの出来る事はきっとある。

 「先生 トトロはその服しか見た事がないけれど。。それしかないんですか?」と聞くと・・

 「これでも 毎日取りかえてるんですよ。」と 爆笑・。・。

 「ドラえもんや オバQも毎日取りかえているんですってよ。」とトトロ。笑 楽しい再会だった。次は一月。

19102915

 さらば 神戸の街。外は青空。

19102916

 どっか寄り道しよう。。と、向かったのは・・・姫路城。

 ちなみに このワンコはお城の参道を散歩中で トトロが「写真撮りますワン」と言うと、座った。

 おじさんは 慌てて「お前 何しとぅ。。。」

19102917

 初めて行った姫路城に 感動のトトロ。強いオーラが届いた。

19102918

 白くライトアップされたとき、空を二羽のシラサギが横切った。

 別名「白鷺城」 美しい。

19102919

 播州 三日月町の山の上に 三日月のイルミネーション。

19102920

待ったり 待たれたり 会いたい人々が増えて、またアトリエへの道をひたすらに帰る 晩秋のはじまり。 

2019年10月21日 (月)

ハロウィンの季節

 退院してからアトリエのクラスを一つ減らした。

 木曜夜のクラスには 今まで高校生と大人の生徒さんが来ていたのだけれど、しかもその時にトトロディナーもお出しして もしも腹ぺこのままで駆けつけた人にサービスし続けていたのだけれど、手術後の体調のことと メンバーが少ないことを考えて、それぞれ都合のいい土曜日クラスのいずれかに移っていただいたのだ。

 皆さんそれぞれの土曜日に上手く混ざってくれて、子ども達と一緒に絵を楽しんでもらっている。

 ・・・と いうわけで 10月19日 土曜日クラス。

 これは4年生のレイカちゃんの作品。・・の上にチョコの包み紙でこさえたカップをあしらい独特の雰囲気を出している。 

1910211

 包み紙工作をしているユリナちゃんとレイカちゃん。

 おやつの包み紙って素敵なのが多いので 時々変身させていろいろなものを創っている。

1910212

 と、ここに セラ君とタカユキ君のコーナー。さりげなく混じっているオトナの生徒のジュンコさん。

 何の違和感もなく、前からそこに居たかのように。。。

 ジュンコさんは昔BOSSが立ち上げた 市民吹奏楽団でクラリネットを吹いていて、当時は看護学生さんだったから、もう30年以上のおつきあいになる。

 長く付き合える人と,途中で見えなくなる人と.色々だけども..どこがちがうのかな。。

 キーワードは「いつもおんなじ」ってことかな。。。ジュンコさんはあの頃とちっとも変わらない感じがする。

 「オトナは私だけですか?」とジュンコさん。

 「違いますよ。タカユキ君の就職がめでたく内定したから、彼もこれからはオトナということで。。」とトトロ。

   タカユキ画伯 おめでとう・。・。・。いよいよ社会人だね。あと少し 高校生活楽しんでね。

1910213

 後半クラスに来た米子からの月一回のユリちゃんは「トトロせんせい たいいんおめでとーございます。」の花束を。「ありがとーね。」

1910214

 このクラスにも木曜クラスから 高校3年のミオちゃんが混ざってくれている。

 案外 みんなどこのクラスに移っても 同じペースで描けちゃうものなのね。

 子ども達は大きいお姉さんの見事な絵を感心して見学しつつ、お互いにいい刺激になっているみたいだ。

1910215

 新人のソーシ君も 慣れて来た感じで帆船の絵を夢中で描いていた。

 高校生のアイ子ちゃんもいつものペースで黙々と。。。アトリエに画伯たちの静かなパワーが満ちて来る。

1910216

 ココナちゃんのハロウィン。怪しい雰囲気をブルーで演出。

1910217

 サローラがとりかかっていたXmasカードにトトロも付け足しているところ。

 ついでにとなりのソーシ君にも話かけながら。。。

 トトロはあちこち座って 何気なくみんなと話す。

 (入院以来 初めて美容院に行って白髪を染めてカットしたので、サローラに写してもらった・・・メッシュなのねー。)

1910218

 美大受験に挑むミオちゃんに手ほどき。。まるでブドウの粒が転がりそうな絵。

1910219

 自分の持って来たお花を描いたユリちゃん。2年生。満足そう。

19102110

 

 そして21日月曜クラス。

 なんとなくゆったりしていると思ったら 翌日は祝日でお休みだもんね。

 パステルを削って粉にしてアートしているナナミちゃん。

19102111

 みんなは楽しく自分のアートに没頭してから、粘土で魔女やカボチャをこさえていた。

19102112

 明石大橋の大作が着々と完成に近づくカコちゃん。4年生。

 「途中は苦しいけれど がんばるといい絵が出来るよ。」とトトロ。「はいっ。」

19102113

 終わるのは夜の7時なので、お迎えの頃は真っ暗だ。

 みんなは いろんなことをしてたっぷり過して「先生 またね。さよーならーーっ。」と手を振って解散。

 カウンターの上には 新入りのカボチャや粘土のお菓子が増えていた。

19102114

  肌寒くてもみんなが来ると温度が上がる。

 トトロ先生が帰って来てから、いつにも増して みんなはアトリエ時間を無駄なく満喫しているように感じる。

 「せんせい 座っててね。」今日もアカネちゃんが こっそり言ってくれた。

  なんだか みんながやさしくなって、深まりゆく秋のアトリエ。

2019年10月17日 (木)

感謝です。

   大きな台風が日本列島を襲って行った。  

  全国の台風被害の皆様に お見舞い申し上げます。

 これほどまで多くの犠牲者と あらゆる交通機関やライフラインの停止にともなう避難と 先頃の千葉の停電や断水騒動がさめやらぬうちの重なる災害に ただ唖然としてニュースに釘付けの日々。

 大自然の中のちっぽけな人のチカラと、生かされていることの奇跡を思わずにはいられません。

 千葉や福島や長野や故郷岩手の友の無事を祈りつつ、それでもスレスレで台風のかすめた鳥取のアトリエの様子を綴ります。

 

****************************************************************

  12日の土曜日は前日からの台風情報と 実際に風や雨も強さを増していたので、あらかじめ翌13日の日曜日に変更していた。 

  日曜日を真ん中に三連休だったので 用事のあった二人をのぞいて前半も後半も大体集まった。

     トトロ先生との再会シリーズは続く。。。。

 

 お花越しに二人で楽しそうにおしゃべりしていたユウタ君とユウキちゃんに BOSSが微笑ましいのでカメラを向けたら気がついた。笑

 

1910161

 

「僕 台風を描きます。」とユウタ君。

 絵の具を出してすぐにとりかかる。以前は鉛筆を持って白紙に長い事むきあっていたのに・・・・

 そういえば 彼はいつも自然現象を描いている。宇宙とか竜巻とか。。。いろいろな自然界の神秘に興味があるらしい。

 もしかしたら、気象予報士になるかもしれないね。。

1910162

 

 こちら カホちゃんとユウキちゃんは たくさんの小さな動物たちでストーリーをつけて セリフ入りで遊んでいる。

 あんまり楽しそうなので これもアート的空想力だと思い しばらくトトロもメルヘンの世界を見せてもらって楽しんだ。

 「あら リスさんどちらへ?」「台風の来る前にドングリあつめて来たのよ。」なんて熱心に繰り広げる二人。

1910163

 二人の世界が終わりそうもないので ハルカちゃんとユウタ君とでオヤツの準備にとりかかる。

 「遊んでていいよ。」

1910164

 りょうなちゃんが卒業して淋しいけれど 自分たちでなんとかしてみようとしているみんな。

 それぞれにトトロ先生に選んで来てくれたお花を持って。。。ありがとうね。

1910165

 後半クラスには 先日変更していた双子君も来ていて、ユミちゃんだけは都合で欠席だったけどみんなでトトロ先生と再会した。

1910166

 サローラとミオちゃんがスラリとしていて宝塚みたいに見えたのでオヤツの時に「あなたたちステキねぇ。」とパチリ。

1910167

 「先生が元気になって良かった。。。」と みんなが笑ってくれた。

 トトロは術後の肋間神経痛で 腹巻き2枚をお腹に巻き付けているということをみんなにはナイショにしながら頑張っていた。

1910168

 テンテン君の「からくり人形 弓曵き童子」・・・完成が待ち遠しい。

1910169

 

19101610

 小さなブーケが増えている。トトロをみんなが待っていた。

19101611

 

 10月16日 水曜クラス。

 実は退院後の2日に予定していたクラスだったけれど、トトロの体調の戻りがイマイチで。。。元気のいいクラスだから対応の自信がなく、この日まで待っていてもらったのだった。

 そうしたら この日新人のランちゃんが入って来た。

 なんと5人兄弟姉妹の末っ子で 絵を習いたいと言ったのはこの子がはじめてなそうな。

 お母さんと 早めに来ていただいて面接と説明をし、お絵描きが何よりも好きという彼女はさっそくアトリエの中へ。

 たちまち描いたのは パンダだった。ワクワクしているパンダらしい。

19101612

 「せんせい おかえりなさーい。」と元気なノリトラ君は この日3枚も絵を描いた。

19101613

 スタッフハルカちゃんは水曜にも手伝いに来てくれて、優しく新人ランちゃんのお世話をしてくれた。

 BOSSが「よく全員が忘れずに来るもんだなぁ。。」と うれしそうなみんなをパチリ。

 なんか全員の絵が上手くなっていて「すごくいい絵だね。」と言うと「かきたかったんだよ。」と。

 トトロもみんなも いつものアトリエを待っていたものね。

19101614

 これで 全部のクラスとの再会で 無事にアトリエが再開した。

 この日 戻ってから初めて絵本を読み聞かせしてみたら 声のでること 息が楽なことにビックリ。

 「みんなー。トトロ先生の肺がよくなったよ。」「うん。いい声になったねー。」

 帰るときにソージン ノリトラコンビが騒ぐので「こらーっ。うるさいっ。」と一喝。いい声で。

 二人はエヘヘと笑って「うん。声が出るね。。。」と。

 

 おんなじように みんなとアトリエが出来る事。台風からも逸れて 全員で再会出来た事。ありがたく奇跡の日々に感謝です。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー