フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 桜が咲いた | トップページ | アトリエ号出発 »

2018年4月 5日 (木)

出会いの旅

 3月も終盤の29日木曜夜クラス。

 ついにwithBのもう一人、シュウヘイ君のラストの日が来た。
 アトリエに6年振りに舞い戻り、社会科の高校講師をしながらトトロに毎回「お供えものです。」と言ってカルピスウォーターを持って来て、マサヒロ記者と二人でいろいろな場面で助っ人をしてくれた。サンタの正体も見極めた。
1804041
 永遠の出会いというのはあり得ないから、せめて会えた時ごとに悔いの無い関わり合い方をしようとトトロは常日頃みんなに言っている。
 
 「一年間戻って来てくれてとっても嬉しかったですよ。どうでしたか?」と聞くと「背伸びせずに見栄をはらずに生きることを再勉強しました。」と。
 
 兵庫県立美術館の正式な学芸員として4月から働くことになるシュウヘイ君。
 ずっと前から夢は「学芸員」だった。
 論文を送り全国の博物館や美術館の審査待ちをしていたという。
 歴史あるもの、世界の美しいものが好きで幼い頃からツタンカーメンなどを絵に描いて、小学生のとき粘土でも太陽の塔なんかを創り、それはまだアトリエに飾ってある。
 いよいよ夢の一歩を踏み出す彼に、みんなでエールを送った。
 この一年、いろんな個性ある子供たちを見て「昔の僕みたいだ。」なんて笑っていた。
 小さい頃に知識を自慢してはトトロに「知識は自慢のためのものじゃないよ。みんなに分かりやすく説明して伝えて、みんながヘェーーッとうれしくなるように話しなさいっ。」と叱られていたっけ。
 さあ、いよいよ本番にGo☆ 行ってらっしゃい。そしてありがとう。
 偶然にアトリエに入って来てくれた「くんちゃん」と入れ替わるように再び巣立って行く彼は、くんちゃんに後を頼みますと言う感じのことを申し送ったようだった。
1804042 
 4月1日の日曜日、サローラと連れだってコンサートに出かける道の途中、あの有名な風車おじさんと遭遇。しばらく見ないうちに大部おじいさんにはなられたけれど、一年中半袖で、自転車一杯に花や風船や風車をつけて「世界の平和」の為に街を走りまわっている方だ。ものすごく本気で、ご自分は以前からトトロと友だちだと思っておられて「トトロさーん」とすぐに自転車を停める。
 サローラは「初めて近くで見ました。」とビビっていた。笑
 春の陽気になって本当に安心した。冬は寒そうで見ていられなかったからね。。。。
 この日は安倍政権についての話を熱く語っておられた。
1804043 
 コンサートは「鳥取市少年少女合唱団」の定演で、舞台の音響・照明・進行など、BOSSに依頼されている他、BOSSのバンドも一部助っ人出演という関わりでご縁の深い歴史がある。裏方から早変わりでドラマーに変身したBOSS。
1804044 
 毎回ミュージカルに挑戦されていて、今年の演目は「美女と野獣」。
 その主人公の野獣の王子役にアトリエOBのコウヘイ君が抜擢されているのだから応援しに行かなければトトロがすたるというものだ。
 それはそれは見事な演技と歌声に、会場からはアンコールも。
 何より一週間前のリハのとき、インフルで通しリハに出られなかったコウヘイ君は蘇って堂々とした舞台を勤め上げたことにウルウルしつつトトロはこっそり写真を撮ってしまった次第。
 これはカーテンコールの一幕。
 ひたむきな子供たちのステージは並んだところを見ただけで涙が出てしまう。
1804045 
 小さかった二人はアトリエで同じクラスだった。
 モンゴルから来て間もなかったサローラにみんなはヌイグルミの馬や平原の絵本を探して画用紙の前に置いたり、一緒にモンゴルの言葉を習って話しかけたり子供たちの地球規模の友好空間にトトロは国境のない子供の世界の素敵さを見た。
 チカラを出し尽くしたコウヘイ君はトトロとサローラを見つけて安心の微笑。
 「よかったよー。感動しました。」「はいっ。ありがとうございます。」
 王子は高3に、サローラは高1に、みんな大きくなった。
1804046 
 夕方の市街地川沿いの桜は満開だった。
1804047 
 さて4月4日の水曜に、列車で米子へ。
 あの大山の麓の南部町の「祐生出会いの館」のトトロ展へ向かった。
 サローラとの旅はこれが最後となる。
 高校へ進み、ご両親のモンゴル流教育方針で「おとな」としての家事や社会とのあれこれを身につけるため、アトリエの手伝いが難しくなったのだ。
 道中、そのことをトトロに告白してくれて涙ぐむので「ご両親の気持ちに応えなさい。」と、いままでのことに感謝した。
 米子は昼に到着し「大山黒毛和牛カレー」で満足。
1804048 
 そこに突然ケータイに、あの百花堂のウサコさんから「駅前に行くので待ってて下さい、」と連絡が入り、二時間に一本のバスで向かうつもりだったトトロたちはびっくりの感謝感激。ウサコさんの車での道中は小雨の春霞。約30分。
 霧のかかる山と大部葉桜になった桜の風情が、迎えてくれた。
1804049 
 二月以来、二度目のトトロと初めてのサローラ。
 やっぱり素敵な空間の童画展だ。
18040410 
 仕事の合間を抜けて来て下さったウサコさんとは1年前の百花堂トトロ展でお世話になって以来の関わりなのに、ずっと友だちだったかのようなご縁のミラクルに心から感謝。
 今でも今からでも、大切な友人は出来るものなんだなぁ・・と、心を開いて人と交わるトトロ流人生に夢を抱く。
18040411 
 この展覧会の為に、1月の寒い時描いた「桜の天使」がちょうどいい季節になった。三ヶ月間の展示は前代未聞で、ご依頼されたときは想像を超えていたけれど、公の主催の為、新聞各紙やここのケーブルTVやNHKなどをはじめ、おとなりの島根県の広報などにも「感動の郷愁と日々のよろこびの童画展」なんて取り上げられたらしく、随分多くの方にご来場いただいたようだ。
18040412 
 そして、嬉しかったのは著名な画家の方で、よくどんなに有名な画家の作品にも色々と辛口の評価されることで有名な先生が「この人の絵には下心がない」と誉められたということをうかがった。それはとても有り難いお言葉だった。
 トトロは正式に絵を習ったわけではないから、技法などにこだわらずただひたすら心に浮かぶままに描いている。ご覧下さる方が懐かしいだろうなー、楽しいだろうなー。。。なんて想像して、何より自分が絵の中に入って描いているのだ。
 出会いの館の皆さんと。。。帰りは中尾副館長さんが米子まで送って下さった。
 きっとまた会えそうな気がした。
18040413 
 いい旅だった。
18040414 
 さあ、いよいよこちらの本番。3日間のトトロと8日間の生徒たち。
 愛する生徒たちとのコラボ展。小さな仲間たちも張り切っている。
 そしてトトロは毎日描いている。まだ自分も見た事のない新作がたくさん生まれはじめている。
 人生は出会いの旅だ。ありがたく一生懸命に歩いて進みたい。
18040415

« 桜が咲いた | トップページ | アトリエ号出発 »

アトリエ日記」カテゴリの記事

コメント

旅立ちの春、出会いの春。
みんなに心からエールを送ります!
(=^・^=)

こんばんは、トトロさん。

「桜の天使」の絵、描かれてたんですねhappy01
手をいっぱいに広げてる子供達がいいですね。
旅立ちの4月…2人の子供は、ちょうど
シュウヘイ君とサローラさんにみたい(^^)
そして、見ているみんなも応援していますね。
これとはまた違った「桜の天使」の絵が
童画展には、お目見えするのかな!?
新作も順調に出来ているようで、
素敵なコラボ展になりますね。clover

うさパン 様
ありがとうございます。
僅か一週間ごとのブログなのに、本当にいろいろあります。
トトロもみんなにエールを送り続けます。
うさパンさんのエールもありがたく届けます。
今 うさぱそはハチマキをしていますよ。(*^m^)

ころたん 様
ありがとうございます。
会場へ行って「あっ。」と思いました。描いてたんですね。
また違うバージョンも描きました。お目見えしますよ。。。
あまり順調というわけではありませんが、あきらめずに描いてみます。
返却してもらう中の新作も出しますので、なんとかなるかと。。。
またミラクルで いい展覧会になることに期待します。confident

こんばんは。
素敵な旅と出会いそして再会でしたね。
僕にもそんなかけがえのない出会いがこれからもあればなぁ…と、少し希望を抱きました。
そしてムッチーさん、風車のおじさん、久しぶりにお目にかかることが出来てよかったですshine
カレーも気になりました、食べてみたいですwine

チャーリー69 様
ありがとうございます。
出会いは 自分から心を開いて笑顔で話しかけると 必ず本当の出会いが見つかりますよ。
南部町 いいところなので是非お出かけ下さい。
こちらの本番もまもなく。きっといい展覧会になりますよ。

(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★ 師匠。 
目標としていた仕事を手に入れたシュウヘイ君。 
お勤め先の美術館では どうぞアトリエの経験を生かして 
頑張ってください。 p(*^-^*)q ヨイショ 

シュウヘイ君に腕を…♡ 師匠がかわいい^^ 

わわっ! 出た! 風車おじさんだ! 
以前ここで見たこと 思い出しました 
 
ぁあぁぁ。。。。 平和だ。。。。悩むのがバカバカしくなる 

南部町の個展もメディアにたくさん取り上げられて 
大成功 おめでとうございます! 
そして また次が! ほんと 目まぐるしいですね 
若い巨匠陣のエキスを頂いて 一日一日 
ファイト! 師匠。

 

プニ 様
ありがとうございます。
別れの切なさと、若い夢へのエールと・・・合格 入学 進級と。
一つ終われば またこちらの個展へ向かう意欲と。。
気持ちを下げてるヒマのないことに感謝です。
風車おじさんを見てると いろんなことがバカバカしくなりますよ。
どうやって暮らしているんだろ。。。。。
写真家としても 昔は有名なんだけど。
チビ巨匠たちの作品は今年も見応えあります。
もう少しがんばりますね。エイエイ オーーー☆

別れと出会いの春ですね。新年度始まりましたが、みんなが一歩ずつ前へ進むこの季節はやっぱり素敵です。
南部町での童画展へ行ってきました。幼いわが子に出会えたようなそんな幸せな気持ちになりました。祐生先生の生い立ちにも触れ、有意義な時間でした。ありがとうございました。
かおる先生、もうすぐハッピーバースデーですね。おめでとうございます😊

しょうからはは 様
ありがとうございます。
わぁ。。行って下さいましたか。。感謝です。
あの絵の中に シュン君いますよね。
そのときのことが懐かしいですね。楽しくて悔いの無い日でしたね。
あっという間の20年。
アトリエのみんなも全国に巣立って、ここをのぞいてくれているようです。病気せず ケガをせず、いい友人をつくって欲しいと 心から祈りながら お地蔵さんを描くトトロです。
誕生日はそちらのお父様のご命日ですね。いろいろなことがあります。
まっすぐで感謝の積もる人生にしたいですね。

こうへい君も高3サローラさんも高1に・・
こちらへお邪魔するようになってから、ずいぶん月日が流れたのだなあ~と感慨深いです。

子どもたちの成長を見るのはまぶしいですね。

今年、うちの職場にもモンゴルの青年が入社したんです。とってもはきはきして礼儀正しい青年で、モンゴルの教育ってこうなのかなってサローラさんのしっかりした姿を重ねたりしてます。
これからブログでお目にかかれないのはちょっと寂しい~。
皆さん元気で、それぞれの場所でのご活躍をお祈りしてます。

トトロ先生とサローラさんがいらっしゃったあの日は、花冷えの一日でしたね。
山を薄っすらとまとう霧と、じゅうたんのように敷き詰められた桜の花びらが印象的な展示会場でした。

お二人が米子に向かわれてると聞いた途端、うさこのいたずら心がムクムク♪内緒で駅で待ち構えてて、駅から出てきたお二人をキャッチしようと狙ってましたが…
サプライズ失敗~(〃´∪`〃)ゞ

でも久々にお話出来て嬉しい時間でした。
ありがとうございました。

※紅茶は五回♪トトロルールも新しく身に付きましたよ(^^)v

くまたろう 様
ありがとうございます。
あっと言う間のような 随分経ったような。。。
子供たちが大きくなっても 変わらぬトトロ。・・・でありたいです。

そそ モンゴルの家庭教育は芯がしっかりしていて、両親の役割分担と協力体制が素晴らしいです。
大草原での環境なので、発声も朗々とメリハリはっきりしていると感じます。日本育ちのサローラたちは そのギャップに悩むことも。。。
みんなのそれぞれの旅立ちと チビッコ出現にアワアワしている今日このごろです。
そちらの 一斉の花も百花繚乱。お楽しみ下さいね。ハックション。

うさこ 様
ありがとうございます。
うさこさんのサプライズ。充分成功でしたよ。
雨だし・・・バスの便少ないし。
乗り場もわからず ウロウロしてました。
本当に助かりました。いろいろなプッシュもね。
米子にうさこさん有り。ご縁のミラクルに感謝です。
人は動くと出会いますね。
トトロルールの紅茶5回。アハハ。。4回くらいにしといて下さいね。cafe

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556626/66575179

この記事へのトラックバック一覧です: 出会いの旅:

« 桜が咲いた | トップページ | アトリエ号出発 »