フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 地球の子どもたち | トップページ | 夏色のアトリエ »

2018年7月29日 (日)

再会の日

これでもか と言うほどに日照りの夏の猛暑は続き、北国生まれのトトロは一歩もアトリエから外に出ずに ただ子どもたちの来るアトリエタイムに元気の照準を合わせている日々。

 23日の月曜クラスのみんなは いつものように駆けて来た。
 カノちゃんの小学校だけは夏休みに入り、あとのみんなはもうすぐだ。
 トトロの家の畑から少しひまわりを持って来ていたら 夏色の少女たちはすぐに描きはじめた。
1807281 
 トトロアイスキャンデーは初めてのミライちゃん。
 「これ せんせーがつくったの?スゴい。」
 いやいや 創ったって。。。。カルピスを凍らせただけなのよね。汗
1807282 
 夏色ひまわりトリオ。。。完成。
 「みんなちがって 元気な絵ですねー。」「はいっ。」
 そしてトトロはみんなにゴッホの「ひまわり」を見せた。
 「ゴッホさんのも上手いねぇ・・。」。。。。あわわわ「そ そだね。」
1807283 
 ひと月前に 電話をいただいた。
 「トトロさん。ついに鳥取に行くことが決まったと。」
 長崎は佐世保の福田泰三先生からだった。
 1998年に、鳥取の商店街にあった無料で借りられる市民広場みたいなスペースの中でトトロの二度目の個展をしていたときに、出張でいらしていた彼がフラリと立ち寄られて トトロの童画に感動して下さり、話をした。20年前のことだ。
 アトリエの教室をはじめて一年、生徒たちに教えるのは絵以外なのかもしれないと思いはじめた頃だった。
 教育現場で教科書以外の大切なことに気づかれ、「子どもの可能性ははすごかですよ。」「そうです。子どもたちから気づかされます。」と 僅か15分間ほど真剣に話して、トトロの絵はがきなどを購入され列車の時間になってしまい別れた。
 
 しばらくしてクリスマスの頃、福田先生のクラスの一年生30人から絵と手紙が届き、彼は「本物のサンタさんに会って来たとよ。」と報告していたらしく「サンタさんは鳥取に住んでいたんですね。トナカイは元気ですか?」とかいう内容の やらせ抜きの可愛い手紙ばかりだった。
 トトロは全員に返事を送り、そのやりとりは福田先生があちこち転勤されて受け持ちの児童が変わっても毎年4年間続いた。
  やがて佐世保市内の5年生を受け持った彼は、国語の単元の金子みすゞをトトロに変更されて班ごとにそれぞれトトロの絵はがきに物語りを創作させ、完成したものをアトリエに送って下さった。とても完成度の高い絵本になっていて感動した。
 「会いたい。」トトロはBOSSとスタッフと図書館関係の友人とで一路佐世保に向かった。学校に贈る大きな絵や、鳥取の土産をたくさん積んだワゴン車で。
  それは2002年の三月のこと。
 5年一組は、全員で企画から進行までチカラを合わせてトトロを歓迎してくれて
 トトロはお話や絵本を読んでから持参した原画を見せて 絵の授業をして35人に 絵には上手い下手などないことを伝え 描き方の自由さを体験してもらった。
 彼は何も指示せず一言だけ「時間は宝物。」と子どもたちに告げた。
 待ちの姿勢の子が一人もおらず、みんな目を輝かせてトトロに向かって来た。
 15分の初対面から5年。感動的な二時間の授業となり、そのときの子たちの中には今でも年賀状をくれる子も。みんな27歳になった。
 トトロは帰ってからすぐに「南の町の5年一組」というエッセイを三回に渡り新聞に連載して反響を呼んだ。こちらの教師の皆さんにも伝えたくて。
 あれからさらに16年。梨やブドウを送り合って交流は細く続き、子どもたちに向かう姿勢はとてもよく似ていることに変わりはなかった。
 迎えに向かう道中に シャンシャン傘踊りの大屋台が設置されていた。
1807284 
 ネットで見ると、福田先生は その独特の教育哲学と実践で全国から講演のお呼びがかかる現役教師となられ本も出版されていた。でも一ミリも偉そうではなく。
 トトロは あのときよりは少し大き目の個展を続ける画家になれたけれども相変わらず毎日必死で子どもたちに向き合っている。
 
 そんな二人は鳥取駅で再会した。
 「トトロさーーーーーん。」「いらっしゃーーーい!」
1807285 
 翌日の倉吉での講演会の一日前にわざわざ会いに来て下さった。
 トトロはすぐにアトリエにお連れして、BOSS達とも再会を果たしていただいた。BOSSは来客の為に車で迎えられず トトロたちはタクシーで街を巡りつつアトリエへ戻ったのだ。
 おもてなししようにもこの暑さと制限時間とトトロの体力を加味して、鳥取の智頭杉のまげわっぱの弁当箱に手づくりのトトロ弁当をその場で詰めて 召し上がっていただいた。「これは何よりうまかーーー。」と完食して下さった。
 
 「このアトリエには とてもいい気が流れているとよ。」
 本棚にあったトトロの愛読書は 全部彼も読んでいたし、全く教師らしくない子どもをワクでしばらない姿勢は相変わらずで、「きっとまた来る事になりますけんね。トトロさんも現役で生きておられんといかんとよ。」「はい。そうします。」
 トトロは昔描いた 天使が鳩を鳥かごから解放しているアクリル画を贈ると、彼は驚いて「何で分かると?今のボクのテーマは 解放で 子どもたちをもっと自由に飛ばせたいということですたい。」と。ミラクルは得意だもんね。
 
 こうして 今回は3時間ほどお話が出来て、また駅まで送り別れた。
 うれしかった。楽しかった。現役でやっていて良かった。
 彼はちっともかわっていなくて、さらに心の深いおじぞうさんになっていた。
 こんな出会いもある。行動すれば良き出会いが生まれ、それは時を超えて続く。
1807286 
 翌日 講演を聴いて下さった倉吉のアオイ君のお母さんから とても感動したことの報告をいただいた。スライドに前日のトトロ弁当まであったとか。汗
 やっぱりトトロも「今」を生きよう。。。。そう思った。
 
 その日の夕日はこの不思議な再会を祝うような色だった。
1807287 
 彼から元気をたくさんいただき、台風近づく28日の土曜日。
 前半クラスは満員の8人。
 スタッフユイちゃんは地域の夏祭りで来られず。
 
 ユウタ君にはタカユキ君が 新人の女の子にはミカちゃんがさりげなく寄り添って。いつものアトリエ。
1807288 
 このところペン画の腕を上げたコーセー君。
1807289 
 完成してサインを入れたユウキちゃん。キリリ。一年生。
 はじめての夏休み。
18072810 
 台風も吹き飛ばす熱気。
18072811 
 アクリル絵の具で完成のリョウナちゃん。
18072812 
 後半 ヒロト君。細部は色鉛筆で ていねいに。
18072813 
 後半の女子たちは それぞれの理由で欠席のため トトロ先生も一緒に描いた。
18072814 
 そして ゆるぎないテンテンマジック。
18072815 
 毎回出て来る トトロシャーベット。
 「今日も楽しいなぁ。」とみんなの声。
 それは何より。
 サローラはスタッフに復活していてありがたい。
18072816 
 大きなヒマワリと 夏の子どもたち。
 みんな輝いて心の花を咲かせて欲しいと願うトトロ。
 この日のオヤツの中に 長崎のお菓子があったこと、気づいたらしい子どもたちは「夏のサンタさんからですか?」「まあ そのような方が持って来てくれたのよ。」
 こんなに災害の多い日々に、それぞれ病んだりしながらも生かされて しぶとく再会を果たすミラクルのパワーは 嘘やとりつくろいのない 真っすぐな出会いから繋がるんだなぁ。。と思った。
18072817
 生きて居ること自体が奇跡。
 会いたい人には 会いに行こう。
 ありがとうを言うために。悔いなく生きていくために。

« 地球の子どもたち | トップページ | 夏色のアトリエ »

アトリエ日記」カテゴリの記事

コメント

福田先生は、本当に素敵なおじぞうさまのような方でした。出会いに感謝!です。
子どもたち、暑いから、夏休みだから、ますますアトリエで張り切りたくなるのでしょうね。子どもたちのパワーって無限ですね〜😊

しょうからはは 様
ありがとうございます。
お地蔵さん同盟の再会だったカモ知れませんね。
主催者が何もしないと知っていたら もっと人を呼べたのに。。。
まあ またの機会があるということなのかもですが・・。
そのときは 二度とないから 無理矢理のようにお誘いしてよかったです。泰三先生からもお電話ありました。いい出会いだったと。
さ アトリエの凄まじい熱気は続きます。
へこたれずに 進みましょうね。
いつか お茶しましょう。cafe

♪誰のために咲いたの~それはあなたのためよ~ 

アトリエのひまわり娘さんたち いいですね 
ひまわりは 力強く 生き生きと 太陽に向かい 
のびていきます 元気をもらえた気がします 

懐かしいファミリーとの再会 お互いに嬉しそう 
一期一会を大切にして そこからお付き合いを 
継続していく師匠の姿勢には 頭が下がります 
人が好きでないと 出来ない事ですね

プ二 様
ありがとうございます。
伊藤咲子のヒマワリ娘♪ 歌 上手でしたよね。咲子ってヒマワリの為のネーミングだったのかな。。。

で アトリエのヒマワリちゃんたち 満開。
ついに夏休み突入。ますます元気なのよね。

うーん 人が好きというよりは 出会いの運に恵まれているような気がします。イヤなものはイヤだし、そんなにどなたでも という感じでもなく ただ うわぁまた会いたいというオーラを感じると また会えることになります。真直ぐな人が好きですね。
有り難い再会だったとよ。

生きている事自体が奇跡・・。
久しぶりにトトロさんのブログを閲覧しました。お健やかで何よりです。
ひまわりの真っ直ぐに上を向いて咲く心。みんな輝いて心の花を咲かせて欲しい・・。
本当にそうですね♪

昔、不器用ながらも、日本語学校で、小学生に美術を手解きした事を思い出します。何故か喜ばれ、感謝され、楽しかった。
有難いです。とても感謝です。どこか忘れ欠けている様でした。

hiro 様
ありがとうございます。
おかげさまで 教室に子どもたちが来てくれるので その時間にはスイッチが入る仕組みのトトロです。笑

とりわけ猛暑の今年の日々は しっかりしないと融けそうですね。
ピュアな出来事に助けられてがんばれます。
小さな人たちにアートを手ほどきすると こちらがエネルギーをもらいますよね。喜びと感動のプラスオーラ。楽しかったことでしょうね。
有り難さを思い出すと 日頃の悩みも飛んでいきます。
また ステキなイラスト拝見させてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556626/66996067

この記事へのトラックバック一覧です: 再会の日:

« 地球の子どもたち | トップページ | 夏色のアトリエ »