フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 展覧会の準備 | トップページ | 真夏の生徒展…開幕 »

2019年7月21日 (日)

向日葵(ひまわり)

 まずは 京都アニメーションスタジオの惨事に 言葉もありません。

 アトリエの歴代生徒たちの中にも アニメ制作の仕事にあこがれて 京都 大阪方面の専門学校へ進んだ子もいて 倍率の高い狭き門を経てプロになった者も居ます。小さいときから絵を描く事の好きな若者たちの未来が理不尽なことで 一瞬のうちに消されたことに憤りのやり場のないまま 心からご冥福をお祈り申し上げます。

☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

 

  さて 梅雨の湿度の高い週となったアトリエにも いろいろなことが起こったわけで。。。

 17日の水曜クラスの始まる少し前に アレン君とアリスちゃんのお母さんからのメールで 送り迎えの都合と 塾との兼ね合いでアトリエを続けられなくなったので この日をもって 退会します。。。との由。

 あまりにも突然で トトロは まず例のごとく30分も早く来たノリトラ君に「あのね 実はね。。」と ありのままに伝え、「みんなには先生から伝えるから 少しだけ黙っててね。」と頼んだ。

 彼は「ボクみたいに 二人だけで来るといいのに。」などと なんとかならないものかと いろいろ考えているもよう。

 やがて みんなが次々とやって来ると な な なんと 玄関前に立ったノリトラ君は 「アレンとアリスがやめちゃうんだよ・・」と 速攻で告げているではないか。。

 「黙っててと言ったでしょ。」と トトロが慌てるのもおかまいなしに そのショッキングな出来事は たちまち全員で共有することとなった。

 アトリエはシーンとした。 みんなに話して 少し落ち着いたノリトラ君。この日が七歳の誕生日だった。

201907201

 誰も笑わない時間が過ぎて行く。

201907202

 なんだか怒った顔で それぞれが 絵を描き始めた。なんとかして 二人が続けられる方法を考えては 提案したりしながら。。。

 トトロは ノリトラ君が言ってくれて 本当は助かったのかもしれない。

 

201907203

 何を話しても 話は進まず ついにアトリエの歴史上初めてのことをした。

 「となりのトトロ」のビデオを上映したのだ。

 最初のタイトルソングからみんなは一緒に唄い アリスは席から離れて画面の前で見入っている。

 そして みんなは ようやく笑い、オヤツでそれぞれの前途を祈り 合言葉を叫んだ。「ダイジョーブ また 会える。」

 時間切れで 半分しか見られなかった映画は「こんど いつか二人が来たら一緒に観ようね」と言うと。。ソージン君が「わかった 猫バスでアトリエに来ればいいんだ。」と つぶやいた。

 みんなと握手をして「また  きっと 来るよ。。」と 二人は帰って行った。

 「アレン君が居なくても ちゃんとできるね?」と聞くトトロ先生に ソージン君とノリトラ君が「ウン。。。。」と 頼りなくコックリ。

 誰もニコニコしていないアトリエは とてもさみしくて、さすがのトトロ先生も一緒に 正直に みんなとキモチを分け合った日。

 アレンとアリスは気丈にも みんなとの時間をていねいにすごして 一番さみしいはずなのに「ありがとうございました。」と挨拶した。

 子ども達って たいしたもんだ。。。わかってはいたけれど あらためてそう思った。

201907204

 

 翌 木曜夜クラスは ライア君が謎の欠席をして 家にも帰っておらず、トトロは再三お母さんに電話をして「少しでもやる気がないのでしたら すぐに辞めさせて下さいね。。。アトリエの空気が疲れますから。」と 厳しい事を伝えた。

 みんなは なんとか時間を工面して 楽しみに来ているのだから。

 特に夜のクラスは ナースのジュンコさんなど 夜勤明けの日でもたどりついて トトロ特製弁当を みんなで召し上がる 伝統と励ましのひとときなのだから。

 ここのクラスまでアトリエを続けて 卒業して行った たくさんのセンパイ達の 現在の仕事は 殆どが夢を叶えて 全国に羽ばたいている。

 ライア君は自分の根っこを自分で見つけて ちゃんとしてもらいたいものだ。せっかく生まれて生きているのだからね。

 この夜来ていた 高校生のカイキ君 ミオちゃん サローラは 生徒展搬入の日 手伝いに行きます と 言ってくれた。

 BOSS畑のトマトを 絵に描いたミオちゃん。美味しいのでお土産に手渡した。試験中にもかかわらず来たもんね。

201907205

 

 金曜日はトトロの受診日で 神戸の大学病院へ紹介してもらうことに決めて、いつもは混み合う待ち合いスペースも いろいろな手続きを待っているうちに ガラーンと空いて来た。

 とりあえず 生徒展が終わってから、一度神戸へ行って診察を受け あちらの専門医の判断を仰ぐような方向で 主治医がこの日のうちに連絡して下さり あとは週明けに 日にちなどの返事が来る事となった。

 なんだか あの放火事件のことを思えば 可能性があるならば精一杯生きて 一枚でも多く 良い絵を描きたいし まだ本番の人生が始まる前の子ども達と一緒に考えながら 共にアトリエも続けたいと さらに前向きになったトトロだった。ぐずぐずしている場合じゃない。勇気を出さねば。。。

201907206

 20日の土曜日クラス。

 外はとてもジメジメと蒸し暑くて 少し雨もパラつく中 全員出席。

 いつもと同じペースで描くみんなを見るとホッとしたトトロ。

201907207

 中三のアヤカ画伯は 8月一杯で受験モード突入のため アトリエを卒業するとお母さんが一足早く伝えにいらした。

 本人は学校の勉強で間に合うと ささやかな抵抗を試みたらしいけれど・。・。まあ それぞれのご家庭の方針もあろうから ガンバレとエールを送った。今のひとときを大事にね。。。

201907208

 若干4年生の アッパレスタッフ ハルカちゃんは 削り方の難しい色鉛筆をナイフで削ることに挑戦。

 スタッフ心得の中に「時間があるときは みんなが使いやすいように 鉛筆を削る」というのがある。上手に削れるようになっていた。

201907209

 センパイたちのテーブルに美味しく冷えたゼリーを配る。その中心のミカちゃんも進路を決めて県外の大学をめざしている。

 こんな光景も 思い出になっていくんだね。。

 タカユキ君とセラ君は 生徒展の搬入にかけつけてくれる。今年はみんな手伝う意識が高くて ありがとうね。。感謝です。

2019072010

 

後半クラスも ひたむきに。。。ココナちゃん。

2019072011

 真剣に。。。コーセー君。

2019072012

 むっしりと。。。。ケント君。

2019072013

 マイペースで。。。。アイ子ちゃん。

2019072014

 この日のアトリエには BOSS母の畑のヒマワリ グラジオラスが 夏の予感を彩っていた。

 いろんなことがあるけれど やっぱり人生は一度きり。

 こぼれ種から育ったヒマワリたちは ちゃんと太陽を向いて明るく咲いている。

2019072015

 土曜日の新聞には アトリエ生徒展の情報が 凛と載っけてもらっていた。さあ みんな もうすぐよ。

 どうぞ 皆さんも観に来て下さいね。

 どうやら 夏休みがはじまっているらしい。。。

« 展覧会の準備 | トップページ | 真夏の生徒展…開幕 »

アトリエ日記」カテゴリの記事

コメント

昨日から大雨の九州ですが

我が家周辺は今のところ平穏です。


さてさて

28日のお昼前にお邪魔します。

お昼過ぎから とりぎん文化会館に行きますので

それまで じっくり見学させてもらおうと思っています。

ギャラリートーク 聞かせて頂きたかったのですが

それは次回のお楽しみということで。

mikomiko 様
 ありがとうございます。
 えーーーーーーっ こちらに出張でしたか?
 また お会い出来るのを楽しみに励みます。
 こりゃ トトロの新作も出しておかねば。。
 
 ギャラリートーク・・・さて どうなりますことやら。トトロにも予想できません。。笑

 大雨 お見舞い申し上げます。気をつけて下さいね。

アレン君にアリスちゃん、いつもそうじんを可愛がってくれて頼りになるお兄ちゃんお姉ちゃんでした。
あまりにも突然のことで本当にショックです。
帰り道、そうじんに「アレン君やめちゃったけどそうじんは大丈夫?」とたずねると
「知っとる!わからっとる!」と、もうその話はしないで欲しいという雰囲気で会話が止まってしまいました。

でも、次のアトリエも頑張ると約束してくれたので安心したところです。

ネコバスで通えたら最高ですね、本気で提案している様子が目に浮かびます。

SOUママ 様
 ありがとうございます。
 何もわざとらしいこともせず 正直にみんなで同じ気持ちと時間を共有しました。
 トトロも そりゃあビックリでしたからね。
 でも 在籍していて 来たり欠席したりする いいかげんなことの出来ないご一家でしたので。そこは有り難いことでした。
 キチンとしつけられた 子どもらしい二人でした。
 この出来事を乗り越えて みんなはしっかりして行くと思いますよ。
 自動車学校みたいに送迎のネコバスが欲しいトトロです。
 さあ お互いに 多忙な夏。頑張りましょう。
 生徒展で待ってます。。

ほんとに? ・・・  
時間がとれないという 物理的な問題ですか? 
それにしては急なやめ方に なにか???が残りますね 
親御さんの決定に 子として素直に従った二人は 
辛かったでしょうね 何も言わないだけに。 
短い期間だったけど このアトリエで経験したこと 
忘れないでほしいし 絵も描き続けてほしいですね

プ二 様
 ありがとうございます。
 きっと 今まで 二人を習わせて下さるのも 色々な ご親戚などのお迎えも頼まれたり 精一杯して下さっていたことと思われます。
 先日 別な生徒のお母さんから 塾のお月謝がアトリエの4倍もするとうかがって びっくりしていたところです。
 双子ちゃんなら一層 キツいことでしょう。
 いい ご両親でしたから 二人ともワガママを言わずのみこんだ事と思います。
 また いつか来たいと 口をそろえて言いました。みんなの方も 続けて習わせてもらっている自分をあらためて見直した出来事でした。
 絵は描き続けると言ってましたから。。。
 トトロにとっても 素敵な出会いに感謝です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 展覧会の準備 | トップページ | 真夏の生徒展…開幕 »