フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

«  トトロ展終了。。明日へ | トップページ | 手紙 »

2018年11月14日 (水)

幸福の黄色いTシャツ

 11月の7・8とアトリエの教室が続き(7日の分は前回掲載)、8日の木曜夜クラスの時に、一度アトリエを卒業したてのクンちゃんが何やら人生の大切な相談があるからと訪ねて来た。
 「あのさ 6日に個展終わったばかりで疲れちゃってて しかも コンサート前だから重たい話は 軽く明るくしてね。」と言うと 声のトーンをわざと高くして色々話し出す彼。
 サローラとカイキ君は プププと笑いそうになるのをこらえて絵を描いていた。
 クンちゃんとサローラは腹ペコだったので トトロ特製カレーを大盛りに。。。

 満腹になると、なんだか落ち着いたみたいで「クンちゃん 土曜のリハと日曜のコンサートスタッフにならない?」と持ちかけてみたら。。。「やります。」と。

 こう来ますか。トトロのミラクル。何よりありがたいことだった。

 で 10日の土曜日も普通にアトリエをして、
 相変わらず ユイちゃんスタッフとりょうなちゃんに手ほどきを受けて上達著しいユウキちゃん。

1811131 
 まるでカフェのマスターみたいに 手際よく氷を入れるユウタ君。
 みんなの為に動くことが増えて来た。
1811132 

 ユウキちゃんのタヌキとユイちゃんのリス。
1811133
 宇宙はユウタ君。色彩のデザインは ハルカちゃん。

 
1811134 
 後半クラスもみんなが来て いつものアトリエ。
 コンサートに行く子と行かない子が居るから、翌日のコンサートの話はあんまりしない。
 ホントは全員に聴かせたいのだけれど、親御さんのチケットは買っていただかなくちゃいけなくて。。。そこが個人企業の泣き所だ。
 トトロがお金持ちなら みんなの分買います。。って言えるんだけどな。
 絵描きにお金持ちはいないのよね。
1811135

 でも トトロは「仲間もち」。
 11月11日。コンサート当日。集合したアトリエ軍団。
 右端のクンちゃんはおとなだから、このスタイルで会場係を任命。
 トトロの背が一番低いこと 新発見。笑
 みんな小さかったのにな。りっぱになってくれて泣きそうだった。
1811136 
 地元イベントの和太鼓演奏をしてから駆けつけたりょうなちゃんも揃って、全員でよその団体のチラシ入れをしているところ。
1811137  会場のあちこちにポスターを貼っちゃえと 動き回るみんな。
 自動販売機に貼ったのはOKだったけど 壁はダメと言われてあとでちがうところに貼りなおした。
 指示したトトロは「あらぁー。、。、子ども達が貼っちゃいましたか」としらばっくれて みんなに睨まれた。エヘへ。
1811138 まだ受付していないのに長蛇の列。
 黄色軍団はそれぞれの持ち場についてスタンバイ。
 「あなたたちの最大の役目はね。さわやかな姿で皆さんを元気にすることよ。」 「はいっ!」
1811139  お母さんと来てくれたケントクンとコーセー君たち。
 「先生 中学になったらあのTシャツで手伝えるんですよね。」
 「そうよ。頼みますよ。」
 「はいっ。」
18111310 アトリエの子ども達は一回目の「夢街コンサート」のときからスタッフをしている。マサヒロ先輩やシュウヘイ先輩が高校一年くらいで5人の男子が集まり「アトリエファイブ」という名前で 重要文化財の建物の前での野外コンサートを手伝った。スモークを出したり ステージを運んだり、壁を押さえたり。
 そのとき黄色いTシャツをこさえた。
それからBOSSは毎年、鳥取の名所や自然豊かなロケーションで多数のゲストを招き、ひたすら鳥取の素晴らしさの再確認と 音楽が伝える感動で 鳥取のおとなしい皆さんが起立して拍手をされるようなひとときを と 隅々まで演出し、スクリーン映像を初め 色々な工夫を凝らして 続けて来た。
 助成金もなく、商売だと言われ、格安の2000円でも高いと言われ、そんな中で確実にファンを増やして続けることがミラクルだった。

 トトロの個展とBOSSのコンサートは、あまり利益にはならないけれど、たくさんの皆さんにハッピーと元気を、と。それが共通の魂だ。
 そのことを黄色い軍団は100%理解して名乗り出てくれている。
 礼儀正しく 爽やかで可愛く、受付もいつの間にかコンサートの名物になった。
 遅れていらっしゃった方は ちゃんと席までご案内している。
18111311 
 いよいよ幕開け。
 幕開け前のMCはアトリエのユキノちゃんが立派につとめた。
18111316 
18111317 
 ソプラノのプロ歌手寺内智子さんが 朗々と「蝶々夫人」を歌い上げると会場は静まり返った。
 去年は出来なくて、2年ぶりとなる今回の夢街コンサート。
 
 今年他界したBOSSの父は大ファンだった。「すごい。素晴らしい。」といつも言ってくれていた。
 今年BOSSは田んぼもコンサートもやり遂げましたよ。
 トトロだって 倉吉の個展やって来ましたよ。
 見ていてくれたでしょう。一番いい席でニコニコと。
18111318 休憩なしの2時間の夢街の旅。
 アトリエのカノちゃん親子の後ろから スタッフ予備軍のケント君コーセー君。

 トトロが春に個展していた大山の方の南部町のNさんご夫妻も あちこちで知り合った新しいお知り合いも。
 次第にお客様の顔ぶれも変わり、時の流れも感じつつ。
18111312 達成感と連帯感で感極まったアトリエ軍団2018。
 同じお弁当をいただき、リハーサルにはBOSSと握手して若いパワーを差し入れし、大きな声で「ありがとうございましたっ。」とお客様をお見送りしていた。
 「みんな よくやりました。100点でしたよ。」とトトロ。「ヤッター」
 大学の決まった子二人、高校受験生のアオイ君。デビューしたユイちゃんりょうなちゃん。サローラとカイキ君は2回目。そして立派に役目を果たしたミラクルクンちゃん。
 全員を6歳当時から知るトトロ。
 信頼関係は何より大事。みんなはそのことをまた学んだ。
 この日 アオイ君はマサヒロ先輩が一回目で身につけていたTシャツを着た。
 背丈は当時の先輩と同じになっていた。

 やがて離ればなれになるけれど みんなはこの日を忘れないだろう。
 「先生 何だろう このホワホワしたキモチ。」
 「それはね。感動だよ。」
 みんなは離れ難いようで お迎えのいらした順番に帰るのを 残る子がいつまでも見送っていた。
 アトリエサイドからのコンサート。満員御礼。接客100点。みんなよくやりました。
 プロのようなMCをつとめたユキノちゃんが言った。
 「あーぁ。明日は学校かぁーー。」みんなもウンとうなづいた。ガンバレ。
18111313 
 翌12日は月曜日のアトリエ。
 コンサートに行ったカノちゃんとカコちゃんは こっそりとBOSSと握手した。
 マオちゃんも行ってくれたけど 友だちのココナちゃんたちに合わせて平成に絵を描いた。
 相変わらずドタバタといろんな事の起こるクラスだけれど、最後は締めのゲーム「いつ どこで・・」をして楽しんで帰った。
18111314 
 トトロが倉吉の個展でいただいた「デコパージュ」の作品を見せると、「してみたい。」と みんながコンサートのチラシのトトロ画を重ねて貼ってたちまち創った。
 「立体のカードもいいねぇ。。」
 また アトリエにはクリスマスが近づいている。
18111315  

«  トトロ展終了。。明日へ | トップページ | 手紙 »

アトリエ日記」カテゴリの記事

コメント

毎年・・ というより 年々BOSS企画のこのコンサート 
アトリエの皆さんの集結力と責任感を持ち合わせて 
みんなでサポートする姿に感動します。 
トトロファミリーの絆の強さったら。。。 
参加できない生徒さんに気遣いも忘れない 
優しい気持ちも。。。 イベントを経験することで 
知らず知らず人生勉強してるんですよね 
こんな教室 他にないぜよ 師匠。(^_-)-☆ 
  
生の音楽って いいですよね 
響いてくる音を 全身で感じ 歌声に酔う 
至福のひととき♪ 
私も 今日 音楽映画鑑賞してきて やや 
興奮気味でありますが‥‥  
 
秋の個展とコンサート 
来年も 成功されますように 

p(*^-^*)q がんばっ♪ 

プ二 様
ありがとうございます。
スタッフたちを送り迎えして下さる親御さんたちの「いい経験になります。」の意識に支えられて、黄色いメンバーは集まります。
コンサートに来て 気取らない素敵な音楽アートに惹き込まれた子が 受付けを見て いつか自分も手伝いたいと・・・・。
 トトロはアトリエで一体何を教えているのかな。
 絵を描きながら 人生は素晴らしいことを伝えたいと思っています。
 しかし 今年は倉吉展とコンサートが近くて本当にどちらもやり遂げられたことがミラクルです。また さらなる感動を目指してやっていこうと思います。
 トトロの背中を見て育つ愛弟子たちに、あきらめないことを見せたいな。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556626/67377405

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の黄色いTシャツ:

«  トトロ展終了。。明日へ | トップページ | 手紙 »