フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

コラボ展初日

 アトリエの一大イベント。トトロ先生と小さな仲間たちとの同時開催展は 26日にみんなの作品を一日がかりでロビーに展示。

 全員の力作と、今回初めて展示する粘土作品のコラボBOXがすばらしい展覧になった。

 ここはいち早く27日から開始。
 ちらほらと市民のみなさんが観ておられる。
 「いい絵ばかりだなぁ。。」「どこの子ども達だ?」
 
・・・・アトリエの小さな巨匠たちですよ。。。。。
 本当に今回はどの作品も素晴らしくて、観て下さる方々はグルグルと何回もまわりながら微笑んでおられた。
( みんな、やったよ。知らない人たちが微笑んでるよ。)
1704291 
 28日はいよいよトトロ展の搬入が。
 BOSSと事務所のスタッフが、配置をトトロと決めながら丁寧に広い展示室に作品を架けていく。
 夜になり、仕事終わりのマサヒロ記者も駆けつけてタイトルを貼り付け終了は夜の10時。作品数は90点を上回り、トトロのミラクルなラストスパートが広い会場にすき間のない展覧を成し遂げた。
1704292 
 4月29日当日。天気快晴。
 まだ始まりの時間前に、コッソリと入り口が小さく開いて。。。どなただろうと見ると、そこには10年以上必ず遠方からはるばるトッブバッターでお見えになるKさん親子が発砲スチロールの箱を抱えてお顔を出された。えっ??お刺身???
 「これ、始まる前にお見せしたくて地元のケーキ屋さんに特注して創ってもらいました。」
 ??????緊張感の中でスタンバっていたスタッフみんなで箱を開けてみると。。。
 そこには案内状のトトロ童画が忠実にお菓子の色粉ゼリーで再現された「童画ケーキ」が。
 サインまでおんなじようにチョコレートで描いてある。
 「えーーーーーーーーーーーーーっ!!!!モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!」
     「トトロ先生、20周年おめでとうございます。」
 「・・・・・ありがとうございます。涙」最初のミラクル。
1704293 
 さあ、トトロ展のはじまり。
 微笑みの受付はお申し出下さった熊田っちとアヤヤさん。
 自分のお子さんがアトリエを卒業していても、お母さん達は手伝いを申し出て下さるありがたさ。皆さん童画展のおなじみとなって下さっている。
1704294 
 いよいよオープン。
 列が出来て待っていて下さった皆さんが次々とご入場。
 入り口外に「おかげさまで20年・・・」のご挨拶のメッセージを貼っておいたので当初からのファンの皆様からいろいろなお言葉をいただいた。
 「ありがとうございます。」
 心底有り難くて、お一人お一人と握手のトトロ。
 「よくいらっしゃいました。どうぞごゆっくり。」
1704295 
 生徒一番乗りは新人のカノンちゃん。
 その後 同じクラスのマオちゃん。
 みんな立派な生徒カードを下げてニコニコと胸をはる。
 「皆さん、この絵のモデルはこの子ですよ。」とトトロ。
 周りを取り囲み、お客様がニコニコして写真を撮られても臆することなくマオちゃんはお辞儀をした。
 (わたしたちアトリエの生徒だもん。この絵描くとこ見てたんだよ。)
  なんだかみんなが立派に見えた。
1704296 
車椅子の方も、耳の不自由な方達も、いいお天気に助けられてどんどん人垣が増えて行く。トトロは皆さんとお話をする。
1704297 
 こちら岩手県の好きなご一家。あの風花ちゃんたちだ。
 宮沢賢治の帽子を展示しているところに釘付けで、ついにお父さんは帽子を被ってしまった。
1704298 
 チャーリーさん。自作の前でみんながパチり。
1704299 
 スタッフ。。。ユイちゃん。ニッコリ。
17042910 
 エミちゃん。
17042911 
 ミサキちゃん。今日はみんながオシャレ。
17042912 
 カイキ君はまたお祖父さんお祖母さんもご一緒に、大家族で来てくれた。
17042913 
 カノちゃん。
17042914 
 そして「廃墟」を描き切ったタカユキ君の絵は今年のウエルカムスペースで注目を集めた。
 トトロは彼に言った。「タカユキ君。画家になるといい。」
 帰り際タカユキ君は「搬出手伝いに来ます。」と言ってくれた。
17042915 
 セラ君の「earth」
 「背がまた伸びたね。何部に入ったの?」「バスケットです。」
17042916 
 デビューがうれしくてたまらないソロンゴちゃん。
17042917 
「おめでとう。がんばって描いたもんね。」「はいっ。^^」
17042918 
 入り口から入ると受付向かいはこんな感じ。
 ポピーの大作も今回描いた。
17042919 
 少し奥に行くとこんな感じ。
 真ん中に小品コーナー。
17042920 
 倉吉のとも子ちゃんはアトリエを卒業したけれど、作品は展示したのでお父さんとやって来てくれた。
 「あなたいつまでも生徒だと思ってるから。」とトトロ。
 「絵を入れて日々のことFAXします。」と とも子ちゃん。
 楽しみが出来た。
17042921 
 閉館間際まで、ご両親とじっくり居てくれたアヤカちゃんとデビューのナナミちゃん。
 初日は150人ほどの方がいらして下さった。
 さあ 2日目も休日。まだ生徒は3分の1だけ。
 
 どんなことが起こるのだろう。。。。。何だか夏日になるらしい。
17042922 

2017年4月24日 (月)

20周年のアトリエ

 今月は、4月17日の月曜クラスをもってアトリエの中で絵を描くのはおしまい。

 その代わりみんなとトトロ先生の展覧会があるから、それぞれ都合のいい日に会場に来るようにしている。
 ついこの前月曜クラスに入ったナナミちゃんは、下書き済みの作品の仕上げに夢中だ。土曜クラスのコータ君で終わったと思いきや、新しく仲間入りしたから展覧会に参加しようとばかりにがんばった。
 「今日はナナミちゃんにみんなでエールを送るよっ。」「はいっ。」
 みんなはドレミの歌を歌って彼女を励ました。
 「せんせい、アトリエの歌もつくろう。」
 ♪あー は アトリエのあ。 とーは友達よー。 りー は りっぱな絵だね えーは えーは みんなの絵。。。。なんてあとの三人とトトロが歌う中で、ナナミちゃんは描き続けた。
1704231 
 生まれたての仲良しのクラスは、たちまち「アトリエ合唱団」になった。
1704232 
 オヤツの準備も「いいよナナミちゃんは描いてて。」「うん、ありがとう。」
 そして8割がた出来上がったので、土曜日までにお家で仕上げてアトリエに持ってくることになり、ようやくみんなで遅いオヤツをいただいた。
 どこのクラスも、みんな展覧会を本当に楽しみにしていることが伝わり、米子展から僅か一ヶ月で計画したことの不安は吹き飛び、(よしっ やってみようじゃないの。。)と勇気が沸いて来た。
1704233 
 18日の火曜日、後から提出した子ども達の絵とトトロの新作を額装しに行くとそこで友達の日本画家のアケミさんにバッタリ。
 
 この一年でご主人のご両親と自分のお母様を立て続けに亡くされたのでトトロは前の晩案内状をどうしようかと彼女のことを考えていたところだった。
 「行く行く。」と画材屋さん用に持って来ていた案内状を受け取って下さった。
 また少しずつミラクルのはじまりかな?
 「不思議だねぇ。」と言うと「トトロさんが呼んだでしょ。」と。
1704234 
  19日の水曜日、アトリエ近くのイタリアンレストランの一番遅咲きの桜が精一杯咲ききってチラホラ散り始めていた日。
1704235 
 ナナミちゃんが完成させた作品を持って走って来た。
 アトリエでサインを入れてもらい完成。
 「よくがんばりましたね。可愛い絵ですよ。」「はいっ。」
 達成感が小さな身体にあふれていた。
 これでホントにホントの全員参加。・・・子ども達おめでとう。
1704236 
 
 土曜日はアトリエを閉め切ってトトロの小品を一日中描いたり、額装された新作にタイトルをつけたり・・・。個展はこの時期が一番忙しい。
 23日の日曜日は生徒作品展示準備の手伝いにサローラとマサヒロ記者が来てくれる予定だったのだが、マサヒロ記者から体調を崩したのとのメール。
1704237 
 いろいろな細かい仕事をサローラ一人じゃ大変かも・・と思いきや。。。。
1704238 
 ここで大きなミラクル発生。
 滋賀の大学と大学院で学芸員を目指していたシュウヘイ君が6年振りに帰って来ているコンタクトがあり、「今、何してるの?」と聞くと今月から高校の非常勤講師をしつつ学芸員を目指しているとか・・。
 数年前、家庭的にも個人的にも様々な苦難がありボロボロになってアトリエを訪ねて来た時
 「自分の夢を不幸のせいにしてあきらめるんじゃないよ。」とハッパをかけたトトロに「帰って来ました。」との報告だった。夢はつなげていた。
 アトリエの多忙を伝えると駆けつけて来てくれて、サローラと学芸員の手際でみんなの作品にネームを貼付けてくれた。
 「この絵たちは国宝級だからねっ。」トトロはとても助かった。
 シュウヘイ君は18年前小学一年生の時から高校三年までアトリエに居た子。
 今24歳になっていた。
 マサヒロ君にはこのことを伝えて安心してもらった。
1704239 
 生徒名簿の中にマサヒロ君の名前を見つけて驚いていたから、「また習いに来てるのよ。」と言うと
 「僕も来ます。」と即申し込んだ。「お月謝いるのよ。」「給料で払います。」
 よく考えたら、1997年から個展を始めてアトリエの教室も創ったのだから。
 「ねえ、シュウヘイ・・・今年20周年なのよね。気づかなかったよ。前しか見てないからさ。」とトトロ。
 「わぁ。アトリエは僕の居た頃と全然変わってませんよ。」とシュウヘイ君。
 
 サローラの妹のソロンゴちゃんが今一年生で入って来たから・・・っと、ああ、あと何年続ければいいんだろ・・。トトロは何歳になるんだろう。。。
 とにかく、生きられる限りやれるとこまでやってみよう。
 シュウヘイ君よく帰って来てくれました。おかえりなさい。ありがとう。
17042310 
 トトロ作品は、米子展が終わってから35点完成していた。。。
17042311 
 トトロの小さなソウルメイトたちの絵とのコラボ展。
 まもなく始まります。
 きっと元気の出る絵たちですよ。
17042312 
 アトリエ20周年記念展となったことに、今頃気づいたトトロです。
 全てはおかげさまの歳月に、続けられた感謝をかみしめつつお待ちしています。
17040813 

2017年4月16日 (日)

あきらめない

 桜土手の満開桜が春雨に霞んで、道に桜色の影のような花びらを敷き詰める。

 4月11日の午後、残りの生徒作品とトトロ作品を額屋さんへお届け。
1704151 
 4月12日水曜クラス。トトロ先生の誕生日。
 みんなからお祝いカードをいただいた。
 新入りのソロンゴちゃんはもうすっかり仲間入りしていて、昔 先輩が修学旅行のおみやげに買って来てくれた巨大鉛筆でふざけているし。
1704152 
 散り際の桜とお別れをしに、ちょっとだけいつものアトリエ神社へ。
1704153 
 ヒメちゃんがお休みだったけど、雨上がりの薄い日射しが淡くみんなを包んでくれて、はいピース。
1704154 
 子ども達と鳥居はよく似合う。
 子どもはみんな神様と仲良し。
1704155 
 アトリエから持って来たクッキーを一つお供えして、「いいてんらんかいになりますように。パチパチ。」
 みんなで交代で真剣に祈った。
1704156 
 みんなの創ったバースデーカード。トトロはまた寿命が伸びたよ。ありがとう。
1704157 
 4月15日土曜日。
 Aクラスのコータ君がわき目もふらずに描いている。
 トトロ先生は何度も声をかける。
 「コータ、ガンバレッ!!もう少し。大丈夫。」
 「はいっ。」
 
 実はコータ君、去年のクリスマス前からお母さんの病気やら、お家の都合やら、いろんなコトが続いて、長くアトリエに来られなかった。展覧会の作品も一枚も完成しておらず、トトロは一度直接電話で確かめた。
 「みんなと参加したいでしょ?」「・・・・はい。」
 「じゃあお休みの替わりの日にいつでもいらっしゃい。」「はい。」
 彼はそのことをお家の方にすぐ言わず、結局替わりの日にも来なかった。
 
 何度もお母さんのケータイにかけるけれど繋がらなかった。
 トトロはコータ君が何故アトリエを辞めずにいるのか不思議だった。
 そして、この日ついに彼はやって来た。
 「アトリエ辞めたくありません。」もう時間に余裕はなかった。
 みんなが応援した。
 
 そして、ついに一面の花を描ききった。いつもの戦争の絵ではなかった。
 「よしっ。よくがんばりました。いい絵です。サインして下さい。」「はい。」
 練習してから、サインペンで力強く「こう太」と書いているところ。
 既に額装を終えているみんなは一斉に拍手した。
1704158 
 オヤツの時間を後回しにして、彼の描き終えるのを待っていたみんな。
 美味しい揚げドーナツとたくさんの焼き菓子をみんなのお皿にテンコ盛りにしてトトロは言った。
 「一人でも絵を出せない子が居たら、みんなと先生の展覧会は0点なんだよ。全員が同じくらいハッピーにならないとアトリエに集まる意味がないのよ。」
 「うん。」みんなはうなづいた。
 「絵は全員ちがっているからステキだけど、みんなの展覧会は全員そろって喜びたいのよね。」
 スタッフのサローラが部活で居ないから、ユイちゃんスタッフが初めて一人で手伝っていて「それがアトリエのモットーだもんね。」と言った。
 
 絵本を読むと、明るく笑う声が一層楽しくて、みんなはとてもホッとしていたことが伝わった。コータ君にもわかったことだろう。あきらめないでよかったね。
 
1704159 
 粘土のお菓子を追加していたりょうなちゃん。「これも展示しましょう。」
 後ろはトトロ先生の作品たち。新作は最後まで描き続けますよ。
17041510 
 後半のクラスに、お休みの代替えでやって来たユシンちゃんは、完成した絵が気に入らず、また描き始めた絵の仕上げにかかっている。
 妥協をしない姿勢が見事だ。
 ていねいにこだわって描き終えて「これを展覧会に出します。」
 こちらもみんなで拍手した。新三年生のファイトに感心したトトロ。
17041511 
 ユイちゃんスタッフは取り置きしておいた額のガラスを丁寧に拭いて、コータ君の絵を入れてくれた。
 みんなの絵のタイトル一覧表も、きれいに清書して難しい漢字を時々聞きに来てちゃんとトトロの仕事を手助けしてくれた。もう一人前のスタッフに成長してくれた。
 みんなはユイちゃんにも拍手で感謝した。
 この日はいろんな拍手がアトリエに満ちあふれた。
17041512 
久しぶりに来たシュンアキ君は中国でたっぷりお父さんと過したことがうれしそうで、なんだかとても落ち着いていた。絵本に見入っているところ。
17041513 
 「あれっ、背が伸びたね。」エミちゃんが彼より年上なのにシュンアキ君の背が超していたから、みんなで並んで背比べ。やっぱり大きくなっていたね。
 チャーリーさんはそんな子ども達の空気感を楽しんでいた。
17041514 
 桜もだんだんに散って、この日はとても暖かかった。
 街が新緑に変わる頃、次のアトリエは展覧会の会場でトトロ先生と待ち合わせだ。
 
 米子個展の始まりから丸一ヶ月。
 トトロの新作には新緑の色が増えている。
 子ども達を見習って、精一杯描き続けよう。
 
 昨日、たくさんのファンの皆様に案内状を投函した。
 アトリエの合い言葉「あきらめないで、みんなでハッピー。。。」
 桜前線北上中。
 
17041515 

2017年4月 9日 (日)

満開のスタート

 七分咲きの川沿いを通って、生徒のみんなの絵を画材屋さんに届けた日。

 いよいよ生徒展とトトロ展の夢のコラボの準備スタートだ。今年は一段とみんなの絵の見応えがある。

  4月4日はまだこんな感じの今年の桜。

1704081 
 4月6日の木曜夜クラスも、始業式を翌日に控えたみんなとオトナの生徒さんたちで小雨の中の花冷えのアトリエ。
 
 4月7日からグングン気温が上がって満開も近くなった日、新聞社のマサヒロ記者がちょいとアトリエに顔を出したので、仕事中の姿をパチり。
 取材や営業で爽やかに懸命にやっている彼。
 他のアトリエOB達が大学を終えて県外に就職したり、こちらに戻って来たりの情報もチラホラ聴こえては来るけれど、つまづいたっていいんだよ・・人間だもの。by相田みつを・・。また いつでも会いにおいで。
 
 みんな元気に一生懸命やっていることを祈るトトロなのでした。
 全てが始まる桜の季節。
1704082 
 さてさて4月8日の土曜日クラス。鳥取の満開宣言がついに発表されて、恒例のアトリエ神社の桜と再会する為にみんなでイソイソと公園を横切って行く。
1704083 
 満開の桜は今年もみんなを迎えてくれた。
 「大きくなったね。」と言ってくれたような気がしたよ。
 手をつないでパチり。
 右から二人目のホノミちゃんは、アトリエで絵を描くのはこの日限り。
 一番上のお姉ちゃんのナルミちゃんが習いに来出した頃、ホノミちゃんはまだ生まれていなかった。兄ちゃんのダイスケ君が来て、少の間3人が被って、お母さんはなんと通算18年間も誰かをアトリエに送り迎えしたことになる。
 
 お疲れさまでした。ありがとうございました。
1704084 
 お姉ちゃんもお兄ちゃんも、満開のときにここで写真を撮ったね。
 「桜さん、ありがとう。また来年咲いて下さいねー。」
 「みんなも元気にがんばれよーーー。」
 
 いつものように桜と話をする。
1704085 
 アトリエ神社の満開桜。ホノミちゃんと見られて良かった。
1704086 
 この日のBクラスも全員出席。
 みんなの絵が額屋さんに旅出ったことを報告するトトロ。
 悔いなく描き切ってワクワクの笑顔。
1704088 
 しばらく絵を描いてから、桜と会いにみんなで出発。
 花びらを拾うヒロト君とユイ画伯。
1704089 
 夕方の公園でワイワイしながら今年の記念に。
 新高校生になったユキノちゃんも、一つずつ学年が上がったみんなも変わらぬアトリエスマイルでパチり。
17040810 
 この日は前半も後半もトトロ先生がケーキを焼いていた。
 「新スタートのお祝いだよ。」
 クリームを上手に乗せるのはクリスマスのときの腕前を見込まれたアオイ君。
17040811 
 「ほら、見えますか?」「モグモグ はい、見えるよ。ありがとうモグ。」
 受験 卒業 合格 進学 進級 入学と、おめでとうが嵐のようにアトリエを吹き抜けた一ヶ月だった。
 その間にトトロ先生は米子で一週間もの個展をして帰って来て、またどんどん絵を描いて、まもなくこちらの展覧会。
 前代未聞のチャレンジは続く。
 みんなの四月は穏やかに和やかに、桜の満開とともに始まったばかり。
 さあ、みんなで行くよっ。桜色の希望の未来へ。
17040812 
 案内ハガキはこちらの絵に代えました。
 なんだかとってもアートでしょ。
 油絵みたいだけれど、ホントはクレヨンです。
 帽子の上には青い鳥。
 希望の明日を夢見て、アトリエの新学期・・満開のスタートです。
17040813 

2017年4月 3日 (月)

おめでとうの春

  3月27日 月曜クラス。いつの間にか学年がかわる春休みの不思議な期間だ。

  難しい構図に挑むマオちゃんも、まもなく3年生になる。
1704021 
 この若草物語のような4人の姿は、この日で最後。
 アヤカちゃんが中学生になるので、土曜日クラスに移るからだ。
 楽しかったね。みんなのお姉さん役ありがとう。
1704022 
 後輩たちはありがとうカードをこっそり描いて、アヤカちゃんは見ないふりをしてくれている。
1704023 
 ちゃんと別れのセレモニーの挨拶を交わして、みんなが帰るのとすれ違いの夜7時より面接をしているのは、新しくこのクラスに入るナナミちゃん。
 ちょっと水彩で描いてみているところ。
 絵が好きな気持ちがトトロにジンジン伝わって、即合格。
 よろしくね。新4年生。
 
 ちなみに、この日はトトロたちの結婚記念日だった。
 とりたてて何もしないけれど、「これからもよろしく。」の挨拶を交換した。
 トトロがこちらに来て40年も経ったとは。感慨深い日だった。感謝。
1704024 
 さてさて29日の水曜クラスにも新入りさんが登場した。
 こちら、いつものように真剣に描くベテランのユミ画伯。
 
1704025 
 オヤツのときにあらためて紹介をする。
 「今度一年生になるソロンゴちゃんです。面接は米子の個展会場でやりました。」・・・カチカチに固まったソロンゴ。みんな笑いをこらえている。
 「どうぞよろしく。お おねがいします。」拍手 そしてカンパイ。
1704026 
 それから絵本で、ちょっとだけキンチョーがほぐれて・・。
1704027 
 みんなでパチリ。ソロンゴはモンゴルの草原と馬を描いた。
 保護者としてついて来たお姉ちゃんのサローラもニッコリ一安心。
 また新鮮なクラスのはじまりだ。
 みんなはいつの間にか「ようこそ ソロンゴちゃん♡」のカードを描いて手渡していた。
 もうカードはアトリエの伝統なんだね。アーティストたちのカードはいつも胸をあたためる。
1704028 
 4月1日は、さっそく土曜日Aクラスにアヤカちゃん登場。
 彼女の雰囲気に、みんなはソワソワとよろこんだ。
1704029 
 オフィスのテーブルではスタッフ~~~の二人が、アトリエ必須アイテムの「ポンちゃん」を創っている。
 スポンジを固くガーゼでくるんで、小さなテルテル坊主みたいにこさえる。
 元々はトトロがあちこちの公民館に頼まれて絵手紙を教えていた時代に、ある公民館でお身体の不自由なお年寄りたちに出逢い、マヒした手でも描けるように大量に創って持って行ったのがはじまり。
 ポンちゃんに絵の具をつけてポンポンするだけで、ブドウや苺や、空の雲やシャボン玉が描けて、皆さん大喜びだった。
 絵の具はヘルパーさんたちが創ってつけて・・トトロの手を添えてポンポンと。
 皆さん頑張って描いて下さって、泣きながら喜ばれたっけ。
 アトリエではパステルの粉やチョークの粉でもポンポンして思い思いにつかっている。何で描いてもいいんだよ。。というのがトトロの教え方。
17040210 
 コーセー君はペンキ用の刷毛で風を描いているし。
17040211 
 後ろのノッポのセラ君の高校合格報告をもらって、今年のアトリエはOBたちも含めて全員志望校へ合格するという快挙を成し遂げた。
 しかもあんまり塾へはいかず、みんなアトリエでひたすら絵を描いていながらの自然体の結果。
 一人一人からどんどん報告が来て、トトロはその度に大喜びした。ヽ(´▽`)/
 どこの学校か聞くのさえ忘れて、ひたすらにおめでとうの季節になった。
 
 別にどこの学校でもいい。自分が行きたいところならばね。
 小さい後輩達にトトロは言った。
 「自分で目標を決めて、自分に一番合ったところに向かうのよ。絵とおんなじなんだよ。何を描きたいか、何を使ったら描きやすいか、教わるのを待たずにまず自分と相談すると、心が答えてくれるからね。トトロ先生もちょっとヒントを出すけどね。」「はーい。」
 この日はタカユキ君とコータ君が欠席だったけど、とも子ちゃんの居なくなったアトリエに アヤカちゃんが来てくれてみんな嬉しそうに迎えた。
 
 「このクラスにしますか?」と確認すると「はい。」とニッコリ。
 新中学生の新スタートおめでとう。
17040212 
 後半Bクラスにも、ていねいな別れのシーンが待っていた。
 いい味をかもし出すチャーリーさんは、楽しく描きながら子ども達の人間模様を見ていてくれる。
17040213 
 新6年生になる こちらもあやかちゃん。
17040214 
 卒業はこのユウマ君。
 この日は仲良くしていたシュンアキ君がお父さんに遭うため中国に行っているので 残念ながら会えなかったけれど彼は泣きそうなので、それでよかったのかも。
17040215 
 岡山からよく通いつづけました。
 一年生から6年間、おばあちゃんとお母さんのローテーションでいい笑顔の彼がやって来るとアトリエがほっこりとした空気になって嬉しかったよ。
 終わるギリギリまで、トトロに動物のデッサンを教わろうと懸命な姿。
 後ろでエミちゃんがありがとうカードを渡そうと待っていた。
 妹のハルカちゃんは、まだアトリエに来たいとのことなのでおばあちゃんファイトッ!! 道中くれぐれもお気をつけて。。。rvcar
17040216 
 別れと出逢いとおめでとうのアトリエの春まだ浅き早春賦。
 いつもより遅く蕾みのふくらむ桜の花も、みんなの旅立ちを見ていてくれる。
 
17040217 
 
 さあ いよいよトトロとみんなのコラボ展。
 今年は生徒たちの作品がとても素晴らしくて、見応えが満載ですよ。
 トトロも新作たくさん描いています。
 米子の一週間が夢のようだけど、こちらの個展も気持ちをチェンジして皆さんに初夏の風をお届けしたいと思います。
 うれし涙やら、感謝感動の涙の季節の水彩画。
 子ども達も新しい春をワクワク踏み出しますように。
       みんなおめでとう。
2017

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »