フォト
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アトリエ日記

2021年2月24日 (水)

名残り雪

 名残りを惜しむように、また雪が降った週は 土曜日まで教室がないので よかった。。これは16日のアトリエ前。

 ずいぶん積もったけれど そのあとは 春もたけなわのように陽気が戻り この風景は3日ほどで夢のように消えた。 

202102231

 暖かい土曜日になって 20日のクラスは楽しそうにやって来て。。。

 アトリエの果物フィギアを並べて描くユズキちゃん。

 この果物フィギアは20年以上前に トトロがあちこちで発見する度に集めたもの。

 センパイたちも みんなこうして遊んで描いたっけ。。。

202102232

 

 ユリナちゃんは トトロ先生の個展を楽しみにしている。

 県内どこでやっても お母さんと来てくれていた。。がんばって描かなくちゃと思わせてくれる。

202102233

 

 こだわりのユウタ君は いつも持って来る宇宙の図鑑を忘れて お母さんに連絡して持って来てもらった。

 しょっちゅう 〇〇がないから描けない。。と言うことがクセのようで 「あるもので描きなさい。」と言い続けるトトロ。

 個性というか 何というか。。。そのうち 何かが起こって変化していくのかな。。。

 みんなは毎回の彼のボヤキをBGMのように聴いている。。。絵は宇宙。それはそれでいいのだけれどね。。。。

202102234

 

 こちらユズカちゃん。三つ編みがキレイなので「いいね。」と言うと「お母さんに時間があったの。」とうれしそう。

 好きな絵本がたくさんあるから迷い中。

202102235

 

 トトロは社会人のタカユキ画伯と世間話中。なんだか楽しい。オトナの会話が出来る。。あんなにヤンチャだったのに。。。。。

 彼が今のアトリエ名簿のトップになった。6歳から来ていて13年目。。。。ギネスに挑戦。 有り難いことだ。

202102236

 元気いっぱいの果物が描けた。

 うれしくて 目がキラキラしていて。。お顔も絵の一部みたいなユズキちゃん。一年生。よくがんばりました。

202102237

 後半クラスのコーセー君。むっしり まったり。。。集中。

202102238

 米子からのユリちゃん。絵本を参考にオリジナル。。3年生。。メガネをかけはじめたみたい。

 ワクチンの話をしていたら このクラスに医療関係者の親御さんが3人も居た。

 ユリちゃんは綺麗な言葉で 小さな声で「わたしの父もです。」と言った。

 ちち はは と言える子が居るとホッとする。言葉がうまく使えなくて黙っている子もいる。

 きれいな日本語を使えるようになってほしくて トトロは色々語りかけている。そのうち沁み渡るといいな。

202102239

 

 最近 アトリエの人事がざわめいていて 新入希望も増えたので 記念に一枚並んで撮ってもらった。

 顔ぶれは永遠じゃないからね。それをトトロは痛いほど知っている。。。2020年2月20日のメモリー♡

 白マスク軍団。。。素顔がはやく見たいなぁ。。。。

2021022310

 22日のにゃんこの日。。。月曜クラス。

 何故か あの二人は来ない。春と一緒に来るといいな。

 ここも 6年生が居るのはあと一ヶ月。

 いつものように アトリエ時間のはじまる夕方。だいぶ日が長くなった。

 

 お父さんの誕生日だからと お祝いの絵を描くレン君。

 いつも 家族の誕生日の度に お祝いを描く長男君。優しくてあたたかい子だ。弟と空手の道場にも行っている。。。

2021022311

 マオちゃんの「街」 どこかの外国らしい。

2021022312

 この三人、全員中学に上がっても続けると報告があった。。土曜日に移るけれど がんばりたいとのこと。

 この日は将来の夢を語ったアカネちゃん。アニメーターになりたいそうな。

 絵はみんなとても上手くなった。修学旅行もなかったけれど 6年生としてそれぞれ成長していたよ。ありがとうね。

2021022313

 トトロの家の梅を生けて。。。

2021022314

 椿も生けていたら 土曜日クラスの子は「バラ」と言った。

 木へんに春。花言葉は控えめな愛。

2021022315

 それぞれの春はもうすぐ。2月は足早に過ぎて行く。。。個展の準備をゆっくりはじめている。

 いつもと変わらないアトリエでありたい。

 名残りの雪もすっかりとけた。

2021年2月16日 (火)

明るいほうへ

 2月は気候がめまぐるしくて 壊れた冷蔵庫みたいに とけたり 凍ったりする。

 冬と春が綱引きをしているようだ。

 10日の水曜クラス。ソロンゴと一緒に来るヨシノちゃんは 絵に集中できるようになって 森の中をていねいに描いている。

 

 202102151

 ランちゃんも この日は久々に定時に到着。忙しいお母さんが懸命に連れて来て下さる。

 何しろ5人の兄弟 姉妹の末っ子だからね。アトリエが少しくらいにぎやかでも動じない。。。

202102152

 

 にぎやかの源だった この二人は 最近めっきりお兄ちゃんだ。

 色々なことを考えながら進めるタイプ。決して「先生 何やったらいいですか?」なんて言ったことがない。

 センパイらしくなったね。

202102153

 折り紙の得意なノリトラ君。しずくを折ってふくらませていた。

 「せんせい つくれますか?」「つくれないから教えてね。」「はーい。」

 生徒 時々 先生。

202102154

 こちらも 長考のアラタ君。

 絵を描いて 粘土をいじって ビローンとのばして 考え中。時々アゴマスクになる。。。。苦しいもんね。

 一番にぎやかだったちびっ子クラスが 落ち着いて魅力あるクラスになった。待っていて良かった。

 寒いけど晴れたので。。。ノリトラ自転車も…良かった。

202102155

 だんだんに トトロ童画が増えている。これは小さな額シリーズ。

202102156

 11日の祝日に トトロフレンドのくまだっちの車で あちこちに出向いた。

 ここは新聞社。Sデスクが迎えて下さった。

 一年前にチョコをお届けして以来 ちょうど一年ぶりの再会。

 個展の案内ハガキと 近況のご報告と チョコとワインと 記者の皆さんへは あの夢煎餅と。

 このデスクとも もう20年近いおつきあいになる。米子個展は9年間取材して下さり 途中手術して復活したときは 大きくとりあげて下さった。退職された記者の方々にも みんなにチョコを輸送したトトロ。

 繋げて下さったことへの 感謝を忘れない。

 トトロ自身よりもトトロのことを知っていて下さるようで 新聞社に来ると 魂が安心する。

 「ホワイトデーは 個展中なので そこで待ってますよ。」と言うと フフと笑って「わかりました。」と。。。

 画材屋さんに額装を頼んで 個展会場を下見しつつ 館長さんにもご挨拶して。。。さあ もうあとにはひけませんよ。

202102157_20210216203901

 

 13日の土曜日クラス。

 前半に3年生のリョウタ君が お母さんと一緒だったので ?という顔でお迎えすると。。。。

 「転校して来て まだ1年なのですが 実は また4月から島根に転勤が決まりまして。。。。」とお母さん。

 「・・・・・・・・・・・・・」トトロとそこに居たみんなは シーーンとした。

 リョウタ君はアトリエが楽しくてたまらず お休みしても他のクラスで描くと自分から言うような子だった。

 「一回だけど Xmasが出来て良かったね。」と トトロは気を取り直して言うと「はい。。」と 彼。ウルウルしているし。

 「島根の美術館はとてもいいよー。昔は生徒を連れて何度も行ったんだよ。」とトトロ。

 「きっと また会えるよ。転校生達とは 今でも色々つながっているんだから。」

 色んな言葉で 何とかキモチを立て直そうとするトトロをみんなは 察しているかのように見ていた。

 カンナちゃんが「おひなさまの作り方教えて下さい。」と 言いに来たので 粘土で創ってみせるトトロ先生。」

202102158

 リョウタ君の側で 絵本も読んだ。

 みんなは集まって来て ケラケラ笑いながら 一緒に味わった。

202102159

 木目込みのように 粘土に千代紙で衣装を着せたおひなさま。

 アシスタントハルカちゃんも 教え方を学ぶために 一緒に創った。

2021021510

 

 後半クラスも みんな来て 顔を近づけて懸命に描くヒロト画伯。

 ストーリーのある絵なので トトロは応援している。

 盲学校初の絵本作家になるのかも知れない。。。ガンバレ ヒロト君。

 たまにトトロは 彼と障害について話すことがある。「残っている機能は 鋭くなるよね。」なんてことを。

 トトロの身体に障害があるおかげで 出来るコトがしぼられて どんなに豊かな人生かを みんなにも話している。

 キーワードは決してあきらめないという事だ。その人にしか出来ない役目を果たす為に 人はみんな生きている と 思うから。

2021021511

 ユミちゃんの席からカタコトといつまでも音がするので見ると、アトリエの500色の色鉛筆を整理してくれていた。

 ありがとうね。

2021021512

 そんな気持ちのいい空気感の中で キラ君熱心にペン画の仕上げ中。

 なんかグレードの高いクラスだわね。。。芸大みたい。笑

2021021513

 ほら カイキ君の外国の風景も 素的になってきているし。。。

 カイキ君は 2月一杯で 京都へ。。

 トトロは前半のリョウタ君の話をして「12年間もアトリエに通えたコトは 幸せでしたね。」と言った。「はいっ。」とカイキ画伯。

 プロになって第一号のケーキを届けてもらうことになっているから 「待っていようね。」と ヒロト君に言った。

 「たのしみ。」とヒロト君。何年後になるのかな?なんだか叶うような気がする。

2021021514

 今年のひな祭りには これをかざりましょう。毎年新しいおひな様が出来ている。みんなの作品はあたたかい。

2021021515

 この夜 大きな地震でまた 故郷の盛岡も震度5の揺れだった。

 翌日 一人暮らしの母に電話をして地震の様子を聞いてから アトリエのあれこれを話し 子ども達の様子を伝えると 大笑いをして「お前の話はいつも面白いなぁ 人間ひとつは取り柄があるもんだな。」と・・・・・。

 チョコを渡して歩いたことも話したら「お母さんも あちこちに送ったよ。」と。そして また大笑い。御年 90歳。アッパレです。

 地震の話はそっちのけで。。。。明るい話題を繰り広げた。

 「心配しても仕方ないべ。。。」と。

 天災もコロナも病気も 来るときは来る。それを吹っ飛ばすような 明るい生き方をしよう。

 たとえ 別れても会いたければ またいつか会える。今はメールもLINEもある。大切なのは思うキモチ。

 さて めんこい絵でも描きましょう 描きましょう。。。。明るいほうへ 明るいほうへ。。。by金子みすゞ

 

2021年2月 9日 (火)

三寒四温

 立春が過ぎたら いきなり暖かくなって 6日の土曜日は16度。

 みんなが来る毎に「あったかいねぇ。。春だねぇ。」と トトロ先生。

 前半も後半も全員が スキップするような足取りでオールスターキャストの満員御礼。

 ユズユズコンビの二人は 全集中 色の呼吸で完成。画風それぞれ。世界がある。

202102081

 

 それから二枚目にとりかかるユズキちゃん。

 広島サンタさんの箱にたくさん入っていた千代紙をちぎって並べて しばし考え おもむろにノリで貼付けている。

 「いいですね。デザイナーだねぇ。。」と感心して みんなと見学するトトロ先生。

 対面にユウタ君とタカユキ画伯。いつものようにそれぞれの絵。「今日は自転車で来ました。」とタカユキ画伯。社会人一年生だ。

 みんなはココで アートの窓を全開にする。

 

202102082

 スタッフのハルカちゃんも 物語の挿絵のような独自の世界を仕上げ中。深い空想力からの作品だ。

202102083

 立つと小さいのに 身に合ったイスに腰掛けると たちまちみんなは一人前の絵描きさん。

 アトリエに一歩入ると 魔法で大きくなるみたい。描いている姿をお家の方に見せたいものだ。一人前の凛としたアーティストたち。

 お迎えのとき 一年生のユズキちゃんのお母さんが「アトリエに行くと 疲れがとれる。。って言うんですよ。」って。

 一年生の疲れって どんなのだろう。やっぱり小さいなりに 周りとのあれこれがあるのかも知れない。。。。よかったね。疲れとってね。

202102084

 

 後半のクラスが始まって 少し経った頃、玄関に入って来る女の子の姿が。。。

 「先生。。。」

 「えーーーーっ。ココナちゃん?」「はい。」

 一年前に東京に転校して行ったココナちゃんだった。

 ちょっと おばあちゃんの所に来ていて、翌日また飛行機で戻るとのこと。

 「バレンタインが近いので 先生にクッキー焼いて来ました。」と。

 泣きながら別れて行ったけれど ちゃんと向こうで友達も出来て 彼氏まで出来て がんばっているとか。。

 ちょうど そのときに同じ月曜のクラスで一緒だった ナナミちゃんやカノちゃんが中学に上がる時に土曜に移っていたので 会う事が出来た。

 束の間だったけど アトリエのオヤツも持たせて「元気で・・」を交わすことができた。

 よく会いに来てくれました。ありがとうね。 つらい事は言わず「楽しくやっています。」と。   ガンバレ ガンバレ。またおいで。

202102085

 

 姦しい(かしましい)女の子たちのテーブル。。。楽しそうだ。

 「どうして 女という字を三つでかしましいなんだろねー。」とトトロ。まあ わかりますけども。。。

202102086

 この二人は月曜クラスのときからの名コンビ。

 別々の中学なのに まるで同じ学校かのごとく 共通の笑い話で盛り上がっているし。。。姦しいことこの上ない。・。・。

 きっと女子中学生あるあるなんだろね。この二人は人の悪口やわがままを言わないから 聴いていて楽しい。トトロもたまに吹き出している。

202102087

 うってかわって こちらは寡黙な男のテーブル。

 「車がみっつで何と読む?」と聞くとケント君がすかさず「轟く(とどろく)です。」と即答。居合わせたBOSSが「おーーーーっ」と感心。

 「では 木が三つでは?」とBOSS。みんなで「もりーーーっ」これは5年生たちにもすぐわかったけれど 今 森ってちとまずいかも。。笑

202102088

 こちら カコちゃんの色鉛筆画。「これ 生徒展に出します。」「いいね。。よく描けてます。」と トトロ。渾身の一枚。

202102089

 

 この日仙台に転校した姉弟のお母さんから いきなり東北銘菓のお饅頭が届いた。

 昔 アトリエに居た頃は小学生だったお姉ちゃんの方は 明治大学に入りコロナで自宅リモートをしているとか。

 弟君は高校生、、、トトロが鳥取の白ネギを送って 即 饅頭になって また・。・。・とエンドレスのサンタ関係が続いている。

 鳥取の梨やネギは美味しくて、ファー民さんの農場直送で全国各地の隠れサンタさんたちにと 免疫アッブのトトロギフトをしている。

 もちろん みんなで美味しくお饅頭を パクリ。すぐにマスク・。・。・ごちそうさまでした。

2021020810

 8日の月曜は ドカンと雪空になり 震え上がるほどの寒さで アトリエ中の暖房復活の日。

 イラストの腕が上がっているユウヒちゃん。

2021020811

 鮮やかなデザインでフルーツを描いているマオちゃん。

2021020812

 ぼかしの手法のレン君。

2021020813

 なんだか みんなは時間を惜しむように描くようになっている。芽吹きの季節かな?

2021020814

 

 トトロの個展まで あと一ヶ月を切った。しかも今年はうるう年。

 毎日 作品に向かっている。

 一年も延期していたのに なんだかいつもコロナの不安で アトリエをするのに精一杯だった。

 今年の年賀状の中に たくさんの方から「癒しの童画が見たいです。」との後押しをいただき トトロはやっぱり描くしかないな と気がついて ありがたく 素直に筆を持ち直した。

2021020815これは市民会館の自主事業なので オファーをいただいただけでもありがたい。

 毎日は無理だけれど トトロの居る日を明記して これから案内状を送ろうと。。。只今準備中。

 密にならずに 人々をお誘いするのには 葛藤もあるけれど また ちょうど良くなりそうな気もして。。自然におまかせ致します。

 さてさて 今度はバレンタインの準備。。。

 なんだか 一年中 贈ったり いただいたり ありがたく うれしく 感謝の連鎖。

 また雪も降るけれど 三寒四温でゆっくりと行き先は 春。あたたかい絵を描きましょう。

2021年2月 1日 (月)

鬼は外

 週末は雪の予報の水曜日、27日の4時に集まるワンパククラス。

 ノリトラ君とソージン君は名コンビ。

 お互いの絵を「すごいなー」と言いながら すぐにひっつく二人。学校は別々。 

202101311

 この日もソロンゴ姉さんに連れられて来たヨシノちゃん。安定の着席。

202101312

 

 みんなが入って来た時 黄色い服の子が外の玄関ボーチに座っていた。

 「だ だれ?」と言うと ノリトラ君が「弟が一人で留守番さみしいからと着いて来たので ここで待たせます。」と。

 外は冬空でとても寒くて、トトロは彼に「静かに出来るね。」と言うと「はい。」と。すぐに中に入れて 小さいイスに座らせみんなにワケを話すと「いいよー。中でいっしょに描こう。」と。全員一致。

 弟君は 兄ちゃんの隣にチョコンと座りお絵描きタイム。

 「ありがとうございます。」と 兄。。。まるで サツキの教室にメイが入って来たトトロ映画のシーンのようだった。

202101313

 「週末は雪予報だから 君達がアトリエを代表して豆まきをしてください。」と トトロ先生。

 「せきにん じゅーだいだねー。」なんて言いながら ゲストの弟君も一緒に 山茶花の木と木のあいだにぶら下げた みんなの描いた鬼に向けて「鬼はーーーーーー そとーーーーーーーーーーっ!」

 「よしっ、これでアトリエは一年間だいじょうぶだねー。」なんて言い乍ら豆をポリポリ食べている。

202101314

 それから 中でまた絵を描いた。

 ラビュタの名シーンを描いたアラタ画伯。よく見ると 小さい人間がたくさん飛行船から脱出しているし。心なしか表情もキリリ。。。

 ゲストの弟君にとっては 夢心地だったらしい。ノリトラ君がしっかりと兄ちゃんらしく見えた日。

202101315

 29日の金曜日は 予報通りに大雪と吹雪。

 この荒れた日にトトロは受診で 病院も少し閑散としていた。

 アレルギーだらけでインフルの予防注射も出来ないトトロは 念のため主治医のK先生に聞いてみた。

 「コロナのワクチンとかもダメなんでしょうね?」

 すると先生は「しっかりと管理体制の元でやってみましょう。メリットのほうが大きいと思いますよ。」と。

 なんて安心するお言葉なんだろう。お医者さんって 安心を下さるお仕事なのね。感謝。雪の中を通院した甲斐があった。

202101316

 翌 30日の土曜日には雪も風もおさまって みんなはやって来た。

 久しぶりのカホちゃんと 畑の絵が完成したノノカちゃん。

202101317

 ユウキちゃんはこちらの席に移動して粘土。資料を見るリョウタ君。

202101318

 途中 ノノカちゃんの髪が絵にかかるので トトロスタイリストがクルリとまとめて筆のかんざしを刺して留めた。笑 大受け。・。・

 江戸時代の画塾か? やるところをみんなは感心して見ていた。本人だけはどうなってるか知らないのよね。。。筆はたくさんあるし。

202101319

 みんなのところを廻るトトロ先生と スタッフハルカちゃん。

2021013110

 ハルカちゃんはお月謝袋の製作中。伝統の手描きだもんね。歴代スタッフの受け継ぐお仕事。

2021013111

 こちらは あの水曜クラスの面々が描いて ぶら下げて 豆をぶつけた「コロナの鬼」

 みんなは コロナをどうイメージしているか、思いがけず知る事となった。

 強そうで 人相が悪くて あらゆる武器を持っていて 闘いを仕掛けて来る感じが表現されていた。

 これに 全員でチカラいっぱい豆をぶつけたんだから 今 少しは退治出来たかも知れない。。。だと いいな。

2021013112

 土曜日の後半に来た 倉吉のアオイ君が 今デジタルでイラストを描いているので トトロはBSの「漫勉」という番組を録画しておいて見せているところ。将来の夢は漫画家なので 食いつくように見ているアオイ君。

 デジタル画をしないトトロは指導が出来ないから 資料を集めて 彼の背中を押している。みんなちがって みんないい。

2021013113

 そのアオイ君が 席に戻って 同じくデッサンをしていたユミちゃんに指導してくれているところ。微笑ましいアトリエの風景だ。

 こちら側のキラ君も集中力がスゴイ。なんかプロのアシスタント集団のようだ。

2021013114

 「4月から ここに月曜クラスに居る3人の女子が中学に上がって移って来るよ。。。よろしくね。」とトトロ先生。

 「はいっ。」と 頼もしいセンパイたち。みんなもあちこち移動しながら続けている面々だ。

 どこに移っても おんなじアトリエにトトロ先生が居る。

2021013115

 今年は 早めに豆を撒いてしまったけれど みんなのオヤツ袋には豆の小袋を入れている。

 悪霊退散 疫病退散 福はーーーうちーーーーー。

 ちびっ子クラスの描いたコロナの鬼を見て センパイたちは みんな感心していたよ。

2021年1月26日 (火)

マスク一周年

  なんだか 砂がサラサラとこぼれ落ちるように 一月が過ぎて行く。

 年賀状のあとからいただく寒中見舞いに あちこちの それぞれの近況があって その重さに驚いた。喪中あり事故あり病気あり。。。

 いつものように 普通に年賀状のやり取りが出来るだけありがたいコトなんだと思い知る。

 今年2度目のアトリエは もう通常になってお正月の浮き浮きも過ぎ みんなはひたすらに絵を描いている。

 ユズカちゃんの世界。。生えて行く何かが 毛糸のような植物で面白い。頭の中は物語でいっぱいらしい。

202101261

 

 こちらは 一年生のほうの ユズキちゃん。小さいモデルを並べて それじゃないものを描いているし。

 どうやら イスに座っている可愛い動物達は 絵を見学しているらしかった。。。いいね。見ていてもらうって楽しいね。

 ユズキちゃんは この日サンタさんにお手紙を書いて持って来た。「たくさん うれしかったです。またきてください。」って。

202101262

 

 ユリナちゃんは学校行事で一時間ほど遅れて 車から降りて走って来るのが見えた。意欲高し。。

 集中したので 逆にいつもより絵が進んでいた。

 長さじゃないんだね。。。絵の時間って。集中の密度なのね。。  うん わかる。

202101263

 

 アトリエ文庫に 少し絵本を増やしておいたら、みんなはすぐに発見してくれるから 増やし甲斐があるのよね。

202101264

 

 この日は雨だったけれど 後半クラスも全員そろって はるばる米子からのユリちゃんも楽しく集中。

 なんだか 今年に入って 益々 アトリエ時間が濃くなっているような気がするんだけど それは不安定な社会のせいだろうか。

      もう マスクをつけて かれこれ一年になるのだものね。。。

202101265

 

 何気ないトトロ先生とのやり取りも それぞれみんな同士の掛け合いも 面白くてアートで 楽しい空気にとけていく。

202101266

 一人が絵本を探していると みんなが来て探してくれているし。アトリエ文庫は人気。。

202101267

 

 前半クラスのユウタ君が 一回ごとに墨汁を塗込めなくてもいいように 黒い紙を準備していたら カノちゃんがノビノビと使った。

 オシャレなアート。ステキです。

202101268

 カコちゃんも 愛猫のコムギちゃんの姿を色鉛筆とパステルで。。

202101269

 コーセー君は 細かい木の枝の葉を パステルで柔らかく描いてみていた。

 とにかく トトロは言う「何を使ってもいいし どのように描いてもいいんだよ。自分で発見すれば楽しいのよ。」って。

 絵は これでこうして描きなさい。。なんて 言わないほうがいい。 ただやって見せることで みんなは興味シンシン。

 好きな手法をみつけて 試してみることが大事。 失敗なんて無いのだからね。

2021012610

 豆まきしようと思ったけれど 雨ザーザーなので 他の日のちびっ子たちに任せることにして。。。

 この日は全員そろった 土曜日後半 Bクラス マスク一周年記念日。。「みんな負けないでね。」「おーーーーっ!」

2021012611

 やや 水ぬるむ 三寒四温の中 25日の月曜クラスの面々。

 こちら マオちゃんとアカネちゃん。

2021012612

  レン君とユウヒちゃん。

  また 小さい姉妹はお休みだった。

  三人の6年生たちは 時折 何やら相談しいしい 素敵な作品を描いていた。

2021012613

 帰り際「先生 中学に上がっても続けます。。」と 三人。

 「今 土曜日の後半のクラスがひとつだけ 三人一緒に移れますよ。」と トトロ。

 「お家の方に ちゃんとお願いするんだよ。」「はいっ。。」

 そして お迎えのお母さんたちにも そのことをお伝えした。やる気満々の少女たちの気持ちが トトロの背中を押した。うれしかった。

 

  レン君のお持ち帰り用のオヤツに添えて 豆まきセットを渡しつつ。。「2月2日に撒いてね。」と。

2021012614

 

 トトロの個展用の小さい作品は 少しずつ夜中に増えて いつの間にか額に入りたそうにしている。

2021012615

 絵の中の子ども達には マスクをしないで 希望の春に向かわせたい。

 あきらめないで 明日に向かおう。 きっといいことがあるんだから。

 マスクの下は みんなで笑っていたい。

2021年1月18日 (月)

生きて行こうね

 世間ではコロナが広がり 食材を買いにスーパーに行っても 皆さんまとめ買いを励行されていて空いているし。

 そんな中 よく親御さん達は みんなを送ってアトリエに来て下さるものだと 深く感心 感謝の極み。

 11日の月曜クラスも 雪がたくさんで来られなかった小さい姉妹の他はみんな「明けまして~」のアトリエ始め。

 なんだか みんなは フーッと一息ついている感じで それぞれが自分の世界に取り組む姿勢がちゃんとしている。 

202101171

 アカネちゃんの家は近いので お母さんが愛犬のハナちゃんとお迎えに来られた。

 みんなで ハナちゃんにも挨拶した。ワンダフル。。。

202101172

 こちら 4年生のレン君が サンタさんにと書いて行ったお手紙。

 「寒い中 来てくれてありがとうございました。ほんとうにうれしかったです。」などと 消しゴムで消し消し丁寧に書いてある。

 OB君達の話によると アトリエサンタは本物だと思っていたという子が多くて トトロは逆に元気をもらった。本物だけどね。。

 みんなのお礼は 順番に全国サンタさんたちに発送中。。。。

202101173

 雪の晴れ間は ビリリと冷えた空気の中 青空に山茶花がよく似合う。

202101174

 

 13日の水曜クラスの日。

 一年生のヨシノちゃんが4年生のソロンゴ先輩とやってきた。

 同じ小学校で ヨシノちゃんの学童に ソロンゴが寄って一緒にアトリエに来るというシステムを 両方の親御さんと話し合って決めたのだ。

 今までは おばあちゃんが学童に迎えに行かれて アトリエに連れて来ることをしていたけれど おばあちゃんのお仕事都合で 遅くなったりしていて なかなか大変だったので Xmasのときに 新システムに変更の話が決まり、この日の前の夜 トトロはもう一回両方に連絡してみると ソロンゴはその責任を全うすべく 心の準備万端だった。

 優しくしっかりと ヨシノちゃんの手を握り 到着したソロンゴの凛とした責任感。とても大きく見えました。

 安心して連れて来られて 嬉しそうな一年生。。。

 「よく来ましたね。二人ともそこで写真撮らせて。。」と トトロ先生。

 なんかステキな話題。。助け合う心は受け継がれて行くものだから。いつか ヨシノちゃんも後輩を連れて来るのかな。。

202101175

 みんなは いちだんとしっかりした顔になっていて、去年の春の幼い感じから少し成長したように見えた。

 新年のアトリエで この日は静かに絵の具で描いた。

 「生徒展やりますからね。それぞれにグレードアッブした作品を描いてみてね。」と トトロ先生。

 よしっ とばかりに 絵筆を走らせるチビ画伯たち。  いい光景だった。前向きな希望は心を元気にする。

202101176

 一生懸命 空を塗って 少し疲れてハリネズミ君と遊ぶアラタ画伯。。。笑

202101177

 みんなを見守るミサキちゃん。中学生のお姉さんの存在はみんなを安心させてくれる。

202101178

 

 ソロンゴの描いた「ごんぎつね」の絵。 あの名シーンだ。

 みんなで ごんぎつねの話をした。そして。。かわいそうにねー。。。と シュンとした。

 小さいのに 人生の不条理を話し合うみんな。。。絵本の好きなクラスだ。心が育っている。

202101179

 ノリトラ画伯は そびえるビラミッドと太陽の絵。

 力強い描き初めだった。

 2年生。この日の彼も半ズボンに裸足。自転車にまたがり雪の道を一人で来たアトリエ。

 強い子になるよ。ガンバレ。。

2021011710

 

 16日の土曜日クラス。

 これで新年の描き初めが一巡する。

 スタッフハルカちゃんが 色々とフォローしてくれて みんなはアトリエにあるミニグッズに夢中。

 このクラスも 学校学年がバラバラで なかなか面白い構成になっている。

 夢中で描いて 夢中で遊び それぞれの世界を持っていて 絵本の読み聞かせにシーンとなる。

 新入りの小さいノノカちゃんがよく話し 帰るとき必ず「今日わたしうるさかった?」と聞く。トトロは「うーん中くらい。」などと答える。

2021011711

 今は音符のように 身長がバラバラだけど そのうち全員トトロ先生の背丈を超して イケメンや美女になるのよね。。。

 小さい大切な時代にコロナの世の中になってしまって 久しくみんなのマスクのない顔を見ていない。

 せめて ここではホッとして夢の語れる場所でありたい。

 みんながんばろうね。

2021011712

 後半も全員来てくれた。

 月一のアオイ君は模試で 次回に来ると早朝にLINEが来た。

2021011713

 

 キラ君は集中してペン画を一心に描いている。時々トトロ先生がチャコールペンや色々な芯のペンと取りかえてあげる。

2021011714

 カイキ君も卒業制作に一生懸命。もうすぐ京都に巣立って行く。

 お迎えのお父さんに「さみしいでしょ?」と聞くと「う・・・うん。そうですね。でも仕方ない。」と。トトロも同感。

2021011715

 この週の初めに アオイ君の兄でアトリエOBのシュン君のいる天理大学ラグビーが 初の優勝。早稲田を制して日本一になった。

 TVで応援したトトロはすぐにおめでとうのLINEをすると 「ありがとうございます。」とすぐに返事が来た。

 アオイ君にもLINEして ご家族で喜んだとの返事をもらった。

 寮のクラスターでコロナに苦しんだ天理の見事な復活。 トトロはアトリエの後輩達にあきらめないコトを伝えた。

 アトリエにも顔を出してくれたシュン君なので みんなは「やったー」と拍手。

 高校や大学の受験生たちも この冬を越えれば 希望の春が来る。後輩たちみんなでエールを送っている。

 アトリエ開きも終わり みんなで 何もあきらめずに 素敵な春に向かいたい。

 とにかく ぼくらはみんな 生きている。生きているから笑うんだ。。。。それだけで100点。充分幸せ。。

  17日は阪神淡路の追悼の日。。。生きて行きましょうね。。

2021年1月10日 (日)

アトリエの描き初め

 皆様 寒中お見舞い 申し上げます。

 2021年が始まりました。謹んで 新年おめでとうございます。

 極寒のつららが アトリエの窓の下に居並んで 一日中このまんまの厳しい寒さの中 天気予報は警報や注意報の連続。

 年末年始は それでもトトロ風のおせち料理をこさえて お花を生けて BOSS母を喜ばせ、ギリギリに年賀状を投函。

 コロナのニュースが列島を揺さぶり 先の見えない不安や困惑の中で 新しい年に手をあわせて 心を立てていた。

202101101

 アトリエのカウンターは 12年前に盛岡の叔母が創った木目込みの牛さんと トトロのミニ作品でほのぼの。

202101102

 

 アトリエは1月9日の土曜日クラスから 新年の始まり。

 みんな Xmas以来なので、待ちわびていて飛んで来た。

 「あけまして おめでとーーーーございまーーす!」

 「せんせー 年賀状一枚来たよ。せんせーから。」「そりゃ よかったね。」笑

 生徒達には最優先で書いて投函したトトロ。Xmasと同じく全員ちがう言葉を添えた。

 ユズカちゃんの描き初めは 夜の山と幸せなお家。

202101103

 

 みんなは 溜っていたアートのひらめきを一心に描いている。ジャズのBGMを静か目に流して 桜のお香を炊いている。

202101104

 一年生のユズキちゃんは、ワンコを椅子に座らせて 大きなオムライスと何故か畑を描いていて トトロに説明してくれた。

 「種を植えておけば 次のときに何かの芽が描けるよ。」とトトロ先生。

 夢にウットリした顔で「はーい。」と言って 何かを植えるように筆でチョンチョンしている。楽しそう。。

202101105

 お話は尽きなくて、お正月のコトや家の予定など お迎えが来られるまで先生とおしゃべりするみんな。

 全員足元は 長靴スタイル。

 「大雪だったら休もうか?」と聞くと「いやです。来ます。」。。。。って。。笑

 「せんせー。ネコバス サンタさんからもらえばよかったねー。」「そだねー。」「みんなを乗せてアトリエに来るんだよねー。」

 そして またウットリ想像しているし。。。

202101106

 山や海沿いはとても積もったらしいけれど アトリエのまわりは少しずつ融けて こんな感じ。

 まだまだ 降り積もる予報の山陰の冬。小さな足跡が雪を固める。

202101107

 後半も全員出席。

 本体より先に「明けまして・。・。」と声がする アトリエ始めは気持ちがいい。

 双子君からの年賀状には「また いつでもお手伝いします。」と書いてあった。ありがとう。

202101108

 なつかしそうに おしゃべりに花を咲かせながら女の子たちが笑っていると アトリエも花が咲いたように明るくなる。

202101109

 カコちゃんは 学校帰りに助けて連れて帰り 家で飼っているニャンコの「コムギちゃん」の写真持参で描いていた。

2021011010

 小さい子たちは この日サンタさんにお礼を書いた。

  ありがとうの言葉って 温かいね。

2021011011

 

 コロナで一年延期になっていた トトロ個展は 3月7日より2週間、鳥取市民会館ギャラリーで開催が決定。

 会館からバンフの絵を依頼されて提出の為に描いたのがこちら。

 早春賦をイメージして描いた。個展のサブタイトルは「春のうた」。

 さあ 描きましょう。みんなの心がポカポカになる 希望の見えるようなトトロ童画を。

 かじかむ手をお湯であたためながら トトロは筆を持ち 描いていますよ。

2021011012

 子ども達が トトロの新作を眺めながら うれしそうに絵を描くアトリエ。

 今年も精一杯 やっていくので どうぞよろしくお願いします。 

2020年12月27日 (日)

アトリエラストXmas 2020

 今年のアトリエXmasは 本当に素晴らしかった。

 いつも 都合で誰かが欠席してプレゼント袋を翌年まで預かることに やや抵抗があったのだけど、今年は誰一人として休まなかった。

 コロナの年は みんなに感謝の種を植えてくれて 全国サンタさんからも心のこもる様々な応援が到来した。

 トトロも全力で 子ども達の一年を振り返りながら 精一杯の準備に明け暮れた。

 26日の土曜日は今年のアトリエ最後の教室の日。みんなは 元気にやって来た。

 前半 いつものように絵を描いているとき 初めての子が3人もいるので なるべく普通にトトロは言った。

 「Xmasって昨日で終わったから サンタさん帰ったかもしれないけど とりあえずケーキとか作ってみたいから お絵描きは一時間で勘弁してね。」「・・・・・・・はーい。」

 転校して来たリョウタ君 3年生。これから何が起こるのか知らぬまま お気に入りの鬼太郎を描いている。

202012271

 一時間経過。「これを被ってケーキをつくって下さい。順番になかよくね。まかせたからね。」

 はじめての ノノカちゃんカンナちゃんを混ぜて ベテランのユウキちゃんカホちゃんが仕切る。一年生から三年生の若いクラス。

202012272

 不公平なく全員がクリームやイチゴで 順番につくっていた。トトロは手も口も出さない。

 スタッフのハルカちゃんが そっと教えてくれていた。

 ここで みんなは既に満足そうなトキメキに酔う。…楽しいだろうな。全員違う小学校だ。海辺のカホちゃん 山の方のカンナちゃん。

202012273

 一斉のクラッカーもきれいに揃った。大きな声だった。「メリーーーー クリスマース♡」パーーーーーーン☆

202012274

 この日 忙しかった仕事に一段落ついたBOSSが 大きなサンタ袋を抱えて 窓からノックしたものだから みんなはびっくりして叫んだ。

 「せんせーーーーー あれ トナカイ来たんだ。鈴の音みたいのがしたよーーーーーーー!」

 鈴は こっそり手伝って下さるテンテン君のお母さんが 入り口のほうでならしている。この日が一番上手くいった。笑

 pからfまで 次第に強く そしてだんだん弱く・。・。・。シャンシャンシャン♬

 受け取り運んで みんなが見守る中 一人ずつ名前のスペルを読むトトロ。「ミス YUKI」

 今年 初のサンタ工場に参加したユウキちゃん。個包装してリボンをかけていたヌイグルミの中に欲しいのがあって「これいいな。。」と言うから「サンタ工場のスタッフは自分のことは後回しに出来るはず。みんなのことを考えなさい。」と教えるトトロ。

 かくて袋の中に サンタさんからのそれがちゃんと入っていたもよう。。。。。。やるね サンタさん。

202012275

 一番大きな声で マスクまではずして「ありがとーーーーサンタさん。」と叫ぶカホちゃん。

 この子のおかげで いつもワクワクが倍増するみんな。

202012276

 リョウタ君はサンタさんにお礼を言ってから トトロ先生の目をジッとみつめた。

 トトロはうなづいて「本当にサンタさんからなんだよ。」と言った。

202012277

 天に向かってお礼を叫ぶノノカちゃんは この日「家でプレゼントあったし 本物なんていないし。。」なんて少しひねたコトを言うから、「ならアトリエのサンタさんに失礼だから 贈り物は遠慮して他のところへ回してもらうね。」とトトロ。

 何かにつけて 思っている反対のコトばかり言う一年生。ヘソはいまのうちに真直ぐにしておこうと トトロはノノカちゃんを呼んですみっこで話をした。

 「ほんとうはどうなの?みんなと一緒にサンタさんのキモチ受け取りたいの? すなおなところを聞かせて。」

 「アトリエにはサンタさんが来てるとおもう。。。」

 「サンタさんはやさしいところに来てくれるんだよ。イジワルみたいなコト言うのはもうやめたらいいよ。あなたは本当はいい子だと思ってるよ。」そして こっそりハグをした。

 どうやら二人いるお兄ちゃんたちと家でバトルをしたりしていて たまに「叩かれた」なんて言ってるけれど それは自分からイケズを発するとあとでお母さんからうかがった。

 ノノカちゃんは しっかり袋を受け取り とてもうれしそうに席に戻って行った。みんなは ホッとした顔で拍手した。

202012278

 しばらく袋を抱いていたノノカちゃん。。。「せんせー 大きなふくろだねー。顔までかくれたよ。」

 「開けてごらん。」「もう少ししてから」

 見守るハルカちゃんスタッフ。

 

202012279

 おとなしいカンナちゃんにはお気に入りが入っていたらしい。とてもうれしそうな初Xmas。よかったね。

 向こうでオトナの生徒のジュンコさんとリョウタ君が見せ合いっこしてるし。

2020122710

 全部並べて お店を開いたみたいなリョウタ君。「これは弟がよろこぶ。。」

2020122711

 そして全員絵本に夢中。楽しい空気でアトリエが暑くなり 少しエアコンをとめた。。。

2020122712

 子ども達の いろんな心。一番育つ低学年時代。

 今年最後の記念写真を撮って みんな袋にしまって 両手で抱えて帰って行った。

 トトロはみんなに「うれしいコトは信じていた方が 楽しいでしょ。コロナに負けないで うれしいコトしていこうね。」と伝えた。

 「はーーーい!」と叫んだのはノノカちゃんだった。みんなはちょっと笑った。

 サンタさんにお礼を書くのは来年ということにして、外に出てからも空にお礼をいいながら手をフリフリ帰って行った。

 「よい お年をーーーーー。」

2020122713

 いよいよ 最終クラス。16時半からのDクラス。

 アトリエ暦12年の パテシェカイキ君。その鮮やかな手つき。

 スポンジも彼が焼いて来てくれた。

 初のキラ君に指導中。

2020122714

 小さい時から来ているみんなは うれしそうなキラ君に持たせて記念の貴重な一枚。

 後ろ白い服のアイ子ちゃんは この日でアトリエにお別れなのだ。

 元このクラスだった テンテン君もマジックをしに駆けつけた。

2020122715

 たくさんの思いを込めて ラストXmas パーーーン☆

2020122716

 デカく育ったアオイ君は 来年高校三年になる。

 照れながら 目だけ上を見て「ありがとうございます。」笑

 小さな男の子だったのに トトロの見上げる角度が年々高くなるし・・・

2020122717

 アイ子ちゃん ラストの感謝。ていねいな「ありがとうございます。」

 トトロからも「ありがとうね。また寄りたい時にはおいで。」「はい。」

 小学生の時に鳥取に転校して来て すぐに入ったアトリエだった。黙々と素敵な絵を描く子だった。あんこが好きでたまにこのクラスのオヤツにぜんざいをこさえたりしたトトロ。

2020122718

 恒例のワクワクガサゴソ♬ 

 手前のキラ君はサンタが家には来ないとか。クラッカーさえはじめてだった。何もかもうれしそう。見ているみんなもニコニコと。

2020122719

 

 ここでテンテンマジック。

 手伝って下さっていたお母さんによると 劇的なオリジナルのXmasマジックを披露すぺく 日夜研究していたとか。。。

 助手はいつものヒロト君。ターゲットはキラ君。

 キラ君が気まぐれにひいたカードが ラストに離れた箱の中から。。。しかもメリーXmasと書いてあるという 見事な不思議を見せてくれた。みんなは大きな拍手☆

 ひとときは たちまち過ぎて それぞれのプレゼントを袋に仕舞い・・・・そして

2020122720

 みんなは アトリエのあちこちからつり下げられていた Xmasモールをはずしてくれた。

 背の高いアオイ君は天井の。こまかく入り組んだ飾りはテンテン君。キラ君と女の子たちはそれを来年用に 袋に仕舞っている。

 全員帰らず 黙々と片付けてくれた。

 「つり下げた人の工夫がわかりますねー。」なんていいながら。

 今年はお手伝いが過去最高の数で みんなは半分サンタさんになりつつあった。ありがたくて 感謝だらけのトトロサンタ。

2020122721

 今年のアトリエXmasが全て終わって 残ったのは この上ない達成感と 片付け忘れのぶら下がりサンタ。

 全国あちこちから届けられた応援グッズに感謝しつつ 各病院で配られたカードが誰かの心に灯火を捧げたことを祈り 本気で企画実行すれば何かしら子ども達に届くものがあると信じて これからもアトリエの日々を積み重ねて行きたいと思うトトロでした。

 アトリエのXmasいかがでしたか?

 2020年 忘れ得ぬ年になりました。みんなが子供用のマスクで 一生懸命生きた年。いろいろなガマンにも耐えた年。

 それでも 子ども達にはまだまだ未来があって いつかまたマスクをはずして笑えるときが来るのを祈るばかりです。

 ハグしたり タッチしたり 肩を抱いたり 握手することの温かさの代わりに 拍手や笑顔で交わし合うキモチも知りました。

 たくさんの皆様に ありがとうのトトロです。

2020122722

 どうか 皆さま 気をつけて お元気で 明るい新年をお迎え下さい。

 夜空の星がきれいな冬。感謝が降り注ぐ 2020年のラストブログ。

 今年もお読みいただき ありがとうございました。来年も ホッコリとのぞいて下さいね。

 よい お年になりますように。。。

         byトトロ

          

2020年12月24日 (木)

アトリエXmas2020 No.2

 21日の月曜クラス。

 はじめてアトリエXmasを迎える小さい姉妹が「サンタさんって男の人?」と聞くから サンタの本で説明中のトトロ先生。

202012241

 ひとまず絵を描いてから いつものようにケーキ作りのとき 6年生の三人のお姉さんたちは 二人に手を添えてクリームをしぼってくれていた。6年生にとって このクラスでのXmasは最後になる。

 いろんなことがあった。いろんな子が転校していなくなった。そんなクラスだった。6年生達は眩しく成長した。

 レン君はイチゴ係。

202012242

 ニコニコの姉妹。

 わけあって お母さんと三人家族なのに 今はお母さんとも離れて暮らし 祖父母の家から学校に通う。アトリエもおじいちゃんの運転で。。

 そのことをトトロは6年生達に話している。こんな笑顔は 初めて見たような気がする。楽しそうでよかった。。

202012243

 息を合わせて「メリーXmas」

202012244

 6年生一人一人に トトロは「ありがとう」と言って サンタさんからの袋を手渡した。中学生になっても続けるのかな?

 みんなも「ありがとうございます。」と ニッコリした。

202012245

 名前を呼ばれた事がうれしくて もうこの笑顔。お姉ちゃんの2年生 ルナちゃん。みんなの拍手。

 こんなシーンを見ると モノじゃない幸せを思うトトロ。手渡すのはキモチ。

202012246

 ルナちゃんが叫んだ。「あ クジャクだ。ほら りっぱなクジャク。、。、。」「すごーい よかったねー」(サンタ工場テンテン君作)

202012247

 「せんせい かわいいバッグ。ほしかった手袋も。うち てぶくろなかったの。」みんなは拍手して見ている。

202012248

 恒例の見せ合いっこ。。こうなることを予想して入れているサンタさんの細やかさに その気苦労が思われる。。。。フフ。

202012249

 みんなが全部開けてみた時 いきなりスタッフが「これ届きました。」とひとつの袋が来た。

 「ルナちゃん宛だよ。」とトトロ。

 中には大きなクジャクのヌイグルミが。。。ルナちゃんは 全部で3羽のクジャクを手にすることになって、いつまでもサンタさんにお礼を言っていた。

 「スゴいねサンタさん。ちゃんと聞いていたんだね。」とトトロ先生。「はいっ。」とルナちゃん。ずっとニコニコのまま。

 

 実は先日 大雪の日に ルナちゃんたちのお母さんがアトリエを訪ねて来て、注文してようやく手に入れたこのヌイグルミとアイルちゃんのユニコーンと アトリエのみなさんへと ノートなど 置いて行かれたのだった。

 「サンタさんからということにしときますから 20歳くらいになったら真相を話して下さい。」とトトロ。

 素敵な秘密は守りますよ。親の愛は雪をも融かして トトロとルナちゃんママは ずっと立ち話をした。サンタの仲間がまた増えた。感謝。

 確かに二人の手にお届けしましたよ。

2020122410

 この日 描いていた絵はこちら。

 みんなが 心をひとつにして 小さい姉妹を夢の世界へと誘ってくれた日。。。。ホントにサンタさんはいましたね。

2020122411

 23日の水曜クラスも 最初はふつうに・・と思いきや、ノリトラ君が段ボールでこさえた刀で トトロ先生が「水の呼吸」なんてしてるし。

 なんとなくみんなソワソワしつつも まあ絵も描いて。。。ここはアラタ君 ヨシノちゃんが初のXmasだからねー。

2020122412

 少し遅れて来た この前入ったばかりのヨシノちゃんを待って みんながそろってからの ケーキタイム。。もうワヤワヤ・。・。笑

2020122413

 クラッカーも無事発射して 一人ずつのお名前を。。足より先に両手が出ているソロンゴ。笑

 今回はよく手伝ってくれました。

 一人ずつ呼ばれて行くワクワクの顔。みんなはちゃんと 本気のありがとうを叫んだ。

 「サンタさーーーん。ありがとーございまーす。」

 マスクのXmas。一生忘れない。

 「みんな よくがんばったね。ちゃんとマスク 消毒。これからも守るんだよ。」「はーい」

 

2020122414

 今年は横浜サンタさんのトトロクッキーの反対側に 広島サンタさんからのパンダクッキーも。

 「売ってないよね。サンタさんからのクッキー」

 広島クッキーは福祉作業所の製作。広島サンタのうさパンさんが 大量に注文されてアトリエにとダブルリンクサンタをされた。感謝

 

2020122415

 もっと 騒ぐのかと思ったら サンタさんからの袋に楽しい恐竜がいくつも入っていたものだから すっかり感動して ポッキーを刺し過ぎて崩れたケーキを美味しそうに召し上がるアラタ画伯。

 もう満足の頂点に達したもよう。。。笑

 向こうのテーブルの小さいヨシノちゃんはアレルギーだから トトロ特製フルーツ盛り合わせ ケーキ風。

 それにソージン君たちが Xmasの飾りをさしてあげていた。

2020122416

 他のクラスはプレゼントを開けて しまって 残った時間に お絵描きゲームなどしているというのに ココのクラスは 一連の出来事が夢のようで はしゃぎ過ぎたり 感動に酔ったりしていて 最後に並ぶのが精一杯だった。笑

 中学生のミサキちゃんは アドリブの要求される出来事だらけで アワアワとなりつつも みんなの面倒を見ていたし。

 何が不思議かというと 手伝って下さるテンテン君のママが英語で話すので トトロ流の英語との会話を聞いたみんなはホントにフィンランドからのあれこれが来ていると思って 心から信じて 喜ぶのだった。

 みんなの信じるチカラによって Xmasは本当になる。

 みんなは言った。「先生にもプレゼントある?」

「ありますよ。そりゃあもう袋に入らないほどよ。」「へーーー。よかったぁ。」

2020122417

 トトロは生きていること自体がプレゼントなので そこらへんの袋には入り切らないというわけ。

 愛と感謝を込めた年に一度のやさしい時間は あと2クラスで終わってしまう。

 アトリエの合言葉がある。歴代スタッフに伝えて来た。

 「全員 ハッピー」

 今日はイブ。皆様にメリーXmas♡ 

2020年12月19日 (土)

アトリエXmas 2020 No.1

週末にアトリエXmasが迫る 15日の火曜日夜、OBの博物館学芸員のシュウヘイ君が お手伝い出来る事ありますか?と アトリエに大量のカルピスとおっとっとを差し入れてくれた。

もちろん「お手伝い」は無限にあるのよー。

この夜 彼の運転で トトロが応援する移住ファーマーのファー民さんのところへ サンタ一号便をおとどけに向かった。

いつも 最初は ファー民さんご一家にサンタをしてから アトリエにXmasを。。とのルーティンなので 今年もやり遂げることが出来た。 

202012191

 

 その週は 16日の水曜に 横浜サンタのずっかちゃんから 手づくりのトトロクッキーが届けられ、放課後手伝いに参上してくれた ソロンゴがそれを オヤツ袋の最後に そぉ~っと入れて、これで秘密のサンタ工場終了。

 子ども達の手づくりXmasカードも 最後の中央病院に 手紙を書いてUパックで投函。これで3つの病院全てにお届け完了。

 大雪が降り また融けて またまた降って 本当の冬らしい景色になった。

 19日 土曜日。

 前半クラス総勢7名。みんなそろって はじめはいつものように絵を描く。

 トトロ先生は言った。

 「今年は コロナの中 一人も負けず みんなアトリエに来てくれました。それだけで 素晴らしいことです。サンタさんは みんなが明るくマスクをして頑張るのを見ていて下さったと思います。後半はケーキをつくってXmasをします。」

 「はーい。♬」

 そして 絵をしまってから バンダナの替わりに 全員でサンタ帽を被った。ケーキにとりかかるみんな。

 指導は 駆けつけてくれた パテシェの卵 カイキセンパイ。

 入ったばかりのラッキーガール ユズキちゃんと 先輩のユズカちゃんコンビ。ナイフでイチゴを切る。トナカイの二人。。。

202012192

 たくさんのサンタたちのケーキ工場。。。

202012193

 そして いつもの「メリー クリスマース☆」パーーーン☆☆

 音楽はXmasメドレー。今年は更に BOSSがアトリエ入り口にLEDのチカチカ照明をつけてくれた。もう 幻想的に。

202012194

 完成したケーキを持つ ハルカちゃんスタッフ。

 横の小さいトナカイはユズキちゃん。一年生。もうすっかり夢の世界に入っている。。

202012195

 ひとりずつ 英語の名前を読んで トトロがサンタさんのかわりに手渡す。

 さっき「荷物が来ましたーーーーっ」と カイキセンパイが叫んだとき 確かに鈴の音が聴こえて みんなはシーンとしたのだった。

 迷いなくお礼を天に向かって叫ぶ。「サンタさーーん ありがとーーーございまーーーす。」そしてみんなで拍手。

 ちょっとウルッとするトトロ。。。。。。

202012196

 ペタンと床に座って うれしそうに一つずつ出しているユズカちゃん。アトリエ2回目のXmasだ。

 「今年もトトロのクッキーはいってました。ほらっ せんせい 見て見てーーー」「いいねー。よかったねー。」「はいっ。。」

202012197

 つい この前入って こんな日を迎えたラッキー天使。でも入った日にXmasカードもつくって みんなのと 混ぜたんだものね。

 よろこびの拍手が止まらなかった。「ホントにほしいのが入ってた。歯ブラシも消しゴムも。。うさちゃんも。サンタさんてスゴイ。」

202012198

 タカユキ先輩の袋の孫の手を見つけて喜んでいるユウタ君。しぶいね。笑

202012199

 絵本も読んだ。「雪の日のおくりもの」トトロ先生の名調子にうっとりのみんな。

 お迎えの お父さんたちに 口々に報告しながら 袋をしっかり抱えて「よい おとしをーーーーー」

2020121910

 そして 後半クラス。

 初のXmasはアオノちゃん。 

 まず 絵を描いて、一時間後に ケーキをつくる。。

 材料は同じなのに 各クラス まったく違うケーキが出来るのがおもしろい。

 中学生のナナミちゃんカノちゃんコンビがリードしてくれている。

2020121911

 きれいに出来て アオノちゃんが持った。何から何まで初めてのワクワク。

2020121912

 暗くして メリーXmasを写してみると こうなりました。BOSS撮影。。。バーーン☆

2020121913

 最後の方に呼ばれて ホッとしているアオノちゃん。「ことし入ったから サンタさん知らないかと思ってドキドキした。」。。よかったね。

 「ありがとうございます。」と何度も言っていた。

2020121914

 安定の中学生 ナナミちゃん。ニコニコがとまらない。。

2020121915

 よく手伝ってくれた ケント君たちの袋には 彼らの知らない物ばかり入っていて びっくり大喜び。。

2020121916

 米子から二時間かけて通うユリちゃんには 好きだと言っていた リスのハンドウォーマー。「マクラにもなるよーーー」って。

 リスと間違えて ムササビを入れていたサンタさん。。アハハ。「似てるからいいです。」って。。。。ホッ。笑

2020121917

 一人一人 ひとつひとつ 全部違う アトリエのサンタ袋。

この一年のみんなのつぶやきを全部聞いていた サンタさん。

 だから それぞれに 欲しかったささやかなプレゼントが入っているんだね。

 並んで写真を撮ったのは 全国のサンタさんたちにありがとうを伝えるため。

 袋がパンパンの 幸せ。中にはワクワクの夢も詰まっていたから。

2020121918

 トトロは思っていた。

 「今年もサンタさんをさせてくれて ありがとう。みんなのほうがホントはサンタクロースなんだよ。」

 こうして アトリエのXmasは 始まったのでした。あと5回 このサプライズは続く予定。。。

 大変な苦しみの年でも マスクの中でみんなニッコニコでした。生き抜いていこうと思うトトロです。

 全国サンタさん ほんとうにありがとうございました。

 メリークリスマス♡

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー