フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月29日 (日)

いのちの旅・・その1

 神戸医大に出発する一日前の8月31日土曜日クラス。

 体調や準備のあれこれで どうしようかと迷っていたけれど りょうなちゃんの最後の日だったから いつものようにアトリエをした。

 前回 すでに 皆さんに文書で入院のこと しばらくアトリエお休みのことを伝えていたので、心ではそれぞれ思いつつ それでも子ども達はいつも通りにすごすところがいじらとい。

 時々ユウタ君が「先生 手術してくるんでしょ。。」なんてつぶやいた。それを聞いたみんなは「大丈夫 前にも大丈夫だったから。」と。 

201909281

 ユズちゃんは小さいオヤツを粘土でたくさんつくっては「これ病院にもってってもいいよ。」ありがとね。

201909282

 後半クラスにはアカネちゃんマオちゃんが飛び入り。前半からずっとミカちゃんも居てくれて 欠席だらけでユミちゃんとテンテン君だけのところを賑やかにしてくれる為に駆けつけてくれたのだった。

 みんなはこの日がトトロ先生とのしばしお別れの日ということを知っているけれど だから来たなんて口に出す子はいない。

 みんなの気持ちが伝わって来る。きっと元気になって帰ってくるよ。

 一度帰ったテンテン君がご両親と3人で中国のバワーのある御守りアートを持って来てくれた。

 「先生 祈ってます。」と彼直筆のトランプカードも手渡してくれて 握手した。

 祈りは国境を越えて 子ども達は一生懸命トトロに色々なチカラを持たせてくれた。

201909283

 9月1日快晴 一路神戸へ。

 車に積んだ入院荷物はテンコ盛り。何日かかるか手術してみないとわからなかったからだ。

 翌日の朝に病院予約なので 一日前に神戸入りしてその日はホテルへ。

 ポートアイランドをドライブしてみると あの有名な「理研」発見。

 たくさんの大きな研究所が街のようにそびえて 神戸の新しい風景を観た。その辺りを歩く元気はないから 車の中から見学。

201909284

 沈む夕日とトトロ。

201909285

 9月2日 神戸大学医学部付属病院 5階北病棟 呼吸器外科入院。

 すぐに鼻に酸素チューブをつけてもらい トトロは4日後に手術をひかえた患者になった。

 手術の説明を受けるとき 神戸のラクヨとご主人が来てくれたのでBOSSと一緒に説明を聴いてもらった。

 主治医は初診のときの田中先生と内田先生の二人体制。説明は内田先生だった。

 トトロは5年前に心臓手術を受けた時に どうやら横隔膜の神経に触れて 右の横隔膜が麻痺してしまっているらしかった。

 呼吸困難が強くなったのは 麻痺した膜が劣化してきてゆるみ どんどん上に上がり肺の働きが出来ず内臓も場所を移動して 色々な障害が起こって来たからだと。トトロは最近 アトリエをするのも困難になり、最後のチカラで生徒展をやり遂げたのだった。

 その麻痺した横隔膜をひっぱり下げて 縫い付けて 他の内臓も定位置に納めるという難しい手術を ここの病院は研究しておられるということで 鳥取のトトロの主治医が紹介して下さったのだった。

 トトロはそのあまり例の少ない手術に懸けて見ることにした。自力で呼吸がしたかった。もっと生きていたかった。

201909286

 直前に購入して練習して来たiPadも使えるようにBOSSが設置してくれた。

 右はトトロ愛用のMY人工呼吸器。

201909287

 手術日2日前に アトリエのOGで神戸大学に進んだしずかちゃんが来てくれた。

 小さいときからアトリエに来ていて、高校三年まで通い詰め「神戸の大学に合格しました。」と報告に来たのがついこの前のようだけど、もう院も含めて卒業の年になっていた。

「トトロ先生。。。。」と病室をのぞくとき どんなにドキドキしたことか。

 後輩たちからもらって来た御守りやデカいカードを見て「みんな待ってますよ。気持ちわかる。。」と。

 ありがとね。     こうしているとアトリエのようだった。

201909288

 病院の窓から秋の雲。

 それでも外は連日35度超えの残暑。

201909289

 よく来てくれるラクヨから色鉛筆と鉛筆削りの差し入れ。

 しずかちゃんは小さなスケッチブックを持って来てくれたから、これで準備完了。。。

2019092810

 9月5日 手術前日。

 一旦帰っていたBOSSが付き添いのため 神戸へ。

 「新 長田駅前広場で 鉄人28号と会ってるぞ。」とラインと画像が送られて来た。。。。。デカッ。バワーをありがとう。

2019092811

 9月6日 朝8時半 手術開始。。。。午後2時終了。

 トトロ その日は集中治療室へ。

 

 これは 一般病室の個室にうつった術後3日目。

 なんだか背中の痛みがスゴくて 先生に聞くと胸腔鏡の3カ所の他に 約9センチの大きな傷を開けて内臓を押すということをされたとか。

 横隔膜はこれ以上は無理というところまで下げて 丁寧に縫い付けて下さり、片寄っていた色々な部分もなるべく元に近づいたらしい。

 この日帰る予定のBOSSは さらに10日まで付き添ってくれることになり、追加のホテルも予約したと。。。ありがたかった。

 激痛と汗と絶食でトトロは数日間この状態のまますごしたけれど 手術は成功。先生達は毎朝毎晩来て下さって どんな手術だったかを説明してくれたのだった。

2019092812

 9月10日 術後5日目からリハビリ開始。

 リハビリルームのT先生は及川光博にそっくりなイケメン先生で、「さあがんばりましょう。」と呼吸と筋肉のリハビリ指導がはじまった。

2019092813

 押し込んだ腸がまだ上手く働かず 腸閉塞を起こすと危険なのでしばらくは絶食とのこと。

 いろいろなリスクとの試行錯誤の中、新しい医療と先生方の判断とトトロの前向き加減と。。。結果は どうやらそれから先に見えて来るらしかった。

 ・・・・・・・・・・・・つづく

 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »