フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月29日 (木)

アトリエの種

 10月もだんだん終わりになりかけの 21日水曜日。

 それぞれの身の丈に合う椅子を配置して お花を生けて みんなのお気に入りの画材を 手の届くところに置く。

 前回の忘れ物を並べて・・・さて 学校が終わる時間。

202010281

 

 本当に 見習いの小さい坊さんのような いい頭。一年生のアラタ君。

 描きたい物をプリントアウトしてもらって来たみたい。ご家族の協力がしのばれて微笑ましい。

202010282

 

 なんとか間に合い駆けつけた 中一。

 みさきちゃんは 近くの中学校でもないのに これまた送って下さる裏方のお母さん。。。

 都会の方が 編み目のような電車やバス路線があって 案外一人で子ども達が習い事に行けたりするみたい。

 ここは 殆どの子が送ってもらって来るけれど、歩いて来れる距離なら一人でおいで・・と トトロはたまに言う。

 道や停留所や バスの時刻表を把握する体験は 自立への一歩だ。

 実際 バスや電車を乗り継いで一人で来ていた子もあった。やっぱり素晴らしいオトナになっている。

202010283

 白いポロのノリトラ君・・2年生は 昨年の1年生の時からすでに一人で来ていた。

 学校はこの近くではないので バスで帰ってから 小さい自転車で来る。

 心は強く成長している。忘れ物の多いのが ネック。。。

 「アトリエに来るとホッとして 色々忘れちゃう。。」とのこと。笑

 お迎えタイムのときは既に暗い。「いいな みんなはお迎えが来て。」と この日初めてもらした。。。気をつけて帰るんだよ。。

202010284

 向かいの席のソージン君・・3年生とソロンゴちゃん…4年生。

 このクラスは助け合う精神が出来ていて 心が通い合っている。

 みんなして一年生のアラタ君を見守りつつ 自分たちも成長している。入って来るのはバラバラなので ホントに運命の出逢いなのだ。

202010285

 さりげなく増え続けるXmasカード。「今年もあちこちの病院に送るんでしょ?」「そうね。。たくさん出来たらね。。」「うん。」

 トトロは時々言う。「みんなの得意なことで 周りを幸せにしようね。」・・・・それは自分も幸せなことだから。

202010287

 

 24日の土曜日前半。

 こちらの一年生 ノノカちゃん。

 ひっきりなしにお話したり 笑ったりしながらも トトロの言う事もしっかり聞いていて 水彩のにじみに感動しつつシャボン玉を描いた。

 ひとつ描くたびに トトロを呼びに来る。「せんせーーーい できましたーー。きれい。。」「へー きれいだねー。」

「うん。」満足気・・・絵の具もパレットも筆の洗い方も初心者なのに 上手に加減が出来ていて感心する。

202010288

 ナースのジュンコさんは お仕事のシフトとアトリエの席の空き具合で この日はこのクラスに来ていた。

 3年生の転校生 リョウタ君と 妖怪図鑑で盛り上がっていたし。。アマビエのページ。

202010289

 疫病退散 コロナよ立ち去れ。。。

2020102810

 ノノカちゃんの二枚目の描きかけと カンナちゃんの下書き。

 この前以来 カンナちゃんは遠近法に目覚めている。

2020102811

 後半クラスは 移って来たアイ子先輩から電話有り。「先生 試合で勝っちゃいました。アトリエ時間に間に合わないので 休みます。」

 一回戦で負ける予定の高校のテニス試合。勝ち進んでいるらしい。「が がんばってね。。行けるとこまでやってみなさいね。」「はいっ。」

 みんな それぞれの部活もしながら アトリエでチカラを抜いて 好きな絵を描く。

 文武両道の子は 案外多くて 陸上部は走って来たりしていたなぁ。。

 若いエネルギーは素晴らしい。

 今は運動部もマスク。「高所で訓練するスポーツマンみたいだね。」

 コロナが明けたら みんな肺が強くなっているのかも。

2020102812

 今月は第五週まで たっぷりあるから 丸々一週間 トトロはOFFになった。

 少しだけ外の空気を吸いに BOSSカーでドライブ。

 抜けるような秋晴れと 紅葉前の山々。

2020102813

 アトリエで 今年のコスモスから種を採り、裏のアトリエハーブ園に撒くつもり。。

2020102814

  子ども達も お花も 種をしっかりまいておけば やがてそれぞれの花が咲くだろう。

2020102815

 一回ずつのアトリエで みんなはうっとり絵筆をとって いつのまにか小さい椅子から大きい椅子へ。

 愚痴を言わずに その時を楽しむ心意気が アトリエの空気をいつも明るくしてくれる。

 週が明けたら また一人 新人が入りたいとの問い合わせをいただいた。

 いつもはじまり。種まきの時は終わらない。 

2020年10月20日 (火)

深まりゆく秋

 一週間経っても まだ居る カマ吉。

 色々な作家のアートの中で やっぱり線画のような版画に惹かれるらしい。 君に似ている作品かもね。

202010191

 秋も深まり 河原にはススキがなびいていた。金曜日の通院帰り。

 神戸の友人が横浜に行っていて 都会の写真をLINEしてきたから こちらからはこの風景をお返しした。

202010192

 そして17日の土曜日クラスが始まった。

 社会人にも 小学生にも それなりの苦悩があり、それでも少しずつそれを口にはしつつも やっぱり画用紙を埋めて行く。

 「さあ みんな 楽しんでねー。」

 狭いアトリエながらも それぞれの世界。画用紙の中は広いよ。

202010193

 

 ユズカちゃんのチャレンジ。

 瓶に粘土をくっつけたいと言うので その基礎を教えた。

 荷造り紐やタコ糸で クルクル巻いてくっつけてから 紙粘土をつけると落ち着くよ。。

 まずは小さな瓶で。。。夢中。

202010194

 スタッフ生徒のハルカちゃんは 迷いなくXmasカードの制作にとりかかる。

 いつも その中心になっていたサローラは高3の正念場を迎え とうとうアトリエに顔を出せない日々が続いている。ガンバレー!

 後はまかせてとばかりに ハルカちゃんが みんなを率いて創り始めたというわけ。

 今年はどうしようか と 迷うトトロに いつも必ず病院で元の師長さんから「今年も楽しみです。」なんて声をかけられる不思議。

202010195

 ついにユズカちゃん ここまで到達していた。造型欲は果てしがない。

 何でも 自分自身がやりたいと欲してはじめたことは 飽きないし 完成度も高くなる。それって人生もおんなじかも。

 何がしたいか 自問自答することから全てが始まる。

 指示のないアトリエが みんなもトトロも好きなのよね。それは案外難しいものではあるけれどね。

202010196

 

 それでもたまには 手ほどきもする。画龍点晴 チョンとヒントの一筆を。

 ナナミちゃんとカノちゃん 中学1年の名コンビ。二人の掛け合いがとても面白い。突っ込みはカノちゃんね。

202010197

 米子のユリちゃんも どんどんいい絵になっている。

 なにしろ米子からはるばる到着するので 時間の尊さを知っている。ワクワク感がハンパなくていつも幸せそうな絵を描く。

202010198

 この双子のケント君とコーセー君の区別を みんなはいつも間違えちゃう。

 少しだけ コーセー君のほうが背が高いけどね。座っているのでわからない。・。・。絵はまったく画風が違う。

202010199

 ナナミ画伯の色彩はいつも明るくて綺麗だ。

 本人もいつも明るくて美少女のきざし・。・。女の子たちはいつのまにかとても美しく変身するのよね。スッピンなのに素敵。。。

2020101910

 19日の月曜クラスは いつも少し学校疲れを引きずって来る。

 ユウヒちゃんの色鉛筆画。黙々と完成に近い。

2020101911

 マオちゃん アカネちゃん レン君たちが トトロ先生のイラストが載っている本を見ている。

 「知らなかった。。。トトロ先生ってイラストレーターなんですね。。。」「そだよ。」

 たまに何かで 子供達はトトロのイラストを見つけると とてもうれしそうだ。偶然発見したほうが楽しいから。。見つけてね。

2020101912

 実は生徒展の会場として予定し 問い合わせをしていた県の建物が工事で 来年5月一杯までロビーが使えないと返事をもらって 今年の生徒展が出来なくなった。

 トトロの個展も 一年延期されて 来年3月に・・・

 そのことを 毎回のアトリエで子供達に伝え「そういうわけなので みんなは今の作品を描いたけれど さらにいい絵が描けると思うので向上していて下さいよ。そして 来年もアトリエに居てね。」

 誰も不満も言わず、「はーい。」と言ってくれたけれど 来年は今の高3たちは居ないし 転勤族の方の動向も未定だし。

 同じメンバーがその時に居るとは限らず まあ今のコロナの時代に 変更や中止に慣れた子供達は それでも いい絵を描こうとワクワクしてくれていた。

 みんな 居るといいなぁ。

 とりあえずXmasだけはやって来る。・。・。・。

   その前のハロウィンの絵は マオちゃん作。Xmasカードも創りつつ。

2020101913

 今年も出て来た立体カードたち。。。

2020101914

 そしてBOSS畑の天然ミカン。年々甘くなるのは 夏の暑さの影響らしく ありがたい自然の恵み。

2020101915

 アトリエを彩るコスモスも終わりに近づいて来た。

 まだ 世界はマスクの中。しぶといコロナに元気を保つのは大変だけど まだ出来るコトはいっぱいある。

 何もあきらめずに やっていこう。そして気持ちを耕そう。

 お互いに元気づけ合って 誰かが誰かを励ましながら 深まる秋を味わって そうしてみんなで生きて行こう。

 どうか みんな みんな 元気で笑っていられますように。。。トトロも結構がんばってやっています。

2020101916

 

2020年10月12日 (月)

小さな先生たち

 秋のアトリエは気持ちよく みんなの創作意欲が上昇中。

 これが あのワチャワチャしていた 低学年だらけの水曜クラスとは思えぬ静けさ。

 このクラスのBGMは いつもジブリのオルゴール曲。♪

 時々 誰かが鼻歌で歌っているし。

202010111

 古代の海中の生物たちを描いた アラタ君が胸を張った。

 しきりに「せんせい ボクうまい?」と聞く。笑

 トトロは「自分ではどう思ってるの?」と聞くと。テヘッと照れている。

 一生懸命に描いたら 伝わるんだよ。。とトトロ。

 触り心地のいい イガグリ頭をサリサリと撫でて「よくがんばりましたね。いい絵だよ。」というと

 まだ「上手い?」と確かめるから「うまい とか下手とか あんまり好きな言葉じゃなくてさ。何事もね。」と答えた。

 

 周りのみんなは フムフムという風にコクリとうなづいていた。

 アラタ君 一年生の秋。。落ち着いて描いた日。・・・・「せんせー ボク ウマい?」「うまい。ウマい。」彼ニコニコ。

202010112

 

ランちゃんは今迄に描いた絵の中から お気に入りの部分を切り取ってコラージュしていた。

自分のヒラメキで進めるアートは とても楽しそう。 

202010113

 2年生 3年生 4年生のアーティストたち。

 頭と心 フル回転で 夢中になっているところ。

 一心不乱になると 時間も忘れるらしい。 とてもいい。

 中学一年のミサキちゃんも少し遅れて駆けつけて みんなのやり取りでくつろいでいた。

202010114

 仕上げにかかるランちゃんは3年生。 今アトリエは3年生と5年生が多い。

202010115

 みんながそれぞれ集中していたので トトロは外に出て 窓からこっそりのぞいていたら 3人に見つかった。笑

 黄色い声で「あーっ 先生だー。。。」と聴こえた。笑

 こりゃ楽しそうだわ。通りすがりの人がみんな つい窓の中を見ている気持ちわかった。

202010116

 2年生のノリトラ君はアラタ君にアドバイスして 最後まで描かせてくれたし こちらの4年生のソロンゴは3年生のソージン君に 人の横顔の描き方を実演指導中。。。。。みんなが お互いに関わり合える珍しいクラスだ。

 こういうのは トトロの理想。 子ども達同士だと入り込み過ぎずに 程よい距離感で教え合いっこが出来ることを発見した。

 「ありがとう。」の自然なコトパが行き来していた。

 トトロは言った。「あのね 先生という言葉って 先に生まれるって書くんだよね。上手に教えられるって 自分が描くより難しいし、みんなはお互いに かわりばんこに先生になったり 生徒になったりしてて とてもステキだと思いますよ。」

 みんなは ちょっと得意そうな顔を見合わせて うれしそうだった。

202010117

 片付けて これから始まるアトリエ。この日のお花は天然のコスモス。

 玄関には金木犀を生けた。いい香りの土曜日。

202010118

 この前は体調を崩してお休みだった一年生のノノカちゃん。とても張り切ってやってきた。

 自分が描いた お菓子や果物を小さな動物のフィギアに食べさせているところ・。・。

202010119

 ここにも小さな先生が。。。3年生のユウキちゃんが ノノカちゃんに折り紙の手ほどきをしてくれた。

 ノノカちゃんにはお兄ちゃんが二人いるけど お姉ちゃんのようなユウキちゃんに教わり乍ら可愛いものをつくっていた。

2020101110

 リョウタ君が急いで描くのは カマキリのスケッチ。何故かはあとのお楽しみ。。

2020101111

 お部屋の奥行きを初めて表現したカンナちゃんの完成作品。壁紙は いつの間にかマスキングテープで貼っていた。

2020101112

 お分かりでしょうか? このアトリエのデッカいカタツムリのオブジェの左上にカマキリがのっかっているのを。。。

 これが アトリエの天井の蛍光灯のところに居て ゆっくり歩くのをみんなはキャーキャー言い乍ら 楽しんだのだった。

 リョウタ君が「君には羽根があるんだよ。飛んでみなよ。」と話しかけると いきなりブンと飛んで ここまで来たのだった。

 みんなは「今日のゲストは カマタ カマたろうさんだったねぇ。。。」と コーフン醒めやらぬ様子。

 それを画伯達は 急いでスケッチしていたというわけ。「きっとモデルになりたかったんだね。」と トトロ。

 一人だけ カマキリに驚かなかったカンナちゃん。。お迎えのおとうさんに言うと「家のあたりにいっぱい居ますから。。」と。

 彼女はちょっと遠い 山村地区からやって来ているのだった。。。ナットク。

2020101113

 とっぷり日が暮れた後半クラスのフルメンバーが揃ったので 完成した絵と記念の一枚。

 いつか生徒展のパネルに使おうと。。。。。小 中 高校生がバランス良く居るクラス。とても静かで落ち着く時間だ。

2020101114

 高校生達はしっかり進路を決めて向かっている。

 たまにトトロと将来の話をするのを 後輩たちは絵を描きながら聞いている。

 みんなの未来、自分たちで創って行こうね。

 お互いに先生や生徒になりつつ、教えたり教わったり そうしてみんなはだんだんに学んでいく。心はいつまでも広がって行く。

2020年10月 6日 (火)

月とカボチャ

 なんだか もう10月なんて・・・

 マスク姿のままに秋が来て そんな人間界を中秋の名月が煌々と照らしてくれていた。

 これはトトロの簡単なカメラで 何やらの調節をしたらしいBOSSが撮影した10月1日の満月です。

 ウサギたちがちゃんと餅をついて。。。 

202010061

 そんな 秋のアトリエ。

 10月3日の土曜日クラス。全員出席。

 レイカちゃんとハルカちゃんスタッフも学校ではクラスメイトだけれど 今ちょっとハルカちゃんが心の休憩中で不登校ぎみ。

 それなのに ココでは普通にしている二人。なんだかイイネ。自然でイイネ。

 がんばらなくてもいいんだよ。

202010062

 たべっこどうぶつの箱はコロナ対策用の仕切り。。

 こちら側 リコちゃん。あちら側 ユリナちゃん。

202010063

 クラスが替わって2度目の日。なじんでいるユズカちゃん。

 同じく替わった向こうのユウタ君もタカユキ先輩のとなりでがんばっていた。

202010064

 ユズカちゃんの物語。よく見ると 一人一人のウサギさんに個性と役目がある。

 この次に色をつけようね。いつも空想で物語を創っている彼女。。小さい大作家。

202010065

 後半も全員集まって この日 カコちゃんとアオノちゃんを隣の席にしてみた。

 「ぺちゃくちゃしないのよ。」と言ったけど やっぱり無理だったみたい。。。アハハ 友達だもんね。

202010066

 新人らしからぬアオノちゃんはいつも手伝う気満々。何やら相談するトトロ。

202010067

 そして ハロウインの大きなチョコを 先輩たちから順番に配達。

 「あ ありがとう。」とコーセー君。

202010068

 アメリカ製のドクロやカボチャのデザインのデカチョコの銀紙を開くケント君。丸いチョコの中身は なんと 空洞!😵


 こんなサプライズも いかにもアメリカだよねー なんてみんなでモグモグ。💦💕



 みんながアハハとわらいながら プチハロウインのひとときを楽しんだ。

202010069

 事務所の雰囲気も少しオレンジに。

2020100610

 5日の月曜クラスも 全員来て、おなじみ6年生3人は 席を離しているのに いつのまにか集まっているし。。💧

2020100611

 2年生のルナちゃんのデカいカボチャ。

 このところ 絵が大胆になって来て トトロはホッとしている。

 お母さんが居なくてさみしい日は小さな絵になっていたからね。

 この日はひさしぶりに お母さんが送ってくれた。

2020100612

 レン君は二時間を 落ち着いてたっぶりと 自分の世界で描ける子だ。

 お花や和菓子や 美しいものをこよなく愛する癒し系男子。

 アトリエのあと 空手道場へ行くらしい。心身鍛錬おこたらず。。

2020100613

 可憐に咲いたコスモスはBOSSが家の前から採って来て これからどんどん咲くからしばらくアトリエはコスモス色。

 粘土でカボチャを創り乍らニッコリする一年生のアイルちゃんも なんだかコスモス色に笑った。

2020100614

 みんなのカボチャと 見守るトトロたち。

2020100615

 アトリエでは毎回オヤツをお持たせしているから年中「トリックorトゥリート♡」。

 とりたててハロウインはしないのだけれど なんとなく10月になるとみんなはカボチャを描いたり創ったりしている。

 歴代先輩たちのカボチャたちも アトリエの棚に住んでいる。

 満月とカボチャと長くなって来た夜に 怪しいものたち退散とばかりに 子ども達のアート魂が元気だ。

 みんなは トランプ大統領の話なんかをしながら しっかりとマスクをして それでも楽しそうに帰って行った。


         元気だったら100点 100点❗





« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »