フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月26日 (火)

ハートみかん♡

11月21日 木曜日

 鳥取県立博物館の学芸員 シュウヘイ君が、新聞に初めて「博物館便り」を執筆して、日本画の屏風絵を紹介していたので拝観しに出向いた。

「シュウヘイ学芸員の記事で来ました。」と挨拶すると 彼が出て来て、トトロと熊田っちに閲覧室貸切り状態で 解説をしてくれた。 

 彼が記事を書かなければ、入ったことのない常設展の中二階。

 鳥取藩に伝わる所蔵の中から、いつも取っ替え引っ替え 展示しているのだとか。

 おめでとう 頑張って。。の気持ちで訪ねて行って良かった。

 古い見事な美術に触れて、「絵師って 昔から 歴史を伝える貴重な仕事なのねー」とトトロ。

 地味な作業を白手袋でコツコツとガンバル彼にエールを送り。。。100円ショップへと急ぐトトロ。

 なるべく アトリエの弟子たちの関わる仕事には顔を出そうと思うのだった。

1911251

  BOSSが畑のミカンの木で発見した「ハートみかん。」いやーーーー 博物館的 ミラクルでしょ。

 「なんか いいことあるかもよー」と 生徒達に見せて みんなでさすり、幸運を祈った。

1911252

 ていねいに色えんぴつで ニャンコと花畑を描いたユウキちゃん。

 11月23日 土曜日前半クラス。

1911253

 あちこちのクラスに散りばめられた オトナの生徒さんの中でも、とりわけナースのジュンコさんはお仕事のシフトによって。土曜日の好きな時間にやって来られる。

 この日はこのクラスに混じっていただいて、となりの席のユウタ君がおもてなし。

 とんがりコーンを ジュンコさんの指にさしてあげたりしているし・・・・・。なんか 自然で笑える。一応クラスメイトだからね。笑

1911254

 ゲージツ家のユズカちゃんは、次々と発想が沸くらしく、ひとしきり絵を描いて 次は粘土と忙しい。

 みんなでハートみかんをこっそり触って、ご利益ありそうな秋晴れの一日。

1911255

 後半クラスのミオちゃんは、受験を控えた高3で この日も模試のあとに駆けつけた。

「息抜きをしんさいよ。」とトトロ。

「はーい。」とXmasカードを創ってくれている。

1911256

 倉吉の高1のアオイ君の顔も見えたので、久々に全員集合でパチリ。彼はサッカー部とアトリエを両立させてカッコいい。

 みんな部活や試験をかいくぐって、よくぞアトリエに辿り着いてくれて。。。トトロは本当に感心してしまう。ありがとね。

 しかし…アオイ君 デカくなりましたね。兄ちゃんについて来た3歳くらいから知るトトロ。人生の大半をアトリエで過ごしているのね。

1911257

 ありゃ。。。いつの間に。だれかの描いたラブレター。。。。時々 こんなのがこっそり隠してあるから面白い。

 この日 福岡サンタのミコミコさんから秘密の箱が届いた。。。。。。。心から感謝です。

1911258

 11月25日。月曜クラス。

 雨だし 寒いし。。。「よく来たね。寒くない?」と聞くと「走って来たから暑いですっ。」とマオちゃんとアカネちゃん。わ 若いね。

1911259

 なんだかみんなは 一生懸命。ひたすらに自分の作品を描いている。

19112510

 リースを描いたユウヒちゃん。

19112511

 デカい刷毛で下地を塗るマオちゃん。 「なんか美大みたいだねぇ。」と トトロ先生。

19112512

 アトリエで初めてXmasを迎えるレン君は、玄関前のピカピカに「きれい。。」と感動している姿が新鮮だった。

 得意の「まめ太」を貼付けて、カードも出来て。。今年も何人かは初めてのアトリエクリスマスなのね。サンタも姿勢を正していると・・思いますよ。・・・・たぶん。

 もちろん みんなはあのハートみかんをチョンチョン撫でて帰った。写メを撮影するお父さんもいらした。♡

19112513

 26日の火曜日に、かねてから「眼科に行ってみて下さい。」と心臓の先生に言われていたので、ようやく重い腰を上げて出向いた。

 アトリエから徒歩10分。元生徒の あの神戸のシズカちゃんとメグミちゃんのお父さんの病院だ。

 「トトロ先生ようこそ。」と 迎えられて 9月に姉妹とその母アヤどんが神戸の病院に来て下さったことのお礼も言えて。。

 9月の手術後 少し血糖値が上がり気味で網膜を診てもらうようにとのことなので、たくさんの検査をしていただいた。

 結果は「ダイジョウブです。」「アーーーー良かったです。ありがとうございました。」と。。検査室の時計を見ると。。

 トトロ時計がカチコチと、やさしく時を刻んでいた。

19112514

 ハートみかんのご利益満載。これで心おきなく 色々な準備が出来そう。

 博物館にも眼科にも、身内のような空気が広がっていて、トトロはそんなことをとてもミラクルだと思うのです。

 感謝の日々はもうすぐ12月を迎える。

2019年11月18日 (月)

サンタ工場

   東の空に冴え渡る十三夜の月。アトリエの外はすっかり暗い。

  水曜クラスのみんなは外の夜にも気づかずに、一生懸命えんぴつを握る。

  一年生 二年生 三年生 の 強いパワーは疲れを知らず たまにやかましくてよく注意されている。

  その度に「てへっ・・・」と ちょっとだけ静かになる。

 

1911181

 ニューフェイスのランちゃんは、ヒロト君と同じ斜めの台にした。

 前回 首が痛そうだったのでお母さんに聞くと 少し背骨がしんどい体質だとか。

「これならどう?」と聞くと「痛くないです。」と。。。。よかった。

1911182

 一年生ながら落ち着いているノリトラ君と やんちゃ坊主のソージン君。描きたいものはメイとサツキ。。。

1911183

 すっかりお姉さんらしくなった唯一6年生のミサキちゃん。空想で部屋と窓の絵を描くのが好き。

1911184

 マスクは、駆けつけてくれたスタッフハルカちゃん。

 みんなはなかなか並んでピシッとしないのが面白い。笑い声の絶えないクラスだ。

1911185

 アトリエの窓を外から見ると。。。。サンタがこっそりお出まししていた。

1911186

 16日の土曜日は、BOSS庭から枝についた柿が登場。

 みんなは枝を持って「重たいね。こんな細い枝なのにがんばっているんだなぁ。」と。

1911187

 前半クラス終了後にタカユキ君が「先生 ライン登録しましょう。」と。セラ君とも登録してもらってトトロは二人とつながった。

1911188

 後半の面々もひたむきに描く。

1911189

 サローラはBOSSに頼まれて お月謝の袋にイラストを描いているし。

 アトリエのお月謝袋は手描きなのだ。トトロのイラストも描き入れて たまにみんなにも手伝ってもらう。

19111810

 米子から来たユリちゃんはお花が大好きで この日も新しくいただいていたフラワーバスケットを前に丁寧に描く2年生。

19111811

 土曜日終わりの時 トトロはケント君コーセー君の双子兄弟に声をかけた。「ねぇ 明日の日曜日時間ある?」

 二人は察した。・・・・あこがれのサンタ仕事。。。。「はいっ。あります。」

 去年は女の子達だった。

 アトリエでは 中学生になると みんな時々トトロの秘密仕事を手伝う。

 性格穏やか 素直 正直 器用 優しさ アイディア 全て持ち合わせていないと トトロは仕事を頼まない。

 素敵な難関を突破した二人は 翌17日の日曜日 自転車を飛ばしてやって来た。

 トトロミッションを聞く目が輝いている。

 「まず 金色の松ぼっくりを創りましょう。」「はいっ。」

 秋までに拾って集めて洗って渇かした松ぼっくりに 粉絵の具とボンドをお湯で溶かした金の液体をつけていく。。

19111812

 ついでに 信州のくまたろうさんからいただいたクルミも ドライにした小花も金色におめかし。。ときどき動かしつつ渇かす。

19111813

 不思議なサンタさんから早めに届いたヌイグルミを 透明な袋に分けて 一匹ずつリボンをかけていく。

 途中から高校生のカイキ君も駆けつけて 三人はついに2019年 サンタ工場の正社員に昇格した。

 「どぉ?めんどくさいですか?」と聞くと「いいえ すっごく楽しいですーーー」とのこと。

 開けて見るみんなのことを想像して 包んでいるもよう。。

 「先生 足りなかったら僕たちの分はいいですから。。」というので「今まで 足りなかったことは一度もありませんよ。」と トトロ。

 優しいサンタたちだ。伝統は受け継がれて行く。

 デビューした双子君たちにカイキ先輩が言った。「これは あくまでも包むお手伝い。本物のサンタの助っ人だからね。秘密なんだよ。」

 「はいっ。」

19111814

 そして 三人はトトロの特製おでんをハフハフニコニコと お腹いっぱい食べて 満足そうに帰って行った。

 あぁ 今年も無事にサンタ工場がはじまって 12月までにはまだまだ仕事が山積みのシアワセ。。

 トトロはおかげさまで 元気になって アトリエにはちゃんとXmasの気配が感じられて 感謝です。

19111815

 今年のアトリエイルミネーションはもうピカピカと光り始めている。サンタさんが道に迷いませんように。。。

2019年11月11日 (月)

アトリエの11月

 アトリエの花はBOSS畑のダリアとゼラニウムが定番になって、紅色が寒さを少し和らげてくれている。 

1911111

 11月9日 土曜日の前半は、一年生から五年生までのちびっ子クラスだ。

 一年生のカホちゃんは 思いのままにセンパイたちのテーブルをまわり 質問をする。

 まんざらでもないユウタ君は、ちゃんと気象学に基づいて解説をしてあげている。

 まるでギャラリートークのようだ。

1911112

 みんなは チョコンと自分の席で、ひたすらに ひたむきに 作品に向かう。

 この日はとても静かだった。

 「いつまで黙っていられるか競争をしよう。」と決めたのは みんな。(いい感じ。他のにぎやかクラスにも提案してみよっと。)

1911113

 粘土のときも 並んで静か。。。これまでにないことだった。

 「いいですねぇ。みんな上手いよ。」と言うと。

 「あーーーーーっ せんせいの負けーーーー。。。しゃべったから。」

 「そ そんなぁ。。。」と トトロが笑うと、みんなも笑って またいつものにぎやかさが戻った。

 

  そこにトトロフレンドのM先生がお花とお菓子を持って登場。みんなは自然に「こんにちは。。」とお迎え。その自然さに感心する。

 ブログで闘病を読まれて、訪ねて来られ・・・密かに勤務校の担任クラスで さりげなくカードを募り続けて下さっている先生だ。

 いつものアトリエの様子をニコニコとご覧になって ジワジワとされていたもよう。。。。感謝です。

1911114

 ユウタ君の作品。地球と さまざまな気象現象。

 アトリエ歴 約5年。はじめて絵の具で最後まで仕上げた。

 「先生 これ今度の作品展に出します。」

 ほぼ白い画用紙のままで帰ること数年。気長に待っていて良かった。

 

「自分で決めて 自分で描きなさい。自分の気持ちと相談して 何を描きたいか決まるまで 急ぐことはないよ。」と 言い続けてきたトトロ。

 彼はとてもとてもうれしそうだった。よくがんばりました。サインがデカいね。。。。

1911115

 後半クラスも感動スペクタクル。

 学芸員のシュウヘイ先輩が 自分が持っている「からくり人形」を持って来てくれたのだ。

 食い入って離れないテンテン君。

1911116

 テンテン君があんまり一生懸命に からくり人形を描くので、トトロがシュウヘイ君に「博物館にないかしら?」と相談すると「自宅にあるので 持って行きます。」と言って 日程を決めていたのだ。

 この日 本物が見られることを告げていたら、それはそれは楽しみにしているとお母さんから うかがっていた。

 テンテン君は一人っ子で ご両親ともに中国の方。

 このアトリエのひとときが 何より好きだと言って、いつも一番先に自転車でやって来る。そしてマジックを仕込んで来てみんなに見せる。

 生徒展のときなんか 中国からご親戚まで呼び寄せるほど熱心なアトリエ家族だ。

1911117

 ついに全員が移動して、人形が弓を射るのを何度も見学した。

1911118

 みんなで人形に名前をつけた。

 「弓曵きテンテン」

 子ども達が 日本の古い貴重なメカに触れた 大切な記念日になった。

1911119

 みんなが戻って絵を描いていても、テンテン君は最後までシュウヘイ先輩の側に居た。

 そして 先輩はからくりの仕組みが解説してある古ぼけた本を 「これ 君にあげるから、ゆっくり読んで。」と差し出した。

 BOSSは「男の子は こんな感動を一生のものにして、人生に影響していくもんだぞ。」と・・・

   なんだか 一番喜んだのはシュウヘイ先輩のような気がした。・・よっ 学芸員!拍手☆

 さあ テンテン君は将来何になるのかなぁ。ロボット発明してたりしてね。ノーペル賞もらったりしてね。。。。

 素敵な時間だった。  みんな ありがとう。 不思議で素晴らしいアトリエです。

19111110

 11日の月曜クラスも 全員集まって充実のひととき。

 レン君はデッサンの周りを虹色鉛筆で丁寧に塗った。

19111111

 アカネちゃんは 首里城の話をすると 自分もおもろまち先生に励ましの絵を描いた。

19111112

 着々と出来て来たXmasカードたち。みんなは手分けしてパーツを創っている。

 「先生 神戸の病院にも送るんでしょ?」「うーん ドクター達には送りたいわね。。。」「よしっ、たくさんつくろー。」

19111113

 この日 トトロはサンタたちが そろそろ出発の準備を始めたことが描いてある絵本を読んだ。

 呼吸が楽で いい声で読んだ。。。みんなはシーンと聞いてくれた。

19111114

 集まって 楽しんで 分け合って 温かい、アトリエの11月。

「なんだかすぐにXmasが来るね。。」と子ども達。

「ごめんね。今年は9月がなかったからね。」

 それでも いつもの通り Xmasの準備は着々と。。。。

 密かに忙しい アトリエの11月。

2019年11月 6日 (水)

秘密の仕事

 10月は水曜日が5回あったので、トトロ退院直後の日を変更したにも関わらず 今月2度目の水曜クラスが生きてラッキーのみんな。 

 先回 仲間入りしたランちゃんは 小さなネズミくんを描いていて、「お顔はラッキョのように描いてみて・・」とトトロ先生。

 「はい。あっ 描けた。笑」「よかったね。」 横では 新人を気にかけてくれつつ 黙々と楽しむミサキちゃん。

1911061

 小さなネズミの次は オトナも読むような百科辞典で宇宙を語る ノリトラ君とトトロ先生。

1911062

 ソロンゴとノリトラ君が 今度は動物図鑑を楽しんでいる。この日 ソージン君は都合でお休みだった。

 アトリエにはトトロが集めたり いろんな方からいただいた大きな重たい図鑑がいっぱいあって、ネットの時代にみんなでめくるトキメキのひとときをもたらしている。

1911063

 10月31日に沖縄の首里城が焼け落ちるというショッキングな出来事があった。

 その2日後の11月2日の土曜日クラスで、トトロは沖縄の話をした。

 もう5回も消失しては建て直し、戦争の苦しみや痛みを味わった沖縄の方達の心のシンボルだったこと。

 何年もかけて ようやく今年 見事な首里城が復元されたばかりだったこと。。。

 そして アトリエにも修学旅行などで沖縄に行ってお土産に買って来てくれたみんなのシーサーがあること。。

 トトロのプログでお知り合いになった沖縄のお医者さんのオモロマチ先生にクリスマスカードを贈っていたら、いつも「ちんすこう」をどっさり送って下さるので、みんなは「せんせい哀しいだろなーー。」と心を痛めつつ、首里城の絵を描いた。

1911064

 後半クラスのみんなにも その話をした。

 「かたちあるものは いつか消えることもあるけれど、今のアトリエタイムは思い出になるよ。大事にしようね。」

1911065

 つるべ落としで日が暮れて、外は真っ暗の中、みんなはそれぞれの世界を楽しんだ。

1911066

 「先生 これオモロマチ先生に送ってください。」

 とっても明るい顔のシーサーを描いたココナちゃん。    

       (*お医者さんの本名は別で オモロマチというのは病院の名前です。でも子ども達はオモロマチ先生だと思っています。)

1911067

 信州のくまたろうさんのこさえた「クルミインク」で描くコーセー君。

1911068

 土曜日のアトリエが終わると、首里城とシーサーのカードがのこっていた。「沖縄がんばれ・・・」みんな思っていた。

1911069

 

 11月4日 今はすっかり学芸員になって 新人の日々をひたすら精進しているシュウヘイ君登場。

 実は前日の寒さと雨模様で なんだかくたびれ果ててあちこちの痛みも増して エンジンが止まりそうだったので、元来 弟子達の前ではカラ元気を出すトトロは助かった。

 秘密のサンタ仕事のあれこれを手伝ってもらいながら 深い話も出来た。

 お盆以来なので、神戸でのことも報告。

 彼の小さいときからの夢だった博物館の学芸員。。。努力して修行して バイトして。。論文を何度も提出して ついに本採用となったのをトトロは見ていたよ。だから ホントに良かったと思った。

19110610

 たくさん手伝ってくれた彼がおみやげに持って来たのは、アトリエのオヤツの定番「おっとっと」とカルピスウオーターどっさり。

 トトロはお礼に ちょっとだけ作文の書き方をアドバイスした。いろいろと書かなきゃいけないらしく。。。ガンバッ。

19110611

 11月6日水曜日。神戸のサンタさんから箱が。。。。今年の一号サンタだ。ありがとうございます。

19110612

 病院へ行って 傷の処理をしてもらい、ようやくお風呂のOKが出た。

手術から二ヶ月。。。。シャワーだけと言われていたので、、ああ お風呂に入れる。感謝です。

19110613

 アトリエ裏庭のハーブガーデンが 香り高く秋の日にやさしく咲いている。

  出雲は旧暦の10月。。ちょうど今時分の時期を「神在月」という。トトロは神様もサンタも信じて祈る。

 みんなが 本当にやさしくて シアワセでありますように。台風 大雨 火災 地震 津波 そんなところに暮らす人々も ニッコリできますように。。。何より みんながお風呂に入れますように。。。。あぁ ありがたくサンタ仕事 がんばれます。

 今日 アトリエ生徒のお母さんが一人、「手伝います。」とやって来て下さった。

 「子どもさんにはナイショですよ。」とトトロ。 「はい。モチロン。。笑」

 寒いけれど いい秋晴れだった。

19110614

 

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »