フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 夏の終わりのサンタ | トップページ | ちびっ子ギャング »

2018年9月 9日 (日)

大自然の中で

 日本中が哀しくなるような地震が起こってしまった。

 北海道の皆さんに 心からお見舞いとエールを送ります。

 artアトリエのOGの北海道のアヤちゃん、ご無事でお元気でいてくださいね。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*
 台風の影響も大きくて 子ども達の色々な行事が順延となり、5日の水曜クラスに来たみんなは ニュースで見た大きな台風の話を次々と報告。
 おかげさまで鳥取は一時風雨が荒れてから いつものように逸れて行ったので休校にならず、みんなは安心と残念の入り混じった顔でやって来た。
 さっそく描き始めるアリスちゃん。ニャンコの図鑑を見て参考にしている。
1809091 
 5年生のミサキちゃんのところに集まって、オヤツ係のつもりのソー君とソロンゴちゃん。ワイワイ言いながらいろどりよく並べているところ。
 「お皿の上もアートなんだよ。」とトトロ先生。「はーい。。」
1809092 
 離れて座っていたのに おんなじタッチの色鉛筆画。
 ユミ画伯とミサキ画伯。ものがたりのようだ。
 「ホントは今日 修学旅行の予定なんです。アトリエがあってよかった。」とユミちゃん。京阪神の交通ストップで順延になったとか。
1809093 
 穏やかなニャンコの野原を描き切ったアリスちゃん。記念撮影に参加するアレン君。まだ小学三年生だ。アトリエが楽しくてたまらないらしい。よかったね。
 土曜に運動会があるから晴れるといいな。。。と心配していた。
1809094 
 ユリちゃんの流星群。ところどころのほうき星に小さい魔女が乗っている。
 一年生のユリちゃんの後ろで二年生のソロンゴちゃん。。。お姉さん役だ。
1809095 
 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━
★2018年 9月6日木曜日 午前3時8分 北海道が大きく揺れた。最大震度 7。
 寒過ぎた冬から 暑すぎる夏 そして大きすぎる台風と豪雨と たくさんの被害と共に季節はなんとか実りの秋を迎えようとしていた時のこと。
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…
 未明の出来事は終日TVで流れつづけて、ただショックでなすすべもないトトロは、それでも木曜夜のアトリエの準備を整えた。
 
 そこへ 卒業して行った「くんちゃん」からメールが入り「ちょっとアトリエに顔出します。」と。「はい どうぞ。」と返信。
 いろいろと人生の岐路に悩み苦しくなって 話しに来たのだった。
 やがてサローラとカイキ君も来て、トトロの手づくりケーキでお茶にして 少しニュースも見ながら、生きていくことについて語り合った。
 未来がたくさんあると言う事は それなりに悩む事も多くて、話す相手が居れば解決は出来なくても 少しだけ心があたたまるものだ。
 みんなよりも少し長く生きて来たトトロは 経験からしか話せないけれどもそれなりに「行動してみて失敗したほうが 何もしないで後悔するよりステキなんだよ。」と 自分の言葉で話すことが出来た。
 何より健康な若さがあるみんなだから、トトロのような身体でも出来る限りの範囲でアトリエや絵描きが出来ていることは 力強いメッセージになったようだ。
 この日は特に 地震のこともあって、天災にも遭わず こうしてアトリエに来られた事への有り難さがひとしおで みんなは「よしっ。頑張りますっ。」と。
1809096 
 勤務されている中学のサッカー部が全国大会に進んだために 夏休み返上で顧問として活動されていたムッチーさんは 久しぶりに登場されて お月謝をお供えのように置いていかれた。
 アトリエ歴21年。最古参の生徒さんだ。アトリエの歴史を全て知っている。
 もう 最後まで居て下さいよ。
1809097 
 さてさて8日の土曜日クラス。
 ハルカちゃんは指で描いたライオンの絵に満足そう。3年生のおとなしい子。
1809098 
 こちらは1年生のユウキちゃん。
 ついに11匹を描き上げた。
 みんなとおんなじ画用紙なのに デッカい紙に見えちゃうね。
 小さい手で懸命に描いている。
1809099 
 ユウタ君は ついにタカユキ先輩が来なくても大丈夫になった。
 「もう だいじょうぶです。」と自分で申告。
 絵のあとに ビー玉のおもちゃを創っている。
 トトロは「早稲田の理工学部に行って発明家になったら?」と言うと「ワセダってなに?」と。笑
18090910 
 後半クラスにさしかかって ついにユイちゃんダウン。
 実は ユイちゃんの中学校はこの日、雨の中 体育祭を決行したとか。
 朝6時頃に判断して知らせが来るらしく、前夜もザーザー降りだったので中止と思って夜更かしをしたらしくドロドロで体育祭をして来たユイちゃんは 前半のクラスのお手伝いに駆けつけてくれてから 後半の生徒に早変わりしたとたんバタンキューsleepy 
 かつて先輩たちも使い アオイ君も爆睡した伝統のアトリエ枕に吸い込まれた。
 みんなは「先生 音楽の音少し小さくしてあげて・・」なんて優しかった。
18090911 
 アオイ君の学校もライア君の学校も 晴れる日まで順延になったこの日の運動会。
 学校によって判断はそれぞれらしく、春に行うところもある。
 全員の学校がちがうクラスなので ユイちゃんのくたびれた後のスタッフ魂に みんなが感心した。
18090912 
 めまぐるしく 全国で自然の猛威が荒れ狂う中、いろいろなことが予定通りに行かなくても 疲れていても集まって来た子ども達は、お互いを思いやりつつ絵を描いて行く。
 トトロはそんなみんなが愛しくて 長崎からいただいたマスカットやラクヨサンタからいただいた濃いめのカルピスや 手づくりのお菓子も用意してねぎらう。
 「みんな よくがんばったね。」。。。いつもみんなの笑顔にパワーをもらう。
 今年初めてアトリエに生けたコスモスが 二輪だけ咲いて小さな秋を告げていた。
18090913
 人は大きな自然の中で生きている。
 何も起こらない日の有り難さを 子ども達と話し合っている。
 

« 夏の終わりのサンタ | トップページ | ちびっ子ギャング »

アトリエ日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
この間の地震、僕も北海道の富良野に知人がいて
心配してメールしたら、「こっちは大丈夫です」と元気な返事が返って来て安心しました。
きのうは少人数で落ち着きました。
教室でも見ましたけどもハルカちゃんのライオン、色がいいですね。きっともっとうまくなりますよshine
自然の中で…。
ひとつ、自分たち人間も他の動物もこの地球から生まれて来たのですから。といっても難しいですよね、人間はより良く生きようとする動物ですので。

チャーリー69 様
ありがとうございます。
災害を避けてもらって 絵の描けることは奇跡ですね。
ありがたいことです。
いつものクラスも 一番少人数。
ゆっくりとお過し下さい。

一瞬にして 昨日まで横にいた家族や友人が 
消えてしまう悲しみって 一番つらい事じゃないでしょうか 
天災だけに怒りの持っていき場もありませんし… 
今日一日を無事に 過ごせた幸せ 
家族のぬくもり 大切に・・ 感謝 
 
あ、 福岡では 雨に体育祭をした学校の生徒が 
低体温症で 緊急搬送されたんですよ  
学校側も もう少し慎重になったほうが…^^; 

画伯のみなさん 元気な絵をありがとう♪ 

プ二 様
ありがとうございます。
あちこち天災の被害の大きい酷暑でしたが ここに来てでっかい北海道が未曾有の地震。とても大きなことで言葉もありません。
日本中に断層が貫いているから いつどこで起きてもおかしくないとか。
天の怒りかとも思ってしまいます、

で やっぱり雨の中の運動会は危険なのね。緊急アトリエ枕出動。。。
画伯のみなさんは 元気な絵を描いてます。なんか 救われます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556626/67147777

この記事へのトラックバック一覧です: 大自然の中で:

« 夏の終わりのサンタ | トップページ | ちびっ子ギャング »