フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2022年4月 | トップページ

2022年5月

2022年5月18日 (水)

不思議な空間

 長いなぁと思っていたトトロ展だけど。

 やっぱり長かった。今は 半分と少し過ぎたところ。。。

 4月21日から6月5日まで。。。って 春から初夏に季節のページが変わっていくムービー。

新緑がグングン彩を深めて 始まった4月には見えていた山の枝も すっかり葉に覆われている。

そんな中 アトリエは奇跡的に休むことなく通常運転ができていて 自分で驚く今日この頃。

14日の土曜日クラスに 次の週 運動会のため混ざって描いたユズキちゃん。

日曜に来てくれたトトロ展から誘発されたか 山と残雪のような風景を描いた。 

202205171_20220518104601

 全員参加の面々は元気。カエデ君もチラリと見えて モテモテの一人男子は 先週お父さんの故郷の富山から帰ったばかり。

202205172_20220518104601

 後半クラスも全員参加。

 驚いたのは ヒロト君がデカくなってる。。。。男子はいきなりデカくなるからね。笑

 カホちゃんも元気に 中学生たちの中に一人小学生で 伸び伸び描いている。

 年齢 学校が違う仲間って とてもいいとトトロは思う。この世は元来みんな違うものだから。

202205173_20220518104601

 さて 気を引き締めて 石谷家のギャラリーへ出向く15日の日曜日。

 この日の猫バスは 申し出てくれていたOBのマサヒロ記者とその母上と。。。

 貴重なお休みをフルに使ってトトロを運び会場スタッフもしてくれた。ありがた過ぎる日々に感謝しかないトトロです。

 会場に到着したら さっそくショウタ君一家が見えていて トトロと記念写真。。。と思ったら 照れまくるショウタ君。、。、笑

 猫背になりながら Vサイン。笑笑 お父さんが「恥ずかしい時 こうなります。」と解説。。。笑 ありがとうねショウタ君。

202205174_20220518104601

 センパイのマサヒロ記者は小さい頃 ショウタ君のような子だった。好奇心旺盛で 男の子らしくて。。。絵も大好きで。

 トトロは いつかこの二人を会わせたいと思っていたら こんなところで実現した。

 「マサヒロ先輩は 小さい時からアトリエでトトロ新聞を作っていたんだよ。そしたら本物の新聞記者になったよ。」

 ・・・・ショウタ君「スゲーーーー。。」そして今度は胸を張ってVサイン。人生の変わりそうな出会いだったかも。。

202205175_20220518104601

 バイバイの風景。「明日 アトリエでネーーーー」「せんせい さよーならーーー」

202205176_20220518104601

 それからも  生徒ではない智頭の子供たちがたくさん来訪してくれて トトロが説明すると 絵の好きそうな子供たちの目が輝いた。

202205177_20220518104601

 アトリエのカノちゃんはお母さんと二度目の来館。試しにスタッフカードを首にかけてあげたらお似合いのたたずまい。

 「もう一度 お父さんも一緒にきます。」と。そしてお気に入りの絵を教えてくれた。

202205178_20220518104601

 おじいさんと来てくれた地元の女の子が トトロの絵に似ているのでパチリ。絵が大好きらしい。とても一生懸命見てくれた。

202205179_20220518104601

 10年ぶり以上の再会なのに 昨日会ったかのように会話の出来る不思議なギャラリー。

 トトロの尊敬している坂口ご夫妻だ。私財を投げ打って障害児たちの為の活動をずっと続けておられる。積もる話に花が咲いた。

2022051710_20220518104601

 とてもたくさんのお客様だった日曜のスタッフは あの小林さんと昼からはマサヒロ記者のお母さんも。感謝の真ん中で。。。

2022051711_20220518104601

 帰り道 石谷家の近くに眠る 元アトリエの生徒姉妹の母で 長くトトロの秘書らしきことをして助けてくれたナンシーのお墓参りをした。

 小林さんが既に場所を調べて下さっていて マサヒロ記者のお母さんもいつもナンシーと共にトトロ展の受付をしてくれていたから 一緒にお参り出来たこと 本当によかった。彼女の好きだったお香を持参して来ていたので それに点火していい香りをお供えした。

 「ナンシー(本名 米原さん) やっと来ましたよ。近くで個展してるからね。見ていてね。」

      (フォト byマサヒロ記者)

2022051712_20220518104601

 石谷家近くに開店したばかりの 古民家改造オシャレカフェで 三人でパスタをいただき(マサヒロ記者からおごっていただくというサブライズ )、夕日と一緒の帰り道。。。色々な話をしつつ 日帰り旅のような充実の一日が暮れていった。

 

 16日の月曜クラス。みんな集合。

 オトコ組の面々は いつものように  ちょっとふざけながら それぞれの絵を楽しんだ。

 翌日までに 入れ替え用の作品を仕上げないといけないから 気持ちが少し焦ったけれど オトコ組と過ごしていると元気になれるトトロ。

2022051713_20220518104601

 面白くて活発で アイスキャンデーも食べて ワイワイしているうちに いつもなんだか絵が浮かぶ不思議。

 子どもらしいこのクラスには いい空気が満ちている。ショウタ君も小さい声で昨日のトトロ展のことをささやいたりして まだ行っていない子の気持ちも考えての配慮ができた。

2022051714_20220518104601

 手伝いに来てくれたミオちゃんは 元気になっていて、教室終わりの19時から額装の手伝いをしてくれた。

 全部合わせると 17点の取り替え用の作品があって ちょっとビックリ。

 こっちに重点を置くから 22日搬入の市民美術展は 今年はトトロはパスすることに決めた。まだ完成していないからね。

 替わりに 弟子のイラストレーターミオちゃんがデビューする。それもとても素敵なチャレンジだと思う。

2022051715_20220518104601

 17日の夕方近くに 絵の交代に行くと この日映画の上映会にいらした制作に関わられた神戸からの方達を初め その映画の中に人形が出演したということで見えていた人形作家の阿部先生と NHKのキャスターも みんなでトトロのギャラリーに。。。

 いつもテレビで拝見するキャスターの工藤さんは青森のご出身だし この映画の女性監督は秋田美人だった。ここで東北勢揃いのミラクル。

 出雲や神戸や日野郡や色々なところから偶然の初対面同士なのに 神戸の二人は近くにお住まいということが分かり しかもトトロフレンドのラクヨさんとも近かった。。。。

 一人のイラストレーターの方が「ここって不思議なオーラを感じます。。」とおっしゃった。・・・・・・・・・。

 絵の中の子供たちが 引き寄せているのかな❓とてもステキな方達ばかり。

2022051716_20220518104601

 トトロが今展のために 最後に描いてきた絵は「お地蔵さん」

 全ての方達 すべての現象に 「ありがとう」の文字を入れた。

2022051717_20220518104601

人が空間を創り 空間が人を呼ぶ。

新しい出会いと 再会と 笑い声と 少しの涙が そこにはあった。

さて あと約3週間。。。。どんなことが待っているのだろう。

アトリエにブログ仲間の九州のミコミコさんから「陣中見舞い」と書かれた スィーツが届いていた。。。。ありがとうございます。

戦争とは対極にあるようなトトロ展。平和と幸せばかりを祈りつつ。。。ご注文の新作を書き始めているところ。

2022年5月12日 (木)

旅のような日々

 長い個展も約半分が過ぎて トトロはたくさんの方々の助けをお借りしながら なんとか頑張っている。

 5月7日の土曜日クラスは タカユキ先輩の去りし後に いつもの全員が顔を揃えた。

 ユウタ君とユズキちゃんは 次の日の日曜にトトロ展に行ってくれると言うし、ユリナちゃんはトトロとすれ違いで 智頭に来てくれていた。

 強制ではないものの、今なら人形展も見られるし庭園も美しいので ご家族のご都合をなんとか工面して 遠いけれど みんな来てほしいなぁ。

 絵本を読み聞かせするトトロ。。。。ここは いつものアトリエ。いつもの時間。

202205121

 後半のカノちゃんも お母さんと行ってくれていた。

 石谷家カフェでお食事もしたとか。。。なんだか安心した。トトロがいる時間だったらな。。。ご馳走できたのにな。。。

 でも ちらほら 行ってくれているようで ありがたいことです。

202205122

 暑い日だったから 前半 後半 みんなにトトロ特製アイスキャンデーを・。・。

 スタッフのミオちゃん この日貧血で一瞬倒れて 復活したところ。危ういのでずっと座ってもらい。。。密かにお母さんに連絡した。

 頼りにしてるからね。 元気でいてよ。鉄分不足だったらしい。トトロ展やなんやかやで 気持ち張っていたのかな。。。。

202205123

 8日の日曜日。母の日。

 熊田っちが送ってくれて 会場に着くと オトコ組のリュウセイ君が居たので荷物をギャラリーまで運んでもらった。

 彼にとっては 初めてのトトロ展だ。お母さんとおばあちゃんと 妹と来てくれていた。

 トトロの絵の前での初めてのツーショット。来てくれてありがとうねー。

 トトロ先生がホントの画家と確認した日。嬉しそうだった。

202205124

 伝説のOGアキちゃんが「トトロせんせーい」と 石谷家の上がり口で人形展を見ながら 呼んでいた。

 チビーズを二人連れて お母さんと来てくれた。

 職場復帰もして 二人を保育園に預けて奮闘の毎日。よく来てくれました。

 アキちゃんは 7年前の母の日に心臓で入院中のトトロに初給料の大半を包んで持ってきたのよね。「お見舞いです。」

 うろたえるトトロに「だって 先生はほとんど母だから。。」と。涙があふれたっけ。。。

 トトロは時間をかけてお返しをしていこうと思っている。。。。アキちゃんがんばれ。そして ありがとう。

202205125

 ちびっ子を連れてきたOGたちは みんなここで これをする。笑

 伝統の麒麟獅子。。

202205126

 こちら 一号蔵に展示中の 安倍先生の「二十四の瞳」

 なんだかアトリエのようだ。

202205127

 ユウタ君登場。

 けっこうお客様も多くて、賑わいのあるトトロ展を お母さんとおばあちゃんと妹とでじっくり見てくれた。

 小さくてひ弱だったのに 中学生ぽくなってなんか頼りになってきましたね。よろしく頼みますよ。

202205128

 ユズキちゃんご一家は この日トトロを乗せて鳥取まで送ってくださるとの約束を果たしに来てくれた。

202205129

 この二人 前日のアトリエクラスの仲間。

 修学旅行のようで楽しいね。

2022051210

 だからトトロは皆さんにコーヒーセットをサービスして 子供たちにはクリームソーダを・。・。

 オシャレなカフェでアトリエ家族が庭園を眺めつつコーヒータイムなんて 滅多にできない魔法の時間。

 トトロもここで初めてコーヒーをいただいた。

 知らない所で個展をすると みんなで旅をしているように心がほどけて楽しくなる。

2022051211

 11日の水曜クラス。

 ランちゃんは首の骨の治療の為 一度アトリエを休止することになり お母さんから連絡をいただいた。

 みんなに話すと シーンとしてから ランちゃんにカードを書いていた。

 アイスもチュパチュパの暑くて雨の降りそうな日。

2022051212

 そして ソロンゴはまさかの骨折。

 バスケの時に 右手首をやってしまったとか。。。

 「絵は描けます。」と。あーあ。。。みんな無事ってなかなか難しい。

2022051213

 ヨシノちゃんは この日お父さんのお誕生日だったので カードを作り マンボウも作った。

 それからランちゃんにも カードを書いた。

2022051214

 つぼみを持ってきた 庭の牡丹は みんなの熱気で満開になった。

2022051215

 ランちゃんが元気になって戻ってくるのを願って みんなの書いたカード。

 トトロはまた言った。「優しいという字は 優秀の優なんだよ。みんなはたいした人物ですよ。」

2022051216

 15日はマサヒロ記者 22日は修平学芸員がネコバスを申し出てくれている。

 日曜以外は 智頭の小林さんを中心に番付きのお世話になっていて、それは本当にミラクルで あり得ない奇跡だ。

 トトロのいない日でも たくさんの方達が童画で癒され 楽しんで下さっているそうな。

 さあ あと三週間と少し 三期目に掛け替える絵を描きながら 感謝の筆を進めるトトロのありがたい日々は続く。

2022年5月 5日 (木)

日本中からの再会

 5月2日の夕方から トトロ展の二期目の展示に入れ替えすべく 会社のスタッフと3人で絵を積んで向かった。

 この「お山の時間」の絵を持って帰る段になって 急にもったいなくなり 中に鯉のぼりも描き込んであるし 子どもの日もやって来るしと思案していたら なんと重要文化財の古い蔵の扉に 石谷家の米井さんがひっかけをつけて ひょいひょいと掛けてくださった。

 お帰りになる方みんなが これをご覧になる仕組み。よかったね。お山の時間。。。。。絵も嬉しそうだ。

202205051

 元の場所には この大作「巌窟の御地蔵さん」が。。

 テキパキと動かれる米井さんって ジブリのどこかに登場しているような感じ。笑

 まあ 私もトトロなので ちょうどいいかも。

202205052

 5月3日の憲法記念日。祝日。

 この日は会場はトトロと智頭の小林さん。行くのは少し早めにBOSSが都合をつけて送ってくれた。

 この小さな絵は紅い夕焼けの中 仲良く帰るランドセル姿の兄と妹の後ろ姿・・・

 旅の途中のこの男性は 何度も全体を巡り 何度もこの絵で立ち止まり「この絵に惹きつけられました。」とご購入。

 トトロとしばし昭和の話に花が咲いた。少し年上の方だった。「何もなかった いい時代でしたなぁ。。」と。

 今回の個展には石谷家を目当てにいらっしゃるたくさんの観光ツァーの皆様がお見えで 童画展の看板に絵の好きな方達が立ち止まり 中へ入られて トトロが「ようこそ 私が作者のトトロです。」と言うと とても喜ばれる。そしてたくさん質問されるし 会話も弾む。

202205053

 アトリエの三年生 アイリちゃんがご両親と登場。

 28日からの 阿部珠美さんの素晴らしい人形展のギャラリートークの日だったので もったいないからお勧めしたら 長くて子供には疲れた様子。。。そんな中で 子供は作り笑顔は出来ず・。・。精一杯のこのままで記念の一枚。笑

 トトロ先生との貴重な一枚だったことは ずっと後から気づくのよね。。。来てくれてありがとうございました。

202205054

 今年中学生になった アオノちゃん親子も来てくださった。

 アオノちゃんは 先生がんばれカードとお菓子を そっと手渡してくれた。嬉しかったよ。ありがとねーーーー。

202205055

 その後もどんどん人が増えて、みなさんがゆっくり絵とご対面。

 仁王立ちのトトロは 「ありがとうございます。トトロです。」と繰り返し 絵の説明を求められるままにお話しし続けた。

202205056

 そこに「トトロさーん。。」と 絵本の仲間だった奥村さんが。そしてあの有名な人形作家の阿部珠美さんも。

 お話ししてみると 阿部先生は昨年乳癌の手術で今年2月までキツイ治療をされ トトロは聞いていたのだけれど 偶然奥村さんも悪性リンパ腫と乳癌を克服しつつあるので その二人の癌克服の真ん中でトトロも生きることに懸命なのをお伝えして ギャラリーは強いオーラに包まれた。

 「生きて 良い作品を生みましょうね。」とトトロ。「トトロさんにお会いしたかったです。」と阿部先生。副作用で今は素敵なウィッグ中。

 トトロこそ憧れの作家さんだったので とても感激して何度も おきて破りの握手を交わした。

202205057

 そして 隣のギャラリーで開催中の 工芸展で阿部先生に強いパワーを感じるペンダントを求めてプレゼントすると その作者さんが「それ智頭杉のリングの中にガラス玉を入れ込んだものですよ。」と。二つの中からご自身に一つ選んでいただいた。

 米子にお住まいの彼女は とても喜んで下さり「このトトロパワーをつけて 生きて行きますよ。」と。いい出会いだった。

202205058

 5月4日は みどりの日。祝日。トトロ一人の日。

 会場に行くと 神戸大学3年生になった アトリエOGのトモコちゃんとお母さんが見えていた。

 「久しぶりーーーーーー。」とトトロ。昔のままのニコニコトモコちゃん。

 なんと 聞けば倉吉からのお母さんと神戸からの彼女が智頭で待ち合わせていて この日に神戸に帰るとか。。。

 トトロがここでお昼をご馳走したいと言うと お母さんはトモコちゃんの好物ばかりのお弁当を作って来られていて 二人でこれからどこかで召し上がるのだとか。トトロは心がジーーーンとした。 ここで個展をして良かったなぁと思った。智頭は特急も停車する。

 がんばれ智子ちゃん。中学 高校の美術の先生の道を進むのだとか。今は実習などで大変らしく トトロはエールを送った。

 心を伝えられる深くて温かな先生になってねー。

202205059

 石谷家のあちこちで リアルで可愛い阿部先生の作品が.話しかけてくる。昔どこかで見たような子供たち。。。。。

 トトロの童画とコラボして 石谷家がわらべ歌のような世界になっている。人形たちはトトロ展の間 ずっといてくれる

2022050510

 

 夕方近くに 米子からご両親と元気な女の子が来てくれた。

 初対面なのに トトロにどんどん話しかけてくれて この絵を見るなり「わぁー ケッサクですねー。」と言った。笑 

 聞けば小学1年生。名前は「すずりちゃん」お母さんが書道家なんだって。

 それからは トトロとお父さんとお母さんと「傑作 傑作」と言いながら楽しく過ごした。疲れも吹き飛んだ。

 やっぱりこの子もジブリっぽい感じ。メイちゃんかも・・・

2022050511

 この日最後のお客様は 本気で絵を選びにいらして とても迷われた末 トトロが今展のために最初に描いた「銀河鉄道」をご予約。

 感謝の一日がありがたく終わった。

2022050512

 5月5日 こどもの日 祝日。

 スタッフミオちゃんのお母さんが ネコバスを引き受けて下さりアトリエに迎えに来ていただいた。

 会場は相変わらずの人だかり。到着したらすでに クリスマスカード仲間のM先生がお花とお菓子を置いてお帰りの後だった。感謝。残念。

 ぐるっと回って帰られる方の多い中 このご夫婦はトトロの解説を一点一点 お聞きになって、いつまでもご滞在。

2022050513

 そして この「白菜ロード」の エピソードをお聞きになると「欲しいです。。。」と。

 ご主人が 優しくうなずかれて 奥様は嬉しそう・。・。いいご夫婦だな。。。と胸が暖かくなった。

 それからも 数点から一つ選ばれて なんと2つもご予約・・・近畿地方からのご旅行の途中だった。感謝です。いい旅を。

2022050514

 3時もまわり 満員だった石谷家食堂の席が空いたと知らせが来て ようやくミオちゃんママとお蕎麦をいただいていると 米井さんが呼びに来て「ヤマサキさんという方が。。。」と。(❓ 山崎さんなら 昔の生徒で 全国に散らばった姉弟三人がいるけど・・まさかね。)と 行くとその三人姉弟のOG OBとそのそれぞれの夫さんと 小さい子供たちと 三人のご両親。。。。。)

 「トトロせんせーい。」と ギャラリー一杯に ご家族が。。5人家族が12人に増えていた。

 長女のハルカちゃんは 宮崎大学 次女のアヤちゃんは北海道大学 末っ子のトウマ君は静岡大学へと 日本中にそれぞれ進み、お姉ちゃん二人はそこで夫さんと巡り合い結婚されて 子供たちが誕生。トウマ君は花の独身。。。マサヒロ記者やシュウヘイ学芸員とアトリエ同期。

 アトリエ開設の25年前から入ってきて 三人とも高校3年までアトリエで過ごしてくれていた。

 この写真を全国のOB OGが見たら わかると思うけれど 子供たちの中にかつての三人とそっくりなのが居て トトロは笑った。

 この日 トトロ展に全国から大集合。 ホントに子どもの日らしいサプライズだった。

 トトロの左右と下がアヤちゃんトウマ君ハルカちゃんです。

2022050516

 トトロ先生を囲む三人姉弟。15年以上ぶりの懐かしい再会。「先生 ずっとアトリエしててくださいよ。。。」オーマイガーーーー

 他のOBたちの近況も伝え 笑いあって お母さんになっているのに たちまち昔の生徒に戻る三人。

 会場に持ち込んでいたありったけのお菓子を手渡し それぞれの住所も書いてもらい、子供たちは何故かトトロに懐いてしまうという珍現象も あまり不思議じゃなくて。。。明日 それぞれのところへ帰るという三人を出口まで見送って行くと いつまでも振り返って手を振っていたのは それぞれの夫さんたちだったという・。笑・。また会いましょう。生きていたら会えるからね。元気でガンパるんだよーーーー

 束の間の里帰りをトトロ展にいらしてくれて、みんなと久しぶりの再会が果たせたこと とても嬉しく感動でした。

2022050517

 ここが石谷家の受付け。。江戸時代もここが事務所だったそうですよ。

 のぞいてくれているのは ジブリっぽい米井さんたち・。・。・

2022050518

 蔵の前から見える山は トトロの森だと 米井さんからお聞きしました。

 そのふもとの トトロ展。。。しっくりはまる理由がわかった次第。。

2022050519

 隣の蔵ギャラリーで 木工を展示されている家出さんという作家さんの額を買って トトロの絵を入れて「非売品」と書いたら 欲しい方続出。人は 非売品や 売約済みが欲しくなるものらしい。

 この方も 古ーい 知り合いですよ。皆さんずーっと作品作りを続けていらしたのでした。

 お互いに 出来るとこまで 頑張りましょう。。と これしか出来ない幸せを語り合って この長い日は終了。。。感謝。

 連休中は毎日100人超えの中 不思議にアトリエの生徒たち まだあんまり来ていないのよね。

 トトロ先生の 必死の超満員対応を察してくれたのかも。。。。あと一ヶ月 まだまだ続くギネス個展。

2022050520

 久しぶりのOB OGがたくさん来てくれて 再会出来たこと 時間をワープして夢のような連休でした。

 「先生 変わりませんね。。。」みんなの声で 変われないトトロです。

 こんな喜びのために トトロは絵を描き続けているのかな。。。。。ありがたさが 疲れを上回り またアトリエが続けられます。

 みんな 地球のどこかで 元気でねーーーーーーー。また 会いましょうネーーーー。

2022年5月 1日 (日)

日々 感動 感謝

 個展中でもアトリエは生きている。

 4月27日の水曜クラスは 久しぶりにいつもの仲間が集まった。

 まだ ランちゃんが欠席中だけど ヨシノちゃんは3年生から一人でやって来るという約束を達成。

202205011

 一ヶ月ぶりのノリトラ君。

 アトリエの空間は みんなのつくる空気で完成されるんだね。

 この日 水曜クラスには笑いと活気が蘇った。

 トトロは全員揃う日を待ってますよ。

202205012

 4月29日 昭和の日。

 元 聾学校の先生でトトロが講師に出向いている時にキモチが通じ合った シュウ子先生ご夫妻がアトリエに迎えに来てくださり なんとご主人の運転で連れてきていただいた石谷家住宅。

 そこに元市立病院のササキ師長さんご夫妻が登場。。。昭和の日にふさわしい昭和生まれの面々は とても丁寧にご覧くださって、お好みの絵を楽しそうにご購入。

 トトロは喫茶室でご接待したり、面白い話に花を咲かせつつ 童画の世界の童心で遊んだ。

202205013

 雨の中を ソロンゴと弟のテン君を連れて モンゴルの国際交流員のお母さんがナビを頼りに到着。

 石谷家の壮大さと歴史に感動され「今度 外国のお客様を案内して来ます。」と。

 もし アトリエ生徒が来たらとひそかに準備していたオヤツを大量に手渡して 国際交流のアトリエ外交を楽しむトトロ。

 絵に国境はない。感性にも国境はない。よく来たね。。。。ソロンゴ。。ありがとうね。

202205014

 雨風の強い寒い日だったけれど ご夫婦連れのお客様多数。みんな昭和の子供だった方達が 楽しそうに懐かしそうにトトロ童画の世界を満喫されて 口々に「楽しいですね。かわいいですね。」とおっしゃる笑顔に元気をいただいた。

202205015

 岡山や広島 この方達は倉吉から。。。

 この日トトロのことが大きくカラーの記事で新聞に載ったので それをお読みになってわざわざいらした方達も。。。。感謝です。

202205016

 このご一家は 天然酵母でパンとビールを造られる智頭のパン屋さんをめがけて来られた 東京の方々。

 童画展のあることを発見されて 絵の好きなお子さん達に見せたいといらっしゃったとか。

 ハキハキと質問する東京っ子に 一つ一つ説明するトトロ。しかもお姉ちゃんはトトロと同じお名前だった・。・。・

 「絵描きさんになったら知らせてね。」と言うと「はいっ。」

 連休親子旅のご一家に アトリエ用のお菓子を手渡して「いい旅をーーーーー。」と お見送りした。

 そのうちこの子たちから 個展案内が来るのかなぁ。。。トトロは生きているといいな、、、

202205017

 この日ラストのお客様は 昨年の3月の鳥取市のトトロ展で節句の絵を二枚ご注文されていて ようやく額装が出来て連絡したら この日石谷家においでになるからそこで受け取るということになり オマケにトトロを送って帰ってくださることになったFさんご夫妻。

 またもや 新しい絵をご注文して下さっているところ・・・・オリジナルのご注文の達人なのよね。

 ご主人の歯科医院にはトトロ童画のコレクションが入れ替わりながら飾ってあるという有り難さ。30年来のお付き合いに感謝です。

202205018

 30日の土曜日は アトリエも第五土曜の為教室は無かったけれど 入れ替え用の作品を描いているトトロに代わり 智頭の小林さんが番付きをしていて下さり なんと60人超えの大盛況だったとか。

 お天気も良かったので 前日の新聞で皆さん多数いらしたらしい。 ありがとうございました。小林さんお痩せになったとか・。お疲れ様。

 

 5月1日の日曜日。

 アトリエOBのマサヒロ記者がお仕事休みで一日付き合ってくれると連絡があり ミオちゃんと乗せてもらって智頭へ。

 到着してすぐ 古くからのファンの方が 絵を物色中だった。

 202205019

 小林さんの職場の方も 熱心にご覧くださっている。

 「銀河鉄道はいいですなぁ。。」と 見入って下さるし。。。皆さんの心の内は深い。

2022050110

 マサヒロ記者にカメラを預けたら 流石のアングル。蔵の入り口からのギャラリー。

2022050111

 今年の成人式のチケット原画の説明をするトトロと 熱心なお客様たち。

2022050112

 二人にしばし留守番をしてもらい 初めてトトロはココのカフェで小林さんと美味しい時も過ごせた。ありがとうねー。

 持つべきものは 愛しい弟子たち。。。。

2022050113

 トトロ留守中のミオちゃんの奮闘。(フォトbyマサヒロ記者。)

2022050114

 この日のスタッフ〜 ありがたい助っ人軍団。 おかげさまです。

 左は小林さんの不在時にスタッフをしてくださる従姉妹さん。。。

2022050115

 この日ラストの親子連れさんの小さい娘ちゃんに ていねいに説明するトトロ。やっぱり東京からの方でしたよ。

 この記憶って 案外残るものなんです。

 トトロも子供時代 盛岡のギャラリーにたくさん連れて行ってもらったおかげで今があるのかも。

 小さい時 親子で何を見たかはとても大事。一緒に感動する体験は宝物です。

2022050116

 2日は絵を少し入れ替えるから この展覧はこの日がラスト。

 まだ あと一ヶ月以上あるトトロ展。たくさんのドラマの中で 江戸時代の蔵に笑顔が広がって なんだか夢のような5月の始まり。

 感動 感謝の日々を 進んで行くしかありませんね。皆さんにありがとうの毎日です。

« 2022年4月 | トップページ