フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月24日 (水)

名残り雪

 名残りを惜しむように、また雪が降った週は 土曜日まで教室がないので よかった。。これは16日のアトリエ前。

 ずいぶん積もったけれど そのあとは 春もたけなわのように陽気が戻り この風景は3日ほどで夢のように消えた。 

202102231

 暖かい土曜日になって 20日のクラスは楽しそうにやって来て。。。

 アトリエの果物フィギアを並べて描くユズキちゃん。

 この果物フィギアは20年以上前に トトロがあちこちで発見する度に集めたもの。

 センパイたちも みんなこうして遊んで描いたっけ。。。

202102232

 

 ユリナちゃんは トトロ先生の個展を楽しみにしている。

 県内どこでやっても お母さんと来てくれていた。。がんばって描かなくちゃと思わせてくれる。

202102233

 

 こだわりのユウタ君は いつも持って来る宇宙の図鑑を忘れて お母さんに連絡して持って来てもらった。

 しょっちゅう 〇〇がないから描けない。。と言うことがクセのようで 「あるもので描きなさい。」と言い続けるトトロ。

 個性というか 何というか。。。そのうち 何かが起こって変化していくのかな。。。

 みんなは毎回の彼のボヤキをBGMのように聴いている。。。絵は宇宙。それはそれでいいのだけれどね。。。。

202102234

 

 こちらユズカちゃん。三つ編みがキレイなので「いいね。」と言うと「お母さんに時間があったの。」とうれしそう。

 好きな絵本がたくさんあるから迷い中。

202102235

 

 トトロは社会人のタカユキ画伯と世間話中。なんだか楽しい。オトナの会話が出来る。。あんなにヤンチャだったのに。。。。。

 彼が今のアトリエ名簿のトップになった。6歳から来ていて13年目。。。。ギネスに挑戦。 有り難いことだ。

202102236

 元気いっぱいの果物が描けた。

 うれしくて 目がキラキラしていて。。お顔も絵の一部みたいなユズキちゃん。一年生。よくがんばりました。

202102237

 後半クラスのコーセー君。むっしり まったり。。。集中。

202102238

 米子からのユリちゃん。絵本を参考にオリジナル。。3年生。。メガネをかけはじめたみたい。

 ワクチンの話をしていたら このクラスに医療関係者の親御さんが3人も居た。

 ユリちゃんは綺麗な言葉で 小さな声で「わたしの父もです。」と言った。

 ちち はは と言える子が居るとホッとする。言葉がうまく使えなくて黙っている子もいる。

 きれいな日本語を使えるようになってほしくて トトロは色々語りかけている。そのうち沁み渡るといいな。

202102239

 

 最近 アトリエの人事がざわめいていて 新入希望も増えたので 記念に一枚並んで撮ってもらった。

 顔ぶれは永遠じゃないからね。それをトトロは痛いほど知っている。。。2020年2月20日のメモリー♡

 白マスク軍団。。。素顔がはやく見たいなぁ。。。。

2021022310

 22日のにゃんこの日。。。月曜クラス。

 何故か あの二人は来ない。春と一緒に来るといいな。

 ここも 6年生が居るのはあと一ヶ月。

 いつものように アトリエ時間のはじまる夕方。だいぶ日が長くなった。

 

 お父さんの誕生日だからと お祝いの絵を描くレン君。

 いつも 家族の誕生日の度に お祝いを描く長男君。優しくてあたたかい子だ。弟と空手の道場にも行っている。。。

2021022311

 マオちゃんの「街」 どこかの外国らしい。

2021022312

 この三人、全員中学に上がっても続けると報告があった。。土曜日に移るけれど がんばりたいとのこと。

 この日は将来の夢を語ったアカネちゃん。アニメーターになりたいそうな。

 絵はみんなとても上手くなった。修学旅行もなかったけれど 6年生としてそれぞれ成長していたよ。ありがとうね。

2021022313

 トトロの家の梅を生けて。。。

2021022314

 椿も生けていたら 土曜日クラスの子は「バラ」と言った。

 木へんに春。花言葉は控えめな愛。

2021022315

 それぞれの春はもうすぐ。2月は足早に過ぎて行く。。。個展の準備をゆっくりはじめている。

 いつもと変わらないアトリエでありたい。

 名残りの雪もすっかりとけた。

2021年2月16日 (火)

明るいほうへ

 2月は気候がめまぐるしくて 壊れた冷蔵庫みたいに とけたり 凍ったりする。

 冬と春が綱引きをしているようだ。

 10日の水曜クラス。ソロンゴと一緒に来るヨシノちゃんは 絵に集中できるようになって 森の中をていねいに描いている。

 

 202102151

 ランちゃんも この日は久々に定時に到着。忙しいお母さんが懸命に連れて来て下さる。

 何しろ5人の兄弟 姉妹の末っ子だからね。アトリエが少しくらいにぎやかでも動じない。。。

202102152

 

 にぎやかの源だった この二人は 最近めっきりお兄ちゃんだ。

 色々なことを考えながら進めるタイプ。決して「先生 何やったらいいですか?」なんて言ったことがない。

 センパイらしくなったね。

202102153

 折り紙の得意なノリトラ君。しずくを折ってふくらませていた。

 「せんせい つくれますか?」「つくれないから教えてね。」「はーい。」

 生徒 時々 先生。

202102154

 こちらも 長考のアラタ君。

 絵を描いて 粘土をいじって ビローンとのばして 考え中。時々アゴマスクになる。。。。苦しいもんね。

 一番にぎやかだったちびっ子クラスが 落ち着いて魅力あるクラスになった。待っていて良かった。

 寒いけど晴れたので。。。ノリトラ自転車も…良かった。

202102155

 だんだんに トトロ童画が増えている。これは小さな額シリーズ。

202102156

 11日の祝日に トトロフレンドのくまだっちの車で あちこちに出向いた。

 ここは新聞社。Sデスクが迎えて下さった。

 一年前にチョコをお届けして以来 ちょうど一年ぶりの再会。

 個展の案内ハガキと 近況のご報告と チョコとワインと 記者の皆さんへは あの夢煎餅と。

 このデスクとも もう20年近いおつきあいになる。米子個展は9年間取材して下さり 途中手術して復活したときは 大きくとりあげて下さった。退職された記者の方々にも みんなにチョコを輸送したトトロ。

 繋げて下さったことへの 感謝を忘れない。

 トトロ自身よりもトトロのことを知っていて下さるようで 新聞社に来ると 魂が安心する。

 「ホワイトデーは 個展中なので そこで待ってますよ。」と言うと フフと笑って「わかりました。」と。。。

 画材屋さんに額装を頼んで 個展会場を下見しつつ 館長さんにもご挨拶して。。。さあ もうあとにはひけませんよ。

202102157_20210216203901

 

 13日の土曜日クラス。

 前半に3年生のリョウタ君が お母さんと一緒だったので ?という顔でお迎えすると。。。。

 「転校して来て まだ1年なのですが 実は また4月から島根に転勤が決まりまして。。。。」とお母さん。

 「・・・・・・・・・・・・・」トトロとそこに居たみんなは シーーンとした。

 リョウタ君はアトリエが楽しくてたまらず お休みしても他のクラスで描くと自分から言うような子だった。

 「一回だけど Xmasが出来て良かったね。」と トトロは気を取り直して言うと「はい。。」と 彼。ウルウルしているし。

 「島根の美術館はとてもいいよー。昔は生徒を連れて何度も行ったんだよ。」とトトロ。

 「きっと また会えるよ。転校生達とは 今でも色々つながっているんだから。」

 色んな言葉で 何とかキモチを立て直そうとするトトロをみんなは 察しているかのように見ていた。

 カンナちゃんが「おひなさまの作り方教えて下さい。」と 言いに来たので 粘土で創ってみせるトトロ先生。」

202102158

 リョウタ君の側で 絵本も読んだ。

 みんなは集まって来て ケラケラ笑いながら 一緒に味わった。

202102159

 木目込みのように 粘土に千代紙で衣装を着せたおひなさま。

 アシスタントハルカちゃんも 教え方を学ぶために 一緒に創った。

2021021510

 

 後半クラスも みんな来て 顔を近づけて懸命に描くヒロト画伯。

 ストーリーのある絵なので トトロは応援している。

 盲学校初の絵本作家になるのかも知れない。。。ガンバレ ヒロト君。

 たまにトトロは 彼と障害について話すことがある。「残っている機能は 鋭くなるよね。」なんてことを。

 トトロの身体に障害があるおかげで 出来るコトがしぼられて どんなに豊かな人生かを みんなにも話している。

 キーワードは決してあきらめないという事だ。その人にしか出来ない役目を果たす為に 人はみんな生きている と 思うから。

2021021511

 ユミちゃんの席からカタコトといつまでも音がするので見ると、アトリエの500色の色鉛筆を整理してくれていた。

 ありがとうね。

2021021512

 そんな気持ちのいい空気感の中で キラ君熱心にペン画の仕上げ中。

 なんかグレードの高いクラスだわね。。。芸大みたい。笑

2021021513

 ほら カイキ君の外国の風景も 素的になってきているし。。。

 カイキ君は 2月一杯で 京都へ。。

 トトロは前半のリョウタ君の話をして「12年間もアトリエに通えたコトは 幸せでしたね。」と言った。「はいっ。」とカイキ画伯。

 プロになって第一号のケーキを届けてもらうことになっているから 「待っていようね。」と ヒロト君に言った。

 「たのしみ。」とヒロト君。何年後になるのかな?なんだか叶うような気がする。

2021021514

 今年のひな祭りには これをかざりましょう。毎年新しいおひな様が出来ている。みんなの作品はあたたかい。

2021021515

 この夜 大きな地震でまた 故郷の盛岡も震度5の揺れだった。

 翌日 一人暮らしの母に電話をして地震の様子を聞いてから アトリエのあれこれを話し 子ども達の様子を伝えると 大笑いをして「お前の話はいつも面白いなぁ 人間ひとつは取り柄があるもんだな。」と・・・・・。

 チョコを渡して歩いたことも話したら「お母さんも あちこちに送ったよ。」と。そして また大笑い。御年 90歳。アッパレです。

 地震の話はそっちのけで。。。。明るい話題を繰り広げた。

 「心配しても仕方ないべ。。。」と。

 天災もコロナも病気も 来るときは来る。それを吹っ飛ばすような 明るい生き方をしよう。

 たとえ 別れても会いたければ またいつか会える。今はメールもLINEもある。大切なのは思うキモチ。

 さて めんこい絵でも描きましょう 描きましょう。。。。明るいほうへ 明るいほうへ。。。by金子みすゞ

 

2021年2月 9日 (火)

三寒四温

 立春が過ぎたら いきなり暖かくなって 6日の土曜日は16度。

 みんなが来る毎に「あったかいねぇ。。春だねぇ。」と トトロ先生。

 前半も後半も全員が スキップするような足取りでオールスターキャストの満員御礼。

 ユズユズコンビの二人は 全集中 色の呼吸で完成。画風それぞれ。世界がある。

202102081

 

 それから二枚目にとりかかるユズキちゃん。

 広島サンタさんの箱にたくさん入っていた千代紙をちぎって並べて しばし考え おもむろにノリで貼付けている。

 「いいですね。デザイナーだねぇ。。」と感心して みんなと見学するトトロ先生。

 対面にユウタ君とタカユキ画伯。いつものようにそれぞれの絵。「今日は自転車で来ました。」とタカユキ画伯。社会人一年生だ。

 みんなはココで アートの窓を全開にする。

 

202102082

 スタッフのハルカちゃんも 物語の挿絵のような独自の世界を仕上げ中。深い空想力からの作品だ。

202102083

 立つと小さいのに 身に合ったイスに腰掛けると たちまちみんなは一人前の絵描きさん。

 アトリエに一歩入ると 魔法で大きくなるみたい。描いている姿をお家の方に見せたいものだ。一人前の凛としたアーティストたち。

 お迎えのとき 一年生のユズキちゃんのお母さんが「アトリエに行くと 疲れがとれる。。って言うんですよ。」って。

 一年生の疲れって どんなのだろう。やっぱり小さいなりに 周りとのあれこれがあるのかも知れない。。。。よかったね。疲れとってね。

202102084

 

 後半のクラスが始まって 少し経った頃、玄関に入って来る女の子の姿が。。。

 「先生。。。」

 「えーーーーっ。ココナちゃん?」「はい。」

 一年前に東京に転校して行ったココナちゃんだった。

 ちょっと おばあちゃんの所に来ていて、翌日また飛行機で戻るとのこと。

 「バレンタインが近いので 先生にクッキー焼いて来ました。」と。

 泣きながら別れて行ったけれど ちゃんと向こうで友達も出来て 彼氏まで出来て がんばっているとか。。

 ちょうど そのときに同じ月曜のクラスで一緒だった ナナミちゃんやカノちゃんが中学に上がる時に土曜に移っていたので 会う事が出来た。

 束の間だったけど アトリエのオヤツも持たせて「元気で・・」を交わすことができた。

 よく会いに来てくれました。ありがとうね。 つらい事は言わず「楽しくやっています。」と。   ガンバレ ガンバレ。またおいで。

202102085

 

 姦しい(かしましい)女の子たちのテーブル。。。楽しそうだ。

 「どうして 女という字を三つでかしましいなんだろねー。」とトトロ。まあ わかりますけども。。。

202102086

 この二人は月曜クラスのときからの名コンビ。

 別々の中学なのに まるで同じ学校かのごとく 共通の笑い話で盛り上がっているし。。。姦しいことこの上ない。・。・。

 きっと女子中学生あるあるなんだろね。この二人は人の悪口やわがままを言わないから 聴いていて楽しい。トトロもたまに吹き出している。

202102087

 うってかわって こちらは寡黙な男のテーブル。

 「車がみっつで何と読む?」と聞くとケント君がすかさず「轟く(とどろく)です。」と即答。居合わせたBOSSが「おーーーーっ」と感心。

 「では 木が三つでは?」とBOSS。みんなで「もりーーーっ」これは5年生たちにもすぐわかったけれど 今 森ってちとまずいかも。。笑

202102088

 こちら カコちゃんの色鉛筆画。「これ 生徒展に出します。」「いいね。。よく描けてます。」と トトロ。渾身の一枚。

202102089

 

 この日仙台に転校した姉弟のお母さんから いきなり東北銘菓のお饅頭が届いた。

 昔 アトリエに居た頃は小学生だったお姉ちゃんの方は 明治大学に入りコロナで自宅リモートをしているとか。

 弟君は高校生、、、トトロが鳥取の白ネギを送って 即 饅頭になって また・。・。・とエンドレスのサンタ関係が続いている。

 鳥取の梨やネギは美味しくて、ファー民さんの農場直送で全国各地の隠れサンタさんたちにと 免疫アッブのトトロギフトをしている。

 もちろん みんなで美味しくお饅頭を パクリ。すぐにマスク・。・。・ごちそうさまでした。

2021020810

 8日の月曜は ドカンと雪空になり 震え上がるほどの寒さで アトリエ中の暖房復活の日。

 イラストの腕が上がっているユウヒちゃん。

2021020811

 鮮やかなデザインでフルーツを描いているマオちゃん。

2021020812

 ぼかしの手法のレン君。

2021020813

 なんだか みんなは時間を惜しむように描くようになっている。芽吹きの季節かな?

2021020814

 

 トトロの個展まで あと一ヶ月を切った。しかも今年はうるう年。

 毎日 作品に向かっている。

 一年も延期していたのに なんだかいつもコロナの不安で アトリエをするのに精一杯だった。

 今年の年賀状の中に たくさんの方から「癒しの童画が見たいです。」との後押しをいただき トトロはやっぱり描くしかないな と気がついて ありがたく 素直に筆を持ち直した。

2021020815これは市民会館の自主事業なので オファーをいただいただけでもありがたい。

 毎日は無理だけれど トトロの居る日を明記して これから案内状を送ろうと。。。只今準備中。

 密にならずに 人々をお誘いするのには 葛藤もあるけれど また ちょうど良くなりそうな気もして。。自然におまかせ致します。

 さてさて 今度はバレンタインの準備。。。

 なんだか 一年中 贈ったり いただいたり ありがたく うれしく 感謝の連鎖。

 また雪も降るけれど 三寒四温でゆっくりと行き先は 春。あたたかい絵を描きましょう。

2021年2月 1日 (月)

鬼は外

 週末は雪の予報の水曜日、27日の4時に集まるワンパククラス。

 ノリトラ君とソージン君は名コンビ。

 お互いの絵を「すごいなー」と言いながら すぐにひっつく二人。学校は別々。 

202101311

 この日もソロンゴ姉さんに連れられて来たヨシノちゃん。安定の着席。

202101312

 

 みんなが入って来た時 黄色い服の子が外の玄関ボーチに座っていた。

 「だ だれ?」と言うと ノリトラ君が「弟が一人で留守番さみしいからと着いて来たので ここで待たせます。」と。

 外は冬空でとても寒くて、トトロは彼に「静かに出来るね。」と言うと「はい。」と。すぐに中に入れて 小さいイスに座らせみんなにワケを話すと「いいよー。中でいっしょに描こう。」と。全員一致。

 弟君は 兄ちゃんの隣にチョコンと座りお絵描きタイム。

 「ありがとうございます。」と 兄。。。まるで サツキの教室にメイが入って来たトトロ映画のシーンのようだった。

202101313

 「週末は雪予報だから 君達がアトリエを代表して豆まきをしてください。」と トトロ先生。

 「せきにん じゅーだいだねー。」なんて言いながら ゲストの弟君も一緒に 山茶花の木と木のあいだにぶら下げた みんなの描いた鬼に向けて「鬼はーーーーーー そとーーーーーーーーーーっ!」

 「よしっ、これでアトリエは一年間だいじょうぶだねー。」なんて言い乍ら豆をポリポリ食べている。

202101314

 それから 中でまた絵を描いた。

 ラビュタの名シーンを描いたアラタ画伯。よく見ると 小さい人間がたくさん飛行船から脱出しているし。心なしか表情もキリリ。。。

 ゲストの弟君にとっては 夢心地だったらしい。ノリトラ君がしっかりと兄ちゃんらしく見えた日。

202101315

 29日の金曜日は 予報通りに大雪と吹雪。

 この荒れた日にトトロは受診で 病院も少し閑散としていた。

 アレルギーだらけでインフルの予防注射も出来ないトトロは 念のため主治医のK先生に聞いてみた。

 「コロナのワクチンとかもダメなんでしょうね?」

 すると先生は「しっかりと管理体制の元でやってみましょう。メリットのほうが大きいと思いますよ。」と。

 なんて安心するお言葉なんだろう。お医者さんって 安心を下さるお仕事なのね。感謝。雪の中を通院した甲斐があった。

202101316

 翌 30日の土曜日には雪も風もおさまって みんなはやって来た。

 久しぶりのカホちゃんと 畑の絵が完成したノノカちゃん。

202101317

 ユウキちゃんはこちらの席に移動して粘土。資料を見るリョウタ君。

202101318

 途中 ノノカちゃんの髪が絵にかかるので トトロスタイリストがクルリとまとめて筆のかんざしを刺して留めた。笑 大受け。・。・

 江戸時代の画塾か? やるところをみんなは感心して見ていた。本人だけはどうなってるか知らないのよね。。。筆はたくさんあるし。

202101319

 みんなのところを廻るトトロ先生と スタッフハルカちゃん。

2021013110

 ハルカちゃんはお月謝袋の製作中。伝統の手描きだもんね。歴代スタッフの受け継ぐお仕事。

2021013111

 こちらは あの水曜クラスの面々が描いて ぶら下げて 豆をぶつけた「コロナの鬼」

 みんなは コロナをどうイメージしているか、思いがけず知る事となった。

 強そうで 人相が悪くて あらゆる武器を持っていて 闘いを仕掛けて来る感じが表現されていた。

 これに 全員でチカラいっぱい豆をぶつけたんだから 今 少しは退治出来たかも知れない。。。だと いいな。

2021013112

 土曜日の後半に来た 倉吉のアオイ君が 今デジタルでイラストを描いているので トトロはBSの「漫勉」という番組を録画しておいて見せているところ。将来の夢は漫画家なので 食いつくように見ているアオイ君。

 デジタル画をしないトトロは指導が出来ないから 資料を集めて 彼の背中を押している。みんなちがって みんないい。

2021013113

 そのアオイ君が 席に戻って 同じくデッサンをしていたユミちゃんに指導してくれているところ。微笑ましいアトリエの風景だ。

 こちら側のキラ君も集中力がスゴイ。なんかプロのアシスタント集団のようだ。

2021013114

 「4月から ここに月曜クラスに居る3人の女子が中学に上がって移って来るよ。。。よろしくね。」とトトロ先生。

 「はいっ。」と 頼もしいセンパイたち。みんなもあちこち移動しながら続けている面々だ。

 どこに移っても おんなじアトリエにトトロ先生が居る。

2021013115

 今年は 早めに豆を撒いてしまったけれど みんなのオヤツ袋には豆の小袋を入れている。

 悪霊退散 疫病退散 福はーーーうちーーーーー。

 ちびっ子クラスの描いたコロナの鬼を見て センパイたちは みんな感心していたよ。

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »