フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 新緑のアトリエ | トップページ | 五月の夢 »

2017年5月13日 (土)

巡り合い

 今は、追加の作品と新たにご注文の作品を毎日数枚ずつ描く日々。

 全て一点もののつもりで描き上げているので、売却済のこの色紙をもう一枚描くことになり、お引き受けしたもののその難しさに苦戦した。
 クルミインクで竹ペンを使い、歌うような「雨ニモ負ケズ」の一枚は上手い具合にヘタな感じがとても良く味わいのある作品だった。
 その上手い具合なヘタさがわざとになると変な感じで、何度も書き直し・・ようやくこれに近いものが出来てご依頼主様に送ることが出来た。
 自分の作品でもおんなじように描くのは本当に難しい。。。
1705121 
 10日の水曜クラスのソロンゴちゃんは4時からのアトリエが待ちきれず、な なんと3時に事務所のカウンターの下に居てBOSSが発見。
 「下の方から小鳥のような声でピヨピヨ言うから見たらおった。」とBOSS。^^
家の人はみんなお勤めで、姉のサローラも学校だ。
 間違えたのかわざとかは不明。BOSSはりんごを摺って「うまいぞ」と出してくれたものだから、うれしそうに美味しそうに召し上がり、カップをキッチンへ下げて「美味しかった。ごちそーさまでした。」とペコリとした。
 生きるチカラの立派な一年生にたまげたトトロ。気持ちはよくわかる。
 定時に来たしょうこちゃんとユミちゃんは「えーーーーっ!!」とうらやましそうにした。
1705122 
 喘息で二週間も学校を休み、もちろん展覧会にも来られなかったヒメちゃんにみんなはお手紙を書いた。
 五月はオトナも子どもも少し体調を崩しがち。
 夏日や寒い日が交互に来てガタガタの気候の変化や連休疲れ、新しい学校生活も始まってバランスが上手くいかない季節だ。
 実は水曜クラスにはヒメちゃんに合わせたかのように展覧会に来られなかった子が複数居たので「全員来るまで、展覧会続けるからね。」とトトロ。
 いろいろな家庭事情の中で子ども達は一人では遠出も出来ずに残念そう。
 「大丈夫。いい展覧会だったよ」とカメラをTVにつなげて展示風景を見せた。
1705123 
 11日の木曜昼に友人の熊田っちと「アートたけし展」に出かけた。
 ビートたけしさんが、大けがをされた後から描き始めたという作品の数々が博物館で4月から展示されている。
1705124 
 城山の麓の新緑は今が一番美しい。
1705125 
 内心(どんな作品なんだろな?)と、TVのたけしさんのイメージを抱いて鑑賞したのだが、本当に素晴らしかった。そこここに彼特有のウィットがあり、絵のチカラもパワフルで丁寧。色彩も美しくとても元気になれた。
 ↓これはたけしさんの絵を立体にして乗る事の出来る「猫タクシー」。さっそく熊田っちと乗った。・・猫タクシーに熊とトトロの巻^^
1705126 
 博物館内にある美味しいカフェレストランで熊田っちにオムライスランチをごちそうして、いつものスタッフフォローの労をねぎらった。
 
  彼女は絶対にお礼を受け取らない人なのでトトロはいつもどさくさに紛れていろいろとたくらむのだ。「今夜のアトリエディナーにオムライスを作るから、美味しいところの試食に付き合って・・。」が今回の作戦。
 ホントにとてもオシャレで美味しかった。ここのレストランはおすすめ。
 お堀端の橋に、ものおじもせず鳩さんたちがのんびりしていた。
1705127 
  11日の夜クラスのアトリエがタイムスリップの奇跡の現場となった。
 
 生徒としては初代のアシスタントあきちゃんが8月に結婚するので、トトロ絵をお祝いしたいと言うと「みんなの居る日にいただきに行きます。」と8年ぶりにアトリエに来てくれた。
 小学生時分からスタッフとしてアトリエを手伝い高校三年生まで長く手伝ってくれて後輩達にも慕われた。トトロとあちこち旅もした。
 岡山の医療大学で医学を学んでいる頃、いろいろな壁に悩み辞めたいというところまで切羽詰まった時にお母さんは奥の手を使われた。
 「最後まで学んで国家試験も通ったら、アトリエに勤めてもいいから。」と。
 そこからあきちゃんは頑張った。そして今では立派な作業療法士として病院に勤務していて、結婚のお相手もそこの病院の同僚だとか。。
 小学生の時、彼女はアトリエの二週間が待てず、いつも帰る時に「あしたくるねっ。」と言った。明日アトリエだと思うと頑張れると。ちょっと辛い学校生活のときもあった。
 だから毎回トトロは言った。「あしたおいで~~~~~!!待ってるよ~~~。」
 3年前のトトロの病気の際は、あきちゃんだけが本当のことを教科書で知り「死に至る」という病名に愕然として卒業旅行の外国から即駆けつけてトトロのベッドをのぞきに来た。小さい頃から決して嘘をつけなかった彼女が、そのとき嘘をついてくれた。「先生、大丈夫です。顔もちっとも変わってないし。」とニコニコとして。
 あとでお母さんから聞いた話では「先生痩せてた。。。。危ない。」と沈黙していたという。トトロは一週間で12キロも痩せた新記録更新中だった。何も食べられなかった。そしてこまごまと手術の用意をしてくれて、車いすを押してくれた。
 看護師さんは「お嬢さんが来てくれたんですね。」と言った。
 大手術が成功して退院間近になったとき、あきちゃんは初任給から大金を包んで持って来た。「生きててくれたから。母の日もあったし、先生は殆ど母だし。」
 さてさて、これから目立たぬようにお返しが出来そうだ。
1705128 
 この日からまたアトリエ生徒として帰って来たシュウヘイ君の「おかえり」と奇しくもこの日が誕生日のマサヒロ君の「おめでとう」と、ダブル、トリプルに祝福は重なり、トトロオムライスとシーザーサラダを3人とも食べて、全員で何回もカンパイ。オトナの生徒の順子さんは彼等が高3で大学に進むためにアトリエを去るときを見ていた。。。
 サローラが言った「先輩が居てくれるってうれしいです。」
 後から入って来ても先輩だらけの不思議。
1705129 
 マサヒロ記者からは即興で創った「トトロ新聞・・号外・・おめでとうあきちゃん号」が、
 以前、日本画の達人だったシュウヘイ君からは鮮やかな空と海の描かれたグリーティングカードが、それぞれあきちゃんに手渡された。いずれもこの時間内にアトリエで描かれた友情あふれる傑作だった。
 小学生時代からアトリエフレンドだった三人が、8年振りに再会して、この夜ここでお祝いの交換をしていた。
 「なんだか夢みたい。」と言うトトロに、向こうの方からBOSSが言った。
 「トトロ先生が生きていて、こんな日が来るとはな。よかったな。すごいな。」
 実はこの5月11日はトトロの、あの心臓大手術の記念日で、生還記念日でもあったのだ。
17051210
 日本中に散らばり、いろいろと体験し、いろんなことを乗り越えてからそれぞれ就職して、また小さい頃とおんなじニコニコ顔で巡り帰った若者達。
 
 トトロはみんなに言った。「結婚ってね。お互いに相手をハッピーにしようとすることだよ。自分が何かをしてもらう為にするんじゃなくてね。」「はいっ。」
  みんな おめでとう。そして 心からありがとう。おかえりなさい。
   あきちゃんは帰り際トトロの手を握ってこう言った。
 「あした くるねっ!!」
 

« 新緑のアトリエ | トップページ | 五月の夢 »

アトリエ日記」カテゴリの記事

コメント

いつも読んではウルウルしてますweep
展覧会で名前を書く日を夢見てますlovely

最後の写真を見て・・・・・
帰れる場所があること・・どこで何をしたって強くいれますね。
アトリエを通して過去も未来もつながって・・。
トトロさんが生還して下さったからこその今。
ほんとうに良かったなあ・・と思います。

こんばんは。
アートたけし展そんなによかったですか、
行ってみようかなと思います。
そうですか、またまたミラクルですね。
アトリエの歴史の深さを感じました。
最後のお写真はいいスリーショットですね。
この日の木曜クラスがうらやましいですcherryblossom

酒が好き 様
ありがとうございます。
今度ばかりはトトロも書いていてウルウルしました。
あり得ないような奇跡でした。
いつか きっと芳名録に「酒が好き」さまのお名前が見られますように。
描き続けておまちしています。

うさパン 様
ありがとうございます。
奇跡の5月11日となりました。
本当に生きていることが出来て幸せです。
どんどん  みんなが帰って来たらどうしよう。。。。

チャーリー69 様
ありがとうございます。
間もなく閉幕なので お急ぎくださいね。
とても良かったですよ。
子ども達と本気の本音で向き合って来て良かったと思いました。
家以外に「ただいま」の言えるところって・・・トトロにはありません。
アトリエのみんなのふるさとでありたいと思いました。

本当に本当に
トトロさんが復帰されてよかったです。confidentclover

くまきろり 様
ありがとうございます。
思えば そのことが最大の奇跡です。
何かをしなさい。。と救われた気持ちがします。
出来る事 精一杯しようと思っています。
・・・にしても みんなが帰ってくるなんて 考えても見ませんでした。
ありがたいことです。

結婚のきもを改めて教えていただきました

相手を幸せにする
忘れてますね・・・

若いご夫婦の前途に幸あれ☆

Lino 様
ありがとうございます。
いえいえ それも長年の経験で ようやく見えて来たことなんですよ。
あくまでも トトロたちの流儀です。
でも そう思っていると あまりワガママなことは思わないので、美味しいものでも 先に相手に食べてもらいたくなります。
アトリエは何人かお母さんになっていたり、そのうち子どもを習わせるかも・・・。
もう自分の歳が 分からない。。。アハハ

あきちゃんの
心優しさに
泣けてきます・・
ご結婚おめでとうございます。

そして売却済み色紙をもう一枚描く難しさ、
本当に良い色紙で
心が弱っているときなどに見たいです。

同じ絵、同じ文字って
難しいですね。

ホシノ 様
ありがとうございます。
本当に心優しい子で、今のお仕事でもお年寄りに慕われているらしいです。きっと幸せになることでしょう。

そそ「もう一枚。。」と頼まれると、なかなか難しいですよね。
一枚目は勢いで描いていますから。
自分の作品なのに盗作をしている罪悪感さえあったりします。^^:
でも なるべくニーズにお応えしたいと思っています。

幼かった生徒さんが お嫁さんに・・・  
嬉しさと同時に 時の流れを感じませんか 
しゃんと背筋を伸ばして 前を向いて 
成長されてるからこそ こうやって集えるんですよね 
トトロ教 は 永遠なり (*^▽^*) 
皆さん 素晴らしい

もう3年もたったんですね sign01
その少し前からお邪魔するようになったんですが・・・

教え子が戻ってくるって嬉しいですよね~

私も教え子が沢山いるんですが
同じ職業に就いてくれた子もいますし
結婚した子もお父さんお母さんになった子も~

教え子最年長はたしか40過ぎたはずです
最年少は28だったかな sign02

プ二 様
ありがとうございます。
そそ 時の流れ。
いつもはあんまり意識していませんが 20周年の重みを痛感しています。
小さい頃の魂は みんなの中に生きていて、三つ子の魂100まで・・のことわざの真実を見せてもらっています。
みんなは「先生 かわらないよ。」と言いますが、さていかがなものか?

mikomiko 様
ありがとうございます。
おかげさまで 3歳です。^^v
うちは 最年長は30くらいかな?
現役の最年少は6歳。
渡鳥みたいにまた帰って来る現象は はじめてです。
成長ってステキですね。
トトロも成長を続けたいと思います。

あきちゃん おめでとう!!

「お互い相手をハッピーに」そうですね 長年一緒にいると
つい忘れがちです(^-^;

あの小さかった3人が大人になって、また笑ってポーズを
とってる・・不思議な感じです。

ほんとに奇跡の5月11日です。いつもいつもありがとうございます。
そしてこれからも(o^-^o)

ひろ衛門 様
ありがとうございます。
本当に奇跡の5月11日。実はナンシーの誕生日でもありました。
きっと「あきちゃん よろしゅうございましたね。」とエールを送り、二人の男子にも ニコニコと励まして下さったことでしょう。
この日が とてもスゴイ記念日となったこと忘れないですね。
不思議だけど トトロですから・・・。
こちらこそ これからもよろしくお願いします。
みんなを心配しいしい 頑張る姿を見せて行きたいと思います。

こんばんは、トトロさん。

トトロさんが生きているからこそのミラクル…
神様から、トトロさんへ誕生日プレゼントのようですねconfident

最後の3人で撮った写真…
アトリエに通っていた子供の頃に
戻ったようでとてもいい笑顔ですね。
みなさん、おめでとうございます。clover

ころたん 様
ありがとうございます。
アトリエに来ると みんな昔の顔に戻ります。
ホッと息のつける安心スポットなんでしょうね。
小さな頃からの自分をずーっと知ってるトトロに心を許して、不思議なタイムスリップのミラクルです。
こんな場所があってもいいかな・・・。
元気でいようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556626/65270073

この記事へのトラックバック一覧です: 巡り合い:

« 新緑のアトリエ | トップページ | 五月の夢 »