フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

ゆく年 来る年

 ラストクリスマスをしていた24日に福岡のOB陸君からメールが来た。
 「30日から2日まで帰ります。是非アトリエにうかがいたいので日程を教えて下さい。」

 そして 30日、福岡名物の「めんべい」という明太子味の煎餅をお土産に持って約束の時間に元気な声。
 「こんにちはーーーーっ。帰ってきました。」

 「おかえりーーーっ。」とトトロ。
 サローラもすぐに駆けつけてくれて まずは先日載ったトトロの投書を読む二人。
 新聞社は「平成」への思いを募集していたので、トトロの平成を書いた。
 10年間の入退院の最後の年に平成になり、復活してから色々とチャレンジして絵描きになり アトリエを創って20数年間。。。
 おかげさまの今があること。これしか出来ない有り難さ。。
 二人は熟読。。
 「だからさ、ゼロになってもキモチの力さえあれば希望はあるし叶うのよ。」とトトロからの贈る言葉。

1812311 
 繰り広げられたXmasの余韻を ていねいに取り外して行く二人。
 「今年も楽しかったんですよね。」と陸君。
 「はい。感動でしたよ。」とサローラ。

 陸君が小学生のとき、お迎えの弟妹ちゃんたちに「はい、サンタさんから」と何かを渡したら「お兄ちゃん ホントにサンタさんだった?」と妹。。
 すると陸君がすかさず「うん。本物。」と。
 「おぼえてる?」と言うと「はい。俺 ホントにサンタだと思ってたし。」とのこと。
 そうね。みんな信じていたね。今もこれからもサンタは来るね。

 こんな話をしながら 今の生活やほぼ勤め先が決まったことやら 特別支援教育のさらなる深みを学びに 一年間違う大学へも通う事など話してくれた。

 アトリエにも色々な子が来ているけれど、みんなの嬉しそうな顔は昔から同じ。
 ビシバシと トトロに叱られても、泣きたいときも、よく話して 考えて、そしてみんな 大きくなって来た。
 たまにはトトロにハグしてもらって、たまにはガッチリ握手して。。だんだん大きくなって来た。
 そして みんなは絵を描いた。素晴らしい作品だらけの画伯たち。
1812312  二人は大掃除をしてくれて おかげでアトリエが元どおりになった。

 トトロ特製の年越しそばをごちそうして、カルビスでカンパイしてから、恒例のアトリエに飾る干支の絵を描いてもらった。
1812313 
 リク画伯の今年の作品は、目ヂカラの生きているデンとしたイノシシ。
 「ありがとうね。これでたくましい一年になりますよ。」
 「不思議だなぁ。。アトリエだとスラスラ絵が描けます。」
 「そりゃ 私もよ。」「私も。」とサローラ。
 みんなの 描きたいオーラがみなぎっているんだもの。
1812314 
 今年は二月から四月まで 西部 大山のふもとの南部町で展覧していただいて、
鳥取個展 生徒展の終了とともに5月1日に義父が他界。
 暑い夏を超えて 秋11月に倉吉で新しい出会いのありがたい個展。。。

 そして 子ども達とBOSSのコンサートのスタッフをさせてもらい、Xmasを過した。悔いのない一年だった。
 
 Xmasのさなか 初代生徒スタッフのアキちゃんに女の子が生まれたと報せが届き、トトロの孫みたいな天使たちもあちこちに増えて来た。

 先日 みんなの手づくりXmasカードを送った沖縄のオモロマチ病院の院長先生から沖縄のスイーツがドカンと届いた。病院のロビーに飾って患者さんたちに笑顔と元気をお届け出来たらしい。それは何よりうれしいことだ。

 絵の力で人の心に何かをお届けすることの出来る体験を 子ども達と重ねて行きたいと思うトトロ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥

 今年もトトロブログをお読みいただいた全国の皆様、 コメントもたくさんありがとうございました。とても励みになりました。
 新しい年も 変わらずまっすぐにアトリエを続けて行こうと思います。
 どこかで読んでくれているアトリエOB OGの皆さんも 一日ずつていねいに良い事探しをしながら 元気にしていて下さいね。トトロはいつでもアトリエに居ます。

 どうぞ 皆様 よいお年をお迎えください。 感謝の中で・・・by トトロ
1812315 

2018年12月25日 (火)

アトリエクリスマス・・ラスト

 あれからというもの サンタさんはあちこちに出現。
 木曜夜のクラスでは クラッカーを鳴らし、カイキ君の手製のケーキとトトロ特製スペシャルカレーをみんなと一緒に召し上がり、なんとプレゼントまで受け取ってくれた。
 コウヘイ君は一月には京都へ旅立つ。名残り惜しいサンタ姿も最後なのかな。

1812241 
 金曜はトトロ受診日で中央病院へ。
 数日前に新しい建物に引っ越したばかりで、何もかも新型の機器が入り、血液検査のところなんか空港の手続きみたいになっていた。

 ウロウロしていると キャビンアテンダントみたいな服装のお姉さんたちが テキパキと案内してくれて。。。何故か体重計だけアナログ。

 で 診察が終わり検査結果はほぼ横ばいながら 全体的に良くなっていて。。日々のサンタ仕事の精神的効果ではないかと自分では そう思った。

 ちゃんと心臓内科と胸部外科の入院病棟へみんなのクリスマスカードの束を届けましたよ。新しく無機質になった新病棟で、一瞬そのやりとりが温かさをかもしだしたように感じた。

 今年も入院患者さんたちとスタッフの皆さんが、子ども達の渾身のパワーでニッコリされることを祈りつつ。。。
1812242
 そして22日 土曜日クラス。
 一年生のユウキちゃんが りょうなちゃんに手伝ってもらってメンディングテーブの使い切ったあとの輪っかでメガネをつくったら、あまりのお似合いにアトリエ大爆笑。。。顔のサイズとピッタリ。
 小さいから出来ることってたくさんあるのよね。笑
 
1812243 
 伝統の「新人にケーキをデコってもらう」は、ハルカちゃんがコーセー君やりょうなちゃんに教わりつつチャレンジ。
 昔 自分がセンパイから教わったように後輩に教える姿はとてもいい。
 ハルカちゃんとユウキちゃんが初めてのアトリエクリスマスを迎えた。
1812244  と ・・そこに いきなり「サンタの宅急便でーす。」とホントに入って来た人が居て、それは忘れ物を取りに来たソージン君のママなのだけれど、あらかじめ そう言って入って来てね。。と伝えていたのだった。ウヒ♪

 それからは いつものレセブション。

 とてもていねいにお礼を言ったハルカちゃん。
1812245

  「サンタさんだ。サンタさんからだよねー。」とユウキちゃん。
 みんなは「そうだよ。」
 何回か言いなおして「サンキューーーーー。サンタさーん。」と言えた。
1812246
 先週の自分のクラスの時にバスケの試合で この日に来たセラ君は サンタスタイルで荷物を運んだり 色々手伝ってくれた。
 しかしアトリエのサンタはイケメン揃いですこと。
 そのセラ君にもプレゼントがあったようですよ。
 彼は 一年生当時はユウキちゃんくらいちっちゃい子でしたよ。。。

1812247 
 みんなが袋を開ける場面は 全国のサンタ同盟の皆さんに中継したいほど微笑ましくて、それぞれの好きそうな小さいものが一杯入っていて、それを一つも忘れずに袋に入れて持って帰る。
 OBのお母さんが以前トトロに話されたことがある。
 「あの手づくりの袋まで 今でも大切にしまってあるんですよ。」と。

1812248
 ハルカちゃんの妹ちゃん達にも ちゃんと小さなプレゼントがあったようだ。
 家に帰った時 妹たちが羨ましいと思うので。。。サンタさんはいつも小さな袋もつくってくれているらしい。
 
1812249  さて 後半のBクラスの始まる前に「おお 走って来たぞ。」とBOSS。
 スタッフのユイちゃんが部活のため 前半に来られず 急いで走って来たのだ。

 まずモモコちゃんのラストシーンから。
 小一から高三まで12年間、あまり欠席もなく通い続けたアトリエの 最後のクリスマスとなった。お互いにありがとうを交わし、みんなして拍手する中 彼女はプレゼントを受け取った。「サンタさんでしたね。」「そうよ。これからもね。」
 モモコちゃんは大阪のデザイン専門学校へ進み プロの道を目指す。
 ガンバレ。きっと叶いますよ。
18122410 

 ここでユイちゃん号泣。
 彼女は小学生のときにも 他の子に先生を取られたと思い込んでこんなシーンがあったけれど、今回の号泣は・・・最初の買い物から準備を手伝い、お菓子の袋詰めやら いろいろな手伝いをする中で すっかりサンタの弟子になりきっていたので、みんなの一回ごとのドラマで感動し。。そして生徒として来たこの日の袋には自分が心から欲しかった物たちをみつけたのだった。
 「だって ちゃんと言った事もないし。。。少しトトロ先生にしか言ってないのに。。」と。
 自分のことは後回しにして みんなのことを考えるようになったユイちゃんに それはサンタさんからのご褒美なんだよ。とトトロ。よくがんばってくれました。
18122411 
 その姿を見ていたみんなも感動しつつ、ここぞとばかりに仕込んで来たテンテン君のマジックがはじまる。
 見事だった。拍手喝采。。。
 テンテン君の袋には 新しいトランプも入っていたそうな。。。

18122412 
 別れる子も高校受験生もいる仲良しクラス。一緒にいられるのは永遠ではない。
 みんなが思いを分け合って「メリーーー クリスマス♡

 アオイ君の袋にはアンパンマンが入っていたみたい。「ガンバリマス。。」
 来春 ライア君とアオイ君が受験。。。ファイトッ♡

18122413 
 そして いよいよ12月24日。
 ホントのイヴに アトリエのラストクリスマスは月曜クラス。

 トトロは趣向を変えて、サンタさんを創るところから試して見た。
 まゆ毛に綿を貼り付けているココナちゃん。

 コウヘイ先輩にみんなのいいところを紹介して、「今日は本当のサンタさんはイヴなので忙しいから ここに荷物がもし届いたら受け取るサンタさんになってもらうことにしました。」と説明。
 「届かなかったら?」と みんな。「まあ そのときはアメでも分けよう。」

 そして みんなはパーティー用の三角帽子を創ったり、続きの絵を描いたり。。カコちゃんとアカネちゃんと ついこの前入ったユウヒちゃんは初めて。

18122414 
 ケーキをつくり、クラッカーをして カンパーイと言っていたら、荷物が届いてサンタさんらしく出来上がったコウヘイ先輩が運んで来てくれた。

 三年生のカコちゃんに。。。メリーXmas。「ありがとーございます。」

18122415 
 4人の4年生にもそれぞれに。。素敵なものや面白いもののてんこ盛り。。
 予想通り 比べているから時間がかかるけれど、みんなは仲良しライバル。
 全員に割れずに入っていたトトロクッキー。そしてアクセサリーの数々。
18122416 
 おとなしいユウヒちゃんは 時々みんなのワイワイ騒ぎについていけないようたけれど 「よかったね。」と言うと「とってもスゴイです。」と。
 クマを離さない。
18122417 
 いろんな事があったけれど この日ココナちゃんはトトロの意向を汲み取ってテキパキと気配りしてくれた。みんなの個性が強くて感性も鋭くて。。困ってしまうこともあったりするけど なんだか楽しみな未来がある。

 これで 全部のアトリエクリスマスはホントのイヴに今年も終わった。
 今年最後のアトリエ。
18122418 みんなが元気で 全員無事なこと。
 それが最大の贈り物。
 災害の多い平成と言う時代に アトリエをつくって20数年。

 平成最後のアトリエクリスマスが流れ星のように過ぎて行った。

 皆様へ メリーXmas。。。。

2018年12月19日 (水)

クリスマスその2 サンタ出現

 アトリエの裏庭が天然のクリスマスを演出してくれていた。
 紅とグリーンのクリスマスカラーがきれい。

1812191 月曜日にあのM先生が自分の担任する小3のクラスのみんなのこさえたカードを届けて下さった。もう5回、続けて下さっている。
 火曜日に生徒のチャーリーさんが仕事休みでトナカイをしてくれたので、あちこちのトトロ応援団のところへ年末のご挨拶へ。。
 はじめに あのお煎餅屋さんに ファー民農場の白ネギをお届け。
 ・・・・そしたら おせんべいをたくさんいただいて。。。。
 次に 画材屋さんへ行き 白ネギと和菓子を。。アトリエのクッキーとチョコをたくさんいただいて。。恐縮至極。
 さらに、いつもトトロを取材掲載して下さる新聞社へ、故郷岩手りんごとクリスマスプレゼントと いただいたお煎餅やお菓子のお裾分けもお渡しして、年末のご多忙残業のときの足しにして下さいと。。。

  (Sデスクは取材で不在。記者のMさんと受付のKさんとの3ショット)
1812192 夕方5時にサローラが学校から戻るのを待って、市立病院6Fへ子ども達のカードをお届け。佐々木師長さんが楽しみに待っていて下さった。
 2014年 トトロの命を最初に助けていただいたところ。

 この日も天へ旅立った患者さんのことのあれこれを果たされてから、師長さんはトトロたちに「お待たせしましたー。」と走って来られたらしい。

 「ホントに癒されて 毎年このカードを受け取られる期間に出会えた患者さんはラッキーなんです。」と仰った。サローラもこさえる側の生徒として、貴重な体験をしたことだろう。なんだか お渡しするほうが有り難いキモチにさせられる。

 もし これをお読みになられていて よしっクリスマスカードをつくって送ろうと思われる方がいらしたら、是非トトロに送って下さい。年中無休のアトリエです。特に子どもたちの手づくりがありがたいのです。無垢なパワーは最強だから。
1812193 
 そして水曜日 国際クラスのクリスマス。
 仲良く7人で、前半のお絵描きタイムのあと そそくさと手を洗い、テキパキワイワイとケーキを飾る。
 一年生から六年生まで、3カ国合体のステキなクラスだ。
 ソージン君とアリスちゃんアレン君 ユリちゃんがはじめてのアトリエクリスマスを迎えるので、トトロは考えた。。。ここに本物のサンタさんが来てくれたらどんなにいいだろう・・・って。

1812194 トトロだものサンタさんの一人や二人、トモダチかも知れないよ。。って子ども達に言ってみた。「もしかしたら 今日こそ姿が見えるかも。」と言うと、アレン君が「ボクのお父さんは 子どもの頃 寝たふりをしてたら サンタが来て、影しか見えなかったんだって。」と言った。
 このクラスは誰も「サンタはいない。」と言わない。

 ユミちゃんが何か気配を感じて窓の外を見ている。。。。

1812195 
 みんなは一生懸命ケーキをつくりながら「少しサンタさんにもあげたいな。」と言った。・・・それから席につき クラッカーを鳴らし、みんなで上を見て大きな声で叫んだ「メリーーーー クリスマーーース!」・・・と そのとき。
1812196 

 アトリエの入り口から「ホッホーッ ホーーー メリーXmas」と入って来たのは・・・ジャーーーン。。。背の高い やさしそうなサンタクロースだった。
 大きな袋を背負っていた。
 トトロは英語で「あなたはサンタ?」と聞くと「オーYes。サンタジュニア。」と答えた。
 「みんなー。英語であいさつしましょう。」と言うと、ソージン君が必死で
 「ハロー サンタさん。」と。ソロンゴもアリスもアレンもゆりちゃんもサンタさんに釘付けで拍手でお迎えしている。「ナイス トゥー ミーチュー。」


 予想外にみんなが信じるもので、サンタさんがウルッとなっているし。

1812197  それからサンタさんの袋から トトロ先生が一つずつ出して 書かれたお名前を「ミスター ソージン」とか 読むと 本気でうれしそうに「センキュー」と受け取った。小さな手が大きなプレゼントを抱える姿を何故かカメラで写してくれているのはサンタさん。
 時々小声で「先生 感動しますね。」などと言いながら。。

1812198  欲しかったものたちのてんこ盛り。いちいち遊びながら出すものだから全部見るのに時間がかかるのなんの。。。

1812199  はじめての袋を掘り出すユリちゃんの肩に力が入っているし。。
 肺炎だったユミちゃんは どーしても行くと、お母さんの許可をもらって参加。
 「うー 元気になるー。」と。

18121910
 夢心地で小さなモノから出して並べるアリスちゃんは、時々サンタさんに英語で問いかけるけれど サンタさんの英語がちと怪しい。。。オーマイガーー

 ここはアトリエインターナショナルクラス。。。汗
18121911

 「せんせーーーーっ トトロのクッキー。」
 「えーーーーっ スゴいね。」

 横浜のずっかサンタさん。ありがとーーーー♡
 今年は新しいオーブン買われたとか。。。感謝。

18121912
 サンタさんに抱かれて 姿勢を正すアレン君。キンチョー。

 
18121913  そして みんなに手を振りながら サンタさんは帰って行った。
 靴下で追いかける子ども達。

 「入りなさーい。写真撮るよ。」とトトロ。

 「ほんとうに来たね。」「うん。」「見たね。」「うん。」と言っている。

 ミサキちゃんとユミちゃんはトトロと目で「よかったね。」と話した。


18121914 
 サンタさんがアトリエに姿を現したのは 初めてだ。

 少ししてOBのコウヘイ君が 学生服にコート姿でやってきた。
 オフィスでお茶してもらう間、みんなは片付けもそこそこに プレゼント袋はしっかりと抱きかかえてお迎えの親御さんたちと帰って行く。
 あれ。。という顔でコウヘイ先輩を見て「サンタさんに少し似てる。」と言った子にソロンゴが「ちがうよ。声も違うし メガネもかけてなかったし。」
 「そかな。」「うんちがうね。」「せんせい さよーならー♪」


 ありがとうコウヘイ君。アトリエにサンタが来た日に一緒に居てくれて。
 彼は演劇科のある大学に進学が決まっている。
 きっと いい役者になるよ。

 みんなの喜びのあとが 天井のモールにからまっていた。

 サンタは本当に居ますよ。

18121915 

2018年12月16日 (日)

アトリエクリスマス・・その1

 12月10日の月曜クラスで、クリスマス前のアトリエはおしまい。
 先日新しく入った「ゆうひちゃん」は4年生達にとって どの子とも学校で同じクラスになったことのある静かな優しい女の子だった。
 みんなは彼女を迎えて、新たなキモチで一緒に絵を描いて仕上げた。
 いつになく、ちゃんとしていたココナちゃんに帰り際「がんばったね。」と声をかけるとコックリとうなづいて何だか神妙な顔をした。
 マオちゃんもアカネちゃんも5年生も3年生も、満足そうな顔で過せた。
 いろいろあって 色々考えた期間のことはとても大切な時間だった。
 ゆうひちゃんは率先して後片付けをして「楽しかったです。」と微笑んだ。
 なんだか一件覧着。さあ次は本当のイブの日にアトリエで待ってますよ。

1812161 
 学校帰りのサローラがヒョイと立ち寄って いろいろな仕上げをしてくれた。
 いよいよアトリエクリスマスウィークのはじまりだ。

 三歳でモンゴルから来て、2年生のときアトリエに入ってから約10年。
 サローラがしみじみと言った。
「私 全部のことが 本当のサンタさんだと信じてましたよ。とてもうれしかったから。」
「本物よ。今も信じていいのよ。」トトロが答えて二人で握手。
1812162 
 12月15日土曜日前半クラス。
 みんなでこさえたケーキ1号はこれ。
    ☆その様子はあんまりゴチャゴチャなので省略します。
 ワイワイと「ありゃ。」「わーーーーっ。」「そうそう」なんかのてんこ盛り。

 そして完成
1812163 
 セラ君はバスケの試合で別の日に来るから、総勢6人。
 前半はいつものように絵を描いて、ユイスタッフが駆けつけてからケーキをこさえ それからみんなでクリスマスソングの流れるアトリエにクラッカーシャワー☆

 「メリーーーー クリスマース☆☆☆」
1812164 ドサッと大きな袋が玄関に届きユイちゃんとBOSSが運んでくれて・・・
 3年生の新人レイカちゃんの名前が袋にローマ字で書いてあるのを一番先に見つけて呼ぶと「わぁ。ちゃんと去年いなくても来てくれたんだ。」と本気でていねいに受け取る。それから上を見上げて天井の小さな穴をみつけ
 「あそこからサンタさん見てるかも。。」と急いで「ありがとーございまーす。」と叫んだ。
1812165 
 ユリナちゃんにもちゃんとあって、また穴に向かって何度もお礼を叫んでいる。
 今年 同じ時期に入って来た二人には、色違いのおそろいがいろいろと入っていたらしい。取り出す度にキャーキャーと笑う。
 いつもの風景がそこにあった。20数年来 変わらぬアトリエクリスマス。
 ガサゴソと袋を掘り返して出して 先生にいちいち見せてから並べて比べて
笑って 喜んで またしまって また出して。。うっとりと繰り返す。
1812166 
 やがて大きくなると、もしかしてサンタは先生かもと疑うけれど、それを決して口に出さずそのまま高校生になって卒業していく子ども達。

 そして いつの日かサンタになって帰ってくるのだ。
1812167 
 後半クラスには、自分の日に来れないユウタ君が加わった。
 そのことを本人が残念に思わない為に、みんなによろしく頼んだトトロ。

 静かなチャーリーさんの横で、クラスが違うのに自分にもサンタが来るかどうか不安のなかで とりあえず一生懸命に絵を描くユウタ君。
1812168 
 トトロが差し出したトナカイグッズをすぐにつけてくれた。
「ボク トナカイかぁ。プレゼントは来ないのかなぁ。」
「さあね。今年がんばったから サンタさん見てたと思いますけどね。」とトトロ。
1812169
  ミライちゃんにケーキのデコをさせてあげるみんな。
 ミライちゃんは 今まで一度も家にサンタさんが来た事がなくて、それでもこの日はお母さんがクリスマスのカチューシャを買ってくれたと、精一杯のオシャレをしてアトリエに来た。
 家では日本語と中国語で会話しているらしく、アトリエでもときどき日本語が危うくなるので トトロがしっかり教えていたらちゃんと話すようになった。賢い一年生だ。
18121610 
 ローソクのようにポッキーを挿して完成。
 受験生のアイ子先輩も心和むスマイル。
18121611 
 この光景はデジャブのように トトロの脳裏に再現され、子ども時代をアトリエで過し オトナになってあちこちで暮らすみんなの姿が蘇る。
 人生の中に本気でワクワクして モノではないヨレヨレの手製の袋に詰まった思いを小さな手で受け止めた歳月のあったことは オトナや親になってから必ず何かの支えになると思いたい。

 一斉にクラッカーを飛ばす、ただそれだけのひとときの何と楽しそうな顔たち。
18121612 
 ユイちゃんやチャーリーさんと分かち合うユウタ君。
18121613 彼はかたくなに「サンタはいないよ。」と言い張る子だった。
 物事が理詰めで解決しないことを否定し、無表情で寒そうだった。
 二回目のアトリエクリスマスを迎えたこの日、トトロが袋の名前を読むと「あーーっ、よかったぁ。」と駆けて来た。そして上にお礼を言い、中身をトトロに見せてミライちゃんとニコニコと遊んだ。

 とても安心してその様子を見つめる先輩のお姉さんたち。

 それぞれが幸福なひとときを過した日。
18121614 
 一番シアワセなのは この二人。やり遂げた感いっぱいの笑顔。
 ミカちゃんやらミカちゃん母やら モモコちゃんの母やら 隠れスタッフも居てくれて 何より全国の強力なサンタ同盟の皆さんからの差し入れや メグ先輩 しずか先輩たちからのおキモチやらで 今年も袋はパンパンになったこと・・・心から感謝致します。(この部分は子ども達にはナイショ)

 さてこれから続くサンタウィーク。
 どんなドラマが繰り広げられるのか それを楽しみたいのはきっとサンタさん本人なのでしょう。。。アトリエクリスマスは続きます。。。。。。。つづく
18121615 

2018年12月 9日 (日)

初雪の日

 だんだんに冷え冷えとして来る巷の12月。
 アトリエでは 密かに全国のサンタ会議が進行している。。

 そこに来て アトリエ入会希望の子が突如あらわれ 12月4日に面接をした。
 「ゆうひ」ちゃん4年生。
 あの 月曜クラスのアカネちゃんからアトリエの話を聞かされて ココナちゃんとも仲良しというので
 「あのね 他の学校の子たちもいるから あんまり学校の続きのようにしないで チャンネル切り替えて 絵を描くのよ。」と言うと、わかったように「はい。」とうなづいた。
 本当は違うクラスに入ってほしかったけれど お友達の居るクラスに入りたい。。。よねぇ。トトロも子どもだったら きっとそうだろうな。。と思って、月曜に決めた。

 この日は いろいろな話をして リースを創り、お母さんにもアトリエの説明をして おとなしすぎるというお悩みもうかがい、いろんな子が居るクラスになりそうだと想像するトトロ。

 ゆうひちゃんは うれしそうに帰っていった。さて どうなるかな?

1812081 
 翌日の5日水曜クラス。みんな元気。
 海や空を描くのが好きなアレン君と クリスマスリースの中に夕日が沈むミサキちゃん。
1812082 
 ソージン君も落ち着いて大胆なタッチで夜の海。
 この子にはそのうち油絵みたいなのを勧めてみたいな。

 やっぱり待ってて良かった。。成長してくれた。
1812083 
 ミサキちゃんのお母さんが働くご実家の花屋さんから届いたクリスマス☆ 感謝。。
1812084 
 ソロンゴちゃんはとても読み聞かせが上手くて、ハキハキとしっかり感情をつけて読むものだから はじめはからかうつもりで近づいた男子ふたりは すっかり絵本の世界にひきこまれている。 (撮影は向かいの席のユミ画伯。)
1812085
 翌6日の木曜夜クラス。
 高校生のカイキ君とサローラは 昨年はマサヒロ先輩がしてくれた 天井からの飾り付けに着手。ありがたい ありがたい。みんな大きくなってくれて有り難い。
 その後 トトロ特製ハーブ入りのおでんをおかわりして召し上がり、デザートのスイーツもペロリ。。「先生 美味しい時間でしたっ♡」絵とカードを少しして達成感のニコニコ顔で帰って行った。
 長くお休みだったムッチーさんも チョイと顔を出してコーヒーを一杯。
 「あーーーーー 落ち着きます。。」と。

 不思議なアトリエ。

 
1812086 


さて 8日の土曜日クラスは あちこちから代替えのお友達がランダムに混じって満員御礼。。
 「千と千尋」を 見事に表現したのは ハルカちゃん3年生。
1812087 
 出来たてのポップコーンを配るりょうなちゃん。
 ユウタ君は代替えでとなりにアヤカ先輩が居て なんかうれしそうに鼻歌まじりで ナスカの地上絵を描いている。いいとこ見せたいキモチがわかりやすいわ。笑
1812088 
 上からキラキラが下がって 益々クリスマスらしくなったアトリエで みんなはひたすら絵を描く。
1812089
。。。と そこに大阪のOGサンタ めぐみ先輩と大学生しずか先輩姉妹からの宅急便が。。。
 こっそりと サローラとユイちゃんに開けて見せた。「わぁ。。。」と声を出さずに 感謝感激。今年はおばあちゃんが亡くなられて 喪中の中でも二人はアトリエを思ってくれた。ありがとうね。大阪と神戸でがんばるのよ。また会えますよ。
18120810 
 そんなこととは つゆ知らず、ツリーの絵に貼り絵をほどこすテンテン君。
18120811 
 ライア君はさらに背が高いので こまかいデコレーションをつけてくれた。
 彼のファッションは昨年のサンタ袋に 何故か入っていたマサヒロ先輩の上着。
 背が伸び過ぎて背中が出ていたからサンタさんが寒そうだと思って 先輩から後輩へと譲ってもらったらしい。。。いろんなことをするサンタだこと。

 だから 先輩の仕事も受け継いだ。

 全国のアトリエOB OGのみんな、寒くなったから温かくして 元気でいるんだよ。
 後輩達は しっかりアトリエ魂受け継いでますよ。
18120812
 「さあ 次のアトリエは 今年最後です。クリスマスをしますよ。もしかしたらサンタも来てくれるかも知れないから 元気に来て下さいよ。」 
 「はいっ。」

 外に出たみんなの呼ぶ声がする。
 「先生ーーー、雪です。トナカイのソリすべりますよーーー。」

 12月8日 トトロ地方に いつもより遅い初雪が舞い降りた。
18120813 

2018年12月 4日 (火)

サンタの心

 11月のラストは26日の月曜クラス。
 あらら いつもと違ってみんな机に向かって何やら本気モード。

 トトロは あれからいっぱい考えた。
 もしかしたら 仲良しなんだけど、無意識のライバル心もあったり 女の子同士の何かが 色々なことの元になっているとしたら。。。と。

 で みんなが揃うなり声をかけた。ポースじゃなくて本音で。
 「頼みがあるのよ。このクラスしか出来ないことなの。」
 みんなは「え?」と 瞳がキラリン

 「病院へ届けるカードが少し足りません。手分けしてパーツを創って下さい。トナカイ サンタ 家 街 樅の木 その他 一番自分の得意なもの。」
 「はいっ。。」元気のいい返事が返って来た。みんなはアーティスト。

1812031 
 新人カコちゃんも 病院に届ける意味を理解した。
 そして一番得意なハリネズミをたっっくさん描いた。
1812032 この日のみんなは とてもがんばった。
 月曜クラスは いつも終わりに「いつ どこで。。」のゲームをしているから みんなで手分けするのが得意なのだ。

 「先生 20枚分できたかなぁ。」とマオちゃん。見ると可愛い雪だるまをイラストレーターのように上手く描いていた。
 「速いね。おかげでたくさんのカードになります。先輩や先生が切り抜いて貼ってもいいですか?」「はーーい。♪」

 では 残りの時間 リースの創り方教えます。よく見ててね。
 台紙を切って 創り方を少しだけ教えると、それぞれ個性的なリースがたちどころに完成していった。

 チカラを合わせて、ボンドを分け合い、リボンも譲り合い。
 
1812034
 好きなように自由に。。好きなやりかたで。

 トトロは言った。「楽しかったら100点よ。」
 
1812035 
 がんばりました。素敵なリースがサンタを呼んでくれるでしょう。
1812036  みんなの創った カードのパーツ。
 やっぱり みんなちがって みんないい。
 月曜クラスは満足そうにリースを持って帰って行った。
    深く考えてよかったと思った。
1812037 
 火曜日
 神戸のサンタ同盟 ラクヨさんからの「第一便」と書かれた荷物が届いた。。。。。ん? 何便まであるんだろ? ありがとう トモダチ。
 水 木 金と諸々の予定をこなして 熊田っちと買い物したり 美容院で若返ったり。。。。年末の届け物をしたり。。
 12月はトトロのペースが倍速になる。


 
1812038
 12月1日の土曜日クラスは 不思議なことに前半クラスがそれぞれの理由で 3人お休み。
 タカユキ君とレイカちゃんとミカちゃんが 一つのテーブルを使い、おかげでトトロは大きなテーブルで 色々なことが出来た。疲れも半分でありがたかった。

 初めてのクリスマスを迎えるレイカちゃんに いろいろと伝授するミカ先輩。
 「あのね サンタか来るんだよ。」「へーーーーーっ、すごい。」
 
1812039 
 後半も4人。岡山のハルカちゃんは次のクリスマスのときに来る。
 トトロはチャーリーさんに雪景色の描きかたを 楽しく伝えた。
 「面白いから おんなじようにやってみて下さいね。」「はい。」

 たまには絵も教えたりするのです。笑
18120310 
 アイ子ちゃんは ちびっ子たちが半分創りかけていたカードに イラストを足して完成させてくれた。 
 みんなはとても上手くて、ここに あれを描いて。。と頼むと 予想を超えたものが出来上がるのだ。
 ホントに絵が大好きなのね。
 中三で受験生のアイ子ちゃんに「ダイジョブでしょ?」と聞くと「はい。」と。
 迎えに来られたお母さんに「トトロはいつ退職できるのでしょうね・・」と言うと「ずーーーーーっと やって下さい。子ども達の大切な場所です。退職なんてダメです。」とのこと。

 こうなったら樹木希林さんのように 自然に枯れるまでトトロでいましょうか。
18120311 
 今のアトリエの窓を外から見たところ。
 少しずつ クリスマスがあらわれているような。。。
18120312
 12月2日の日曜日。
 カーテンもドアも閉め切って 恒例の秘密の仕事。

 3人は ケラケラと黙々と 手際よく シャンシャンと。。。。
 サンタ同盟の皆様からの箱を開け。。。この日の昼前にもラクヨサンタの箱が来て、トトロがフィンランドの100均で集めたたくさんの袋を開け。。。いろんな仕事をしたのでした。
 初めてのトリオなのに、長い事一緒に暮らしているかのようなアトリエ話で盛り上がり、姉妹のようにも見えたりしてね。
 共通点は「小学生の時 アトリエサンタを心から信じとった。」と。
 ユイちゃんは いつも寒い夜空を見上げて「ありがとーーーーーー。。☆」と 涙ぐみながら帰って行ったっけ。

 トトロは「あのねぇ。今でもいるのよ。こうして手伝えるって最高の贈り物だと思わない?」
「 ・・・・・・・・・・・・・・。ホントだ。」なんだかジーンとする3人。
 トトロからみんなに手渡したいのは サンタの心だ。
 
18120313
 アトリエの歴史は こんな若い弟子たちのおかげで続いている。
 
18120314
 全国のサンタ同盟 九州便月曜日に到着。
 ありがとうございます。
 今年もアトリエだけじゃなく 信じている子ども達や病む人 寂しい人に 皆さんの愛を分けます。
 
18120315 
 トトロ袋が空っぽになると 新しい年がやって来る。
 横浜サンタから トトロクッキースタンバイのメールが来た。

 アトリエ前の道並みには 紅白のサザンカがふっくらと咲いている。
18120316 

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »