フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月26日 (日)

夏休みが終わった

 メールで「お会いしたいので・・」と自分の勤務が休みの日を伝えて来たのは、初代アトリエ生徒スタッフの「あきちゃん」だった。市内の病院勤務だ。

 マサヒロ記者と同い年で、小1でアトリエに来てから高3までいて、スタッフもしてくれて 大学で県外に出てからも年に一度くらいはアトリエに顔を出し、医学を学んだのでトトロの心臓のときには駆けつけてくれた子。
 ソウルメイトでもあり 家族のようでもあり お互いに通い合うことが多い大切な関係だ。
 卒業 就職 結婚と人生の節目にアトリエに来たので、トトロは察知していた。
 21日の火曜日にアトリエに顔を出すなり、「先生 おなかに赤ちゃんが。。」とニコニコと報告。「やっぱり。。。。おめでとう。」とトトロ。
 ちょうど今、岩合さんの猫展をしている会場へ彼女の運転で出かけた。
 ニャンたちの可愛い写真に癒され、会場近くの神社にある茶屋でひとやすみ。
 「先生 ほらアトリエって書いてある。」「ありゃ ホントだ。神社支部だね」
1808251 
 二人で安産をお願いして、手づくりシャーベットと冷たい梅ジュースをいただきたくさんの話をして、お守りを買って渡した。
1808252 彼女の話は酷暑で弱り切っていたトトロにエンジンをかけた。
 「12月に生まれる予定なので 子どもが一年生になったらアトリエに通わせたいと夫と話してます。」
 「・・・・・・・・ガーーーーーン☆」(お 終われない。。。)
 「はいっ。待ってますよ。」
 こんな風に あきちゃんは昔から何かをあきらめそうなトトロのところに来て無意識にスイッチを入れてくれる子だった。もう20年のおつきあいになる。
 あと7年か。これからも夏は暑いのかな。どっこい 生きていなくちゃね。
 約束は守ろうと思った。
1808253 
 台風が刻々と近づく中、36度超えの水曜クラスは全員元気に集合。
 
 スイカの種をボンドでくっつけたヒマワリたちも完成したユリちゃん。
 小学生として初めての夏休みだった。
1808254 
 サメたちのシルエットの見える海は アレン君の作品。
1808255 
 ソージン君と指ずもう。
 大らかで国際的なアトリエになった。
1808256 
 こちらモンゴル親善大使。
 「モンゴルの夏休みは3ヶ月もあるんだよ。」とソロンゴちゃん。
 するとすかさずアリスちゃんが「オーストラリアでは宿題がないんです。」
 全員「いーーーーーなーーーーーーー!」と絶叫。
 ガンバレ日本の子ども達。ちょっと宿題が多いような気のするトトロでした。
1808257 
 ものすごい天気図だったので あらかじめ木曜夜クラスは台風の為の順延を報せていたら、ひょいと台風がかすめて逸れた。
 交通はストップしあちこち避難の誘導も絶え間ない中、ザッと降って ヒュイーンと吹いておしまい。まあ 「カラ振りでも準備は万全に」とTVで言ってたし。
 何より気圧のせいか トトロはしんどくて寝たり起きたりグダグダだったので
お休みにしてありがたかった。人も自然の一部だと痛感する。
 台風も去り、またもや酷暑が戻った25日土曜日クラス。
 夏休み最後のアトリエ。前半も後半も元気に全員集合。
 絵本「11匹のねこ」にはまっている1年生のユウキちゃんは 絵も粘土も11匹ずつこさえなくちゃいけなくて大変。粘土名人りょうなちゃんの手ほどきを受けている。
 「うまく出来たね。がんばろうね。」
 なんだか先生が何人も居るみたい。ありがたいことだ。
1808258 
 「アンディとライオン」の絵本が好きなので、ペン画とパステルでチャレンジしていたコーセー君。満足な出来映え。
 スタッフユイちゃんから連絡があり、テニスのダブルスで勝ったから 後半からになるということで、トトロ多忙につき前半の写真はこれだけ。
 ユウタ君ケント君アイ子ちゃんにモモコちゃん。。。みんなそれぞれの作品に向かって、いろいろと試行錯誤で過ぎて行くアトリエ時間。
 「月曜から学校だけどさ。。。終わった?」と恐る恐る聞くと 小さな声でみんな「あと少し。。。」とつぶやいた。何が終わったのかを言わなくても通じるのよね。
 それでもアトリエに来るのね。がんばれーーー。あと一日ある。
1808259 
 後半クラスのみんなにトトロは告げた。
 「ユキノちゃんは今日でアトリエを卒業します。」
 みんなは こっそりと彼女に感謝の手紙とイラストを書き始めた。
18082510 
 声優登竜門コンテストの予選を勝ち抜き 日曜に決勝に出場するユキノちゃん。
 モモコちゃんとの2ショットもこれで見納め。
 トトロに替わり みんなに絵本を読んでくれて、息の苦しいトトロはとても助かった。いつも読んでくれているうちに とても上手になったのでみんなして「声優さんになれば?」と言ったこともあった。
 演劇の道にも夢を抱く17歳。これからも応援しているよ。
18082511 
 この日トトロは東北弁で絵本を読んだら それはそれは受けてしまったぺさ。
18082512 
 二冊目は生まれ変わって少年になった魚の話。「チョコレートを食べたさかな」
 そのあとユキノちゃんも朗読してくれた。
18082513 
 全員からの手紙を渡し 彼女もみんなに手紙を渡し、小学生時代から高校までのアトリエの思い出を語り。。。トトロはアキちゃんの子どもが入って来るまでアトリエを続けると伝えると、「よかったー。必ずまた顔を出しに来ます。」と。
 ちょっと別れの空気にしんみりとしている 兄弟姉妹のようなクラス。
 「また 会えるよ。」「また来てね。」「みんなもがんばってね。」
 「ありがとう。」「元気でね。」それぞれと挨拶を交わす。
 トトロからの言葉は
 「また会いたいと思ってもらえる人になれたら最高の人生よ。」これトトロの思い。一番不幸なのは 忘れられることだから。
18082514 
 やがて それぞれのお家の方が迎えに来られて、とうとうガマンしていたキモチがあふれ ユイちゃんやモモコちゃんとハグするユキノちゃん。
 「先生 さみしいよーーー」ユイちゃんが叫んだ。
 「男の子たちもハグしていいのよ。」とトトロ。
 「エー。。」と言いつつ 彼らは握手した。
18082515 はじめはお互い知らない同士。
 別れる時には こんなにつらい。
 そんな時が必ず来るのも知らずに永遠を信じる低学年たち。
 アトリエの歳月の中で、トトロは二度と会えない別れにも会った。
 だからこそ こうして巡り会う事は 奇跡的なご縁だと。。言葉ではなくいつもの「ありがとう」の中で伝えていきたい。
 酷暑は長く続きっばなしのまま、大変な夏休みが終わる。
 子ども達は 身も心もたくましく成長して やがて来る秋を迎える。
 みんな 本当によくがんばりましたね。

2018年8月19日 (日)

盆明けのアトリエ

 今年の夏は暑過ぎて、静かな気持ちになるのが難しかったけれど、心の中で「盆が過ぎたら秋が来るから。。」と祈るように信じつつ過した。

 お盆の諸々のことは、義姉妹の家族と義父の兄弟など 幼児から80代までの多勢の集まりとなり、まだまだ暑いけれども晴天の中 初盆の義父を供養して みんなで読経したり墓参りをしたり 食事処でゆっくりと山の幸を味わったり、つつがなく過ぎて行った。小さかった姪や甥が大人になって助けてくれて頼もしい。
 
 14日 お客様が帰られてからTVでは しゃんしゃん傘踊りイベントのプレステージにゲストで歌っていたのは、トトロの故郷の新沼謙次さんでびっくり。
 ようこそ鳥取へ。。。会いに行って岩手弁で話したかったなぁ。
1808181 
 夜は街中シャンシャンと鈴の音にのって傘の花が一斉に咲いた。
 今年もBOSSはカメラマン。
 アトリエキッズもどこかで踊っていたのだけれど とうとう見つけられず。。それでも最後の21時まで撮影して 長い14日が終わった。
 どの家にも仏様が帰られて、短い盆祭りの間 日頃は静かな街並みがざわめいて
15日の千代河原の大花火大会の音を遠くに聴きながら 家の前の川に蓮の葉に乗せたお団子やそうめんや 甘い和菓子と一緒に小舟で流して仏様達を見送った。
 「また 来年ね。」
 雨乞いの傘踊りのおかげで 花火の15日は雨の中。それでも人々は詰めかけて
花火の傘に酔いしれた。
 盆が終わった夕方から いきなり涼しい風が吹いて来た。
1808182 
 18日の土曜日。
 前回 自分のクラスを休んだユウタ君が代替えで来て 満員のアトリエ。
 タカユキ先輩のクラスなので隣に座ってもらい、お父さんがコピーして持たせて下さったユウタ君の「描きたいもの」を見て、真剣に丁寧に描き切った。
 
 トトロは彼の頭をグリグリとなでて「よくがんばりましたね。100点だよ。」と言うと「うん。」とニッコリ。彼はいつも描きたいものと描けるもののギャップにイライラしつつ、途中やめをしがちだったので
 「描きたいものがちゃんとあるのは とてもいいことだよ。どうしたら描けるか考えなさい。」と 言い続けて来た。
 この日 アトリエに来て初めて 2時間集中し立ち歩かず描いた。
 そして オヤツを「妹がお熱を出したから 持って帰る。」と言うので、「優しいね。妹ちゃんのは先生があげるから。」というと自分の分を食べた。
 スタッフのユイちゃんやミカ先輩は、彼の変化と進歩に感心してトトロを見てうなづいた。
 みんなが見ててくれるよ。大丈夫。ステキな人になるよ。
1808183 
 前の日TVでトトロを放映していたものだから、トトロを描くレイカちゃん。
1808184 
 小鳥の居る森に トトロがいてドングリも描いて完成。
 「たのしかったー。」って。
1808185 
 「せんせいは 本当はトトロですよね。」と信じているユリナちゃん。
  猫バスをBOSSの部屋から借りて来て 自分の絵に描きたした。
 トトロ先生のエプロンを貸してあげましょう。
 この日アトリエはトトロの話題と、2歳児を見つけたボランティアのおじさんの話題で持ち切り。
 「つまりトトロのようなおじさんなんだね。」「うん。メイちゃんが迷子の時猫バスで助けたもんね。」「そだよ。心がトトロなんだよ。」
 トトロ先生は少し照れつつ笑いながらみんなの話を聴いていた。
1808186 
 ミカ先輩もユイちゃんスタッフもトトロになった。
1808187 
 「10月10日6時は トトロの時間だよっ。」とユウタ君。
 なんだかキリリと男らしくなった。
 この日はユウタ君のアトリエ記念日なのよ。
 それとなく見守ったタカユキ画伯にも告げて、これからはユウタ君 こちらのクラスに移ることにした。
1808188 
 後半は代替えのハルカちゃんと岡山のハルカちゃんとで「ダブルハルカちゃん」が揃い、ヤチルちゃんも来て、チャーリーさんは体調不振で欠席。
 きっと盆の仕事がとても忙しかったのだろう。
 「おとなは大変だね。」と子ども達。
 宿題を抱えるみんなも大変なのに、いつも子ども達はやさしい。
 大胆に指で描くことを教えると、さっそくライオンのたてがみを描く新人の方のハルカちゃん。
1808189 
 きれいにこんがり焼けている岡山のハルカちゃんは、トトロ特製アイスキャンデーとよく似合う。
 遠くから、通い続けて6年目。
 男子ばかりのソフト部の紅一点で キャプテンだ。素晴らしい輝きのある子。
 「アトリエに来る日はとてもうれしくて ワクワクします。」って。
 この笑顔で元気の出るトトロ先生なのよ。
18081810 
  絵本を楽しむみんな。
  ケラケラの笑い声でアトリエが満たされる。
  見えないけれど そんなみんなのHappyな気持ちがオーラになってここにたまっているような気がしている。
 この日は途中で福祉施設に勤務するヒロ子先輩もちょいと訪問したし、新婚のあきちゃん先輩からも「会いたい」とメールがあった。
18081811 
 OB OGたちが 秋風が吹くようになって、あちこちでふとアトリエを思い出したのだろうか。。。。
  サローラにメールを見せて、「不思議ね。。」と語り合った。
 トトロもみんなのことを深く思っていたから、通じたのかな。
18081812 
 空には半切りリンゴのお月様。
18081813 
 みんなを送った外で涼んでいると、BOSSが月を撮るふりをしてトトロエプロンのトトロをパチり。
18081814
 暑い時には休みつつ、とにかく全員元気だったら満点よ。。残りの宿題は親子で楽しむこと。
 子ども達も オトナ達もよくがんばりました。全員花丸。お疲れSUMMER。
 アトリエの秋ももうすぐ。きっと心地よい風が吹くでしょう。

2018年8月13日 (月)

お帰りなさい

 夏休み中と言っても、二週間ごとの教室だから みんなにとっては一度か運のいい子は二度のアトリエ。

 それをお休みしちゃうと、ここで宿題の絵を描くゴールデンチャンスを逃すこととなる。
 8月6日の月曜クラスは 1年生のミライちゃんがお休みで4年生と5年生だけの日となり、手伝いに来てくれたサローラも交えて、5w1Hのコトパ遊びやら、高学年らしい会話も楽しめた。
1808121 
 それぞれが 宿題の作品も終わり好きなアートにいそしむ。
 いとこが泊まりに来ていて、翌日から広島のおばあちゃんのところへ行くカノちゃん。
1808122 
 だからというわけでもないけれど、オヤツのとき、自然に「黙祷は?」と声があがった。
 「そうそう。」と しばし目をつむり 合掌して黙祷した。
 そして、誰からともなく「ほたるの墓」の話題が出て、話しをした。
 
 あの時、鳥取からもたくさんの人々が広島に行っていたらしく こちらにも慰霊の碑がある。
 いつものように楽しいアトリエだったけれど、みんなは8月6日のあの日のことをを思っていた。
 平和はいい。酷暑でも、プールに行けなくても 宿題どっさりでも、平和のほうがいいね。
 みんなの絵はとても平和だ。
1808123 
 火曜から少しだけバタバタと カットをしに美容院に行ったり残暑見舞いを出したり あれこれと義父の初盆イベントのことで 心忙しく、BOSSも田んぼの稲に穂が実り始めたため、酷暑の日中にスズメおどしの発明を設置していた。
 ファー民さんの梨が 初めて実りを迎えるので あちこちの友に送る注文も。
 そして11日の土曜日クラス。
 トトロはアトリエにみんなが揃うと ホッとする。
 ユウタ君がお休みなので タカユキ画伯の助っ人も「来なくてもいいですよ。」の連絡をして、その席にはアイ子ちゃんとモモコちゃんが代替えで満員。
 まるでジグゾーパズルのように、みんなが席を埋め尽くすので なんだかいつも満員御礼のアトリエ。
 欠席と代替え希望のタイミングが不思議にいつもピタリと合う。
 このごろ 乗りにのっているコーセー君。
 自分のスタイルの絵がどんどん生まれている。
1808124 
 一年生のユウキちゃんには、中学一年のユイちゃんスタッフが色の混ぜ方を伝授した。
 「誰が先生になってもいいんだよ。」とトトロ。
 教わる方も教える方も真剣で可愛い。
1808125 
 リョウナちゃんの美術の宿題はポスターだった。
 清書用の画用紙持参なので「はじめにアトリエの紙にたくさんの下書きを描いてみてね。」とアドバイス。
 いつも思うけれど、いきなり清書に入ると身も心も固まって描けなくなる子どもたち。歌うように楽しくたくさんのアイディアを描いてみるようにすすめている。
 いいポスターが出来そうだ。
1808126 
 このクラスはみんな絵本タイムが大好きだ。リクエストも来る。
 時には大笑いしながら聴いてくれるから トトロも読みごたえがある。
1808127 
 大きい子も小さい子も いい絵本にはひきつけられる。
 そして それは何度読み聞かせても飽きない。
 一番ステキなオマケは 心肺機能の弱いトトロにとって 通る声で腹式呼吸をしつつ読むことは 一番のリハビリになるような気がしているのだ。感謝。
1808128 
 後半クラスも 張り切って揃った。
 夏休み特有の 時間のゆとりみたいなものが感じられる。
 これを丁寧に仕上げて 二枚目にいこうとしているテンテン君。
1808129 
 サッカー少年アオイ君は ペン画のイラストにクルミインクで彩色。
 向かいのモモコ画伯は この日前半から4時間ぶっ続けだけど「全然飽きません。」と。
18081210 
 このクラスのルーティーン。「ババ抜き」
 シンプルだけど すぐ終わるけど。。。。みんなとやればとても面白いらしい。
 こちらのクラスの特徴は 一人も同じ学校の子が居ないということ。小学生から高校3年生まで まんべんなくそろっているし。
 だから 月2回集まる兄弟姉妹のようだ。将来思い出すことだろう。
 どこかで いつか会えるといいね。。。合い言葉は「トトロ」かな?
18081211 
 数日前に「帰ります。会いに行きたいです。」のメールが来た。
 福岡の陸君。今年も福岡スィーツを持って日曜に来てくれた。
 「お帰りーーー。」「先生 ただいま。」
 目下 大学5年生。さらに 高みを目指して支援教育資格の範囲を広げているとか。
 トトロは佐世保の福田先生に会いに行くよう すすめた。
 「お会いしたいです。」と陸君。
 まだ 社会に出るには何かが足りないと思うから、大学在籍中に広く体験しもっと学びたいと。いろいろな話をしてくれた。
 道はひとつじゃないこと。いろんな道順があること。たとえ寝たきりの時でも考えを前にすすめられたことなどなど。。トトロの体験の範囲で話をした。
 そして 二人でアトリエアートを楽しみ。。。
 ざるそばを大量にこさえて 麺類好きの彼にふるまい、乾杯。
18081212 
 「あーーー来てよかった。」と彼。
 「アトリエ続けといて下さい。」と言うので「はい。気のせいか生徒は増えてるような。。」と返事をすると「数えないんですか?」と笑うから
 トトロは昔から 子どもたちの人数を把握してないこと、先輩OBたちのことも常に思っていること。。増えたり減ったりは 天のなされるがまま。。。と答えて
二人で大笑い。
 だって みんないつもちょうど良く席に座って描いてるんだものね。
 たとえ座敷ワラシが居ても トトロは気づかないかも。
 こうしてセンパイたちが帰って来ると、アトリエも盆になったと感じる。
 いつもありがとうね。
 みんなもあちこちで どうしているのやら。元気を祈ります。
18081213
 迎え火から送り火まで 義父が初めて帰って来るから、トトロはお迎えして来ます。去年は一緒に送り火したのに、お父さんゆっくりして行ってね。
 みんな それぞれの思いで 全国津々浦々 お盆の火をたく3日間。
 「お帰りなさい。」のお盆。
 子どもたちの夏やすみも 後半。。。。。。皆さんどうかお元気で。

2018年8月 5日 (日)

夏色のアトリエ

 それでも夏休みだ。気象庁が「災害」と認定した記録的な毎日が続く。

 とっくに猛暑は始まっていて、学校のプールは水温が高過ぎてのぼせてしまうから 軒並み使用中止になり、外で遊ぶこともままならぬ子どもたち。
 少し早めに来たみんなは、ウキウキとアトリエタイムに突入する。
 子どもは「暑い」なんて口に出さない。愚痴もない。たいしたもんだと思う。
 水曜クラスは ソー君が家族イベントでお休みだけど、この日から正式にアリスちゃんたちが仲間入りなので 活気が楽しくあふれていた。
ヽ(´▽`)/o(*^▽^*)o(◎´∀`)ノ
 ちゃんと自分のスタイルを持って作品に向かうミサキちゃん。
1808041 
 この日みんなでいただいたスイカの種を洗って、ヒマワリの花の絵の真ん中にくっつけているユリちゃん。
 トトロ先生はボンド係で応援中。
1808042 
 版画にチャレンジするユミ画伯に 彫刻刀の手ほどきもしつつ。。。
 みんな 一斉にちがう事をするから楽しいのよね。
1808043 
 アレン君は「蓮の花を描きます。」と。
 「神様や仏様が乗られるのよ。」と教えると・・・
 「はい 知ってます。おばあちゃんから教わりました。」と。
 二人には 日本にもオーストラリアにもおばあちゃんがいらっしゃる。
1808044 
 アリスちゃんが一気に描いた「海底ものがたり」
 「たのしかったーーーー。」って、ニッコリ。
 アトリエの日が待ちきれなかったとか。
 よかったね。
1808045 
  モンゴルのソロンゴちゃんは トトロの森の音楽会を描いた。
  猫バスが走り トトロがチェロを弾く。楽しそうな音楽が聴こえそう。
  この顔はとても満足したときの表情だ。
  みんな よかったね。
1808046 
 連日 36度や37度の猛暑を乗り越えて、木曜の夜にもちゃんと絵を描きに来るみんなを迎えていると ただただスゴイことだと感心するトトロ。
 お花を生けて お香をたいて いい音楽を流し、オヤツを冷やしてなるべく気持ちがいいように 時間に合わせて準備をする。
 みんなはトトロを トトロはみんなを さりげなく心配し合いつつ、猛暑の夏のおさまりを待つ。
1808047 
 カイキ君とサローラに七夕飾りをていねいに外してもらった。
 仙台七夕は8月7日だけれど、もう充分にアトリエの願い事は叶えていただいたようなので、みんなの短冊もお役目ありがとう。。。
1808048 
 今年もたくさんの飾りと短冊が にぎやかに下げられて、こんなことにも一生懸命の子どもたちに心洗われる思いがする。
1808049 
 土曜日の前半は全員出席。
 小・中・高生の入り混じる エイジレスのクラスは兄弟姉妹のようだ。
 こちらの机はスタジオトトロ。セミプロ集団のタカユキ君 セラ君 アヤカちゃんたち。
18080410 
 久しぶりのミカ先輩に ピトッとひっつくユリナちゃん。
 「わぁー ミカせんぱい。」と離れない。
 「あ 暑いんですけど・・」とミカちゃん。
18080411 
 この日から生徒となったレイカちゃん。
 なんだか前から居るような感じ。「私もそう思います。」とレイカちゃん。
 小鳥の居る森を描いている。
18080412 
  せっかく全員そろったので 逆光でパチり。
 外は燃えるような暑さ。雲ひとつない青い空。
 
 みんなの腕がおいしそうに焦げている。
18080413 
 後半は いきなり欠席だらけで、レギュラーがチャーリーさんだけになったので「誰か残って 描かない?」と言うと「じゃあ。。」とタカユキ画伯が残ってくれた。彼の高校は 甲子園へ行くので「応援には行かないの?」と聞くと
 「暑いから 自由参加です。」とのこと。TV応援部隊だ。
 手伝いに来たサローラと この前欠席したから前半だけ手伝って絵を描いたユイちゃん。
 ハマグリの貝殻を頭にのせて 二人はカッパ。
 久しぶりにトトロとゆっくり話が出来た。こんな日もいいね。
18080414 
 チャーリーさんもゆっくり描いた。
 
 ひとときのアトリエタイム。
 兵庫県から来てくれているのよね。ていねいなタッチの優しい絵です。
18080415 
 愚痴らず 嘆かず あきらめず。
 子どもたちは 今を受け入れて 明日に進む。
 そういえば 入院していた時も 子どもの患者さんたちは、恐れず治療に向かっていた。いつも いい方向しか考えず明日に向かっていた。
 オトナは半端な経験から、怯えたり怖れたりして臆病になりがちだ。
 元気にやって来て、夏色の絵を描く子どもたちに恥ずかしくないように、トトロも今を受け入れよう。
 こんな夏をいつか思い出して「あの年は暑かったねぇ。」と語ろう。
 もう立秋だ。必ず秋はやって来る。
18080416 
 「また来るねーーーーーっ。」
 みんなはブンブン手を振って、明日の扉を開けに帰った。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »