フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月30日 (水)

天高く

 天高く 秋晴れの日々が続く。

 9月26日の土曜日クラス。一年生のノノカちゃんが体調を崩してお休み。。。。

 もう九月最後のアトリエだ。ふんばって がんばって なんとかみんなでココまで来た感じ。

 何やら書いていたカホちゃん。

 くまたろうさんが みんなの短冊にありがとうのお便りとブドウやキャラメルを下さったので いつものように自然にお礼のカードだった。

 アトリエにいつの間にか根付いた この習慣は好きだなぁ。。してもらったら ありがとうってね。 

202009301

 

 こちら哲学者のユウタ君。反対のクラスに移ったはずだけど そちらが都合悪くて この日だけ古巣に戻った。

 色を選ぶにも悩んで考えて それが全部声に出るもんだから トトロ出動。生きるのも大変だろな。。。

 聞いたら「はい なかなか大変です。」って。笑

 そんなやり取りを聞きながら こっち側のカンナちゃんは一生懸命に描いている。

202009302

 2年生と3年生の8歳コンビ。

 いつも感心して カホちゃんの絵を観てくれているユウキちゃん。

 なにしろ下書き無しで とても上手い絵を一気にボールペンで描くものだから、見応えがある。アトリエにチラホラ居る天才の一人だ。

202009303

 

 トトロ先生とリョウタ君のやり取りを またユウキちゃんがピタッと聞いている。小さいけれどアシスタント志望なのだ。。。

202009304

  そうしたら・・・

 いつのまにか みんながこちらのテープルに来てしまった。

 アトリエのソーシャルディスタンスは不可能かも。。。

 もしかしたら みんなは ひっつきに来ているのかも知れない。

 この日はいつもトトロのエプロンを握っているノノカちゃんは居ないけどね。

202009305

 カンナちゃんは この日 新しい描き方を習った。

202009306

 いつも描く インテリアを立体的に書く方法をトトロ先生に教わったのだ。

 今までの平面スタイルから 一気にお部屋が広くなった。うれしそうに一生懸命描いていたね。

202009307

 後半クラスのヒロト画伯。

 このブタの世界。。。ずーっとシリーズ化している。絵本になりそうな勢いだ。

202009308

 

 個性的なユミちゃんは カッターで切って台紙をつくり そこにポンちゃんで色を入れて 素敵なデザインを完成させた。

 「これを生徒展に出したいです。」「はい。わかりました。」生徒展。。しなくてはね。

 傑作がどんどん生まれているもんね。

202009309

 新人のキラ君の画用紙に現れた 金色のヘビ。。。お迎えのお母さんがご覧になって「なんか縁起がいいなぁ。。」・・・・・

2020093010

 

 カイキ画伯 完成かと思いきや「あと少しです。。」悔いのないようにね。。。

2020093011

 

 土手のコスモスはまだ咲かないので 鉢植えのコスモスを買った。

 秋の彩りが欲しくて。

2020093012

 

 旅に出たいので 旅の絵を描いた。

 コスモスの色とよく似合っていた。

2020093013

 小さな画家たちは 暑くも寒くもない 今の季節が大好きだ。

 気持ちのいい季節には キモチのいい絵が描ける。

 キモチのいい仲間たちの中で 気持ちのいい居心地が生まれる。

 肩肘張らない 子ども達の素直さが こんな時でも前向きな救いになっている。

 天高く 口笛吹いて 生きていかなくちゃね。

2020年9月23日 (水)

ココロザシ

 もう秋彼岸。

 暑いとか 台風とか たくさんの中止とか コロナコロナと暮らすうちに 少し狂いがちではあるけれど 四季は巡って来る。

 9月19日の土曜日クラス。

 絵の渇く時間に レイカちゃんは創り始めている。。。そう Xmasカードです。密かに準備開始。みんなも 少しずつ創っているようだ。

202009231

 新社会人のタカユキ画伯も なかなかお仕事が大変らしい中 愚痴らず この前休んだけれど この日は来てくれた。

 こちらに異動して来た ユズカちゃんも このクラスにとけ込み 色々なアイディアあふれる創作を楽しんでいる。

202009232

 オヤツに使った紙コップを洗って タコさんとバースデーカード。お母さんの誕生日らしかった。

 ウフフとうれしそう。トトロにもBOSSにも よくお手紙をくれる。

202009233

 終わり片付けをしているのは ハルカちゃんスタッフとタカユキ画伯。BOSSが稲刈りのため タカユキ君に経理をしてもらった。

 ありがとうね。頼もしいね。 この前日 ハルカちゃんは11歳の誕生日を迎えていて トトロ先生から秘密のプレゼントがあった。。

 よく アトリエのことや人生のことなど 対等にハナシをしているけれど 年齢はちょうど6倍。なんか素敵です。

 トトロは未来の人たちと話をしているとキモチがシャンとして来て 自分ももう一度10代に還るような気がする。

202009234

 後半クラスは 浮き浮きのワクワク。

 月曜クラスから カコちゃんが移って来たのだ。

 高校生のアイ子先輩に 替わってもらっての異動。米子からもユリちゃんが来ていて 総勢7名のクラスがリニューアルオープン。

202009235

 最近入った このアオノちゃんは カコちゃんと同じ学校のクラスメイトで仲良しだったから トトロはくれぐれもアトリエではベッタリしないことを約束して 異動してみたというわけ。

 二人はとても楽しそうだった。。。。。。。。これで よしっ♡ 楽しいと 絵も描けるからね。トトロ人事は成功した。

202009236

 夕暮れ時の雲を観に みんなで外に出た。

202009237

 縦に並んだ雲が お地蔵さんのようで しばし見上げていると SOSとか いろんな風に変わりながら流れて行った。

 たまには みんなで空を見上げて 秋空のギャラリーを楽しむのも悪くない。

 心が広がって行くからね。

202009238

 21日の月曜クラスは マオちゃんとレン君がお休みで ユウヒちゃんとアカネちゃんだけかと思いきや 久しく休んでいた年子の姉妹が参入。

 くまたろうさんからのお手紙をみんなで読んで プロのイラストレーターのお嬢さんが描かれたイラストに感心して、自分たちも色鉛筆で描いてみている面々。

202009239

 久しぶりに来られたうれしさを 画用紙一杯に描いていた二人。

 みんなは それぞれのご家庭の事情の中で それでも「行きたい。」と訴えて 道具も持たずに来たので 遠慮されるおばあちゃんに トトロは言った。「いいんですよ。ココロザシさえあれば 道具なんか アトリエのを使ってもらいますから。大丈夫。」

 行きたい 描きたい。。という志が一番大事だ。何かを無理矢理習ったって 楽しくなければ 上達するはずもない。

2020092310

 そして 連休も終わり 学校が始まった23日の水曜クラス。

 偶然にも 似たようなシャツを着た二人が何やらしている。

 どちらかが落としてぶちまけた パステルやクレヨンを協力して拾っているところ。。。二人は違う学校。。。イイネ。アトリエの仲間。

2020092311

 こちらでは ソロンゴ先生が一年生のアラタ君にカタカナ文字を教えているところ。。。こっちもイイネ。

2020092312

 一念発起して 絵画を描いたノリトラ君と この日は二時間大丈夫だった アラタ君。

 秋は成長の季節。

2020092313

 ランちゃんとアラタ君のお迎えが少し早くて 残ったみんなで ソージンママに写真を撮ってもらった。

 「生徒展しようと思っているからね。」

 トトロはみんなに言っている。みんなはどの作品を出すか 自分で考え始めている。

2020092314

 ノリトラ君のイクラの軍艦巻きとソージン君のロボット。。。。そして チョコレート。。。。。芸術の秋来たる。

2020092315

 夏の花は終わって 秋の花はまだなので この日は買ったカーネーション。

 早くコスモス咲き始めないかなぁ。。。

2020092316

 敬老の日や秋分の日も過ぎて ホントなら運動会たけなわの季節だけれど 殆どの学校が中止になっていた。

 せめて 内側の感性を耕して 本を読み 絵を描き いい言葉で会話を楽しみたい。

 去年の9月はトトロの入院で 丸々無かったアトリエだから なんだかひと月 得をした気分、

 大事なのは いつも変わらずに居ること。愚痴らずに 前を向くこと。周りのありがたさに気づくこと。。

 負けそうなオトナの背中を 子ども達がドンと押してくれている。

2020年9月13日 (日)

心の世界

 9月9日 水曜日。

 大気が不安定な秋のはじまり。

 自転車でアトリエに来る途中 ザーッと一雨浴びたノリトラ君 二年生は 「水もしたたるいい男っ!」と トトロ先生に言われながら タオルでモシャモシャ拭いてもらった。

 それを見学している アラタ君 一年生。。「いいなー」と言うから、「おじいちゃんの車で送ってもらったでしょ。一人で濡れて来たら 拭いてあげよう。」と 言われて残念そう。。「ボク ひとりでは来れんなー・・」なんて小さい声で言っていた。笑

202009121

  ランちゃんも 中学生のミサキちゃんも揃って久々の全員集合。

  アトリエに絵描きのオーラが漂っている。

202009122

 ソージン君とノリトラ君は まず色々と小さい動物をそろえてから 絵にとりかかる。

 それを描くかと思いきや その動物たちは 絵を描く自分を見ているお客さんとのこと。。。

 この二人 感性が似ていて想像力豊か。ときどき笑える名言をのたまう。そして優しくてやんちゃ。

202009123

 

 まだ暑い中 ミサキちゃんのトロピカルドリンクが美味しそうに描けていた。

202009124

 

 みんなが楽しんで帰ったあとを片付けてくれた二人。

 キモチはスタッフ。そしてベテラン生徒。  ありがとうね。とても助かるよ。

 それぞれのクラスに 雰囲気が出来ていて 中学校の多忙な時間をくぐり抜けてでも ミサキちゃんはココが好きらしい。

 一人っ子の彼女にとって ユニークで可愛い弟妹の居る このクラスがね。

202009125

 サーモンピンクの夕焼けの中 みんなは振り返り振り返り 手を振って帰って行った。

202009126

 12日の土曜日クラス。

 前半は 初めてユウタ君とユズカちゃんが他のクラスに異動してからのメンバーたち。

 とても静かに すぐに続きにとりかかるカンナちゃん。ていねいに楽しい絵を描く。

202009127

 1年生 2年生 3年生のテーブル。手前の一年生ノノカちゃんの横にハルカちゃんスタッフをさりげなく配置。

 ノノカちゃんは午前中 学校の体育館でミニ運動会があったらしく 来た時は疲れて眠そうだったけど 画用紙を前にしたら復活。

 「どんな運動会だったのかな?」と言ったら 一生懸命説明しながら 玉入れの絵を描き出した。

 ユウキちゃんは粘土、カホちゃんはいつものように 迷いなく天才的な海の世界。

202009128

 トトロ先生は この新人の一年生につきっきりで アトリエのあれこれの質問に答えながら 道具の使い方とモデルになりそうな動物の居場所を教えているところ。たまに みんなのところにも行ってみるけど 今のところみんなは先生を小さな新人にゆずっている。

 お返事は「はい。」ほかの人に話しているときは割り込まない。使ったら元のところへ。。。などなど みんなが必ず通り抜けて来たアトリエの約束も教えつつ。。「どうして玄関の靴をそろえるか?」「見た目がいいように。」「ちがいます。一番は何かのときにすぐに履いて逃げられるように。。みんなの命がいちばんだいじ。」「ふーん。。」「見た目は二番目 そのほうがキモチいいからね。」「はーい。」

  それを二年生のカホちゃんが ていねいに解説してくれていた。

 「私も 一年生のときは こーだった。あーだった。。」なんてね。笑 カホちゃん成長したねぇ。。と トトロはハルカちゃんと話した。

 向こうでリョウタ君も みんなのワイワイ珍問答に笑いながら アトリエタイムを楽しんでいた。

202009129

 カンナちゃんは 水の中にイルカと河童が仲良く泳ぐし。。。この子の想像力も広くて大きい。

 あまり話さないけれど スタッフのハルカちゃんだってそうだったし トトロも子ども時分はおとなしかった。

 いろんな子が居ておもしろい。今を楽しんでね。

2020091210

 

 後半クラスは グッと落ち着いて こちらのテーブルは高校生達。

 アイ子画伯は 前向きの理由があってトトロがお願いして こちらのクラスに異動して来た。

 トトロは 色々気づくと 人事異動をする。

 より良い環境にする為に、出来る限り見て見ぬふりをせずに子ども達と相談して行動してみる。

 アイ子画伯はどこでもすぐに 自分の世界でアートを楽しめる子だから 頼んでみたら「いいですよ。お役に立ててよかったです。」と。

2020091211

 ヒロト画伯も いつものブタの世界に没頭中。空想の旅は果てしない。

2020091212

 これはカイキ画伯の渾身の卒業制作になるのかな?

 高校三年、行く道は決めている。小1から12年間のアトリエ生活。・・・・なんかさみしいね。。と二人で言った。

 希望の未来はたっぷりある。

2020091213

 アオイ君も来て なんとカラフルなみんなの服。

 あんまりきれいなので BOSSを呼んで撮ってもらった。

「それぞれの色が集まって アートになるんだよ。。まるで この世界のようにね。」

 このごろは 一瞬マスクをずらしてみたりする。みんなの顔を忘れないように。

2020091214

 ちびっ子クラスの遊びの跡が アトリエの隅っこに残っていた。

 みんなの会話と笑い声がしてきそうだった。

 「ケーキおとどけにきました。」「ありがとう、リスさんもいっしょにどうぞ。。」

2020091215

 どんなにコロナが続いていても 子ども達の空想力と想像力の中までは 入り込めない。

 みんなの豊かな心の世界をしっかり守りたいトトロだ。

 一雨ごとに秋が近づいている。 

2020年9月 8日 (火)

9月のアトリエ

  それでもなんとか 9月になって、南のほうからは台風の気配。猛暑はしぶとく コロナもあたりまえの日常になり。。

 そんな中、いきなり広島のブログフレンド うさパンさんから可愛いお菓子がたくさん到着した。

 人はうれしいと元気が出る。

 早速 アトリエの小分けオヤツ袋に・・・・ありがとうございます。

 Xmasでもないのに 気の早いサンタさん達だ。

 実は 先頃ブドウを送って下さった佐世保の福田先生からも 色々なグッズ゜が届いたばかりなのだ。

 しみじみと 人間。。。。コロナでも心は密着。

202009081

 

 5日の土曜日クラスは タカユキ画伯から欠席の連絡。。。それ以外のみんなは 全員と プラス移って来たユウタ君 ユズカちゃん。

  これは リコちゃんにアドバイスするユリナちゃん。

202009082

 

 ハルカちゃんスタッフも 一心に描き込む。

202009083

 今まで居たクラスより 全体の学年が大きいので 静かな環境で 落ち着いて描くユウタ君 ユズカちゃん。

 こちら側はレギュラーのレイカちゃん。この子は誰が混ざっても動じない。トトロはそれがありがたい。

202009084

 新規メンバーの記念に。。。。と思ったけれど なんだかまったく違和感がないね。よろしくの一枚。

202009085

 後半クラスの時に なつかしい顔が訪ねて来た。

 約2年前に 世界に飛び出て行った くんちゃんだ。

 帰国してしばらくして アトリエに来たいとの連絡があり トトロは当時一緒に描いていたカイキ君に連絡をして来てもらい待っていた。

 くんちゃんは オーストラリアを拠点にして 色々なところで働きながら 住処も仕事も彼女も見つけて それなりの危険にも逢いつつ それでもたくさんの友人も出来て 充実した顔で帰って来た。

 トトロの家庭文庫に二歳から来ていて 実は彼は幼い頃からよく放浪し 村中で探したら 家の押し入れに寝ていたというつわもの。。笑

 今回も家中の反対を押し切って トトロに相談して 今しか出来ないんだからと 生きて帰る約束だけ交わして、少しの不安と今迄地元の会社で働いた資金と たっぷりの希望だけ持って出発。。

 コロナの中でどこに居るのか 心配したけれど こうして無事に いい顔でアトリエに戻って来た。

 去年 電話したけどトトロは出なかったと言うから 今ごろは神戸で入院してた・・と倍返しの冒険話。。

 お互い 生きてりゃこうして会えると笑うトトロとくんちゃんの話を みんなは絵を描きながら BGMみたいに聞いていた。

202009086

 そこにいた みんなと特製カルピスアイスキャンデーで乾杯。。。

202009087

 この日の くんちゃん訪問に みんなは大きな夢をいただいた。

 くんちゃん 27歳。トトロとは25年のおつきあい。笑 ありがとうね。そしてお帰り・。・。

202009088

 土曜の深夜から吹き荒れていた風雨は 月曜には遠くに流れ去り 雲の波間から青空も。。。

202009089

 学校は休校にならずに。。。みんなは夕方のアトリエに。

 カコちゃんと 一年二年の姉妹が欠席だったので 少し席替えをして ユウヒちゃんはこちらでデッサン。

2020090810

 アカネちゃんは 工作で家具創り。。

2020090811

 外の夕日が雲に反射してたので 空気を吸いにちょっと外へ。

 金魚のような雲だった。

2020090812

 背も伸びて 心も伸びて キレイになった6年生たち。

 どんなときでも 自分流の楽しみたいアートがある。

 いつも 作品を一つ仕上げて、お互いに「わぁー ステキ。」と言っている。

 レン君のお家には彼の作品がギャラリーのように貼ってあるというので 壁に下げられるように作ってあげた。

2020090813

 それぞれの秋が来る。

 みんなで スケール大きな夢を持って これから何があっても自分のアートで未来を創っていこう。

 この日も あちこちの贈り物に みんなで ありがとうカードを描いていた子ども達。

 ありがとうさえ忘れなければ、この世は愛に満ちているよ。

 旅人のくんちゃんも そう言っていた。。。。

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »