フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月28日 (日)

アトリエの空気

 4月21日の日曜日に義父の一周忌の法事をした。

 お墓 お寺 それから広い日本庭園の立派な 元お屋敷の料亭で、日本料理をいただき 亡き義父の命日は新元号のはじまる5月1日であることなど BOSSが喪主の挨拶にちりばめ みんなの集まりが大好きだった義父を偲んで、晴天の一日が暮れた。

1904271

 

 翌22日の月曜クラスのアトリエに 初めて可愛い男の子の体験面接。3年生のR君参上。

 トトロはR君の席に停まり、みんなにオヤツの準備をまかせてみた。

1904272

 お姉さんたちは あーでもない こーでもないと オヤツと飲み物を分け入れている。

 R君は家に帰って お父さんと相談の上 決めることになったけれど この日はとても楽しそうだった。

 センパイたちも いつもより生き生きと張り切って 体験男子を歓迎していたしね。そしたらカコちゃんもセンパイになれるね。

 R君が入って来るといいね。

1904273

 

 23日の火曜日に トトロの心の師匠 坂尾画伯の個展へおじゃました。

 おん歳 88歳の米寿を迎えられ 絵は変わらず素晴らしく心に響く。

 BOSSにナイショで小品を一枚購入して、倉吉展のときの話などようやく報告出来た。

 盛況だったこと たくさんの作品が売れたことなど おかげさまの感謝をお伝えすると「そりゃよかった よかった」とご夫婦でとても喜んで下さったので「お元気で これからも描いて下さいね。」とトトロ。

 周りの誰一人欠けても トトロの今はないけれど、画業に勇気を与えて下さって いつも背中を押してくれたのはこの先生だ。

 トトロも若い作家を励ますような絵描きでありたいと思った。

1904274

 そして その夜から 滞っていた市展の作品をまた描き始めたのだった。師匠の個展からパワーをいただいた。

 今年 描きたいと思ったのは アトリエの風景だ。みんなの心のアトリエの空気感を描きたい。

1904275

 

 そして木曜夜のクラスは サローラが珍しく熱でお休み。今 あちこちの学校でインフルまん延中。。。

 カイキ君とミオちゃんと 色々な話をしながらトトロも絵を描いた。

 倉吉展のときの ご注文の絵も描きつつ 市展の大作も進めつつ。。。。がんばろう。

1904276

 実は火曜日に アトリエ生徒で盲学校のヒロト君が新聞にデカく載った。

 「思いやり」をテーマにした作文で 中国ブロック最優秀賞を受賞したのだ。

 BOSSは「さすがトトロの弟子だな。」と。うれしいことだ。おめでとう ヒロト君。

1904277

 

27日の土曜日は肌寒い 連休のはじまりとなった。

リョウナちゃんの家の方には雪が降ったそうな******

先回 小さなセンパイ達にお世話になって体験したユズちゃんとカホちゃんは ニッコ二コの笑顔でかけて来て「こんにちはーーー♡」と。

この日はユイちゃんスタッフもリョウナちゃん先輩も居て 初対面だし ノッポのセラ君先輩も代替えで来ているし 春休み中 中国に行っていたレイカちゃんも 混ざっていて「あれっ また知らないセンパイがいるよー。」とカホちゃん。

1904278

 

絵本タイムの選書は グッと年齢層を下げたけれど 高校生のセラ君も見入っていた。・。・

絵本は いくつになっても読んでもらうのは楽しい。しかも作者は素晴らしいプロの作家たちだものね。

子どもの頃読んでもらった絵本の世界は 必ず心の栄養になる。連休中に親子で絵本を楽しむことをおすすめしたい。

心の旅が楽しめるから。。

1904279

絵本で大笑いしていたカホちゃんは さっそくその中のシーンを粘土でつくりはじめているし。 芽生えるアート魂。

19042710

 

後半クラスはみんなでヒロト君に「おめでとう。。」のひとときを設けた。みんなで拍手。

テンテン君は熱でお休み。

ライア君は高校生になってアルバイトをはじめて アトリエ時間だけ 空けてまた このあとバイトに行くらしい。「ここに来て元気充電」と。

「がんばってね。ホントの勉強よ。言葉と態度に気をつけるのよ。」「はい。がんばります。」

19042711

 

 トトロ手製のフラワーアレンジメントをヒロト君にお祝いして、オトナの生徒のナースのジュンコさんは4月中のシフトが合わず 木曜の代わりにココで楽しみ「これからも こちらに来ていいですか?」と。「来られる方に来て描けばいいですよ。」 と トトロ。

 素敵なオトナは子ども達の中にも すぐにとけ込んで描けるものだ。

 年齢 国籍 障害 関係無しのアトリエ。そんな空気を絵にしたくて トトロは連休中は制作に励むことに決めた。

 一年生たちが晴れ晴れと仲間入りして これからも続いて行くアトリエには ヒロト君の作文のように 思いやりが満ちている。

 

 皆さん 素敵な連休をお過し下さい。

19042712

 

2019年4月20日 (土)

シャボン玉の季節

 4月14日の日曜に ココのブログでお知り合いになった名古屋の「ばんびさん」という方からご案内をいただいていた人形劇を観に出かけた。

 四国の香川に本拠地のある「とらまる人形劇団」が上演されるということで サローラとカコちゃんと ユウタ君のお母さんと妹ちゃんを誘って カコちゃんのお母さんの車で 鳥取の養源寺というお寺までドライブ。

 ネットでお知り合いになると 本名もお顔も知らず、行き当たりばったり準備中の劇団の方に「あの~、ばんびさんのご紹介で来ましたトトロというものですが。。。」と。すると とらまるの方達が「あー 聞いてます。トトロさんが来られると連絡ありました。」と。

 そこで準備して来た おみやげをことづけて とらまるの皆さんにも差し入れ成功。あー 上手くいって良かった。

 大掛かりなセットは 本堂の中に出来ていて、みんなでワクワク。

 

1904201

 

  はじめに 違う部屋で マリオネットや 地元の人形劇を楽しんで それから本堂へ。

  呼ばれて振り向くと 昔 一緒に家庭文庫の会をしていた仲間がお孫ちゃん連れで来ているし。

 見事なプロの人形劇は至る所に 工夫と裏技が施され  脚本や演出はばんびさんのご主人だとか。

 エンターティーメントの総合芸術を堪能させていただいた。

 3つの出し物はあわせると数時間にも及び それでもちびっこは飽きていなかった。

 アナログの温もりは 令和の時代も残り続けて欲しいと思う。ばんびさん ご案内ありがとうございました。

 ↓ これは地元の マリオネットのプロ劇団で 本当に演奏しているかのように惹き込まれた。

1904202

 

  17日の水曜クラスに あの一年生の「ノリトラ君」が バスに乗って 停留所から歩いてやって来た。

 初めての日なので この日は同じ小学校に通う5年生のお兄ちゃんがついてきてくれた。

 新しい制服に絵の具が飛ぶのもお構いなしで 絵の具デビューがとてもうれしそうで。。。

   「ボク 楽しみにしてたんだ。。」と。

1904203

 

 みんなも いつにも増して 一生懸命。

1904204

 ソロンゴちゃんの ツタンカーメン。見事な装飾は おはじきを貼付けていた。

1904205

 「ボクはセンパイだぜ。。」とばかりに 自分よりデカい後輩に読み聞かせをするソージン君。

 ちゃんと聴く ノリトラ君とアレン君。

1904206

 

 ついにアトリエ名物 シャボン玉大会の楽しめる季節になった。

 道ゆく人が振り向くほどに みんなはキャーキャーと歓声をあげて そりゃ楽しそうなことといったら。。^^:

  一人で帰るノリトラ君をソロンゴが途中まで送って行った。

  トトロが立っていつまでも見送ると 真直ぐな道を何度も何度も振りかえって手をふりながら あっぱれ一年生は帰って行った。 

1904207

 

 20日の土曜日クラス。

 ミカちゃんのグラスの透明感。

1904208

 

 おもむろに 集まって粘土クラフト。ユイちゃん久しぶりにスタッフに来てくれた。

1904209

 ついに アヤカ画伯の大作完成。 キレイなイラストです。

19042010

 

後半クラスも むっしりと。

中学生になって 凛々しい双子君。 二人とも作品を完成させた。

19042011

 

 「みんなの作品展 日にちと場所が決まりました。夏休みよ。」と トトロ。

 「はいっ。・。・。」と みんな。 よしっ また世の中を楽しくしようね。

19042012

 ハルカちゃんのペン画。小学4年離れした腕前だ。

19042013

 

 さあ 今度はみんなの番。トトロ先生のあとに続けとばかりに なんだかうれしく意欲が満ちる。

 みんなの作品展は 令和最初の明るい展示になることだろう。

 天気晴朗 雲高し。

19042014

 

2019年4月14日 (日)

新しい春

 4月6日の土曜日は桜満開から少し過ぎつつ 散り際の花びら舞う風の日となった。

 この日 小学1年から6年間 あちこちのクラスを移りながら習い続けたヤチルちゃんが 中学入学を区切りにアトリエを去った。

↓この絵は ユリナちゃんの楽しいイラスト。

1904131

  

「悔いのないように 普通に過してね。」と トトロ。「はい。」ヤチルちゃんは いつものように続きの絵を描いた。

 郊外の農村部から30分かけて来ていた彼女は、シャイなこともあり 無口でみんなの会話をただ聞いて少し笑うだけの子だったので

 「最後くらい 自分の言葉で先生を見て 挨拶してね。」と言うと しっかりトトロの目を見て「長い間 ありがとうございました。」と涙ぐんだ。

 「言葉で伝えないと 何を考えているか伝わらないからね。ちゃんと中学では 必要なことは話すのよ。」と トトロからのお餞別。

 とかく こちらの子は しっかりと伝える事が苦手で 知ってる人とだけ 内弁慶に盛り上がる傾向があるから、別れの時 トトロはいつも声や言葉は相手に心を届ける道具のひとつだと教えて、勇気を出して未知の世界に進んでみることをすすめる。

 あたらしい友達やあたらしい環境が 自分の勇気ひとつでひらけてくるんだよ。。。と。

1904132

 みんなは そんなやり取りを聞いて うなづきながら絵を描いていた。

1904133

 そして ミカちゃんがユリナちゃんを連れて アトリエ近くの神社の桜を写して来てくれた。

 今年の一枚も無事撮影出来て、毎年みんなで行く桜の神社にも挨拶が出来た。

 この樹の下で もう20年以上も みんなが写真を撮っている。

 昔 トトロの体力が元気なときは オヤツやシャボン玉を持って行って遊んだりもした、

 平成の桜はこれでサヨナラ。 来年は「令和の桜が咲くだろう。

1904134

 

 

  後半クラスに移って来たケント君とコーセー君兄弟を ミライちゃんが「お兄ちゃんたちのことをつくったよ。」と差し出している。

  メガネをかけた粘土の顔が二つ出来ていた。。。。「あ ありがと。。汗」と 二人。

  中学で部活をしてもアトリエに来る為に 遅い方のクラスに移った二人。がんばろうね。

1904135

 みんなが中学や高校に上がったしるしに マイチャリの並ぶアトリエの外。なんかオトナっぽいね。

 こうして お母さん達の送り迎えが少しずつ 楽になって行く。。

1904136

 二週続けての月曜クラスは いつものようにワイワイと。

 みんな一つずつ学年が上がったのに いつもと同じ顔ぶれに いつかは変化が起きるのかな。。

 ちょっと刺激も欲しいところ。。ま しばらくは こうして楽しんでもらいましょうかね。

 クラス替えがあったり 先生の異動があったりで 学校には変化があったらしく、ここでみんなは一息ついている様子だから。

1904137

 4月11日の木曜夜クラス。サローラの17歳の誕生日だった。

「今が 人生で一番何も化粧もしないでキレイなんだよ。」と トトロ。

クリームも塗らずに ツヤツヤで 何もしないのに ピカピカの季節。

トトロは ずーーっと過ぎてから そのことに気づいたので リアルの彼女達に伝えたかった。

「だから安っぽいコスメなんかでいじらないで スッピンスマイルを内側の教養と栄養で維持しなさいね。」

「はーい。。」。。。

 そして この次の日の12日はトトロの誕生日。

 今年もOBのみんなからお祝いのメールをいただいて めでたく前期高齢者に突入。

 だけど トトロは万年トトロ。このまま変わらず行きたいもんです。 

1904138

 さて 13日の土曜日クラスには 新人が二人も面接体験にやって来てくれた。

 トトロ展の前から待っていた「ユズちゃん」と つい先日お電話をいただいたラッキーガール「カホちゃん」

 こともあろうに いつもみんなのお世話を焼いてくれる りょうなちゃんが体調不良で珍しく欠席。

 ユイちゃんスタッフも 都合で来られない。。

 トトロは思った。(こりゃ チャンスかも。)

  まず ユズちゃんを4年生になったハルカちゃんのとなりに。。「ハルカちゃん 頼みますよ。」と。

1904139

 そして トトロのメイちゃんのような 一年生のカホちゃんを 2年生になったばかりのユウキちゃんに「よろしくね。」と。

 いつもは ユイちゃんセンパイやリョウナちゃんセンパイに 軽く甘えていたユウキちゃんは 背中を伸ばしてカホちゃんにあれこれ教えたり注意したりし始めた。カホちゃんは「はいっ。」と言っている。

19041310

 オヤツのときは「任せて」とばかりにユウタ君が色々教えているし、ハルカちゃんは見本を示している。

19041311

 かくて 新人たちは イスに乗って立派に自己紹介をして みんなは拍手で歓迎した。

19041312

 トトロ先生の絵本タイムも全員静かに聴き入った。

 小さなセンパイたちは 一生懸命に ユイちゃんやリョウナちゃんに自分たちがしてもらっていたことを引き継いだ。

 トトロは「みんなありがとうね。立派にやってもらいました。とても助かりましたよ。」とお礼をすると、3人はいつもよりちゃんと片付けて大きな声で挨拶をして 新人達に「またね。」と言った顔が とてもとてもうれしく輝いていて、一部始終を見ていたBOSSが感心していた。

 やっぱり 親がなんでもしてあげるのではなくて 任せてみれば 子ども達はちゃんと出来るのだ。そして それがどんなにうれしいか。

 新人たちもセンパイ達も とてもいい顔で帰って行った。リョウナちゃんの欠席はとても珍しいことで それは天の仕業だったかもしれない。

19041313

 後半クラスに フーーッと一息ついてみんなと遊んだトトロ。

 サローラも来てくれて 前半のことを報告しつつ 感動を分かち合った。

 ヒロト君はこの日岡山での表彰式で留守。絵の賞をもらったらしい。

 心なしか兄ちゃんのライア君 くつろいでいるし。

 ユミちゃんとサローラとみんなして いろんなお祝いのカンパイをして やっぱり最後はババヌキで笑っているところ。

19041314

 東京のマサヒロ記者から 誕生祝いにと トトロの故郷の「岩手日報」が届いた。

 震災から8年。故郷はどっこい生きている。トトロもここで 精一杯のアトリエをしようと思った。

 少しずつ変化しながら アトリエに新しい春の風が吹いている

19041315

 

2019年4月 5日 (金)

平成の桜満開

トトロ展が終わってから 最初のクラスは木曜夜クラスから始まった。

3月28日木曜日。倉吉での大盛況だった様子など報告して、ミラクルな出来事満載のトトロ展の終了にカンパイ。

倉吉みやげの和菓子を頬張りながら「先生 おつかれさまでした。」と高校生の二人。

カイキ君は家族旅行で欠席なので トトロは少しだけ絵の手ほどきをしながらゆっくりさせてもらった。

1904051

 

30日の土曜日クラスは全員がやってきた。

トトロ展に行った子も行かない子も、みんな元気に画用紙に向かう。

子ども達のいいところは そのあたりだ。大きくなれば自分で行動出来るけれど 子どものうちは家族の都合優先だから・・。

いつかオトナになったら 自分で運転して行こうと思っているらしい。あの マサヒロ先輩たちのようにね。

ケント君 コーセー君は 4月から別の時間帯に移るので このクラスはこの日が最後。

中学に上がっても アトリエはやめない。

1904052

なんとなく 寂しそうなユウタ君。大丈夫 アトリエの中のどこかに みんな来るんだからね。「うん。」

双子の二人は「ユウタ君 成長しましたね。」なんて、トトロに言ってるし。「みんなのおかげよ。」と トトロ。

次からは ココに新しい子が入って来る予定。

1904053

後半クラスは ユイちゃん欠席の男組。新高校生の二人に何かを語るトトロ。

今のところライア君もアオイ君も続けてアトリエに来るらしく、ライア君はアルバイトも始めるとか。

新しい春だね。がんばろうね。

1904054

手伝いに来たサローラと。

テンテンマジックは高度になっていて、やっぱり最後はババヌキをした。

小学生はヒロト君だけになる。次からはユミちゃんがこのクラスに移って来る予定。

どこのクラスも少し顔ぶれが変わる春。

1904056

 

月曜クラスは 先回 トトロの予定を変更して倉吉展に行っていたから、その日のリベンジに4月1日に来てもらった。

ユウヒちゃんの絵が だんだんダイナミックになっていく。

デザイン的なバックもいいね。子ども達は生徒展を心待ちにしている。

もうちょっと待っててね。新しい顔ぶれが揃ったら進めるからね。

1904057

 

この日 元号の発表があった。

「令和」

みんなに 万葉集を開いてみせて 全員で「令和」と書いた。

記念すべき日になった。

「令和」はみんなの時代。トトロは 昭和 平成 令和と生きる。

自分がレトロになって来たわ。

みんなは これから未来へ生きて行くのね。がんばるんだよ。

1904058

 

4月3日 水曜クラスに面接体験の男の子登場。その名も凛々しい「ノリトラ君」

今度一年生になる ニューフェイスだ。お兄ちゃんと弟君にはさまれた 真ん中っ子。

案の定「お兄ちゃんは 好き嫌いあるけど ボクはないよ。」とか「弟が乱暴したらやっつけてるよ。」など

アトリエに代々受け継がれる 二番目語録満載。笑。しっかりと自分を持っている。

(こりゃ 大物になる。。) 小さな大物にトトロワクワク。

「ママは絵が上手いんだよ。」と 言いながら自分の絵を描いた。

 

1904059

ソロンゴが細かく世話を焼いて キャンディの紙でボトルとグラスの作り方を指南。ノリトラ君も器用に創ってついでいるところ。

ソージン君も大歓迎しつつも アレン君がノリ君に話しかけると軽く焼きもち。

さて これからどんなことになるやら。。見逃せませんよ。国際クラス。楽しくなりそうな予感。

トトロは言った「アトリエは全員天才なんだよ。」みんなキラキラの目をして「はーい。」と満足。

子ども達は天からいただいた才能だけで 絵を描くのが一番。余計な指導はホントに余計なときがある。

みんな天まで伸びてね。トトロはたまにちょっと手を添えるだけ。

19040510

 

5日の金曜日、トトロの診察日。

個展を終えてからからこっち 疲れたのか右のみぞおちあたりが痛くて 肝臓か腎臓か はたまた膵臓かとネットで調べて 極力刺激のものや油を控えて豆乳ばかり飲んでいて、果たしてドクターに相談すると すぐにCT検査をして下さって、心配していたところの痛みではないと分かった。

 今も押さえると痛いけれど 慣れない列車通いや 会場での動きや 色々なことが 日頃使わないあれこれの部分に緊張を強いて どこか無理をした証拠の症状らしい。もしも 入院手術なんていうことになったらと 準備は整えて覚悟の受診だったから、「ひとまず大丈夫」ということで 果てしない時間をいただいた有り難さで、本当にうれしかった。

 安心したBOSSと 帰り道に桜土手沿いの 満開の桜を見上げ 桜吹雪の道を通り抜けた。美しい空だった。

 

19040511

 平成のラスト桜。今年も咲いてくれてありがとう。

19040512

 

 土日はこちらの「桜祭り」。満開と重なることも珍しい。

 新しいアトリエの新しい仲間達。

 さて 新学期も 生き生きとたくましく 優しく 一人ずつのアートを満開にして行きますか。

 

 (トトロは市展の締め切りとポスターの締め切りが迫っているから 描き始めます。あきらめないよ。)

19040513

 春は はじまりの季節だ。

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »