フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月26日 (火)

マスク一周年

  なんだか 砂がサラサラとこぼれ落ちるように 一月が過ぎて行く。

 年賀状のあとからいただく寒中見舞いに あちこちの それぞれの近況があって その重さに驚いた。喪中あり事故あり病気あり。。。

 いつものように 普通に年賀状のやり取りが出来るだけありがたいコトなんだと思い知る。

 今年2度目のアトリエは もう通常になってお正月の浮き浮きも過ぎ みんなはひたすらに絵を描いている。

 ユズカちゃんの世界。。生えて行く何かが 毛糸のような植物で面白い。頭の中は物語でいっぱいらしい。

202101261

 

 こちらは 一年生のほうの ユズキちゃん。小さいモデルを並べて それじゃないものを描いているし。

 どうやら イスに座っている可愛い動物達は 絵を見学しているらしかった。。。いいね。見ていてもらうって楽しいね。

 ユズキちゃんは この日サンタさんにお手紙を書いて持って来た。「たくさん うれしかったです。またきてください。」って。

202101262

 

 ユリナちゃんは学校行事で一時間ほど遅れて 車から降りて走って来るのが見えた。意欲高し。。

 集中したので 逆にいつもより絵が進んでいた。

 長さじゃないんだね。。。絵の時間って。集中の密度なのね。。  うん わかる。

202101263

 

 アトリエ文庫に 少し絵本を増やしておいたら、みんなはすぐに発見してくれるから 増やし甲斐があるのよね。

202101264

 

 この日は雨だったけれど 後半クラスも全員そろって はるばる米子からのユリちゃんも楽しく集中。

 なんだか 今年に入って 益々 アトリエ時間が濃くなっているような気がするんだけど それは不安定な社会のせいだろうか。

      もう マスクをつけて かれこれ一年になるのだものね。。。

202101265

 

 何気ないトトロ先生とのやり取りも それぞれみんな同士の掛け合いも 面白くてアートで 楽しい空気にとけていく。

202101266

 一人が絵本を探していると みんなが来て探してくれているし。アトリエ文庫は人気。。

202101267

 

 前半クラスのユウタ君が 一回ごとに墨汁を塗込めなくてもいいように 黒い紙を準備していたら カノちゃんがノビノビと使った。

 オシャレなアート。ステキです。

202101268

 カコちゃんも 愛猫のコムギちゃんの姿を色鉛筆とパステルで。。

202101269

 コーセー君は 細かい木の枝の葉を パステルで柔らかく描いてみていた。

 とにかく トトロは言う「何を使ってもいいし どのように描いてもいいんだよ。自分で発見すれば楽しいのよ。」って。

 絵は これでこうして描きなさい。。なんて 言わないほうがいい。 ただやって見せることで みんなは興味シンシン。

 好きな手法をみつけて 試してみることが大事。 失敗なんて無いのだからね。

2021012610

 豆まきしようと思ったけれど 雨ザーザーなので 他の日のちびっ子たちに任せることにして。。。

 この日は全員そろった 土曜日後半 Bクラス マスク一周年記念日。。「みんな負けないでね。」「おーーーーっ!」

2021012611

 やや 水ぬるむ 三寒四温の中 25日の月曜クラスの面々。

 こちら マオちゃんとアカネちゃん。

2021012612

  レン君とユウヒちゃん。

  また 小さい姉妹はお休みだった。

  三人の6年生たちは 時折 何やら相談しいしい 素敵な作品を描いていた。

2021012613

 帰り際「先生 中学に上がっても続けます。。」と 三人。

 「今 土曜日の後半のクラスがひとつだけ 三人一緒に移れますよ。」と トトロ。

 「お家の方に ちゃんとお願いするんだよ。」「はいっ。。」

 そして お迎えのお母さんたちにも そのことをお伝えした。やる気満々の少女たちの気持ちが トトロの背中を押した。うれしかった。

 

  レン君のお持ち帰り用のオヤツに添えて 豆まきセットを渡しつつ。。「2月2日に撒いてね。」と。

2021012614

 

 トトロの個展用の小さい作品は 少しずつ夜中に増えて いつの間にか額に入りたそうにしている。

2021012615

 絵の中の子ども達には マスクをしないで 希望の春に向かわせたい。

 あきらめないで 明日に向かおう。 きっといいことがあるんだから。

 マスクの下は みんなで笑っていたい。

2021年1月18日 (月)

生きて行こうね

 世間ではコロナが広がり 食材を買いにスーパーに行っても 皆さんまとめ買いを励行されていて空いているし。

 そんな中 よく親御さん達は みんなを送ってアトリエに来て下さるものだと 深く感心 感謝の極み。

 11日の月曜クラスも 雪がたくさんで来られなかった小さい姉妹の他はみんな「明けまして~」のアトリエ始め。

 なんだか みんなは フーッと一息ついている感じで それぞれが自分の世界に取り組む姿勢がちゃんとしている。 

202101171

 アカネちゃんの家は近いので お母さんが愛犬のハナちゃんとお迎えに来られた。

 みんなで ハナちゃんにも挨拶した。ワンダフル。。。

202101172

 こちら 4年生のレン君が サンタさんにと書いて行ったお手紙。

 「寒い中 来てくれてありがとうございました。ほんとうにうれしかったです。」などと 消しゴムで消し消し丁寧に書いてある。

 OB君達の話によると アトリエサンタは本物だと思っていたという子が多くて トトロは逆に元気をもらった。本物だけどね。。

 みんなのお礼は 順番に全国サンタさんたちに発送中。。。。

202101173

 雪の晴れ間は ビリリと冷えた空気の中 青空に山茶花がよく似合う。

202101174

 

 13日の水曜クラスの日。

 一年生のヨシノちゃんが4年生のソロンゴ先輩とやってきた。

 同じ小学校で ヨシノちゃんの学童に ソロンゴが寄って一緒にアトリエに来るというシステムを 両方の親御さんと話し合って決めたのだ。

 今までは おばあちゃんが学童に迎えに行かれて アトリエに連れて来ることをしていたけれど おばあちゃんのお仕事都合で 遅くなったりしていて なかなか大変だったので Xmasのときに 新システムに変更の話が決まり、この日の前の夜 トトロはもう一回両方に連絡してみると ソロンゴはその責任を全うすべく 心の準備万端だった。

 優しくしっかりと ヨシノちゃんの手を握り 到着したソロンゴの凛とした責任感。とても大きく見えました。

 安心して連れて来られて 嬉しそうな一年生。。。

 「よく来ましたね。二人ともそこで写真撮らせて。。」と トトロ先生。

 なんかステキな話題。。助け合う心は受け継がれて行くものだから。いつか ヨシノちゃんも後輩を連れて来るのかな。。

202101175

 みんなは いちだんとしっかりした顔になっていて、去年の春の幼い感じから少し成長したように見えた。

 新年のアトリエで この日は静かに絵の具で描いた。

 「生徒展やりますからね。それぞれにグレードアッブした作品を描いてみてね。」と トトロ先生。

 よしっ とばかりに 絵筆を走らせるチビ画伯たち。  いい光景だった。前向きな希望は心を元気にする。

202101176

 一生懸命 空を塗って 少し疲れてハリネズミ君と遊ぶアラタ画伯。。。笑

202101177

 みんなを見守るミサキちゃん。中学生のお姉さんの存在はみんなを安心させてくれる。

202101178

 

 ソロンゴの描いた「ごんぎつね」の絵。 あの名シーンだ。

 みんなで ごんぎつねの話をした。そして。。かわいそうにねー。。。と シュンとした。

 小さいのに 人生の不条理を話し合うみんな。。。絵本の好きなクラスだ。心が育っている。

202101179

 ノリトラ画伯は そびえるビラミッドと太陽の絵。

 力強い描き初めだった。

 2年生。この日の彼も半ズボンに裸足。自転車にまたがり雪の道を一人で来たアトリエ。

 強い子になるよ。ガンバレ。。

2021011710

 

 16日の土曜日クラス。

 これで新年の描き初めが一巡する。

 スタッフハルカちゃんが 色々とフォローしてくれて みんなはアトリエにあるミニグッズに夢中。

 このクラスも 学校学年がバラバラで なかなか面白い構成になっている。

 夢中で描いて 夢中で遊び それぞれの世界を持っていて 絵本の読み聞かせにシーンとなる。

 新入りの小さいノノカちゃんがよく話し 帰るとき必ず「今日わたしうるさかった?」と聞く。トトロは「うーん中くらい。」などと答える。

2021011711

 今は音符のように 身長がバラバラだけど そのうち全員トトロ先生の背丈を超して イケメンや美女になるのよね。。。

 小さい大切な時代にコロナの世の中になってしまって 久しくみんなのマスクのない顔を見ていない。

 せめて ここではホッとして夢の語れる場所でありたい。

 みんながんばろうね。

2021011712

 後半も全員来てくれた。

 月一のアオイ君は模試で 次回に来ると早朝にLINEが来た。

2021011713

 

 キラ君は集中してペン画を一心に描いている。時々トトロ先生がチャコールペンや色々な芯のペンと取りかえてあげる。

2021011714

 カイキ君も卒業制作に一生懸命。もうすぐ京都に巣立って行く。

 お迎えのお父さんに「さみしいでしょ?」と聞くと「う・・・うん。そうですね。でも仕方ない。」と。トトロも同感。

2021011715

 この週の初めに アオイ君の兄でアトリエOBのシュン君のいる天理大学ラグビーが 初の優勝。早稲田を制して日本一になった。

 TVで応援したトトロはすぐにおめでとうのLINEをすると 「ありがとうございます。」とすぐに返事が来た。

 アオイ君にもLINEして ご家族で喜んだとの返事をもらった。

 寮のクラスターでコロナに苦しんだ天理の見事な復活。 トトロはアトリエの後輩達にあきらめないコトを伝えた。

 アトリエにも顔を出してくれたシュン君なので みんなは「やったー」と拍手。

 高校や大学の受験生たちも この冬を越えれば 希望の春が来る。後輩たちみんなでエールを送っている。

 アトリエ開きも終わり みんなで 何もあきらめずに 素敵な春に向かいたい。

 とにかく ぼくらはみんな 生きている。生きているから笑うんだ。。。。それだけで100点。充分幸せ。。

  17日は阪神淡路の追悼の日。。。生きて行きましょうね。。

2021年1月10日 (日)

アトリエの描き初め

 皆様 寒中お見舞い 申し上げます。

 2021年が始まりました。謹んで 新年おめでとうございます。

 極寒のつららが アトリエの窓の下に居並んで 一日中このまんまの厳しい寒さの中 天気予報は警報や注意報の連続。

 年末年始は それでもトトロ風のおせち料理をこさえて お花を生けて BOSS母を喜ばせ、ギリギリに年賀状を投函。

 コロナのニュースが列島を揺さぶり 先の見えない不安や困惑の中で 新しい年に手をあわせて 心を立てていた。

202101101

 アトリエのカウンターは 12年前に盛岡の叔母が創った木目込みの牛さんと トトロのミニ作品でほのぼの。

202101102

 

 アトリエは1月9日の土曜日クラスから 新年の始まり。

 みんな Xmas以来なので、待ちわびていて飛んで来た。

 「あけまして おめでとーーーーございまーーす!」

 「せんせー 年賀状一枚来たよ。せんせーから。」「そりゃ よかったね。」笑

 生徒達には最優先で書いて投函したトトロ。Xmasと同じく全員ちがう言葉を添えた。

 ユズカちゃんの描き初めは 夜の山と幸せなお家。

202101103

 

 みんなは 溜っていたアートのひらめきを一心に描いている。ジャズのBGMを静か目に流して 桜のお香を炊いている。

202101104

 一年生のユズキちゃんは、ワンコを椅子に座らせて 大きなオムライスと何故か畑を描いていて トトロに説明してくれた。

 「種を植えておけば 次のときに何かの芽が描けるよ。」とトトロ先生。

 夢にウットリした顔で「はーい。」と言って 何かを植えるように筆でチョンチョンしている。楽しそう。。

202101105

 お話は尽きなくて、お正月のコトや家の予定など お迎えが来られるまで先生とおしゃべりするみんな。

 全員足元は 長靴スタイル。

 「大雪だったら休もうか?」と聞くと「いやです。来ます。」。。。。って。。笑

 「せんせー。ネコバス サンタさんからもらえばよかったねー。」「そだねー。」「みんなを乗せてアトリエに来るんだよねー。」

 そして またウットリ想像しているし。。。

202101106

 山や海沿いはとても積もったらしいけれど アトリエのまわりは少しずつ融けて こんな感じ。

 まだまだ 降り積もる予報の山陰の冬。小さな足跡が雪を固める。

202101107

 後半も全員出席。

 本体より先に「明けまして・。・。」と声がする アトリエ始めは気持ちがいい。

 双子君からの年賀状には「また いつでもお手伝いします。」と書いてあった。ありがとう。

202101108

 なつかしそうに おしゃべりに花を咲かせながら女の子たちが笑っていると アトリエも花が咲いたように明るくなる。

202101109

 カコちゃんは 学校帰りに助けて連れて帰り 家で飼っているニャンコの「コムギちゃん」の写真持参で描いていた。

2021011010

 小さい子たちは この日サンタさんにお礼を書いた。

  ありがとうの言葉って 温かいね。

2021011011

 

 コロナで一年延期になっていた トトロ個展は 3月7日より2週間、鳥取市民会館ギャラリーで開催が決定。

 会館からバンフの絵を依頼されて提出の為に描いたのがこちら。

 早春賦をイメージして描いた。個展のサブタイトルは「春のうた」。

 さあ 描きましょう。みんなの心がポカポカになる 希望の見えるようなトトロ童画を。

 かじかむ手をお湯であたためながら トトロは筆を持ち 描いていますよ。

2021011012

 子ども達が トトロの新作を眺めながら うれしそうに絵を描くアトリエ。

 今年も精一杯 やっていくので どうぞよろしくお願いします。 

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »