フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月26日 (土)

雪おこし

 1月22日の火曜日に5年ぶりの元生徒で 高校2年生のミオちゃんが来訪。
 中学に入った時に部活が多忙になりアトリエを卒業して、高校でも陸上で時々活躍が新聞に出ていたから この子はスポーツ系に進むのかと思いきや 美術系の大学に進みたいので、またアトリエに来たいという相談だった。
 受験の手引きを持参して かなり的をしぼりこんだ相談だった。
「ここは受験の為の指導はしてないけど 少しくらいはアドバイス出来るかもしれないから 来てみますか?」と言うと。。「はいっ。」と なつかしそうに安心した顔をした。
 トトロ自身は美術系の学校に行った経験がないので 陸君や他の先輩達の話からアトリエでも 本人次第でなんとかなるらしいと激励。ま やってみましょ。。

1901261 

 23日の水曜クラスは せっかく元気になったアレン君とアリスちゃんが みんなの分のお土産を持ってウキウキやって来たのに ソージン君とユリちゃんとミサキちゃんがダウンでお休み。学校はインフル大流行でやられてしまったらしい。
 元気なソロンゴがユミちゃんと2人で お帰りなさいのレセプション。
 一生懸命絵本を読むソロンゴの声にキモチがこもっている。
1901262
 ユミちゃんの席で 2人は「ダルマ落とし」のような「トトロ落とし」にチャレンジ。「久しぶりのアトリエは楽しいなぁ。」とアレン君。
 いつもはおとなしいアリスちゃんも みんなの分のコアラのミニチュアを並べてはしゃいでいるし。。。
 それからいつもの「おみまいカード」をつくって 途中で来られたソージン君のママに渡した。
 みんな揃わないと いつもの調子が出ないほど仲良しになっていたんだね。
1901263
 いただいたお土産の中に オーストラリアの布があって そのオシャレなデザインに 向こうのセンスを感じた。
 アトリエのどこかにさりげなく架けようね。
1901264 
 そして 24日木曜夜クラス。
 カイキ君とサローラにはナイショにしていて「なつかしい人が来るよ。」と言っていたらミオちゃんが「こんばんはー。」と入って来たから大歓迎。。
 この三人は小学生のとき ずっと一緒のクラスで 小さいサローラが来た時に優しく歓迎した仲間なのだった。みんな高校は別々だけれど、とてもうれしそうに再会した三人。
1901265 ミオちゃんはトトロの出した課題を楽しそうに描いて、オヤツのカンパイでみんなの前途を祝した。
 それぞれに ちゃんと目標がある子たち。
 トトロは応援してますよ。

 
1901266 金曜は病院の診察日なので 終わってから少し街を散策して 冬木立の駅前で写真を撮っていたら・・・・
1901267 
 こんな看板が 目立つ所に。。。
 え。。。何がすごいのかなぁ。。。
 人口は日本一少なくて 「スタバはないけど砂場はある」と 知事さんが胸を張ったら日本で一番遅くスタバが出来て。。。
 まあ いろいろすごいのでしょう。。。トトロも住んでることだし。。。笑
 魚や野菜や果物がたっっっくさん穫れてるし。。。
1901268 

 で 26日土曜日クラス。
 大型の冬型低気圧の中、雨がアラレから雪になり 突風がピューッと吹きすさぶ中を みんなが風に逆らってやって来た。
 りょうなちゃんの家のあたりは ものすごい雪らしく「先生 雪おこしがドカンドカンと鳴ってましたよ。」と。冬の雷は雪を招くので「雪おこし」と言う。
1901269 
 外の木枯らしなんのその。冬の雷 なんのその。。
 アトリエの中ではニコニコのユウキちゃんと 消しゴム重ねに挑戦中のユウタ君。みんなは周りで声援中。
19012610 凛と並ぶ双子のケント君 コーセー君の小学校卒業制作途中の作品。
 「僕たち 中学になったら 遅い方のクラスに来ますから よろしくっ。」
 こ これは ずーーーっと来るつもりらしい。決意の固い表情だった。
19012611 後半クラスのテンテン君も 見事な海原の作品を制作中。
 双子君たちと同じ中学に進む。
 どうやらアトリエは続けるらしい。。みんなガンバルね。
19012612 ライア君欠席の中、弟のヒロト君は元気「ボク インフルやり終わりました。」と。
 モモコちゃんは二月で卒業することを伝えに来た。悔いのないアトリエライフ。
 最後まで楽しんでね。 
  この日 トトロはみんなに書を書いて見せた。
 「憂い」という文字を先に書いて 後から左に寄り添う「人」。
 「ほら そのことが 優しいことなんだよ。」
 たったその言葉だけで サローラが涙ぐんだ。みんなもうなづいた。
 そして肩を組んで写真を撮った。寄り添うみんな。

 みんなは それぞれに色々な悩みも不自由さも抱えているけれど それでも明るく絵を描きに来る。時々 元気のないときもある。。
 そんな気配も少し感じて トトロは憂いの話をしたのだった。
19012613 
 先日 新聞にBOSSのコンサートのときの仲間達の写真が載った。
 かけがえのない 記念になった。裏方のほうが前面に立たせてもらっているし。
19012614  それが この一枚。
 受験生も 旅立つ子もみんな名乗りを上げてスタッフをした11月のこと。
 寄り添い合うと 感動のパワーが生まれる。

 優しいという字は優れるとも読むのよね。
 
 本当に優秀な人って 憂いの傍らに寄り添える人なんだね。

 みんな素晴らしい優しさで 新しい未来に向かって行こう
19012615 雪おこしが何回鳴ると春が来るのかなぁ。。。
 吹雪も雷も飛び越えて 今日のアトリエも春のようだった。

2019年1月21日 (月)

天然ジューシー

 大寒の日々の家の裏庭に 昔 BOSSのお爺さんが植えたザボン(文旦)の実がたわわに実って 長ーい高枝用のハサミで収穫し、アトリエが柑橘の甘酸っぱい香りに包まれた。もちろん無農薬。。天然100%・・トトロは鍋いっぱいのママレードをこさえた。

        

 さてさて アトリエラストXmasのとき 不機嫌だったりはしゃぎ過ぎてハチャメチャになったり。。その姿に困惑していたり。素直に喜ぶ子もいたり。。あれから月曜クラスは年を越えての久しぶりの再会を果たした。
 個性的な彼女たちのそれぞれの心模様が気になって グルグル思いをめぐらせ 同じ学校 同じ学年が、いいことも やりにくいことも生み出す原因かと 少しクラス替えのことまで考えたりしたけれど やっぱり真直ぐに向き合って本人達に直接 思いを語ろうと思った。
 思惑を大人目線で探ったりせずに 困っていたらそのまま伝えて 一緒に解決していこうと、みんなを待っていたら。。全員が今年の初アトリエにやって来た。
 なんだか清々しい顔をしている。1月14日 成人の日。
 そして、くっついたり遊んだりせずに みんな 絵を描き始めた。

 新人のユウヒちゃんの年賀状には「アトリエはしんじられないくらい楽しいです。」と書いてあった。入って2回目のときにサンタさんが来たというラッキーガールだ。
 トトロはそれぞれの年賀状に「頼りにしてますよ。いつもありがとう」などと書き、「自分でいけないところは直してね」とも書き入れ、ココナちゃんには「Xmasのときは ちゃんと協力してくれて助かりました。」と書いていたら、この日彼女は とてもいい顔で「せんせい 年賀状読みましたから。」と笑った。そして さらにいろいろな気配りをしてくれていた。

1901201
 マオちゃんも ニャンコの絵を上手に描いているし。。
 彼女のお母さんとトトロは年末に長電話で話をしたのだった。お母さんはマオちゃんに「いろいろとXmasの準備をしてくれた先生のことを あなたは考えたことないでしょ。と言いましたから。」と仰って さらに「ただ絵だけ教えるのだったら 誰がなにをしても知らん顔されている方が楽なのよ。でもトトロ先生は見て見ぬ振りをせずにちゃんと注意してくれるでしょ。。」とも仰ってくれたそうな。有り難い。。いいお母さんだ。
 
1901202 
 みんなは 自分でもそれぞれに考えて来たようだった。
 そして ホンワリと心の原石が光り始めたように感じた。

 
 さなぎが蝶になるときのように 心の中は成長痛が苦しいに違いないから、少女たちの日々を叱ったり 笑ったりしつつ 見守ることに決めた。
 
 ガンバレ さなぎたち。。やっぱりトトロは みんなが好きだ。
1901203
○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 で 下の写真 一番デカいのが「文旦」・・チビ文旦 みかん 静岡みかん チビみかん。
 文旦はママレードやジャムにしてみたら とても美味しいので、欲しい方達に分けてから 思い立ち 信州サンタのくまたろうさんに打診してみたら「こちらには柑橘系がありません。楽しみにしています。」とのことで、サンタのお礼がてらにドンと送った。

 ☆まだ もう少しありますので 欲しい人は言って下さいね。いい香りです。☆

 甘酸っぱい それぞれの獲れたての無農薬フルーツは、アトリエのみんなみたいに 味わいも 香りもさまざまで それでも みんなちゃんと一役。
 ひとつに まとめようとするから変な風味になるのだ。

 それぞれの役目が 美味しく果たせればそれでいい。みんな一つずつ味がちがって それであたりまえなのだ。

 「並べると宇宙のようだな。」とBOSS。(右から 水金地火木。なんてね。)

 
1901204 

 BOSSは また新たなみかんの苗を畑に植えたらしい。
 丹精込めると 美味しく実る。
 子ども達も フルーツも。。丹誠込めて 愛を注いで 大きくなあれ。・。・
 
1901205 
 雨やら風やらインフルやらが吹きすさぶ寒い中 土曜日のセラ君から「風邪で休みます。」と連絡が。。彼が小1でアトリエに来てからこのかた初めてのことだ。
 そういえば セラ君もタカユキ君もミカちゃんも 今年は高校三年になるのね。
 残り1年間大切に過そうね。。。

 レイカちゃんとユリナちゃん。。まだまだ入ったばかりで 終わりのことなど考えてもいない様子。
1901206 
 この日 ミカちゃんは 前にトトロ先生からもらった上着を来ていた。
 「いいね。似合うね。なんでそれあげたんだっけ?」と言うと
 「寒そうにしていたら。。はいよ 着てみて。って下さいました。」
 アハハ そうそう。トトロの好きな古着を いきなり似合う子に着せて手渡すことって たまにあるのよね。。そして みんな 着こなしてアトリエに来る。
 家族のようで いいもんだ と トトロとみんなは思っている。
1901207
 スタッフユイちゃんは みんなの使う鉛筆をカッターで削ってくれている。
 こういうシーンって その大変さも知らずに小さい子ってあこがれるらしい。
1901208 
 こちらアヤカ画伯。パステル調のきれいな作品を制作中。
 後輩たちは 時々のぞいてホーッと見入っていたりする。
1901209 
 後半クラスも二人欠席で 少ないながらホッコリ過した。
 トトロの読聞かせに 大喜びのミライちゃん。
 受験生アイ子ちゃんは ひとまず一つ合格。残るはあと一つ。。。
19012010 
 おはじきをする二人。
 アトリエの遊びは「ザ 昭和」アナログは楽しいらしい。
19012011 
 1月20日 日曜日。
 BOSSと倉吉へ向かう。
 まず 11月に個展をさせていただいた「おるすばん灯」さんへ、寒中見舞いとあの時のお礼も兼ねてご挨拶。手みやげは もちろん文旦。トトロ特製ママレードも添えて。。。
 そして やっぱりあのシフォンケーキをいただいた。
 一口食べてしまってから 慌てて写真。もう 美味しくてシアワセ。
 マスターと奥様は まるで行くことをご存知だったように とても自然なもてなしをして下さって、その温かさに元気をいただいた。
19012012 

 この「さんさんプラザ」という施設で 3月のトトロ展をさせていただくことになり、その打ち合わせに参上したのだった。
19012015 昨年6月に納めた この大きなトトロ作品が全てのご縁をつなげてくれた。
19012013 
 この日はこの施設の指定管理者の アトリエ生徒のアオイ君のお父さんがお母さんも伴い 細かい事の相談をした。
 展示ホールから見える 倉吉の象徴「打吹山」。

 ココでトトロは平成最後の個展をひらく。

 10日間のロングランだ。倉吉は県のど真ん中。東から西からみんなを呼ぼう。
 そして あとはひたすら絵を描こう。
 
 絵描きだからこそアトリエの教室が出来る。
 そして みんなとここに来よう。時は春休み。みんな合格してよね。ナムナム。

 甘くて酸っぱい柑橘の 大小それぞれのような子ども達と、天然ジューシーな毎日を また精一杯やって行こうと思うトトロだった。
19012014  

2019年1月12日 (土)

季節のはじまり

 みんなで大事に使っているアトリエの消しゴムが とても小さくなったので少しだけサンタさんから分けてもらった分を追加した。
 それだけで「わぁー 新しい消しゴムが入ってる。」と喜んでいる。
 平成後期に生まれたみんなは バブルも好景気の時代も経験していなくて、とても物を大切にする。なんだか それはとてもいいことだと感心するトトロ。

1901121
 9日の水曜クラス。 ソロンゴちゃんが一生懸命書いているのは この日休んだアレン君とアリスちゃんへのお見舞い。
 二人は冬休みの間 オーストラリアの祖父母のところに行っていたら 異常気象で40度以上の気温が続き 寒い日本に帰ったら体調がおかしくなっちゃったらしくお母さんから 残念がっているけれど欠席との連絡が入った。

 みんなはアトリエのコアラを二人の代わりにテーブルに座らせて 心配そうにお見舞いを書いていたのだった。

 
1901122 
 サイネリアの鉢植えを見ながら クレヨンと絵の具で丁寧に描くユリちゃん。
1901123 
 ソロンゴの上手な読み聞かせを ちゃんと聴いているソージン君。
 
 でもやっぱりアレン君たちがいなくて なんだかさみしかったね。
1901124 
 ミサキちゃんは しっかりしたタッチでテーブルの上の瓶とじょうろを描いた。
 この日は ユミちゃんも欠席したので 5年生のミサキちゃんがみんなのことを見守った。
1901125 
 ソロンゴのお見舞いレター。。。。。傑作です。
1901126 
 木曜夜のクラスに トトロは東北風のお雑煮をつくった。
 
 寒い夜にフーフーしながら みんなは美味しそうに完食。

1901127 
 そして三連休の初日 12日の土曜日クラス。
 もう松の内も過ぎて みんなは今年最初のアトリエに 小さく「あけまして。。ぉ・・めでとう ございまーす。。」なんて言いながら嬉しそうに靴を脱ぐ。
 先週のクラスでお休みした ミライちゃんが混じっていたので 心なしかうれしそうなユウタ君。笑
 はりきって仕上げているし。
1901128 
 独特のタッチで花を描くハルカ画伯。
1901129 

 切り絵で絵本の再現をするコーセー君。
19011210 
 突如訪問してくれた OGの福祉施設で働くヒロ子先輩は カルピスウォーターとオヤツを手みやげに「Xmasに来られなくてすみませんでした。」と。
 しばらくみんなと一緒に居てくれて、トトロと仕事の話やらアートの話やらしているうちに「わぁ 私 トトロ先生と出会って20年ですよ。スゴイです。」と。
 そう 5歳でアトリエに来たのよね。

 OB OGのみんなは 卒業したつもりはないらしく、いつでもおんなじトトロ先生が アトリエに居ると信じているから、おんなじ顔でココにいないといけない。
 こりゃ 大変なことだけど、キーワードは「おんなじ」。挑戦してみましょう。

19011211 こちらケント君。二人は中学に上がってもアトリエを続けたいそうだ。
 チラ見しているユウキちゃんは6歳。
 まだ先は長いね。。。。時の流れを大切にしようと思った。

 アトリエの消しゴムみたいに。
19011212 
 後半クラスは倉吉のアオイ君も来て ライア君と並んで二人とも受験生。
 二人は ここで深呼吸をしているように見える。
 好きなようにイラストを描いたり 漫画を読んだり、みんなとトランプをしたり絵本で笑ったり。。。。「勉強」という言葉を一切使わないアトリエの自分の席でくつろぎに来る彼らの心情は サローラたちセンパイには痛いほど分かる。
19011213 
 おもむろにテンテン君のマジックがはじまり、トトロも参加して拍手したり大笑いしたり。。水曜の代わりに来ていたユミちゃんのお母さんのご実家の静岡みかんをみんなで分けて、沖縄のお菓子も分けていただき さながら初春のパーティーのように盛り上がった。
19011214 
 アオイ君のお父さんから トトロの倉吉個展の詳細をうかがい、3月16日から10日間も 「さんさんプラザ」という公共施設ホールでの実施が決まった。
 「みんな 先生は平成最後の個展やって来ますよ。そしたらまた みんなとこっちで展覧会しようね。先生もがんばるから 受験もがんばるのよ。」
。。。。。「はいっ。」

 昨日から少し描き始めた絵は いわさきちひろさんの描かれる子どもに似ていた。
 よしっ、また描こう。
 寒い季節に 春を描こう。

 こうして一年の季節が まためぐりはじめた。
 寒を越えたら 春はそこまで。
19011215 

2019年1月 6日 (日)

アトリエ開き

 皆様 良き新年 おめでとうございます。

 2019年のアトリエ開きは1月5日の土曜日のクラスから。

 ラストXmasから10日あまりしか経っていないのに随分みんなに会わなかったような気がする。 

 「あけまして おめでとーございます。今年もよろしく。」みんな集まった。
 タカユキ画伯は 年賀状を持って直接届けながら「俺 一枚しか出さないので。。持って来ました。」と。。。。そりゃ 光栄です。笑
 冬 来たりなば 春 遠からじ・・と書いてあって、「それ父の字です。」笑
 セラ君 アヤカちゃん 画伯たちの新年のテーブル。

1901061 年末に沖縄から届いたスイーツを開けて みんなのオヤツに添えていただいた。
 ブログの交流だけでお知り合いになった 沖縄の「おもろまちメディカルクリニック」という病院へも Xmasカードをお届けしていたら 院長先生から子ども達へと 珍しい沖縄のお菓子をいただいて、それにまた ありがとうカードを描いて。。一昨年から楽しく交流がはじまっている。
 沖縄とうふのチップスや チョコちんすこうや ワイワイといただき美味しい初オヤツタイムを過して、みんなは楽しい絵を描いた。
1901062 
 後半クラスのアイ子ちゃんは 翌日に私立の受験を控えても やって来てゆっくりと作品の続きを描いていた。
 スタッフのサローラが一年前に受験したセンパイとして「あのね アトリエに来ていたほうが キモチのバランスがとれていいと思うよ。」とアドバイス。
 「はい そう思って、来ています。」とアイ子ちゃん。
1901063
 いきなりトトロが「たこ焼きつくろう!」と提案。
 買っておいたけど まだアトリエでやっていなかったから 小さなたこ焼き器を出して チャッチャと準備して、なんだかんだと話しながらサローラとアイ子ちゃんのアトリエ屋台から いいにおいがして来た。
1901064 
 美しい二人の手。
 モヤッと上がる湯気とたこ焼きの香り。
 ミニキッチンではトトロがぜんざいをつくって。。。
1901065  「はい。アトリエのお正月をしましょう。」
  「先生 たのしいです。」
  「そうよ 楽しいと いい一年になるのよ。」

1901066 
 いただきまーす。。。と チャーリーさんとアイ子ちゃん。
 絵を描くのもいいけれど たまにはこんな日があってもいい。
 欠席があったし 小さい子もいなくて 温かい美味しいオヤツを自分たちで創るのは楽しい。
 これは いつものトトロマジック。いきなりパーティーの巻。

 アイ子ちゃんのお守りもつくって渡して、これで大丈夫ね。
 翌日は人生初の受験に挑む。行ってらっしゃい。がんばるのよ。

1901067 

 アトリエ入り口の小さなお正月飾り。みんなのシアワセを祈ります。

1901068 
 家は喪中なので せめてもと事務所に生けたお正月の花。
 さあ 新しい年が始まった。
 今年もたくさんの喜びと出会いにあふれた おもしろいアトリエを繰り広げて行こうと たこ焼きの香りの中で思うトトロでした。

 皆様 今年もよろしくお願い申し上げます。
1901069 

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »