フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月27日 (月)

空を見上げて

 写真を撮らせてね。。と言うと二人はトトロに向かって手を合わせた。

 お地蔵さんはあなた達なのに。。と トトロ。

 毎回アトリエでは コロナのことや くまたろうさんの病気や みんなのことをお互いに祈る。

 なんの宗教でもないけれど なんとなく宇宙に祈る。今日も無事にアトリエに来る事が出来たことに感謝して。

 22日の水曜クラスは 連休前なのでいつもよりキモチがフンワリしていた。

 夏休に入る学校や まだの学校。色々な変更で少し落ち着かない子ども達。

202007271

 小さなアラタ君も一生懸命描いていたけど 学校でプールがあって すっかりくたびれたらしく

「おばあちゃんを呼んで下さい。」と頼みに来た。

 昔は一年生は 二時間続かない子は 半分で帰宅していた時代もあって、今はなんだか全員が終わりまで描くけれど 疲れたらお迎えに来てもらうから言ってね・・と伝えている。

 集中出来ない子は 一年生だけとは限らないので たまに「帰ってもいいよ。」と言ってみるトトロ。

 すると 急に描き出すから不思議なのだけれど。笑

202007272

 ランちゃんとミサキちゃんがお休みしたので 最後まで居てたっぷり描いていたのは この3人。

 トトロ先生も一緒に 粘土を創ったり 折り紙をして 積もる話に花を咲かせた。

 一緒の椅子に座って おんなじ事をすると 子ども達はとても嬉しそうに「せんせい 上手いな。」なんて誉めてくれる。

 「ありがとね。もっとホメて。誉められて伸びるタイプなの。」と トトロ。「ボクも。」とノリトラ君。

 楽しい時間はなんだか 放課後の学校のように 密かな遊びを見つけるワクワク感があった。

202007273

 25日の土曜日クラスは 前半の席が満席の123年生だらけの若い熱気。。。

 新人の ノノカちゃんと 一つセンパイのカホちゃんが 両方から話しかけるので 同時に二人に答えて違う指導をしていたら、それを見ていたユズカちゃんが「スゴイ。。」と 感心してくれたから「5人までは同時に聞けるよ。。」とトトロ。

 だんだん聖徳太子っぽくなってきたらしい。笑

202007274

 オクラの切り口で ペタペタと花をスタンプしてから 仕上げにかかるユウキちゃん。

202007275

 信長の新作に挑戦するリョウタ君に 人物のバランスを教えるトトロ。

202007276

 こちら スタッフハルカちゃんは サローラの後を継いで集金袋にイラストを描く。

202007277

 カンナちゃんの世界観も独特で、いつも描きたいものがたくさんある子。

202007278

 後半クラスも全員で 一通り絵をしあげてからのトランプタイム。

 この日はオトナのジュンコさんも混じってのババヌキ。新人のキラ君もスポッとはまっているし。楽しそう。

202007279

 その キラ君の途中作品。丁寧に空想も入れつつ楽しそうに描いていた。

 静かな男の子なのでこの年上ばかりのクラスでちょうど良かった。またもやトトロ人事のミラクルに感謝。

2020072710

 ユミ画伯は この日パパ抜きをせずに ステンドグラス風アートにチャレンジしていた。

 トトロもその指導のため 文字通り「ババ抜き」・・・アハハ

2020072711

 し上がって来た作品と カイキ君テンテン君 ヒロト君。みんないい絵。

2020072712

 BOSS畑からのかすみ草。

2020072713

 雨ばかりだったので 一度終わった花たちが また次の花を咲かせてくれたアトリエガーデン。

 順番に途絶えることなく咲きつなぐ アトリエの子ども達のようだ。

2020072714

 西の空が明るくなって来た。

 トトロはみんなを見送る時に言う。

「空をみてごらんよ。いつもキレイだからね。水彩の絵のように風や雨が雲のカタチや色をつくるんだよ。」

2020072715

 東京 名古屋 福岡・・・コロナの増えている色々なところで働くアトリエOBOGたち。

 LINEでエールを送っている。帰って来るLINEは みんな元気そうに言葉を選んでくれている。

 みんなが不安の中で せめて自分をしっかり守って 誰かが心配していることを思い出そう。

 アトリエは 精一杯 いつもとおんなじアトリエでありたい。

 長い梅雨も もう明ける。

 みんなで 空を見上げて ステキな明日を迎えよう。

2020年7月21日 (火)

夏のはじまり

 マスク越しに季節は巡り

 暑中お見舞い 申し上げます。。

 天候の激しい移ろいの中で 天災が暴れまわり コロナも相変わらずで それでも梅雨も終わりに近づいて畑は夏の実りをもたらす。

 アトリエに微笑むのは新鮮なトマトとキュウリ。。。。 BOSS母の豊かな畑からの贈り物。

202007211

 18日の土曜日クラスも元気に全員出席。

 大きな刷毛で空を塗るリコちゃん。

 トトロは「いつも おんなじような絵だから 画用紙にはじめから空を描いてごらん。」と 導いてみた。

 このあと 自分の画用紙の空を眺めていた彼女は あっ とひらめき、その上に好きなモノたちを描き始めた。

202007212

  自分の世界を描く面々。ハルカちゃんスタッフと 鉛筆削りに目覚めたユリナちゃんスタッフ。

 生徒をしつつ実はスタッフが増えて行く。。。アトリエ伝統のその現象はとても助かるトトロ先生。

202007213

 

 レイカちゃんにも空と大地を教えてから ネットで見かけたオランダの風景を伝えると たちまち自分流に筆を進めていた。

 「先生 たのしいです。」「そりゃよかったね。それが一番よ。いい絵ですよ。」5年生の夏。。。

202007214

 タカユキ画伯も新作を進めている。鉛筆なので写真に写らず 「ファンの方が楽しみにしてるから 色もつけてよね。」と トトロ。

 社会人らしく見えて来た今日この頃。。。。小学一年から 社会人になっても ずっと居てくれて新記録だ。感謝。。。

202007215

 後半クラス。新人のアオノちゃんに 前半のレイカちゃんの絵を見せると、自分は夕焼け空にブルーの大地を描いた。

 遠くの木立ちを筆を立てて描く方法を伝えるトトロ。思わず起立して夢中のアオノちゃん。

202007216

 午前中に中学の部活の試合だったケント君たちも 疲れも見せずにアトリエモードを楽しんでいる。

 体育系の部活の子も多くて よくそんなにエネルギーがあるなぁ。。と感心する。・・・ま 若いからね。。。。

202007217

 

 米子から来たユリちゃんに指導するトトロ。

 中学生のナナミ カノちゃんコンビと 高校生のアイ子ちゃんのテーブル。

 このクラスも気がつけば満員御礼。。。新人がピッタリお似合いのクラスにはまるというアトリエミラクル。

202007218

 米子のユリちゃんと 初対面したアオノちゃん。

 みんなちがって みんないい。気持ちよく描けましたね。

202007219

 このところ すっかりオトナっぽくなって来た二人。

 学校はちがうけれど月曜クラスに居たときからの仲間。いいね アトリエフレンド。

2020072110

 さてさて20日の月曜日クラス。

 おとなしいユウヒちゃんが大胆に空を塗る。

 大小の刷毛で下地を塗る方法は油絵の手法だけれど 水彩で試すと滲みが美しい。

 ちょっと赤を入れて 夕方の空を描く。

2020072111

 こちら 一年生のアイルちゃんの「地球」。

 「みんな この星の仲間なんだよ。。」とトトロ。大事に住まわせてもらわないとね。。。。

2020072112

 「せんせい ♡はどーすればつくれますか?」と言うので、「ホラ 先輩のみんな出番だよ。」と言うと

 3人の6年生が アイルちゃんのところで可愛い♡の実践指導中。。「ありがとう。」と一年生。。

 こりゃ楽チンだ。センパイ先生よろしくね。。

2020072113

 こちら 和菓子職人のレン君。

 金粉までつけて 高級和菓子が完成。「ボク これ持って帰ります。」

 いいよ。飽きるまで創り続けてくださいね。

2020072114

 アトリエの七夕を見上げる一年生と二年生の年子の姉妹。

 「くまたろうさんのことがいっぱいかいてあるね。」「くまたろうさんって?」

 「アトリエのサンタさんだよ。今病気なの。みんなで祈ったんだよ。。」

 「ふーん。。。うちらも書いていいですか?」

 新人のみんなは コロナの時に入って来たので、なんだかアトリエが唯一のドリームスポットなのだ。

 限られた制約の中でも 季節のことはしていこう。

 みんなの地球で 大事な命とココロを守り育てていこう。

 子ども達が 優しく たくましく ステキな人になりますように。。。。byトトロ

2020072115

 カコちゃんが 学校帰りに拾った仔猫「コムギちゃん」

 今 カコちゃんのお家で保護されて 元気に育っているそうな。

 写真を持って来て 描いた作品。優しいキモチにあふれた絵になった。

2020072116

 僕らはみんな 生きている。。。生きているから歌うんだ。

 夏休みが短くなったことも受け入れて、ムレムレの暑い中マスクして。。。それでもみんなで笑っている。

 子ども達の 素直な強さに 励まされるトトロだった。

 

   災害地の皆様に心からお見舞い申し上げます。。

2020年7月12日 (日)

もう一度 アトリエ

 マスクのゴムをキリリと結んで よしっやるぞっ!と アラタ君。

 7月8日の水曜クラス。。

202007121

 小さいけれど やる気の見えるいい背中。ソージン君 ノリトラ君 ソロンゴちゃんのテーブル。

202007122

 「しずかにする。トイレはひとりでいく。」の手のひら公開。。アラタ君。ガンバレ。この日 彼は一人でトイレに行った。

202007123

 「先生 よく見といてよ。」と折り紙を教えてくれるノリトラ君。・・・・・はい。見させていただきます。。と トトロ。

202007124

 ノリの正しい使い方を教えるソロンゴ師匠。学ぶアラタ君。

202007125

 ミサキ先輩からは 折り紙を教わる。

 なんてアトリエには 師匠が多いことか。。受け継がれて行くワザ。

202007126

 ランちゃんも 描く。どんどん描く。楽しく描く。

202007127

 ノリトラ君作 トトロ 小トトロ。おみごとっ。。

 一番若い水曜クラスの成長はめざましいものがある。教え教わり 仲良くまとまっている。トトロは少し楽になって来た。

 みんなが来ると なんだかシャンとするワケがわかった。

 それは成長しているから。それは希望が見えるから。

202007128

 

 なんか この雰囲気 ずーっと前にもあったような気がしていた。

 11日の土曜日クラスのこと。

 前半に一年生のノノカちゃんが新しく仲間入りして 一年生から6年生までの7人になった。

 ステキな個性ある子ばかりなので ノノカちゃんもすぐに馴染んで 絵に向かう。

 こちら ユウキちゃんとカホちゃん。カホちゃんの絵をユウキちゃんが感心して説明を受けているところ。

202007129

 宇宙のユウタ君と信長大好きのリョウタ君。

 女の子たちのかしましさをよそに 集中出来る二人には 共に妹や弟が居るのよね。少しくらいの騒がしさは慣れているとのこと。笑

2020071210

 新入りのノノカちゃんは アトリエの七夕を見て すぐに飾りを創り始めた。

2020071211

 絵本大好きのユズカちゃんは 椅子にのぼって絵本を選ぶ。

2020071212

 トトロ先生が新入りちゃんにつきっきりでも みんなはそれぞれのアートを楽しむようになった。

 見渡してくれているスタッフのハルカちゃん。トトロ先生との連携プレーだ。

2020071213

 お話するカホちゃんとノノカちゃん。

 カホちゃん2年生。「私より一つ下なんだね。よろしくね。」「うん よろしく。」小さいセンパイとコーハイ。新しい出逢い。

2020071214

 順番を待って トトロ先生に話しかけるユズカちゃん。

 こちらのクラスに移り 落ち着いて描くカンナちゃん。

2020071215

 ついに「太陽の塔」に着色完成したリョウタ君。

 BOSSが聞いた。「誰の作品か知ってる?」「はいっ。岡本太郎です。」ん? 今は。。令和だったよね。

 この日の前半 Cクラスの光景は まるでアトリエを始めた頃の20数年前のようだったのだ。

 元気で才気あふれる子ども達が それぞれ楽しそうに画用紙に向かいステキな時間を共有する姿。

 とても素晴らしく なつかしい忙しさだった。

 帰りの時間 スタッフのかけていた掃除機を ユウタ君が受け取り みんなの散らかした床を掃除してくれていた。・・ありがとうね。

2020071216

 後半クラスの 中 高生群団の中にも 一人5年生の キラ君が仲間入りした。

 みんなは 彼を囲んでトランプをしたり テンテン君のマジックを見せたりした。

 いつも みんなは自分が初めてアトリエに来た時 センパイがしてくれたように 後輩を歓迎する。

 楽しそうに絵を描いていたキラ君に トトロは聞いた。

 「どお? 楽しいですか。」

 少し照れながらキラ君は マスクの上の目をキラキラさせて「はいっ。」とキッパリ。

 よかったね。みんなありがとね。

2020071217

  不思議だけれど こんなコロナの社会の日々に どんどん問い合わせの増えているアトリエ。

  一体何が起こっているんだろう。

 トトロは疲れ切っているわけにはいかなくなってきた。

 また もう一度 初心に戻って 小さい仲間を迎えようと思った。

 ご縁があって 一人ずつ巡り合うことの奇跡。きっとそんな運命なんでしょう。

 マスクをしているコトだけが 昔と違っているけれど この日アトリエは なんだか懐かしい始まりの感じに満ちていた。

 さて もう一度 やってみましょうかね。みんなと一緒にね。

2020年7月 6日 (月)

どっこい 生きる

 7月4日の土曜日クラス。

 特別支援学級に通うユリナちゃんが みんなの使う色鉛筆をカッターで削ってくれている。

 今年 岡山の大学へ行ったミカ先輩や スタッフのハルカちゃんが いつもさりげなくそうしているのを見ていたので、

 「私もスタッフして お手伝いしたいです。」と言いに来た。 色々とやってみても なかなか上手く出来なくて トトロは

 「お手伝いというのは してもらう方が気をつかうようじゃダメなんだよ。」と教えて

 「それでも そのキモチはとても素晴らしい100点の心だから 家で練習して来なさい。」と言った。 もしかしたら出来ないかも知れないな・・と思いつつ。

 ところが 彼女はちゃんと家で練習して来て 一生懸命に削り始めたのだ。

 トトロは感動して「ありがとう。とても助かります。一回3本ずつでいいから アトリエのときに削ってくださいね。スタッフさん。」と頼んだ。

 そしてみんなに 手伝いたいというココロの価値の高さの話をした。

 お勉強がいくら優れていても 誰かの役に立ちたいというキモチがなければ どんな仕事に就いても100点じゃないんだよ。。。と。

 ユリナちゃんはとてもうれしそうに ていねいな仕事をしてくれた。

202007061

 ハルカちゃんは この日からこのクラスでは生徒として 同じ学校のレイカちゃんとお話中。

 チラリと映るタカユキ先輩も 最近仕事に慣れて来たとの報告あり。。。社会人になって3ヶ月。よくやってます。

 帰りに見送っていたら お父さんが運転して来た車を自分で運転してペコリと会釈して帰って行った。。いいぞ 社会人♡

202007062

 後半クラスに新しく入ったアオノちゃん。

 5年生からだから とけ込むのに時間がかかるかな。。と思ったけど 自分の家のニャンコの写真を持って来て見せてくれた。

 それはBOSSが可愛がっていたけれど 家出していなくなった ちびニャンにそっくりで「おぉ アオノちゃんの家に行ってたのか」と。笑

202007063

 ナナミちやんカノちゃん中一コンビも 高2のアイコちゃんも それぞれが自分の世界を持つ面々。

 ひとしきり 漫才のように話してケラケラ笑うのは月曜クラスに居たときから変わらない。いいコンビだよ。

202007064

  水彩の滲みの変化を教えるトトロ。

 みんなも一度はやったことがある 垂らし込みの技術で描くシャボン玉。楽しそうなアオノちゃん。

202007065

 BOSS畑のキュウリに塩を振り オヤツにだすとみんな美味しいと完食。たまにはイイネ。。。ポリポリと。

202007066

 この日のクラスにもくまたろうさんの話をすると やっぱりみんなは応援の短冊を書いた。

 それはもう どの子もどの子も。。。。

 15年間アトリエサンタをして下さっていたことが 七夕の笹が支えきれないほどの感謝の重みとなっていたのだった。

202007067

 6日の月曜クラスの面々は 特に昨年のXmasで くまたろうさんが贈って下さった御殿まりを喜んで分けたメンバーなもので、

 「くまたろうさん 自分の家にもちゃんとあるのかな?お守りになるのに 全部うちらに下さったんじゃないんかな?」などと心配している。

 栄養のあるものをつくろう・・・と 粘土の名人達は手分けして創っていた。

202007068

 レン君は和菓子担当。

202007069

 アメちゃんを配るトトロ先生とカコちゃん。

2020070610

 クマの絵二枚と「ファイト」のカード。

2020070611

 みんなのこさえたミニお弁当。病床のくまたろうさんへ LINEの写真で送ったトトロ。

 「いただきます。」とお返事が来た。

2020070612

 九州の大雨 あちこちのコロナ。。。明日の七夕は降りそうだけど、どっこい みんなで生きている。

 雲の上には晴れ空がある。。

 いろんな病気になるけれど どっこい みんなで応援し合って いのちいっぱい生きている。

 心配する人 応援する人 待っている人 ・・・みんな愛。それは通じておくすりになる。それを信じて生きて行こう。

 梅雨空は ジメジメ荒れてしんどいけれど どっこい明日も生きて行こう。。。

      アトリエから愛をこめて byトトロ

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »