フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« アトリエの雛祭り | トップページ | 全員出席 »

2022年3月 7日 (月)

雲間の光

 しかし 未だおさまらないコロナはアトリエにも大きな影響を及ぼしている。

 学校を次々と休校にしてしまい、5日の土曜日も前半は3人。

 後半は 無事なのはカノちゃんだけなので休止にさせてもらった。とりあえず3人確保したらやろうと思っているんだけどね。

 レイカちゃんは メンバーが減ろうが増えようが 安定のメンタルでいつも絵に向かう姿勢は変わらない子。

 ペン画風の風景に着色して 陰影を工夫しているところ。。。安定のメンタルって大事なのよね。。。

202203071

 

 この日相棒のユズカちゃんが来ると思っていたユズキちゃん。

 ユズカちゃんは 今度は溶連菌に罹っちゃったらしく お父さんがいらして 3月もお休みとのこと。不安定な学校から来てもトトロ先生にうつしたりしたらダメだからと お菓子を差し入れてくださった。

 また ユズカちゃんにお手紙を書いてから 春色のカードをたくさん作るユズキちゃん。楽しそうだけど少し寂しそう。

 

202203072

 ユリナちゃんも自分の席から見えるアトリエの風景を 細かく描いていて、それまでの女の子だらけの絵から脱皮した。

 特別支援学級でがんばる子。ゆっくりでも確実に進歩しているところを見せてくれるから、トトロは応援する。

202203073

 初めての風景画。とてもうれしそう。飽きずに諦めずに描くこと二ヶ月の大作。よくがんばりました。

202203074

 三人のアトリエ記念。はやく みんなが揃うといいねー。

202203075

 翌日の6日 日曜日に、4月からのトトロ個展の会場 石谷家住宅に向かって 智頭町に出向いた。

 古い消防の建物や 旧街道沿いに 参勤交代時代からの町並みが歴史を感じさせて ワープしたような心地になった。

202203076

 ここが 智頭の大庄屋の石谷家。江戸時代からの建物が保存されつつ 今は重要文化財だ。

202203077

 蔵はたくさんあって トトロはこの3号館で個展をさせていただく。

 今は 写真展が開催されていた。

202203078

 持参したミニ絵などを出すと 館長さんたちが その展示台を運んできてくださって 並べてみた。

 天井も高く ライトも完璧で いい個展ができそうだ。

202203079

 担当の米井さんが 何かと心遣いをして下さって 色々な相談が出来た。

2022030710

 重厚な蔵の入り口。

2022030711

 素敵な米井さんと、館内のカフェで。

2022030712

 こちらは 智頭ファンクラブ代表の小林さん。

 この日も雪の中 トトロとBOSSが到着するのを外で待っていて下さって 駐車の手配まで準備して下さっていた。

 本当に 人と人とのご縁と繋がりの不思議。トトロはいつも何処でも それに助けていただいている。ありがたいことだ。

2022030713

 中座敷からの庭園風景。まるで金沢の兼六園みたいだった。

2022030714

 畳に座り 漆のテーブルに置かれたガラスを写真に映すと このように逆さ庭園が現れる。

 肉眼では見えないのに カメラのレンズのミラクル現象なのだとか。。。

 折しも 昔の雛人形展が繰り広げられていた館内には 古くてゆったりとした時間が流れていた。

 近畿 京阪神からのご来客も多いのだとか。

 江戸時代の大きな屋敷が コロナをシャットアウトしているかのようで しばし時代の大変さを忘れていた。

2022030715

 小林さんや館長さん 米井さん達としばしの別れを告げ帰路につきながら あの建物の近くに亡きナンシーの本家とお墓があるのよね。。。と感慨にふけった。ナンシーというのはトトロがつけたあだ名で 米原さんというアトリエ生徒姉妹のお母さん。トトロの個展には必ず受付を引き受けてくれたり 講演会や読み聞かせなど どこにでもフォローしに同行してくれた方だ。

 あんまり完璧なニューヨークの秘書のようだったので トトロは「ナンシー」と呼んだ。

 乳がんで亡くなられる年も 最後まで受付に座ってくださった。もう 居なくなって10年が経つかな。。。

 今回の 智頭の個展を喜んでいるのかな。。。

2022030716

 そんなことを話していたら 不意に雲が切れて青空が現れ 雲間から天使の梯子の光が降りてきた。

 「ナンシーだね。」と 急いで写真を撮った。見ててね。。。と 思った。

 こんなに 毎年何らかのご縁がつながって 25年間も個展を続けていると いつの間にかいつからか居なくなる方もいらっしゃる。

 そうして みんな雲間の光になって 見ていてくれると思えば せっかくのご縁で実現できることに 精一杯お応えして描かなければいけないと思うのだった。

 この世は不思議な巡り合わせに満ちていて 誰かにしていただいたことを 次の誰かに還元しつつ グルグルと感謝の渦を繋いで行くのが人の道だと感じている。

 石谷家でスタッフの米井さんがおっしゃった。「社会がこんな時期だからこそ トトロ童画の個展をしたかったんです。」

2022030717

 よしっ トトロ描きます。

 みんなが ニッコリする絵。

 子ども達に 途中経過をあけっ広げて見てもらいつつ 一生懸命 描かせていただくことにします。

 個展は4月21日から な な なんと 6月5日の長丁場。。。。春から初夏まで季節をまたぎます。

 

 明るい平和を描きましょう。。。。。

« アトリエの雛祭り | トップページ | 全員出席 »

アトリエ日記」カテゴリの記事

コメント

先生 かっこいいです。
きっと また前代未聞の素晴らしい個展になりますね。
しかし あちこちにファンがいらして そこがまたトトロチック。
いつものように 倍返し 3倍返しで 巡るんでしょうね。
その潔い 感謝の生き方が とてもかっこいいです。
頑張ってください。・・・・・・・・みんな応援してますよ。きっと。

東京のOB 様
 ありがとうございます。
 いつもコメントありがとう。
 とても励みになります。
 頑張るからねーーーーーー❤️

春からの個展、とても楽しみです!現地への移動など微力ですが改めてお手伝いさせてください。多少はコロナが落ち着いて、子どもたちの生活が元通りになりますように。

十十六衛門 様
 ありがとうございます。
 それはとってもありがたいお言葉。
 基本 列車で行こうと思ってましたから いつかお願いしますね。
 作品を描きつつ 途中入れ替えなども考えています。
 また 元気が出ました。感謝です。
 今日は博物館に行こうと思います。
 また いつかお会いしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アトリエの雛祭り | トップページ | 全員出席 »