フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« コスモス色のアトリエ | トップページ | アトリエのハロウィン »

2017年10月11日 (水)

待ち合わせ

 8日の日曜日。

 信州上田のブロとも「くまたろうさん」から秋の便りがどっさり届いた。
 クルミを精製して手間ひまかけたクルミインクがボトルに二つも入っていて、これだけあれば3年も描けそう・・とお礼のメールをした。
1710113 
 翌9日の体育の日に、一路米子へ。
 快晴の秋空。風もなく大らかな新しい道を今回はBOSSと。
1710114 
 大山とパラグライダー。
1710112_2 
 並木道は秋色アート。
1710111 
 個展前に「9日はお休みにしたいのですが・・。」と谷山さんからメールをいただき「鳥取市からもファンが行くので、そこをなんとか。。」と開けていただいたというエピソードつき。日曜は休店なので今月は9日しか行けない人もいらっしゃるし、そのときはお店を閉めることなどまだ知らず。。
 案の定 到着したら満席でトトロの絵はがきを瀑買いされている方も。
 皆さん後ろ向きで、それぞれはお知り合いでもなさそうに見えたのに、トトロが席に座って特製のジンジャーエールを注文していたら、チラリホラリと皆さんが順番に話しかけて来られた。
 だんだんに分かったのだけれど、まるでどっきりサプライズの番組みたいに実はここの全員がトトロ待ちのファンの方々だったのだ。
 春の百花堂個展にもいらした方やら、鳥取の童画展にいつもいらしていた方とか。
 そして皆さんお互いは初対面だったりして、それぞれも驚いていらした。
1710115 
 
 「えーーーーっ。」と、いちいちお礼を言っていたら、オーナーの谷山さんの電話が鳴って「はい。そうです。個展しています。ちょ ちょっと待って下さい。」と外へ飛んで出て行かれた。
 やがて、この二人がご来店。鳥取市から初めて来られて道に迷い、カフェの近くを車でグルグルまわって電話したら、谷山さんが飛び出して行ったというわけ。
 
 左のMさんは10年ほど前くらいまで童画展でいつもお見かけしていた方で、先日トトロの通院日に病院でバッタリ。そのとき一枚だけ持っていた案内ハガキをお渡ししたら。。。ホントに訪ねて来て下さった。
 どの方も、この日この時間トトロが来るなんて知らずに。。ましてやカフェでの個展が最後になるなんてだぁれも知らなくて。。。み ミラクル。
1710117 
 春にアトリエを卒業した倉吉のとも子ちゃんも、部活を終えて急いで到着。
 なつかしさのニッコリ。甘い白玉グリーンティーを幸せそうにパクパク。
1710118 
 春の百花堂で受付嬢現地調達に協力いただいたユキミちゃんとダンナ様の岡野さん。岡野さんは新聞社の東京支局で活躍中なので単身赴任だけれど、今回の選挙のために一時帰られていて、久しぶりの2ショット。
 トトロはお二人それぞれの独身時代からのふるーい知り合いなのだ。
1710119 
 とも子ちゃんは久しぶりのアトリエオーラ満載のカフェで、トトロと一緒にメニューの表紙を創った。
 あと一ヶ月半の営業だけど、最後まで何か協力出来てうれしかった。
 とも子ちゃんが小さいとき、この時期にアトリエに入りたいと連絡して来たのでここで待ち合わせて面接をしたという思い出のカフェなのだ。
 「おぼえてる?」と聞くと「はい。うれしかったです。」と。
 その彼女も高校に入りテニス部でクタクタの毎日らしい。
 想像力豊かなステキな絵を描く子だった。
 きっとまた会えると思った。
17101110 
 谷山さんにトトロはこの新しいエプロンをプレゼントした。
 「最後まで可愛くしててね。」
 常連さんたちはとても寂しそうだったけれど「また米子でトトロ展あるときにそこで待ち合わせしましょう。。」なんて仰っていた。
 このカフェがトトロとみなさんの待ち合わせ場所だったのに、いつの間にかトトロ展が移動待ち合わせ場所になっていた。
 またどこかでしなくちゃ。。と思った。
 
 ここで9年間たくさんの見知らぬ方達と出逢い、あちこちの皆さんのところへトトロ童画が旅出って行った。
17101111 
 帰りの寄り道は皆生(かいけ)海岸。シャーベット色の夕日。
17101112 
 トトロは流木の小枝を少しいただいてアトリエのペンを創ろうと思った。
 米子の海の思い出の絵を描くために。
17101113 
 時間も日にちも決めていない待ち合わせの不思議な一日が、たくさんの笑顔の思い出となって海の夕日と一緒にゆっくりと暮れて行った。
 
◆10月13日の日本海新聞記事「ちいさな童画展」

「プチがいな」など展示 鳥取のたなかさん童画展 | 日本海新聞 Net Nihonkai

www.nnn.co.jp/news/171013/20171013038.html
 
 

« コスモス色のアトリエ | トップページ | アトリエのハロウィン »

アトリエ日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
とも子画伯久しぶりですぅ。
2,3度いっしょの教室をしたと思うんですが。。
そうですか、ここは面接をした思い出の場所だったんですか。
元気そうですね。
そしてこの日も素敵なミラクルだったんですね。
カフェは…
夢の続きですからまた素敵な出会いが待っているでしょう。
そう期待しますshine

アトリエトトロさん、こんばんは。

「沢山の方との出会い」・・・本当に素敵だなと思いながら読ませて頂きました。

絵を通して、そして心を介して沢山の人と関わり合うことができているトトロさんの人望の厚さに改めて感激しています。

感動が次の世代にも次々と繋がってゆくことを期待したいと思います。

チャーリー69 様
ありがとうございます。
そそ 「夢のつづき」ですよね。
9年間ってあっと言う間でした。
ここに呼んでいただけて たくさんのステキな方々と知り合えて とても幸福な秋の一ヶ月を過させてもらいました。
 昨年は二ヶ月間のロングラン。そして百花堂。。ご縁はこれからも続いて行くような気がします。

omoromachi 様
ありがとうございます。
決してお金では買えない 貴重な経験をさせていただいています。
待っていて下さる人。
そして それを想像して皆さんを喜ばせようと 絵を描くトトロ。
実にシンブルで感動的な人生に感謝ばかりです。
次世代の子どもたちにも、ギブ&テイクの心を伝えたいと思っています。
今回の旅もとてもミラクルになりました。

ホントに 素晴らしい空間ですよね  
寂しいですね 今年で最後なんて。。。 
 
でも 次はいつか 約束無しの 「待ち合わせ」 
それも またいいかもしれませんね 

嬉しさ倍増に ( ^ω^ )v

まだ 始まったばかりですが 
少しでも 皆さんと直接ふれあえることが 
出来ると いいですね 
体調と よく相談してね  

 (`ω´*)o"エイ(`ω´*)o"エイ(`◇´*)ノ"オー!! 

プニ 様
ありがとうございます。
なんかね。寂しくなりますね。
でも 悔いはなし。
続けてやって来て良かったと思います。大変でしたけど。
また行けるかな。。。
チャンスをみつけてもう一回くらい行こうかと思います。
ホントに偶然のミラクル満載でしたよ。(=゜ω゜)ノ

再会あり、新しい出会いもありで
ここでもミラクル炸裂ですね。
くまたろうさんのくるみインクが
新しい出会いの誘い水のようにも思えます。
流木の小枝のペンとくるみインク
どんな世界が広がっていくのでしょう。confident

くまきろり 様
ありがとうございます。
一年を通してほんの少ししか外出しないトトロですが、そんな外出のときは百発百中ミラクルが起こります。
今回もとても不思議で心地いい一日でした。
流木のペンはクルミインクと似合いますね。
海と山の恵みのアートを描きましょう。
壮大な画面が浮かびます。

ミラクルだけど必然に思えるところが
きっとご縁なんですね。
トトロさんがいる場所、行く場所に磁場が
生まれ人が集まってくる…。
また新しいことが始まりそうです。
カフェでの残りの時間も幸せでいっぱいで
ありますように! ̄(=∵=) ̄

うさパン 様
ありがとうございます。
今日のアトリエでも みんなと ご縁のこと話してました。
いつもすれ違っても 知らないままの人も居れば、遠く離れても また繋がる人。
約束しても 会えない人や 偶然なのにいつも会う人。
ホントは必然なんだろね・・・って。
ココでのやり取りも とても深いご縁を感じます。
寒くなりましたね。お元気でいてくださいよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556626/65904600

この記事へのトラックバック一覧です: 待ち合わせ:

« コスモス色のアトリエ | トップページ | アトリエのハロウィン »