フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月26日 (火)

緑の季節

 5月21日に 久しぶりの美容院でカット。。

 世間話で束の間の一息タイム。

 BOSSは田植え準備週間なので、事務所と田んぼを行ったり来たり。 トトロは一人でたまには新緑の街をウォッチングした日。 

202005261

 駅前の爽やかな緑の木々の下に 人は居なかった。

202005262

 駅中のパン屋さんで 独りコーヒータイム。こんなことは数ヶ月ぶりだわ。

202005263

 いつもは満席だったココも 誰も居ない。

 感染者3人のまま頑張っている鳥取県。

 このまま 一日も早く平和になるといいなぁ。。。。お店はどこも大変そうだ。

202005264

 アトリエに帰ってから 少しハーブを植える。

202005265

 23日土曜日の教室。気温が高くて夏のようだ。

 花はいただいた菊が仏さんみたいにならないように 庭のシャクヤクやゼラニウムを添えて。。

 タカユキ先輩は法事でお休み。。。の代わりのように ユズカちゃんが混ざった。

 不思議なトトロ人事はいつも偶然にピッタリで ありがたい。

202005266

 肩出しルックで夏スタイルのカンナちゃん。

 この日も暑かったからね。マスクはだんだん苦しくなって来た。みんなはガマンして マスクをはずさない。

 カンナちゃんママから 手づくりプリンの差し入れ。全員美味しくいただきました。感謝です。

202005267

 コロナに怒るユズカちゃんは メイとサツキがマックロクロスケに化けたコロナを退治する絵を描いた。

202005268

 こちらカンナちゃんの 元気な鯉のぼり。子ども達が雲に乗って遊ぶ。

202005269

 これからこのクラスをまとめる5・6年生達。自覚は確かだ。「まかせてください。。」

2020052610

 後半クラスには 久しぶりに米子から3年生のユリちゃんも来た。

 高校生のアイ子画伯は電話して来て「部活のあと寝てしまって 今起きたので遅れて行きます。」と。笑

 なんとなく気だるい気候の上に、徐々に部活が復活していて 少し身体がなまっていたみんなは 疲れやすくなっているらしい。

 それでもアトリエに駆けつけてくれてありがとうね。「塾だったら休んでるかも。。」PPP

2020052611

 ケント君とコーセー君には 外でクイックスケッチを教えた。

 自転車やグリーンなど、よく見てササっととらえる方法。

 楽しそうに素直に描く二人。外はキモチがいいからね。

 小さかったのに トトロよりこんなにデカくなっていたのねーーーー。

 お母さんとのLINEのやり取りで「服と靴を買い替えても買い替えても 小さくなります。。。。」と。笑

 双子君は大変なこと。 オソルベシ成長期。。。

2020052612

 25日の月曜クラス。。みんなは走って来た。

 仕切りに使っている「たべっこどうぶつ」の箱の絵を見て 忠実に描き込むマオちゃん。上手いね。

2020052613

 三密を避けようと いろんな楽しいモノを仕切りに使う。

 まったりと過すユウヒちゃんとアカネちゃん。「ココはホッとします~~~。」

2020052614

 空の雲を描いて心を遊ばすカコちゃん。

2020052615

 こちらは 色彩アートのレン君。プロの絵本作家にもこんな絵を描く人がいる。

 「不思議なあめ玉です。舐めていると 願いが叶うの。」 

 いいね。オリジナル100%。

2020052616

 今日はこの5人。

 外は土砂降りの雨が 空気をキレイにして通り過ぎて行った。

 朝から不調だったトトロは 雨が降ったとたんに治って「大気が重くて身体がしんどかったみたい。」と言うと。。。

 「トトロだから 宇宙人みたいなんですよ。きっと。」と みんな。笑

 人も宇宙の一部。大自然の一粒なんだね。

2020052617

 アトリエの全国サンタさん達のところがコロナで大変だ・・と知らせると、みんなはガンバレカードを描き出した。

 お互いに励まし合おうとすれば、そのパワーは優しく広がることを トトロは信じる。

 新しい生活様式は人と人の距離は離れるけれど、キモチだけは繋がり合えることを子ども達に伝えたい。

 応援団はお互い様に応援し合うコト。。。そうすれば 少しずつ元気になれるコト。みんなで もう一息。。ファイトッ!

 今は綺麗な緑の季節だから。がんばれそうな気がしている。

2020052618

 

2020年5月21日 (木)

いつものアトリエ

  アトリエの始まる直前まで 少しバタバタとしているトトロ。

 身体の大きさに合わせて椅子を取りかえたり 画用紙や粘土のチェックをしたり お花の位置や CDや。。。クラスごとに顔ぶれも雰囲気も違うから いつも旅館のおかみさんみたいに あちこちチェックを入れて空気をこしらえている。

 16日の土曜日クラスは 二年生のカホちゃん欠席で、いつもの面々がやって来た。

 小さな身体にエネルギーを溜めてドアから入って来るので、最初の「こんにちはー」から トトロもしっかりと立たなくてはいけない。

 車から一人で降りて自分でカードを出して すぐに準備にかかり描き始める子もいれば、心配そうに玄関までお母さんがついて来られる子も居る。

 机に立ててある「たべっこどうぶつ」の箱はコロナ対策の仕切り。。。。のつもり。

202005201

 ひらめいて すぐに描くときもあれば 絵本や写真をじっくり眺めて とりかかる時もあってさまざま。

 その時間もなんだか楽しそうで、トトロは相談されるまで口を出さない。

 子ども達の多くは心の画用紙に空想して浮かぶから、疲れたりしてそれが浮かびにくいときに何かを観て描く。

202005202

 アトリエにあるトリピーのヌイグルミをまず描いてみてから。。。

 何かをしようとしていたユズカちゃん。。

202005203

 前回 殆ど描き上げていた絵に何やら白い線を描き入れて「出来ました。」とユウタ君。

 ブラックホールに吸い込まれる ナントカというものが描きたかったらしく また細々と説明している。

202005204

 こちら ユズカちゃん。

 少し絵を描いてから 「粘土下さい。」と言いに来て、こんなに上手に トリピーをつくった。これが創りたかったのね。

 梨と鳥が合体した鳥取県のゆるキャラで、今盛んに「人と人との距離は トリピーが羽根を広げた幅」と言われ、再ブレイク中。。

202005205

 

 同じくユウキちゃんもトリピーをつくった。。…人気だね。。

 学校は違うけど、この二人。。いい個性を出し合って切磋琢磨している。

 高校でバッタリ再会するのかも。。「アトリエのときの。。あー。。おひさしぶり。」なんてね。

 OBに聞くと そんなことはよくあるらしい。楽しみだね。

202005206

 二時間をたっぷり満喫して、BOSS畑のとれたてイチゴを紙コップに分け入れて オヤツと一緒にお土産にした。

 お月謝袋は忘れそうになっても オヤツの袋はしっかり持ってる。。。笑

 コロナが始まってからは アトリエのお皿が消えて 飲み物だけ素早くマスクをとって補給している。

 持ち帰るオヤツの中身は まるでサンタのようにトトロがクラスごとに工夫して 開けたとき楽しいように詰め込む。

 こんな毎日だから 小さな楽しみがないとね。みんな頑張って決まりを守っているし。ガンバローね。。

202005207

 

 後半クラスのヒロト君が風邪で欠席。

 イチゴをつまみながら描くみんな。あわててマスクの上から食べそうになってるし。

 楽しければ それでいい。。。と トトロは思う。

202005208

 水曜に手伝ってくれたミオちゃんが来た。

 卒業して進学したはずなのに コロナで大阪に行けず、20日くらいまでこっちに居るとのことで「よかったらおいでよ。」と誘ったトトロ。

 水曜の神社クラスを手伝ってくれたお礼も兼ねて、トトロ最後の指導中。

202005209

 この赤い花は「ウォーターヒアシンス」田んぼのヘリに咲いている。

 チラリと見えるカイキ君は この日アオイ君が来るかと思ってカップケーキを一個焼いて来た。

 たぶんアオイ君は次回なので、、、そのケーキはBOSSに。。。抹茶味でとても美味しかったらしい。

 未来のパテシェにトトロが伝授したことがある。

 「召し上がる人が感動するような キモチを込めて創ってね。。」「はいっ。」

 退院のお祝いにと 焼いて来たカイキ君のキモチ。。。きっと いい職人さんになると トトロは思っている。

 

2020052010

 

 静かにマジックの準備にかかるテンテン君。こちらも人を喜ばせようと 毎回新しいマジックを仕込んで来るし。。

2020052011

 ミオちゃんにとって 最後なのかな?いよいよ大阪に旅立つ前の 記念の一枚。

 むこうで 気をつけてガンバルんだよ。。

 アトリエの新大学生たちは みんな足止めの通信授業で耐えている。 

 みんなは ミオちゃんに「行ってらっしゃい。」をした。

2020052012

 消毒液の横には トトロの故郷の叔母が創った「言わざる」。口を押さえているので ココで使わせてもらっている。。

2020052013

 右はテンテン君の作品。左はサローラの。。。闇から黎明が見える作品。

2020052014

 普通の顔してアトリエをしているけれど、みんなはそれぞれの不安やもどかしさを抱えているんだね。

 夏の甲子園も中止になった。コロナがみんなから明るい夢を奪っている。

 アトリエ近所の甲子園常連校のキャプテンが TVの取材で泣きながら言った。

 「人として学んだ事を 将来に生かします。」

 出来る所まで アトリエは開けておこうと思った。そして いつものアトリエをして行こうと思った。

 今 人が試されている。

2020年5月14日 (木)

五月の空

 五月の空は青天井。みんなでアトリエ近くの公園に行って絵を描いた。

 5月11日の月曜クラス。

 小さな鉛筆と4つに畳んだ画用紙を持って みんなでワイワイと出かけるだけでも日頃のストレスが消えて行く。

 「木やブランコや 動いてる子どもたちを よく見てスケッチを楽しんでください。」

 「はーい。。」

 思い思いに好きな所に座って 自由に描く。

 落ち着いて描いているレン君。

202005141

 ユウヒちゃんとアカネちゃん。ブランコのマオちゃん。

 みんな6年生になって スラリと背が伸びた。

 学校が再開して 密集を避けるために午前と午後に別れての登校とか。

 「先生は2回同じ授業をしなくちゃいけないんですよ。。」

 先生のことも気づかえるようになったのね。

202005142

 遊具の日陰でカコちゃん発見。色々見てスケッチしている。

202005143

 動いている子どもをササっと描く方法を教えるトトロ先生。

 みんなはすぐにマスターする。

 遊具をお試し中のレン君。

 「遊んでみてもいいよ。」と トトロ。。

202005144

 上にのぼって描くカコ画伯。

 「あら ドローンみたいに上から見た風景もいいね。。」

 トトロはみんなにあめ玉を渡して ついでに絵も見る。

202005145

 気持ちのいい風に深呼吸して来たみんなは アトリエに戻ってからも仕上げの絵を描いていた。

 自粛で外に出られなかったから トトロも外に出たかったし、公園なら三密からはほど遠いし。。。。

202005146

 折り紙アートも教えて 一日遅れの母の日にお母さんへ渡そうと器用に創るアカネちゃん。

202005147

 ユウヒちゃんの花。

 それぞれの学校生活をトトロに報告しながら、自分たちに出来るコトを考えていた。

 「先生 たまには外もいいですね。」「またスケッチしに行きましょう。」

 少し苦しい毎日だから、トトロはみんなを連れ出した。高い空の青天井の下。。。みんなで描けば そこはアトリエ。

 「今はとても大変だけど 気をつけて6年生の役目を果たしてね。」「はいっ。がんばります。。」

202005148

 

 13日の水曜クラスは 低学年だから外に出たら遊んじゃうかな?と思ったトトロ。

 まず 大阪に進学したものの コロナの為まだ自宅で通信授業中のミオ先輩にLINEした。

 「手伝いに来ない?」 すぐに「行きたいです。」と返信LINE。

 少し早く来てもらって打ち合わせ。。。みんなの性格や体力のコトなど。。

 で まずはアトリエで一時間絵を描いた。

 一人で自転車で来たノリトラ君の絵を見るトトロ。

 そしてみんなに持ちかけた。「アラタ君の好きな神社に行ってスケッチしようと思うけれど、途中の公園で遊ばずに行けるかな?」

 「え。。神社? スケッチ?・・」みんなワクワクするのが伝わる。

 「みんなは 絵描きさんだもんね。遊ばずに行けますよね。」

 「はいっ。できるっ。」とソージン君。

 「ボク ブランコを見るとのりたくなるから 見んようにして行くよ。」とアラタ君。

 笑いをこらえているミオ先輩。。。。^^;

202005149

 

 中学生のミサキちゃんが遅れて来たのを待っていて、全員が無事に神社到着。

公園を突っ切って みんなは目的のある目をして まっすぐ向かった。

そして アメちゃんを御賽銭箱に入れてから、ジャランジャランと大鈴を鳴らして 神様にご挨拶。

2020051410

 お願い事はただ一つ「どうかコロナが居なくなりますように。」

2020051411

 そして 大きな狛犬さんをさわったりしながらスケッチした。

 コマイヌさんの足元には小さな子どものコマイヌが居た。

2020051412

 後ろにも祠を見つけて 丁寧に拝む子ども達。

 神様がニコニコされているような気がした。

2020051413

 大好きなバワースポットに来て ごきげんなアラタ君。またの名をお地蔵さん・。・。・。笑

 合掌しまくっている。 コマイヌさんも上手に描いた。

2020051414

 一生懸命スケッチしてからの帰り道、トトロは言った。

 「少し遊んで帰ろうか。。」

 ミオ先輩が見守ってくれて トトロは安心。

 子ども達の動きについて行けなくて いつもはこんなことは出来ないからね。

2020051415

 緑の風と青天井の大きなアトリエで みんなはケラケラ笑ってうれしそうだった。

 心に気持ちのいい5月の思い出がスケッチされたにちがいない。

2020051416

この日 ソロンゴ・サローラのお父さんからと ソージン君のママから 手づくりのマスクをいただいた。

「トトロ先生も 小池都知事みたいに オシャレなマスクをして下さい。」

 ありがとうございます。とてもとても感謝です。

 いつまで続くかコロナの時代。

 たくさん困ったら その分あとでうれしいコトがあるからね。。。 

 みんなで生き抜いて またいつかスケッチに行こうね。

 五月の空に ありがとう。

2020年5月10日 (日)

アトリエ再スタート

 長い不思議な連休が明けた。

 トトロは チラホラと絵の続きを描いたり アトリエの発掘お宝を掘り起こして 20数年の間に溜り続けた 当時は大切に取って置いたつもりだった不要な物を断捨離していた。

 カバー類は新しくして、洗面所などのマットも買い替えて、年代物の卒業生の作品たちや 懐かしい写真は 本人がアトリエに来る可能性の高い物だけを残した。 

 LINEやメールの無い時代の 生徒たちの手紙も束にして 仕舞った。

 今 なんとなく 何もかも新しい様式の時代が来る為の準備をしておかなければいけない気がしている。

202005091

 4月末の 家の地区の春祭りもコロナ中止となり、もちろん麒麟獅子舞いも中止。

 各地の祭りは邪気を払うものなのに、日本中の由緒ある祭りも全て中止となり ここぞとばかりにコロナが大きな顔をしている。

 そんな中 毎日田植えのあれこれ真っ最中のBOSSが  少し時間をあけてくれて 買い物に連れ出してくれたので、お菓子を送ってくれた神戸のラクヨさんに陣中見舞いの鳥取名物でも送ろうと ドライブも兼ねて 郊外の道の駅に行くと 閉まっていた。

 そこに平井知事の渾身のダジャレが。。。。

 これは久々のヒットですねー。なるべく家に「おる」県外に「出ん」と。

 しかも人との距離は鳥取和牛の幅2m。。。って。なるほど。

202005092

 車の居ない道を走り抜け、道の駅近くのなんでもあるホームセンターで花の苗や、アトリエのあれこれを調達して帰った。

202005093

 アトリエ近くのイタリアンレストランがまもなく店を閉めるとのこと。

 いつも満車だったパーキングがこんな感じで、コロナは町の歴史を変えて行く。

202005094

 それでも季節は、アトリエガーデンの花たちを次々と咲かせて 子ども達を待っている。

 みんなどうしているのかな。。。いい季節の中 ジッと家に居て なにしてるんだろな?

 断捨離もまだ65%くらいだけれど、トトロはニュースで鳥取の学校が再開されるのを知り、9日からアトリエも再開することにした。

202005095

 5月9日 土曜日クラス。。。。

 みんながチラホラやって来た。間違えて来ない子には電話で知らせたら駆けつけて来た。「アトリエありますよー。」

 「明日は何の日?」「母の日です。」

 創りたい人は カードを教えますよ。。。。と 名乗り出たカンナちゃんに 手ほどきしたら こんなにステキなカードが出来た。

202005096

 レイカちゃんも 何やらオリジナルのカードを一生懸命に創っているし。

202005097

 いつものように トップで登場したタカユキ画伯は 初給料を受け取ったかと思いきや。。。。。。

 「キャッシュカードがまだ届かなくて おろせないんです。。。」と。

 「そりゃいいね。溜る一方だわよ。」とトトロ。

 BOSSにも それを報告したら  まったく同じことを言った。「減らなくていいな。」と。アハハ。。。

 初々しい 社会人一年生。仕事の愚痴などひとつも言わない。

 コロナとは無縁の職場なので、彼はいい時に就職したと思った。

 むしろ あちこちに進学した大学生達が まだ大学に行けずに自宅待機していたりする。

202005098

 みんなは 久しぶりのアトリエでわき目もふらずに アートを楽しんでいた。

202005099

 子どもの絵にある太陽は そのときの気持ちがあらわれると言われている。

 カンナちゃん 久しぶりでうれしかったんだね。

 てんとう虫もカーネーションも空を飛ぶ。

 今日のマスクは空の色。

2020050910

 三人三様の母の日カードの完成。

 お母さんたち うれしいだろな。。

 花は立体。折り紙アートだ。みんなちがって みんないい。

 帰る時間。 お迎えのお母さん達の歓声があがっていた。。

2020050911

 後半クラスも イソイソと揃った。

 連休前に お休みしたカイキ君も代替え参入。

 なんだか みんなホッとしたように席につくなり 描き始めている。

2020050912

 建物を描くのが好きなカイキ画伯は どこか外国の古民家みたいな家の中庭を描いている。

2020050913

 アイ子ちゃんカノちゃん双子君たちも チョコッとチョコだけ口にほおばり 黙々と描き切った2時間。

 お互いに 密着を避けてなんとなく離れて並び 復活の写真。。

 「トトロ先生の個展は 来年の1月に延期だし BOSSのコンサートも1月になりました。生徒展はまだ未定だけれど、どの絵を出してもいいように 気持ちを入れてステキな絵を描いて置きましょうね。」 

 「はいっ。」

 「もう コロナ時代に突入しているのだから、受け入れて 気をつけて自分のコトだけ考えないで 前を向いて行きましょう。」

 「おーーーーーっ。」

 お互いを心配し合い 励まし合って 前向きに、コロナの時代のアトリエが 五月の風の中で また はじまった。

2020050914

 美しい季節だから、花を見て 空を見て チカラいっぱい 生きて行こうと、トトロはみんなにエールを送った。

 「やっぱり アトリエはいいなぁ。。。」みんなはお土産のオヤツをしっかり持って 少し長居をして だんだんに帰って行った。

 子ども達が来ると やっぱりトトロは とても元気になるのだった。そのことを言ったら「お互いさまです。」と言われた。

 みんな ありがとうね。

 なんだか 母の日の贈り物をもらったような 明るい空気がアトリエを包んでいた。

 

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »