フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月28日 (日)

2020年の七夕

 6月24日 水曜の4時からクラス。

 中学一年のミサキちゃんは珍しく 定時に到着。

 「今日は来れたね。」「はい。」とニッコリ。

 小学生時分は 送り迎えされてあたりまえのように来たアトリエが 時間を都合して頑張って辿り着く意識に変化して より一層大切に過しているように見える。

 何事も自分が向かいたいと思って行動すれば 何かが実る。人は意識で強くなる。 

202006281

 この日 アラタ君の両手のひらに「さわがない」「トイレはひとりで」などとマジックで書いてあって ノリトラ君がそれを見つけて「ガンバレ」と言った。

 先回 あんまり自由に騒ぎまくり おまけに怖くてトイレについて来て・・なんて言うものだから トトロに叱られて

「もう少しちゃんとするまで アトリエに来るのよしましょうか?」などと言われたものだから 一念発起して来たらしい。

 トトロはお母さんにも電話して秘密の相談をし お父さんにも お姉ちゃんのユウヒちゃんにも ご協力を頼んだ。

 「本人のプライドを傷つけないように よろしくおねがいします。。」と。

 かくて この日のアラタ君。時々手のひらを見ながら ちゃんと絵を描いた。

 そして トイレは、やっぱり「せんせい ついてきてください。」と コッソリ言った。笑 彼には座敷童が見えるらしい。。。鏡の中に。笑

202006282

 ソロンゴはアトリエに来る時見えた空を描いていた。パレットは貝殻。

 「すごくいい雲で 見とれました。」と。

 ソロンゴという名前の意味はモンゴル語で「虹」。

 心のスケールが 大きくいい感じに育っているな。。と思う。

202006283

  真剣に楽しそうに 二人が何をしているのかと見ると、小さい動物や天使のフィギアを並べて スゴく可愛い部屋をつくっていた。

 「あなた達はホントに優しいね。」とトトロ。「優れた人は優しいのよ。」と字を書いてみせたら喜んだ。

 もう三密もいいとこだけどねー。。。。。

202006284

 実はこの日 トトロは抱えきれない大きなショックの中にいた。

 前の晩 信州のブログフレンドの「くまたろうさん」(女性です)からLINEがあり、ここ最近 肩こりや咳で色々治療してきたところ ドクターからの紹介で検査したらば 実は肩こりではなく肺の疾患からのモノだったとのこと。ちと難しい病気になっちゃったらしく しばしブログを休止するお知らせだったのだ。

 元来 お元気な方で いつもトトロの方を案じて下さり もうかれこれ14年前にトトロがエッセイ集を出版し それを信州のU先生という方が読まれたことから そのまたお知り合いのくまたろうさんとも交流がはじまった。

 それ以来アトリエにお得意の手づくりグッズを色々こさえてXmasの度に差し入れて下さっていた 元祖 アトリエサンタさんなのだった。

 トトロはみんなにそのことを打ち明けた。「くまたろうさん」というお名前はみんなの中にアトリエを応援して下さる方として存在していた。

 みんなは すぐにカードを書き初めて トトロはそのことに感動した。泣きそうになってしまっているトトロをチラ見しつつ みんなは一生懸命に 字も何度も間違えながら 力強いメッセージを書いた。

 

202006285

 ノリトラ&ソージンコンビのお部屋の一番大きな椅子には クマさんが座っていた。

 みんなは それが くまたろうさんだとわかった。

 トトロはカードをその日入院されたくまたろうさんにLINEした。

 くまたろうさんから「涙腺崩壊」と LINEが来た。生きて アトリエを見ていてもらわないといけません。。。。。

202006286

 27日の土曜日前半クラスはユウタ君とユウキちゃんが参観日で 居ない日。

 この日からこちらのクラスに移ったカンナちゃんをユズカちゃんたちに紹介して、こちらのテーブルは3年生だけになった。イイネ。

202006287

 自分の意志でこのクラスに変わったカンナちゃんも 落ち着いて描いていた。

 いつものトトロミラクル人事異動は 成功みたい。

202006288

 カホちゃんも 画用紙にのめり込んで描いている。

202006289

 このクラスにも ありのままを話したトトロ。

 七夕の笹をBOSSが採って来てくれたので みんなで短冊に書いた。

2020062810

 欠席のときの代替えで この日4時間2クラス貫通コースのヒロト君は またもやモテモテ。。。

2020062811

 新入りのリョウタ君も短冊を書いている。

 彼はくまたろうさんを知らないから 別の願い事。それでいい。それがいい。ヤラセはしないトトロ。

2020062812

 後半クラス サローラも飾りをこさえているし。。。

 ここでも トトロは話し みんなは書いた。

2020062813

 参観日を終えて混ざりに来た ユウキちゃんも入れて 大家族のようなクラス。

 この日もマジックをしたテンテン君。将来のコトなど話したユミちゃん。。

 満足しきったヒロト画伯。

2020062814

 自分の願いも書くのよ と言うのに みんなは同じ事を書いた。

 今年の七夕は「コロナ退散」を書くかと思いきや それよりも大切なことがおこって みんなは祈った。

2020062815

 「願い事は人の為にね。。。それってお互いに祈り合う時 パワーになるんだよ。」と いつも伝えていたトトロ。

 みんなは言った「こんどは僕たちから くまたろうさんにサンタしなくちゃね。」

 お互いが お互いのことを祈る時 そのことを七夕様はしっかり叶えてくれると トトロもみんなも いつも信じている。

 だって トトロ先生はいつも帰って来たんだから、、、、それは きっと みんなの願いだったから。

 くまたろうさん 小さいけれど 純粋な座敷わらし軍団が 一生懸命に祈ってますよ。。。きっとだいじょうぶ。

2020062816

 

2020年6月24日 (水)

 夏至のアトリエ

 6月20日の土曜日クラス。

 コロナの仕切りのたぺっ子どうぶつの箱越しに 4人の机の向こうにはユウタ君とジュンコさんが 顔なじみ同士で座った。

 ユウタ君は欠席の代替えなので 少し知らないクラスに馴染めるかと不安感の中来てみたら 大体が見た顔だというわけ。。

 こちらサイドはレイカちゃんがお気に入りの14匹の絵本をオリジナルに模写している。

202006231

 

 ちょっと神経質なのが乗りこえられたら 一歩踏み出せるんだけど。。。何か自信がつくといいな と 思っているトトロ。

 いつかユウタ君とじっくり話してみたいと思う。人生について。。未来について。

202006232

 

 リコちゃんが 何かトゲが刺さったらしく ナースのジュンコさんに診てもらっている。

 こんな時 偶然ナースがいてくれてありがたい。。

 ジュンコさんの都合に合わせて 出席の日を決めるので、居てくれたのはホントに偶然。。いつものミラクル。感謝です。

202006233

 ハルカちゃんユリナちゃんレイカちゃん。。それぞれの世界。それぞれの絵。

202006234

 後半には 新人が仲間入りした。

 5年生の アオノちゃん。ちょうど見頃のアジサイで試し描きしてから 翌日の父の日用のカードもこさえた。

 コーセー君の前にはトトロが二匹、、何故かまた増えたのですよ。。そのうちお話しますね。笑

202006235

 すっかり夢中のアオノちゃん。この日は満員御礼のアトリエだ。

202006236

 父の日カードも美しく仕上がっていた。 お父さんうれしいだろな。。

202006237

 米子から来たユリちゃんも 父の日のカード創りに一生懸命。

 こうして斜め後ろから観ると 3年生とは思えないアジサイの画力。

202006238

 

 いつもペースを崩さない高2のアイ子ちゃん。アトリエで自分の世界に浸り切る時間がホッとするのだとか。。。

202006239

 駆けつけたスタッフのサローラも入れたら8人。みんなたっぷりと絵を描いて過すひとときが なんだかとても愛おしい。

2020062310

 6月21日の夏至の日には日蝕の宇宙ロマンが観られた。

 父の日でもあったこの日はBOSSの亡き父の誕生日でもあった。

 トトロは毎年楽しいネクタイを贈っていた。

 そちらからも 太陽のステージご覧になれますか? 

2020062311

 

 22日の月曜クラスに長い事お休みしていた年子の姉妹が復活した。

 少しだけ背の小さいほうが妹のアイルちゃん。うれしいVサイン。

 お揃いの赤いTシャツの姉 ルナちゃんも集中して描いている。とてもアトリエに来たかったらしい。よかったね。

2020062312

 

 偶然にこれまた赤のレン君。金粉を使って和菓子をデザイン中。この後 粘土でもアジサイの和菓子をこさえた。

 パテシエの次は和菓子職人が誕生するかも、、、、ワクワクのトトロ。

2020062313

 

 雨降りの美しい紫陽花はカコちゃん。「これ 作品展に出します。」と。イイネ。

2020062314

 ルナちゃんとアイルちゃんは 粘土で朝食とブドウとアイスキャンディーも創った。

 「アトリエでしたかったこと たくさんできた。」と。

 うんうん よかったね。これからも楽しんでね。

2020062315

 この7人が 月曜日の全メンバー。1年生から6年生まで 音符のように揃いましたね。♬

2020062316

 こんな中でも 何故か増えてきたアトリエの仲間たち。

 あちこちの小学校から一人 二人と集まって やがて気心の知れた仲間になる。

 マスクで暑い時は 少し外に出てマスクを外して深呼吸。

     トトロ先生はしょっちゅう深呼吸。

 思い思いの夢を描くとき みんなの世界は楽しく落ち着く。

 なんだか不思議なアトリエに みんな走って駆けつけて ストンと座ればそこがドリームワールド。

 トトロは外でブンブン手を振り みんなと今日も交わし合う。

「さよなら。元気で。また会おう。今日もありがと。またおいでーーーー。」

 

 

 

2020年6月16日 (火)

太陽の塔

 本格的な梅雨の日々。

 13日の土曜日のみんなが来る直前のアトリエにも 紫陽花をたくさん生けて待つトトロ。

 身長に合わせた椅子と それぞれの使いそうな道具と みんなの貴重な落書きで一杯の下敷きと。。。。

202006161

 そこに あちこちから集まって それぞれのクラスの空気が出来る。

202006162_20200616200201

 前回入ったリョウタ君に話しかけるユウタ君。今回もレッドとブルー。。。

202006163

 ショートカットにして来たカホちゃん。いつものように独自のアートを繰り広げている。

202006164

 

 ユウキちゃん ユズカちゃんと カホちゃんトリオ。三密だけれどしゃべらないよ。。。とのこと。

 大事なふれ合いと コロナの日々の注意事項は真反対。悩むトトロ。

 子ども達は なんとなく上手に折り合いをつけている。

202006165

 出ました。「太陽の塔」

 昔 修平学芸員センパイが やっぱり小3の頃に粘土で創ってから16年くらい経つかなぁ。。。

 ついに2人目の岡本太郎が現れた。

 トトロはこの写真を修平君にLINEした。「ついに 君の後輩が創りましたよ。」と。

 「歴史は繰り返す」と返信が来て とても喜んでいたセンパイでした。笑

202006166

 これでも一番ちゃんとした写真だけど 3人も目をつむっているし。。。。

 ま いいか。自然な姿です。

 5年生スタッフのハルカちゃん 大きくなっているんだけど。。。スタッフ魂満開で よく手伝ってくれてます。

 それぞれのアトリエ。二回目にして一人で帰ったリョウタ君。下に弟が二人も居るお兄ちゃんだ。しっかり者の3年生。

202006167

 

 後半クラスには タイタニック号を描くテンテン君。・・・・・と。

202006168

 何故か土曜日Aクラスからのカンナちゃん。さらに前半から4時間ぶっ続けにチャレンジのユウキちゃん。

 それぞれが 自分の日の欠席の代替えで参入しているというわけで。。

202006169

 そこに この日は来ないと思っていた月に一度のアオイ君も現れたものだから 全部の席が埋まり8人の大所帯になった。

 「あ 電話すれば良かったかなぁ。。」とアオイ君。

 「だいじょうぶよ。全然平気。。」と言いながら トトロとサローラはバタバタと片付けて席を増やしているし。。

 実は 突然の変化が大好きなトトロ。それに対処してクリアするのってワクワクする。

 で みんなはちゃんといつものように 楽しそうに描き始めている。

 ヒロト君が「先生 アトリエって伸び縮みするんですか?」と笑った。「そうよ。知らなかった?」とトトロ。

2020061610

 たっぷり描いて ひと休みのトランプ大会で この身長差がいいね。昔はアオイ君だってこのくらい小さかったんだからね。

2020061611

 カンナちゃんとユウキちゃんは初対面だったけれど 3年生仲間が居てよかった。。

 このミラクルは きっといつものトトロ人事。。

 いつもと違うメンバーと描く時に みんなはアトリエの幅を知る。

 自分のクラスじゃない仲間もたくさん居るんだ。。。と気づくきっかけにもなる。

 そして 大きなお兄さんやお姉さんと出会って 自分もずーっとアトリエに来たいと思うらしかった。

 ココのテーブルで いろんなセンパイ達も凄い絵を描いていたこと。。小さな二人には大きな発見だったに違いない。

2020061612

 

 あくる14日の日曜日、少しだけ規制緩和で県外への出入りが許可され出していたので、所用のついでに TVでBOSSが知っていた駅舎がパン屋さんになっているローカルな駅に立ち寄った。

 コロナが始まって以来 初めての小さな旅。

 わけがアリ 何処とは書けないけれど こんな感じでとても良かった。ここで手づくりされたパンは美味しかった。

2020061613

 電車に手を振るトトロ。

 中の乗客の方達も手を振ってくださった。。。少し呆れて撮影するBOSS。アハハ。。

2020061614

 あちこちの軒下で ツバメの仔がエサを待っていた。

 なんだか アトリエのみんなを思い出したトトロ。

 大変な 新しいコロナ時代に変わってしまったけれど ピヨピヨと待つ子ども達には たくさんの喜びと体験と 考えるチカラと 乗りこえるチカラを 備えてもらわないといけないから トトロはいろんなハートを運び続けようと思った。

2020061615

 みんなみんな たくましく優しく強く 元気に育ちますように。みんなで明るい太陽の塔をめざしましょうね。

 芸術は爆発だぁーーーーーby岡本太郎。。。

2020年6月10日 (水)

紫陽花

 6月6日の土曜日クラス。

 指でパレットの色を混ぜるカンナちゃん。

 紫陽花(アジサイ)の色。。

202006101

 トトロの家の前に咲く紫陽花がアトリエに6月を告げる。

 お水を汲んで来たリコちゃん。アジサイを描こうとしている。

202006102

 この日も朝から仕事があったタカユキ画伯は、眠い中でもやって来て 少しだけ 息をついた。

 はじめは大変だから ガンバレとエールを送るトトロ。

 みんなは紫陽花やら月やら 少し淡い絵を描いた。

202006103

 

 後半クラスのケント君にも 指で花びらを描くトトロ流アジサイを教えたら、紫陽花カードをこさえていた。

202006104

 

 ナナミちゃんも復活して、それぞれの世界を満喫。

 全員トトロより大きくなっちゃったね。。。。。

202006105

 ガクアジサイも普通のアジサイも 独特の彩りで美しい。

 

202006106

 

 

 トトロはアトリエのたくさんの花器に いろんな生け方をして あちこちのテーブルに置いてみた。

 小さな花たちが集まって 丸く手鞠のように咲く。

 よく神様はこんな微妙なカタチと淡い色彩をお創りになったものだ。

 梅雨と紫陽花はよく似合う。

 

 

202006107

 

 こちらナナミちゃんの紫陽花。梅雨の晴れ間かな?

202006108

 こちらカノちゃんの作品。

 最近こんなデザインをたくさん描いている。トトロはたまに手持ちの額に入れてあげる。

 自分の描きたいものを見つけるなんて ステキなこと。飽きるまで描けばいいと思う。楽しいことのあるのはいい。

202006109

 

 8日の月曜日クラスも、夏日の一日の夕方に全員集まった。

 紫陽花の葉っぱに絵の具つけて 画用紙に転写するマオちゃん。

2020061010

 

 こちら葉っぱの雫を教えたら 嬉々として描くアカネちゃん。

2020061011

 

 ホントにマスクが苦しいけれど みんなでガマンして お互いの絵を観て深呼吸。

「いいね」と言い合って ニコニコする時間。みんなはとても上手くなっていることに 自分ではあまり気づいていない。

2020061012

 「先生 続きは今度描きますね。」「みんなの紫陽花ステキですよ。」とトトロ。

 6年生になって とても成長した心。それも自分たちは気づいていない。。

2020061013

 花の好きなレン君は また独特の描き方で楽しんでいる。

 どんな描き方をしてもいい。何を使って描いてもいい。

 トトロはアートの自由さを伝えたい。

2020061014

 

 6月10日の水曜クラス。

 前回欠席のノリトラ君は「ずいぶん久しぶりだなぁ。。」と。

 「この前一度休んだだけだよ。」とトトロ先生。

 「なんか何ヶ月も来なかったかと思った。。」・・って 一度休むとそんな感じなのね。。

 「ずーっと アトリエのこと考えてたから。。」へー そうなんだ。ありがとね。

 独特のタッチで3枚ほど描き上げて「あー アトリエに来たっぽくなった。」と。笑

2020061015

 この日 中学一年のミサキちゃんが試験のため欠席だったので 少し席替えをしてアラタ君とソロンゴの席を取りかえた。

 そうしたら ソージン君とソロンゴの3・4年生コンビが それらしく落ち着いて少しオトナに見えた。。。

2020061016

 体温計や消毒液の時には みんな神妙にするのが健気なコロナの時代。

 元来 子どもは泥だらけで遊んで マスクなんかめったにしないのが自然なのに。。

 みんなは このアラタ君が元気よくしたり 少し騒いでも「そのうちわかるから。。」なんて優しい。

 アラタ君は 小さな魚を一匹描くごとに「これ 上手ですか?」と見せに来る。

 「たくさん描いてから 見せにいらっしゃい。」と言うと ソロンゴが「いっぱいホメてほしいんですよ。」と。・。・笑

 センパイがたくさん居ていいね。ゆっくり大きくなってね。

2020061017

 こちらランちゃん 静かにしっかりと描いている。

 首の骨が弱いので こんな台を用意したら少し楽になったらしい。ガンバレ。。。

 しんどいときは 休みながら描くのよ。

2020061018

 人はみんな 強いところと弱いところを持っていて、それでも支え合って 紫陽花のようにみんなで一つのキレイな花に咲く。

 一人を叱っていると みんながシュンとする。

 誰かを誉めていると みんなイソイソと自分も見せに来る。

 どのクラスも それぞれに面白い。

 こんなマスクをして消毒しながら過したアトリエのこと、大きくなったら思い出すのかな。

 この日 鳥取が梅雨入りをした。

2020年6月 1日 (月)

心の根っこ

 5月27日  水曜クラス。

 上を見て胸を張る 一年生 お地蔵さんのアラタ君。

202006011

 

 熱心に絵を描くソロンゴちゃんと 向こうの赤い服はランちゃん。

202006012

 

 トトロ先生と楽しく「しりとり」をしていて 笑い転げるアラタ君とニヒルに笑っているソージンセンパイ。

 このクラスに限って コロナを忘れることがある。

 ジュースタイムでマスクをはずすと、忘れてそのままのこともある。

 「うるさいよ」と怒っていたソロンゴも 一年生のとき 笑い出すととまらなかったんだよ。

 今 4年生。「おぼえてます。」と。

 だから みんなは一年生には やや寛大だ。

202006013

 どんなに騒がしくても「内容がかわいいです。」と、動じず描けるミサキちゃん。

 一時間遅れでも あくまでも水曜に来たい中学一年だ。このクラスの空気が好きなのね。

202006014

 

 みんなが帰った後から お月謝袋の中に こんな手紙が入っていた。

 原文「せんせいごめんなさい。こんどわ ものおたいせつにします。これからもアトリエにかよわせてください。 あらた 」

 前の教室の時 トトロが買っておいた恐竜のフィギアを壊してしまって。。叱られたアラタ君直筆の 渾身のお手紙だった。

 お月謝の中ということは お母さんにも正直に告白したらしい。

 文字が反対だったりしても それはなおるけれど この反省と勇気は何より大切なココロの宝物。成長の根っこ。アッパレ アラタ君のお母さん。。。

202006015

 

 30日土曜日 前半クラスのとき 異変は起こった。

 まず あらかじめ欠席の予定で違うクラスに来ていた ユズカちゃんの他に いきなりユウキちゃんまで都合のため欠席。

 そんなことは初めてなのに そこに 新しい顔ぶれが参入。

 岡山から4月に転校して来た「リョウタ君」3年生。

 お母さんからお問い合わせがあり、男の子がユウタ君だけで おまけに3年生のコンビが居るここのクラスにご案内したトトロ。

 少し早めに来てくれたスタッフ生徒のハルカちゃんと待っていたら うれしそうにお母さんとリョウタ君登場。

 目がキラキラと期待に満ちた顔の元気な男の子だった。トトロと少し会話して即「はい 合格です。」笑顔と言葉が生きていた。

 さっそく いつもはユウキちゃんの居る席について「もう描いていいですか?」と。

202006016

 久しぶりのカホちゃんは「〇〇小学校 二年生 〇〇カホです。よろしくおねがいしますっ。」と ハキハキ挨拶した。

 リョウタ君も「よろしくおねがいします。」とニッコリ。

 こちら 何も見ず ボールペンで一気に描いたカホちゃんの世界。いつもながらスゴイね。 

202006017

 オトナの生徒ジュンコさんも混じった日。

 いつもの三年生コンビが居なくて、その分トトロの近くを独占出来たカホちゃんは 始終ニコニコと穏やかに落ち着いて楽しそうだった。

 たまに ご機嫌がわるくなる原因が ようやく分かって トトロはシマッタ。。と思った。

 ユズカちゃんとユウキちゃんは 語彙が豊富で よくトトロに語りかけながらアトリエを楽しんでいる。トトロも受け答えをしつつ言葉のやり取りの中で アートが出来上がったりする。

 そのとき 側でカホちゃんが「うるさいよ。」と言うのを 「自分も大きな声で騒ぐでしょ。人のときばかり言わないの。」と注意していたのだ。

 偶然ふたりが欠席したこの日。。。「カホちゃんは トトロ先生を独占出来て うれしそうで可愛かったなぁ。」と BOSSが言った。

 カホちゃんの「うるさいよ。」は「トトロせんせい わたしも見て。」と言う意味だったことに気がついた。

 赤Tシャツの新人3年生のリョウタ君と青Tシャツの センパイ6年生のユウタ君。。。

 初めてのアトリエが楽しくて仕方がないリョウタ君、それを気にしつつ なかなか自分の作品に着手出来なくて 少しイライラするユウタ君。 表情でわかる心理風景。

 全体を見ていたハルカちゃんも トトロと同意見なのがスゴイスタッフの視点。5年生。

 コロナで 子ども達の外側を守るのに精一杯で 内側の成長や葛藤をみつめる意識が不足していたことに気づかされた。

 新人リョウタ君が このクラスにまた明るい空気をもたらしてくれて あの二人も揃ったら リニューアルクラスになる予感。

 片時も 手の抜けない 子ども達のココロ。教えてもらいました。

202006018

 後半クラスには 天理のラガーマン 倉吉のアオイ君の兄の駿君が顔を出してくれた。

 天理大学3回生のラグビー部。コロナ自粛で6月まで試合もなく 久々に実家に帰っていたとのこと。

 左のガタイのデカいのが駿君。ポジションはFBだ。

 みんなは あこがれの先輩に会えて 少し緊張していた。

 せっかくだから みんな一瞬マスクをずらして記念の一枚。トトロとは5歳からのおつきあいだ。

202006019

 倉吉に帰る駿君を送って サローラと駐車場まで行くと、お母さんが助手席にいらして??

 なんと彼の運転でアオイ君を送って来たとか。。。。そっか もう21歳なのよね。こんなときトトロはうろたえる。時の流れに驚いて。。

 さてさてみんなは アトリエタイム。うれしく 楽しく 黙々と。

2020060110

 ヒロト君はまた新しい世界を生み出している。

2020060111

 パテシエカイキ君は アオイ君にとパウンドケーキを焼いてきた。みんなの分も焼いて アトリエでデコっている。

2020060112

 カイキ君の「カイキ祝い」を美味しくいただいて 幸せなアオイ君。

2020060113

 テンテンマジックも布まで自分で縫って準備。この日は大成功。

2020060114

 そして ババ抜きタイム。

 子どもの頃からこうしてアトリエで ココロを遊ばせて来たみんな。

 それぞれにあった 反抗期やテンション低下の時代、受験 初恋。。失恋。親子ケンカ みんなココで発散していたね。

 いくら歳を重ねたり病気したりしてくたびれているとはいえ トトロは 気を抜かず 手を抜かず 受け止めて 一緒に育って行こうと思った日。みんな平等に、いつでも目をそらさずに。

2020060115

 シャーベット色の綺麗な日暮れだった。

2020060116

 強くて優しいラガーマン先輩のおみやげは アトリエ定番のおっとっとだった。

 コロナで大学のスタートが遅れたり 在校生の部活や勉学も滞っているけれど 長い人生のほんの束の間 みんなでくさらずガマンして 持つべきものは「希望」だよ。

 トトロもまだまだ 希望は失くしていないから、もっといい絵が描きたいから。生徒たちと 心の根っこを伸ばしたいから。

 OBのみんなも また会おう。

 小さな後輩たちが ココで一生懸命にやっているよ。

2020060117

 

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »