フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月27日 (日)

アトリエラストXmas 2020

 今年のアトリエXmasは 本当に素晴らしかった。

 いつも 都合で誰かが欠席してプレゼント袋を翌年まで預かることに やや抵抗があったのだけど、今年は誰一人として休まなかった。

 コロナの年は みんなに感謝の種を植えてくれて 全国サンタさんからも心のこもる様々な応援が到来した。

 トトロも全力で 子ども達の一年を振り返りながら 精一杯の準備に明け暮れた。

 26日の土曜日は今年のアトリエ最後の教室の日。みんなは 元気にやって来た。

 前半 いつものように絵を描いているとき 初めての子が3人もいるので なるべく普通にトトロは言った。

 「Xmasって昨日で終わったから サンタさん帰ったかもしれないけど とりあえずケーキとか作ってみたいから お絵描きは一時間で勘弁してね。」「・・・・・・・はーい。」

 転校して来たリョウタ君 3年生。これから何が起こるのか知らぬまま お気に入りの鬼太郎を描いている。

202012271

 一時間経過。「これを被ってケーキをつくって下さい。順番になかよくね。まかせたからね。」

 はじめての ノノカちゃんカンナちゃんを混ぜて ベテランのユウキちゃんカホちゃんが仕切る。一年生から三年生の若いクラス。

202012272

 不公平なく全員がクリームやイチゴで 順番につくっていた。トトロは手も口も出さない。

 スタッフのハルカちゃんが そっと教えてくれていた。

 ここで みんなは既に満足そうなトキメキに酔う。…楽しいだろうな。全員違う小学校だ。海辺のカホちゃん 山の方のカンナちゃん。

202012273

 一斉のクラッカーもきれいに揃った。大きな声だった。「メリーーーー クリスマース♡」パーーーーーーン☆

202012274

 この日 忙しかった仕事に一段落ついたBOSSが 大きなサンタ袋を抱えて 窓からノックしたものだから みんなはびっくりして叫んだ。

 「せんせーーーーー あれ トナカイ来たんだ。鈴の音みたいのがしたよーーーーーーー!」

 鈴は こっそり手伝って下さるテンテン君のお母さんが 入り口のほうでならしている。この日が一番上手くいった。笑

 pからfまで 次第に強く そしてだんだん弱く・。・。・。シャンシャンシャン♬

 受け取り運んで みんなが見守る中 一人ずつ名前のスペルを読むトトロ。「ミス YUKI」

 今年 初のサンタ工場に参加したユウキちゃん。個包装してリボンをかけていたヌイグルミの中に欲しいのがあって「これいいな。。」と言うから「サンタ工場のスタッフは自分のことは後回しに出来るはず。みんなのことを考えなさい。」と教えるトトロ。

 かくて袋の中に サンタさんからのそれがちゃんと入っていたもよう。。。。。。やるね サンタさん。

202012275

 一番大きな声で マスクまではずして「ありがとーーーーサンタさん。」と叫ぶカホちゃん。

 この子のおかげで いつもワクワクが倍増するみんな。

202012276

 リョウタ君はサンタさんにお礼を言ってから トトロ先生の目をジッとみつめた。

 トトロはうなづいて「本当にサンタさんからなんだよ。」と言った。

202012277

 天に向かってお礼を叫ぶノノカちゃんは この日「家でプレゼントあったし 本物なんていないし。。」なんて少しひねたコトを言うから、「ならアトリエのサンタさんに失礼だから 贈り物は遠慮して他のところへ回してもらうね。」とトトロ。

 何かにつけて 思っている反対のコトばかり言う一年生。ヘソはいまのうちに真直ぐにしておこうと トトロはノノカちゃんを呼んですみっこで話をした。

 「ほんとうはどうなの?みんなと一緒にサンタさんのキモチ受け取りたいの? すなおなところを聞かせて。」

 「アトリエにはサンタさんが来てるとおもう。。。」

 「サンタさんはやさしいところに来てくれるんだよ。イジワルみたいなコト言うのはもうやめたらいいよ。あなたは本当はいい子だと思ってるよ。」そして こっそりハグをした。

 どうやら二人いるお兄ちゃんたちと家でバトルをしたりしていて たまに「叩かれた」なんて言ってるけれど それは自分からイケズを発するとあとでお母さんからうかがった。

 ノノカちゃんは しっかり袋を受け取り とてもうれしそうに席に戻って行った。みんなは ホッとした顔で拍手した。

202012278

 しばらく袋を抱いていたノノカちゃん。。。「せんせー 大きなふくろだねー。顔までかくれたよ。」

 「開けてごらん。」「もう少ししてから」

 見守るハルカちゃんスタッフ。

 

202012279

 おとなしいカンナちゃんにはお気に入りが入っていたらしい。とてもうれしそうな初Xmas。よかったね。

 向こうでオトナの生徒のジュンコさんとリョウタ君が見せ合いっこしてるし。

2020122710

 全部並べて お店を開いたみたいなリョウタ君。「これは弟がよろこぶ。。」

2020122711

 そして全員絵本に夢中。楽しい空気でアトリエが暑くなり 少しエアコンをとめた。。。

2020122712

 子ども達の いろんな心。一番育つ低学年時代。

 今年最後の記念写真を撮って みんな袋にしまって 両手で抱えて帰って行った。

 トトロはみんなに「うれしいコトは信じていた方が 楽しいでしょ。コロナに負けないで うれしいコトしていこうね。」と伝えた。

 「はーーーい!」と叫んだのはノノカちゃんだった。みんなはちょっと笑った。

 サンタさんにお礼を書くのは来年ということにして、外に出てからも空にお礼をいいながら手をフリフリ帰って行った。

 「よい お年をーーーーー。」

2020122713

 いよいよ 最終クラス。16時半からのDクラス。

 アトリエ暦12年の パテシェカイキ君。その鮮やかな手つき。

 スポンジも彼が焼いて来てくれた。

 初のキラ君に指導中。

2020122714

 小さい時から来ているみんなは うれしそうなキラ君に持たせて記念の貴重な一枚。

 後ろ白い服のアイ子ちゃんは この日でアトリエにお別れなのだ。

 元このクラスだった テンテン君もマジックをしに駆けつけた。

2020122715

 たくさんの思いを込めて ラストXmas パーーーン☆

2020122716

 デカく育ったアオイ君は 来年高校三年になる。

 照れながら 目だけ上を見て「ありがとうございます。」笑

 小さな男の子だったのに トトロの見上げる角度が年々高くなるし・・・

2020122717

 アイ子ちゃん ラストの感謝。ていねいな「ありがとうございます。」

 トトロからも「ありがとうね。また寄りたい時にはおいで。」「はい。」

 小学生の時に鳥取に転校して来て すぐに入ったアトリエだった。黙々と素敵な絵を描く子だった。あんこが好きでたまにこのクラスのオヤツにぜんざいをこさえたりしたトトロ。

2020122718

 恒例のワクワクガサゴソ♬ 

 手前のキラ君はサンタが家には来ないとか。クラッカーさえはじめてだった。何もかもうれしそう。見ているみんなもニコニコと。

2020122719

 

 ここでテンテンマジック。

 手伝って下さっていたお母さんによると 劇的なオリジナルのXmasマジックを披露すぺく 日夜研究していたとか。。。

 助手はいつものヒロト君。ターゲットはキラ君。

 キラ君が気まぐれにひいたカードが ラストに離れた箱の中から。。。しかもメリーXmasと書いてあるという 見事な不思議を見せてくれた。みんなは大きな拍手☆

 ひとときは たちまち過ぎて それぞれのプレゼントを袋に仕舞い・・・・そして

2020122720

 みんなは アトリエのあちこちからつり下げられていた Xmasモールをはずしてくれた。

 背の高いアオイ君は天井の。こまかく入り組んだ飾りはテンテン君。キラ君と女の子たちはそれを来年用に 袋に仕舞っている。

 全員帰らず 黙々と片付けてくれた。

 「つり下げた人の工夫がわかりますねー。」なんていいながら。

 今年はお手伝いが過去最高の数で みんなは半分サンタさんになりつつあった。ありがたくて 感謝だらけのトトロサンタ。

2020122721

 今年のアトリエXmasが全て終わって 残ったのは この上ない達成感と 片付け忘れのぶら下がりサンタ。

 全国あちこちから届けられた応援グッズに感謝しつつ 各病院で配られたカードが誰かの心に灯火を捧げたことを祈り 本気で企画実行すれば何かしら子ども達に届くものがあると信じて これからもアトリエの日々を積み重ねて行きたいと思うトトロでした。

 アトリエのXmasいかがでしたか?

 2020年 忘れ得ぬ年になりました。みんなが子供用のマスクで 一生懸命生きた年。いろいろなガマンにも耐えた年。

 それでも 子ども達にはまだまだ未来があって いつかまたマスクをはずして笑えるときが来るのを祈るばかりです。

 ハグしたり タッチしたり 肩を抱いたり 握手することの温かさの代わりに 拍手や笑顔で交わし合うキモチも知りました。

 たくさんの皆様に ありがとうのトトロです。

2020122722

 どうか 皆さま 気をつけて お元気で 明るい新年をお迎え下さい。

 夜空の星がきれいな冬。感謝が降り注ぐ 2020年のラストブログ。

 今年もお読みいただき ありがとうございました。来年も ホッコリとのぞいて下さいね。

 よい お年になりますように。。。

         byトトロ

          

2020年12月24日 (木)

アトリエXmas2020 No.2

 21日の月曜クラス。

 はじめてアトリエXmasを迎える小さい姉妹が「サンタさんって男の人?」と聞くから サンタの本で説明中のトトロ先生。

202012241

 ひとまず絵を描いてから いつものようにケーキ作りのとき 6年生の三人のお姉さんたちは 二人に手を添えてクリームをしぼってくれていた。6年生にとって このクラスでのXmasは最後になる。

 いろんなことがあった。いろんな子が転校していなくなった。そんなクラスだった。6年生達は眩しく成長した。

 レン君はイチゴ係。

202012242

 ニコニコの姉妹。

 わけあって お母さんと三人家族なのに 今はお母さんとも離れて暮らし 祖父母の家から学校に通う。アトリエもおじいちゃんの運転で。。

 そのことをトトロは6年生達に話している。こんな笑顔は 初めて見たような気がする。楽しそうでよかった。。

202012243

 息を合わせて「メリーXmas」

202012244

 6年生一人一人に トトロは「ありがとう」と言って サンタさんからの袋を手渡した。中学生になっても続けるのかな?

 みんなも「ありがとうございます。」と ニッコリした。

202012245

 名前を呼ばれた事がうれしくて もうこの笑顔。お姉ちゃんの2年生 ルナちゃん。みんなの拍手。

 こんなシーンを見ると モノじゃない幸せを思うトトロ。手渡すのはキモチ。

202012246

 ルナちゃんが叫んだ。「あ クジャクだ。ほら りっぱなクジャク。、。、。」「すごーい よかったねー」(サンタ工場テンテン君作)

202012247

 「せんせい かわいいバッグ。ほしかった手袋も。うち てぶくろなかったの。」みんなは拍手して見ている。

202012248

 恒例の見せ合いっこ。。こうなることを予想して入れているサンタさんの細やかさに その気苦労が思われる。。。。フフ。

202012249

 みんなが全部開けてみた時 いきなりスタッフが「これ届きました。」とひとつの袋が来た。

 「ルナちゃん宛だよ。」とトトロ。

 中には大きなクジャクのヌイグルミが。。。ルナちゃんは 全部で3羽のクジャクを手にすることになって、いつまでもサンタさんにお礼を言っていた。

 「スゴいねサンタさん。ちゃんと聞いていたんだね。」とトトロ先生。「はいっ。」とルナちゃん。ずっとニコニコのまま。

 

 実は先日 大雪の日に ルナちゃんたちのお母さんがアトリエを訪ねて来て、注文してようやく手に入れたこのヌイグルミとアイルちゃんのユニコーンと アトリエのみなさんへと ノートなど 置いて行かれたのだった。

 「サンタさんからということにしときますから 20歳くらいになったら真相を話して下さい。」とトトロ。

 素敵な秘密は守りますよ。親の愛は雪をも融かして トトロとルナちゃんママは ずっと立ち話をした。サンタの仲間がまた増えた。感謝。

 確かに二人の手にお届けしましたよ。

2020122410

 この日 描いていた絵はこちら。

 みんなが 心をひとつにして 小さい姉妹を夢の世界へと誘ってくれた日。。。。ホントにサンタさんはいましたね。

2020122411

 23日の水曜クラスも 最初はふつうに・・と思いきや、ノリトラ君が段ボールでこさえた刀で トトロ先生が「水の呼吸」なんてしてるし。

 なんとなくみんなソワソワしつつも まあ絵も描いて。。。ここはアラタ君 ヨシノちゃんが初のXmasだからねー。

2020122412

 少し遅れて来た この前入ったばかりのヨシノちゃんを待って みんながそろってからの ケーキタイム。。もうワヤワヤ・。・。笑

2020122413

 クラッカーも無事発射して 一人ずつのお名前を。。足より先に両手が出ているソロンゴ。笑

 今回はよく手伝ってくれました。

 一人ずつ呼ばれて行くワクワクの顔。みんなはちゃんと 本気のありがとうを叫んだ。

 「サンタさーーーん。ありがとーございまーす。」

 マスクのXmas。一生忘れない。

 「みんな よくがんばったね。ちゃんとマスク 消毒。これからも守るんだよ。」「はーい」

 

2020122414

 今年は横浜サンタさんのトトロクッキーの反対側に 広島サンタさんからのパンダクッキーも。

 「売ってないよね。サンタさんからのクッキー」

 広島クッキーは福祉作業所の製作。広島サンタのうさパンさんが 大量に注文されてアトリエにとダブルリンクサンタをされた。感謝

 

2020122415

 もっと 騒ぐのかと思ったら サンタさんからの袋に楽しい恐竜がいくつも入っていたものだから すっかり感動して ポッキーを刺し過ぎて崩れたケーキを美味しそうに召し上がるアラタ画伯。

 もう満足の頂点に達したもよう。。。笑

 向こうのテーブルの小さいヨシノちゃんはアレルギーだから トトロ特製フルーツ盛り合わせ ケーキ風。

 それにソージン君たちが Xmasの飾りをさしてあげていた。

2020122416

 他のクラスはプレゼントを開けて しまって 残った時間に お絵描きゲームなどしているというのに ココのクラスは 一連の出来事が夢のようで はしゃぎ過ぎたり 感動に酔ったりしていて 最後に並ぶのが精一杯だった。笑

 中学生のミサキちゃんは アドリブの要求される出来事だらけで アワアワとなりつつも みんなの面倒を見ていたし。

 何が不思議かというと 手伝って下さるテンテン君のママが英語で話すので トトロ流の英語との会話を聞いたみんなはホントにフィンランドからのあれこれが来ていると思って 心から信じて 喜ぶのだった。

 みんなの信じるチカラによって Xmasは本当になる。

 みんなは言った。「先生にもプレゼントある?」

「ありますよ。そりゃあもう袋に入らないほどよ。」「へーーー。よかったぁ。」

2020122417

 トトロは生きていること自体がプレゼントなので そこらへんの袋には入り切らないというわけ。

 愛と感謝を込めた年に一度のやさしい時間は あと2クラスで終わってしまう。

 アトリエの合言葉がある。歴代スタッフに伝えて来た。

 「全員 ハッピー」

 今日はイブ。皆様にメリーXmas♡ 

2020年12月19日 (土)

アトリエXmas 2020 No.1

週末にアトリエXmasが迫る 15日の火曜日夜、OBの博物館学芸員のシュウヘイ君が お手伝い出来る事ありますか?と アトリエに大量のカルピスとおっとっとを差し入れてくれた。

もちろん「お手伝い」は無限にあるのよー。

この夜 彼の運転で トトロが応援する移住ファーマーのファー民さんのところへ サンタ一号便をおとどけに向かった。

いつも 最初は ファー民さんご一家にサンタをしてから アトリエにXmasを。。とのルーティンなので 今年もやり遂げることが出来た。 

202012191

 

 その週は 16日の水曜に 横浜サンタのずっかちゃんから 手づくりのトトロクッキーが届けられ、放課後手伝いに参上してくれた ソロンゴがそれを オヤツ袋の最後に そぉ~っと入れて、これで秘密のサンタ工場終了。

 子ども達の手づくりXmasカードも 最後の中央病院に 手紙を書いてUパックで投函。これで3つの病院全てにお届け完了。

 大雪が降り また融けて またまた降って 本当の冬らしい景色になった。

 19日 土曜日。

 前半クラス総勢7名。みんなそろって はじめはいつものように絵を描く。

 トトロ先生は言った。

 「今年は コロナの中 一人も負けず みんなアトリエに来てくれました。それだけで 素晴らしいことです。サンタさんは みんなが明るくマスクをして頑張るのを見ていて下さったと思います。後半はケーキをつくってXmasをします。」

 「はーい。♬」

 そして 絵をしまってから バンダナの替わりに 全員でサンタ帽を被った。ケーキにとりかかるみんな。

 指導は 駆けつけてくれた パテシェの卵 カイキセンパイ。

 入ったばかりのラッキーガール ユズキちゃんと 先輩のユズカちゃんコンビ。ナイフでイチゴを切る。トナカイの二人。。。

202012192

 たくさんのサンタたちのケーキ工場。。。

202012193

 そして いつもの「メリー クリスマース☆」パーーーン☆☆

 音楽はXmasメドレー。今年は更に BOSSがアトリエ入り口にLEDのチカチカ照明をつけてくれた。もう 幻想的に。

202012194

 完成したケーキを持つ ハルカちゃんスタッフ。

 横の小さいトナカイはユズキちゃん。一年生。もうすっかり夢の世界に入っている。。

202012195

 ひとりずつ 英語の名前を読んで トトロがサンタさんのかわりに手渡す。

 さっき「荷物が来ましたーーーーっ」と カイキセンパイが叫んだとき 確かに鈴の音が聴こえて みんなはシーンとしたのだった。

 迷いなくお礼を天に向かって叫ぶ。「サンタさーーん ありがとーーーございまーーーす。」そしてみんなで拍手。

 ちょっとウルッとするトトロ。。。。。。

202012196

 ペタンと床に座って うれしそうに一つずつ出しているユズカちゃん。アトリエ2回目のXmasだ。

 「今年もトトロのクッキーはいってました。ほらっ せんせい 見て見てーーー」「いいねー。よかったねー。」「はいっ。。」

202012197

 つい この前入って こんな日を迎えたラッキー天使。でも入った日にXmasカードもつくって みんなのと 混ぜたんだものね。

 よろこびの拍手が止まらなかった。「ホントにほしいのが入ってた。歯ブラシも消しゴムも。。うさちゃんも。サンタさんてスゴイ。」

202012198

 タカユキ先輩の袋の孫の手を見つけて喜んでいるユウタ君。しぶいね。笑

202012199

 絵本も読んだ。「雪の日のおくりもの」トトロ先生の名調子にうっとりのみんな。

 お迎えの お父さんたちに 口々に報告しながら 袋をしっかり抱えて「よい おとしをーーーーー」

2020121910

 そして 後半クラス。

 初のXmasはアオノちゃん。 

 まず 絵を描いて、一時間後に ケーキをつくる。。

 材料は同じなのに 各クラス まったく違うケーキが出来るのがおもしろい。

 中学生のナナミちゃんカノちゃんコンビがリードしてくれている。

2020121911

 きれいに出来て アオノちゃんが持った。何から何まで初めてのワクワク。

2020121912

 暗くして メリーXmasを写してみると こうなりました。BOSS撮影。。。バーーン☆

2020121913

 最後の方に呼ばれて ホッとしているアオノちゃん。「ことし入ったから サンタさん知らないかと思ってドキドキした。」。。よかったね。

 「ありがとうございます。」と何度も言っていた。

2020121914

 安定の中学生 ナナミちゃん。ニコニコがとまらない。。

2020121915

 よく手伝ってくれた ケント君たちの袋には 彼らの知らない物ばかり入っていて びっくり大喜び。。

2020121916

 米子から二時間かけて通うユリちゃんには 好きだと言っていた リスのハンドウォーマー。「マクラにもなるよーーー」って。

 リスと間違えて ムササビを入れていたサンタさん。。アハハ。「似てるからいいです。」って。。。。ホッ。笑

2020121917

 一人一人 ひとつひとつ 全部違う アトリエのサンタ袋。

この一年のみんなのつぶやきを全部聞いていた サンタさん。

 だから それぞれに 欲しかったささやかなプレゼントが入っているんだね。

 並んで写真を撮ったのは 全国のサンタさんたちにありがとうを伝えるため。

 袋がパンパンの 幸せ。中にはワクワクの夢も詰まっていたから。

2020121918

 トトロは思っていた。

 「今年もサンタさんをさせてくれて ありがとう。みんなのほうがホントはサンタクロースなんだよ。」

 こうして アトリエのXmasは 始まったのでした。あと5回 このサプライズは続く予定。。。

 大変な苦しみの年でも マスクの中でみんなニッコニコでした。生き抜いていこうと思うトトロです。

 全国サンタさん ほんとうにありがとうございました。

 メリークリスマス♡

2020年12月14日 (月)

さあ いよいよです☆

 12月9日 水曜クラス。

 一年生のアラタ画伯、ついに空を絵の具で塗り出した。

 このごろ 後輩ちゃんが来てくれたおかげで成長著しく とても落ち着いていい絵を描く。

 やっぱり あせらず 長い目で見ているほうがいいのね。子ども達は自力で成長するものだから。。

 「いいねー。塗り方 上手いねー。」と トトロ先生。マスクから鼻だけ出してフガフガと得意そう。・。・ 

202012141

 「そこ 密だよー」と言うのも疲れたトトロ。

    仲よきことは美しき哉。。武者小路実篤

202012142

 みんなが居るアトリエ。それぞれ描くアトリエ。教え合い 感心し合うアトリエ。それでいい。それがいい。

 ヨシノちゃんも二回目なのに すっかりとけ込み 絵に夢中。

 いいね、みんなには絵がある。宝物だね。この時間。

202012143

 

たちまち時が過ぎる。子ども達は 二時間を15分に感じるって言うけれど、絵が完成したところをみると 時間は過ぎているんだよ。

 「次はXmasだからね。もしかしたらサンタさん来てくれるから、風邪ひかないで必ずおいでよ。」。。。。「はーい♬」

 一年生の新人 ヨシノちゃんのお花の絵と 後ろの強そうなガードマン 二年生のノリトラ君。。

 このクラスは もしもアトリエに悪者が来たら みんなで闘う手分けを決めている。「まず 悪者の鼻にパステルを詰めてから 絵の具のバケツでお水をかける係がスタンバイ。それから難しいナゾナゾを出す。。。」とかね。笑

 そして「ちょっと可哀想だから オヤツをあげてもいいよ。」なんて言う。

 トトロ先生は「この世に悪者はいないよ。さみしいだけだよ。だからみんなを見たら ホッとして一緒に絵を描くかもよ。。」と言った。

 みんなは「うん。」と 笑った。。。

202012144

 水曜クラスが終わったあとに 市内の小学校の4年生の担任をされているM先生が いつものようにXmasカードを届けて下さった。

 6年前にトトロが出張授業を頼まれて ある学校の5年生のクラスに出向いた時からの知り合い。

 そのとき 病院へ届けるカードの話をしたら それからどこに転勤されても 必ずご自分のクラスの子ども達に 主旨を説明して 有志に創ってもらい トトロに届けて下さっているのだ。

 だから 各病院にお届けするカードがグンと増えて たくさんの患者さんたちの癒しになり そんな秘密のコトを分かち合うソウルメイトとして、毎年この時期にだけお会い出来る サンタソウルフレンドなのね。たまに電話で子ども達の世界のことを話したりもする。

 この日はソロンゴのお母さんに連絡して 少し彼女に居てもらい カードを受け取り 短いティータイムを楽しんだ。

 始めることは 簡単でも 続けることは誰にも出来ることではない。トトロはとても心強くてあり難い。感謝なのです。

 おまけにアトリエオヤツもドッサリ下さり トトロにまで早々にサンタさんのプレゼントが届いた。やっぱり あちこちに サンタさんは居たね。

202012145

 12日の土曜日クラス。全員出席。山の子も海の子も 風の強い中 お父さんやお母さん達が 一生懸命送って下さる。ありがたいことです。

 「みんな、次はXmasなので ゆっくり描くのは今日が今年のラストです。悔いのないように楽しんでね。」とトトロ。

 初めてサンタ工場を手伝ったユウキちゃんは ついに秘密を守り続け 内心ワクワクしながら過していたことだろう。

202012146

 こんなコロナの時に転校して来た3年生のリョウタ君は 転校直後に学校閉鎖になり それでもアトリエを探して連れて来てくれたご両親。

 自分の席で 自分の居場所で。。。自分の世界を楽しそうに描いている。なんだか よかったね。出会えてよかったね。

 お家では 一歳と三歳の弟君たちが居て 優しいお兄ちゃんをしているそうな。アトリエは唯一 一人の時間。とてもうれしそうだ。

202012147

 トトロがカホちゃんと遊ぶ会話を ジッと聞くスタッフハルカちゃん。

 おとなしいカンナちゃんの横に居てくれて、「今日は大きい声で話してくれました。」と トトロに報告があった。

 ハルカちゃんも あまり話さず小さい声なのを トトロは時々「お話するときは 聴こえるようにね。声は大事なツールなんだよ。」と言い続けていた。トトロも幼い頃はあまり話さず オトナの顔色もうかがわず ムッとしたように黙っていて よく親に「むつけもん」と言われた。

むつけ・・とは 東北弁で 無愛想にむっつりしていること。。。母が明るく社交的だったので その陰でむつけていたのかも知れない。

 大きくなるに従って 元来のトトロが出て いつも何かのリーダーになり そのうち面白く明るくなったので 黙っている子もそれなりに大丈夫とは思っている。むしろ しゃべりっぱなしの方が ちょっと心配。みんなそれぞれの個性で この世は上手くまわっているんだけどね。

202012148

 この日は3冊の絵本を読んだ。

 「サンタクロースってほんとにいるの?」を読んだら みんなは「いるよーーーーーっ。」と言った。「そうかな?」なんて言うトトロ。笑

 「まあ 居ると思いますよ。。」と 安心させたけどね。このごろは サンタの来ないお家が少なくない。モノじゃないんだけどね。

 新人ノノカちゃんは絵本にとても反応して、ケラケラ笑ったり シーンと感じたり。みんなの心 とても深いね。

202012149

 後半クラスのヒロト画伯。彼独自のブタの世界を繰り広げて 自分も絵の中に入り込む。

 「去年のサンタさん、袋を開けたらブタだらけだった。」と。。。今年はどうかな?

2020121410

 キラ君も粘土がしてみたいと言うから 少しだけ基本を教えるトトロ。

 すぐにマスターして 見事なゴリラを創った。。。

2020121411

 

 手前のアイ子ちゃんはラストXmasになる。

 来年高3になるから 部活と勉強にラストスパートをかけるとか。

 小3のとき転校して来て アトリエでたくさんのクラスを行き来し 仲間が増えた。

 そのとき出迎えたカイキ君もラストXmas。卒業まであと少し。「最後まで手伝います。」と言ってくれた。12年間のアトリエライフ。

 ありがとう。

2020121412

 翌 13日の日曜日。

 市民病院にカードをお届けする手段を考えていたら、「コロナで面会も出来ませんから。」と 看護師長さんがアトリエまで受け取りに来て下さった。

 部活の合間に駆けつけたソロンゴが生徒代表でお渡しした。

 一枚 一枚 丁寧にご覧になって「わーーーーっ」と感動されつつ「患者さん喜ばれます。」と。

 この日 担当の癌病棟の患者さんが余命一週間になってしまわれて その患者さんのお誕生日なので 勤務外なのに駆けつけられるとか。

 トトロの絵はがきをお渡しして「その方に。。」と託した。

 今年は命の年だった。コロナも続くし 知り合いもたくさん病気になったり トトロも懸命に生きた。

 たくさんの病院にお世話になり この師長さんのところにも入院していたことのあるトトロ。

 いいお医者さんや いい病院と出逢い 去年のうちに神戸でも手術が出来たりして まるで冒険のようにギリギリのところで救われている。

 この命 これからもアトリエで大切に使わせていただこうと思う。

2020121413

 カホちゃんの描いた絵は 天の川を渡るトナカイとサンタクロース。

 一年の歳時記が描かれているようで ジーンとした。今年は七夕さまの思い出が濃かったみんな。

 あのとき みんなで七夕様に祈った くまたろうさんは お元気で闘病されている。お薬のおかげで以前のように少しずつお仕事にも出られて アトリエに ご自分が一番好きだという「くまの子 ウーフ」の本を送って下さった。

2020121414

 さあ 19日から アトリエのXmasが始まるらしいですよ。

 みんなが元気に うれしい日になるといいな。

 全国のサンタさん達に本当に感謝しています。雪の予報です。。。。さすがにサンタクロースです。

2020年12月 9日 (水)

サンタの弟子

 ここのところ 全国的にコロナが増え続ける中 鳥取でも一人二人とニュースの度に感染されていて 子ども達は そんな中でもサンタさんは来てくれるのか 本気で心配をはじめている。

 12月3日の水曜も 月曜にあわせて教室はなかったので アトリエ近所のソロンゴが密かにカードづくりをしに来てくれていた。

 そこに 以前姉妹でアトリエの生徒だったOGのお母さんのアヤドンが でっかい箱ごと現れて 姉妹から送られて来たアトリエへの贈り物を届けて下さった。姉のメグちゃんは大阪 妹のシズカちゃんは愛知の刈谷市でOLをしていて 去年のトトロ神戸入院のときにも みんなで来て下さった。二人のお給料から毎年サンタをしてくれている。

 あのときシズカちゃんは神戸大学の学生で就活中だったのに 忙しくないフリをして 入院直後にも顔を出してくれたっけ。

 (アヤドンとソロンゴ)

202012081

 今年はコロナで繁華街に出られないからと ネットであれこれ調達してくれたみたい。

 それでもサンタに参入してくれる心意気に感謝感激 ありがとう。

202012082

  5日の土曜日クラスのときまでには アトリエ中の箱や袋を片付けるのが 今のトトロの大仕事。汗 何しろ増え続ける箱 箱 箱・。・。

  サンタハウスのある街を描くユズカちゃん。学校で描く絵とは一味違う自分のワールドにハマり中。

202012083

 この前入ったぱかりのユズキちゃん。。一年生。。も 新しいパレットと絵の具に嬉々として ノビノビとデッカいトトロを。。いいね。

202012084

 それを見せてもらって「わぁ 大きいトトロねー。あのね 先生は実はトトロなんだよ。」と言うと。。。

 ものすごく ふつうに「うん。」と言われた。何かを感じた6歳。。。す 鋭い。。

202012085

 タカユキ画伯と秘密の作業中。OGサンタからのピカピカ電飾の電池の入れ方を相談しているところ。。。

 堂々とすれば バレにくいのよね。^^:

 みんなが帰るとき「次のアトリエはXmasよ。もしかしたらサンタさんが来てくれるかもですから 元気で来てねー」と トトロ先生。

 「はーい。」「来てくれなくても 楽しいもんね。。でも 来てくれたらいいのにな。。」なんて 言いながらみんなは帰った。

202012086

 後半クラス。外は真っ暗。全員集合。

202012087

 また 堂々とさっきの電飾をとりつけてもらうトトロ。

 「これ タカユキ君が組み立ててくれたんだよ。」「へぇー。」

202012088

 あたたかなアトリエを外からのぞくと でっかいくつ下もスタンバイして サンタさんにアピールしている。

 この日 みんなで5w1hの遊びをして 大笑いして。。それから 次の予告にワクワクしながら。 特にサンタ工場の双子君は。。スタッフ意識満々で 帰って行った。

 きっとサンタさんは来てくれるよ。

 どこのクラスにも初めての子が居て みんなはその子のびっくりシーンも楽しみにしつつ 待っているのね。

202012089

 7日の月曜クラス。

 この日 沖縄のサンタさんから たくさんの南国スイーツが届いた。

 見た事のない 沖縄のお菓子の数々。そしてお手紙。

 いつもXmasカードを送らせてもらっている 那覇市の病院のオモロマチ先生からだった。

 こんなコロナの社会の中で 会ったこともない方達からの贈り物が届くなんて やっぱりサンタを信じるトトロ。感謝の連続が胸に迫る。

2020120810

 月曜クラスのあの子がまたクジャクを描いた。

 あのときテンテン君が使わなかった鳥の羽根にマジックで色を塗って貼付けていた。

「サンタさんでも クジャクの人形なんか探せないとおもう。。。」と言うから「どうかな?」とトトロ。サンタさんに不可能はない。。

2020120811

 粘土のスイーツづくりに拍車のかかるレン君。「これ お返しにつかって下さい。」「はい わかりました。ありがとうね。」

2020120812

 三人の6年生たちと オモロマチ先生からのお手紙を読んだら マオちゃんとアカネちゃんがすぐに返事を書いていた。

 「カードと一緒に送って下さい。」と。

 彼女達の一年間は 変更や中止の中で学校行事の工夫や たくさんのガマンを。。。「学んだ。」と言い切った。

 そして なんだか頼りになる6年生に育っていた。

 コロナの影響は決してマイナスだけではなかった。

 今の世の中で ガマンすることを伝えるのは難しいことだったから・・・。

 マスク越しに見る彼女達は 凛とした美しい少女に成長していた。

2020120813

 以前 信州のくまたろうさんからいただいたお手製のタペストリーにOGたちの灯りが みんなの手によってまたたいた。

2020120814

 沖縄サンタさんからの お手紙には「大切な命のこと 夢を持ち続けること」などなど 温かく丁寧に綴られていて 現代の子ども達は読み終えた時こう言った。

 「トトロ先生 感動しました。返事書いていいですか?」

 

2020120815

 大丈夫。まだこの社会は大丈夫。

 伝えるオトナと キャッチする子ども達のアンテナがある限り 大切なコトは受け継がれて行く。

 サンタの魂は 単なる子供だましのコトではなく 精一杯生きる中での愛のやりとりの証だと思う。

 その証拠に25年続けているアトリエサンタに誰一人として「本当は先生でしょ?」などと言ったことはないから。

 トトロはあくまでもサンタの弟子。

 今までも そしてこれからも。。。。。多くの皆さんの応援に心から感謝します。 

 クライマックスは19日から始まる予定です。

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »