フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ちびっ子ギャング | トップページ | 相談 »

2018年9月23日 (日)

お彼岸のころ

 18日の火曜日に友人の熊田っちと アトリエOGのヒロ子ちゃんが職員として勤務する 障害と共に暮らす人々の支援施設の利用者さんたちの作品展に出かけた。

 大きな会場をグルリと周り トトロも熊田っちも言葉にならない静かな感動を味わっていた。
 「シアワセな思いで作品を創作しておられるんだね。」とトトロ。頷く彼女。
 職員の皆さんの並々ならぬバックアップと展示のご苦労は察せられたが、大部年齢の高い方達の作品も ピュアでパワーが伝わって来る。
 いわゆる 普通に社会参加してあたりまえに暮らす多くの健常者は こんなにうれしく堂々と自己表現出来ているのかな と 思った。
 じゃあトトロは?と考えた時 むしろ ここの皆さんにも近いハングリーさと幸福な創作力があるのかもしれないと思った。
 他に出来る事が無い 幸せ。不自由な身体を持つシアワセ。
 ヒロ子ちゃんは居なくて、当番の先生にドリンクやチョコをお渡しして メッセージを書いて会場を後にした。
 秋口はいろいろな展示会が多いけれど 県展やらオシャレな作家の創作展には失礼をして ここへ来てよかった。山の湧き水をいただいたようなキモチだった。
1809221 
 日頃は多忙な熊田っちと久々のランチをして 街角の金木犀の香りにに癒されてから ようやく完成した個展のときのご注文の作品を二点 額装屋さんに頼んで 満ち足りたような気持ちで長い長い酷暑が終わったことを感じていた。
 35度超えの暑い日々は 全く外出せず、呼吸も苦しくなったりして 病院とアトリエと法事で精一杯だったから、やっと外の空気で深呼吸のシアワセに感謝した。
1809222 
 翌19日 アトリエ水曜クラス。にぎやかな声で一番にソロンゴちゃん。
 そそくさと みんなの準備を手伝ってくれて うれしいだらけの2年生。
1809223 
 外は秋晴れ。雲が秋のカタチ。「見てごらん。。」と みんなで見上げた。
1809224 
 靴のようなデザイン靴下のソージン君と裸足のアレン君は このまま外へ出た。
 「あなた達はワンコですかっ?」とトトロ。みんなで爆笑。
 犬好きの二人はうれしそうに「ワン ワン」と笑っているし。。。。笑
1809225 
 お花屋さんのミサキちゃんのお母さんに頼んで お花を持って来ていただくと早速描いたユリちゃん。一年生。
 みんな上達していることに 本人達は無自覚なのがとてもいい。
 空も風も花も みんなのキモチに届くと絵になる。
1809226 
 毎回 一心に描き切るアリスちゃん。バムとケロの物語を描いた。
 ソー君と遊びつつ ハリネズミと虹を描いたアレン君。
 まだ三年生の二人。
 このクラスには4年生をのぞいて 1年から6年までそろったね。
 アトリエは、山の小さな分校のようだ。
1809227 
 6年生のユミちゃんは とてもオトナっぽくなった。
 小さな粘土の動物を毎回こさえて カウンターを飾ってくれる。
1809228 
 木曜夜は カイキ君がサプライズの幸福を味わった。
 他の皆さんが全員 それぞれの都合でいきなりの欠席で トトロとマンツーマンの楽しい二時間を過したのだ。ケーキも二個ずつ。飲み物もお好みで。
 本当に絵が好きな彼に 色々な描き方を手ほどきすると「初めてかも。」と。
 もうアトリエ11年目にして 初めて「絵を教わりました。。」と彼。爆笑。
 いつもは 少しアドバイスするだけで  みんな思い思いに描いているからね。
 高校生活の話もたっぷりしてくれて、「楽しかったーー。」と満足そうだった。
 こんな日もある。
 「マサヒロ先輩やシュウヘイ先輩に会いたいですね。。」 元気かしらね。
1809229 
  22日の土曜日クラスのとき あの展覧会を見せて下さった施設に勤めるヒロ子先輩が おっとっと と カルピスを差し入れに来てくれた。
 「トトロ先生 観に来て下さってありがとうございました。」って。
 ユイちゃんスタッフが「あ ヒロ子先輩だ。」って 見つけて喜んだ。
 みんなには 施設の利用者の方達の作品のステキさを話したところだったので「ほら さっきの話のところで 指導したりしている先輩だよ。」と紹介。
 ひとしきり みんなの絵を見てくれて オヤツも乾杯も一緒にしてから
 「トトロ先生 アトリエ続けてくださいね。」と またもや 先輩達がみんな言うプレッシャーをトトロに与えてくれて 帰って行った。トホホ・。・。・
18092210 
 後輩たちは 楽しそうに全員学校も年齢もちがうのに はずむような会話と集中した創作と。。。アトリエの空気は気持ちよさそうだった。
 ユウタ君は 佐治アストロパークという天文台のあるところで「月の祭り」があるというので早帰りをした。
 りょうなちゃんの住まいは その佐治町だ。
18092211 
 陶器のオルゴールをステキに描いた3年生のハルカちゃんと お迎えについて来た小さな妹たち。「おねえちゃん スゴーい。」
 残したオヤツをていねいに包んで 妹たちに渡す光景も アトリエ名物の伝統シーンだ。
 誇らし気な「お姉ちゃん」
18092212 
 前半 後半 4時間続けて欠席した替わりの時間を埋めているりょうなちゃんは、後半のテンテンマジックを見るのは初めて。
 拍手しながらみんなして見物。腕が上がっているし。
 「将来はドクターになっても マジックが出来ると小児科なんかで役に立ちそうだね。」とみんな。。。本当にそうなるような気のするトトロだ。
 未来はたっぷりとある。夢は叶います。
18092213 
 みんなの未来が満月のように輝きますように。
18092214 
 夜空にはお月様が 中秋の名月のリハーサルをしていたよ。
 
 だんだんに秋。夜が長くなって来た。
18092215 

« ちびっ子ギャング | トップページ | 相談 »

アトリエ日記」カテゴリの記事

コメント

(。uωu)<こんばんゎ師匠。 
今夜の月は 恥ずかしがりやのようで…残念です 
ですが 流石にお彼岸 夜風がひんやり変わりました 
陽が落ちるのも早く 一日が過ぎるのも 早い~~ 
「。。。。展」という 催し物も増えてきました 
芸術を楽しみたくなる季節 満喫したいですね 

11年目にして 師匠と二人の時間を 
始めて体験したというラッキーボーイ君 
 やる気スイッチON で パワーアップ? 
それにしても11年も継続してることが凄いです 

先輩・後輩 みな元気 
トトロファミリー 永遠に不滅です

プ二 様
ありがとうございます。
暑さ 寒さも彼岸まで。。。昔の人のことわざはズバリですね。

ラッキーボーイとの夜のアトリエ。。日頃話せない自分のことやら語ってくれて いっそ休みにしようかと思ったけれど やってよかったです。
秋のいろいろな展覧会は 暑いときに準備されたことを思うと頭が下がります。
さてトトロも ようやく創作スイッチ入れて秋の倉吉展に向かいましょうかね。先輩 後輩 みんな見てるからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556626/67196249

この記事へのトラックバック一覧です: お彼岸のころ:

« ちびっ子ギャング | トップページ | 相談 »