フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月28日 (火)

最終日・・そしてアトリエ

 米子の童画展ラストの日。3月21日火曜日。久しぶりの小雨。

 初日の16日にトトロを電話で5分間も生出演させて下さった、朝8時5分からのラジオ番組のときの岩田アナウンサーがいらした。(紅いスカート)ここで初めてお互いの顔と初対面となったわけで。「えーと、初めましてでいいのかな・・」
 そこに居合わせた◎△さんは、偶然にも同じ局の先輩で、社内でも時間帯が違うから滅多に会えないのに、と二人は嬉しそうだった。
 
 
1703271 
 ひっきりなしにお客様の耐えない最終日。トトロの横に再びお地蔵さん作家のさっちゃん。
1703272 
 あの小さな童画展のカフェの常連さん達も会いに来て下さり、大きな絵に喜んで下さった。
1703273 
 また、この絵の前で「花は咲く」を口ずさむ方が。
1703274 
 もうトトロは立ち尽くす。あんまり有り難くてただ立ち続けお礼の言葉を繰り返していた。「米子の皆さんありがとうございます。」
1703275 
 最終日は16時までなので、皆さん息を切らせて駆けつけられた。
 「もう一度見たくて・・」と、走って来られた方も。
 終わり頃に、「わぁ、ミモザ。」と仰って「ミモザ」というタイトルのこの絵を買われた方は、ご自分の車に戻って小さなミモザのブーケを手渡して下さった。
 庭にミモザを栽培されておられるとか。。。
 小さな奇跡、大きな奇跡、出逢うべくして出逢った皆さん。
 スッポリと困った時の穴を埋めて下さった現地スタッフの皆さん。
 最後の最後まで会場に居てくれたお地蔵さん作家のさっちゃん。小梅さん。
 そしてトトロにオフアーして下さった百花堂のうさこさん。
 新聞社の頼もしくも温かい記事とフォロー。記者さんたちとの絆。
 トトロはまた描き続けます。
 全てのことに感謝しつつ初めての米子でのトトロ展が閉幕した。
 奇跡の一週間を ありがとうございました。
1703276 
 21日に荷物を撤収して帰り、絵を発送する準備をして22日から発送開始。
 22日だけゆっくりと休ませてもらった。気がつくと心地よい疲れの中に居た。
 
 23日の木曜夜クラスからアトリエ通常運転開始。
 小さな風船を果てしなく描くサローラの絵。ヒロ ヤマガタの世界のようだ。
1703277 
 百花堂の長谷川さんこと、うさこさんが帰り際に手渡して下さったものはこれだった。ちりめん細工の彼女のライフワークのお人形でトトロ童画のこびとが再現されていた。「中にいっぱいの感謝の心を詰めました。」というお手紙とともに生徒の皆さんに披露した。
 持っているのはカナちゃん。うさこさんありがとうございます。
1703278 
 翌24日金曜日に、あのマサト君登場。お祝いを手渡すことが出来た。
 「広島に行っても楽しく頑張るのよ。」「はい。先生もお元気で。」
 
 旅立ちの春。トトロに出来る事は精一杯の姿を見せることだけ。
1703279 
 24日土曜クラス。
 ホノミちゃんは展覧会の絵を仕上げている。
 実はこの日、アトリエ卒業の決意を言うつもりだったのに、お別れのシーンが相次いで言いそびれたらしい。4月の展覧会までは来るみたいなので大丈夫。
 悔いのないように描こうね。
17032710 
 むっしり取り組むアイ子ちゃん。
 間に合うかどうか微妙。。。。。きっと間に合うよ。
17032711 
 とも子ちゃんは このクラスではないけれどAクラスのときは来られないとここでのお別れラストアトリエの日。
 いつもと変わらず自分の世界に没頭している。
17032712 
 とも子ちゃんとお兄ちゃんがみんなと最後の写真におさまった。
 ユイちゃんスタッフはギリギリまで ありがとうカードを描いて手渡せた。
 8年間のアトリエタイム。楽しかったね。またいつでも来てね。
 送り迎えのお父さんとの往復2時間のデートもこれが最後。
 一番さみしいのはお父さんかも知れない。
17032713 
 スタッフ二人との記念。「アトリエはまかせて下さい。」
17032714 
 そして後半クラスに、京都の第一志望大学に合格して旅立つ夢ちゃん先輩がやって来た。「おめでとーーーーーー。」そしてカンパイ。
 その直前にもいきなり、志望高校に合格したアイカちゃんがやって来てトトロに報告するもんだから、ユイちゃんママに頼んで多めに用意していた花の鉢がたちまちなくなった。なんとなく予感がして電話で頼んでいたのだ。
 アトリエは合格と旅立ちラッシュのおめでとうだらけだ。
17032715  
 しっとりと女子大生らしくなった夢ちゃんがスタッフをしてくれていたとき、ライア君もヒロト君も親切にしてもらったことを憶えていた。
 ユキノちゃんも志望高校に合格したことを米子にいたトトロに電話して来るほど喜んだ。搬入の会場で「おめでとーーーー!!よかったねー。」と叫ぶトトロ。
 みんなの頑張りに元気をもらった。みんなありがとう。そしておめでとう。
17032716 
 26日、日曜日は鳥取市少年少女合唱団のコンサート。
 BOSSたちのバンドも出演し、BOSSはいろいろな舞台裏やら照明プランニングやら、音楽劇のアドバイスやらでこの演奏会を影で支える大役なのだ。
17032717 
 トトロはサローラと聴きに出かけて、オペラに大臣役で出演したアトリエOBの耕平君に「よかったよ。」と挨拶。
17032718 
 姉の亮子ちゃんは数日前に公立大学の合格がわかり、11年間の合唱団ライフにさよならのステージをソロやMCで見事に果たした。アトリエOG。
 お祝いを渡すことが出来た。
 「先生も米子でいっぱいお祝いしてもらって来たから、みんなに渡す番だよ。」
17032719 
 おめでとうとありがとうの代わりばんこで もうすぐ桜も咲きそうだ。
 この世は毎日が奇跡なのかも知れない。
 疲れなかったと言えば嘘になるけれど、米子で一週間立っていられたのはトトロの新記録だ。感謝が足の不自由さを上回った。
 ありがとうが呼吸の苦しさも超えていた。
 人は見えないものに支えられて、素直に感謝出来るときにさらなる奇跡を呼ぶのかも知れない。
 さあ、4月の個展と生徒展に向けて新しい絵を描き始めよう。

2017年3月25日 (土)

米子の童画展・・その3

 3月19日 日曜日 童画展4日目。

 米子のお祖母ちゃん家に泊まりがけでお墓参りにおいでのご一家。
 
 おばあちゃんに絵を一枚買ってもらえるということで、会場を何周もして迷いながら楽しそうに探していらっしゃる。
1703241
 やがてマサヒロ記者が、初めての遠出運転のマイカーに妹さんとお母さんを乗せてやって来てくれた。「ご無事でなにより。。。」
 妹のAちゃんが高校を卒業し神戸の専門学校に合格したので、お祝いの旅だ。
 一番小さいのがお母さん。よく育てられました。
 
 トトロの前の少年は、小学生の時に米子からアトリエに通っていたヒロユキ君。
 前の晩、宿泊中のホテルのトトロのケータイに連絡があり
 「先生、ヒロユキです。明日一日中手伝いますっ。」と。
 BOSSが鳥取から来る時間まで、一人だと心細かったのでとても助かる。
 「ありがとうございます。キチンとして来て下さい。」
 「はいっ。制服はネクタイですから。」
1703242 
 彼は5年振りにアトリエ生徒として一日だけの嬉しい復活。
 テキパキとにこやかに、トトロの為に誠心誠意働いてくれた。
1703243 
 指差してこびとを探しながら「花は咲く」を歌っていた男の子。
 この日のご来場者は、とても多くてつぎから次へと皆さんなんとなくお線香の香りをまとわれて、お彼岸のお墓参り帰りの方がいっぱい。
 お天気は初日から晴天がずっと続いて、トトロは時々外に出て空にお礼をした。
 天からもいろんな応援を感じた。
1703244 
 ブログ仲間の福岡のmikomikoさんがはるばるとご来訪。
 ご当地のお菓子をアトリエにとドッサリいただいた。
 昨年の鳥取展に来て下さった時には、あまりのサプライズにたまげたけれど今回はお顔を見てすぐに「いらっしゃーい!!」と言えることの不思議。
 
 そこにサローラがお母さんと妹のソロンゴちゃんと辿り着いて、今度一年生になるソロンゴちゃんがアトリエに入りたいので、この会場で面接をした。^^
 何を描いてもらっているかというと、「ありがとう」のカード。イラストも。
 もちろんmikomikoさんに手渡すまでが「面接試験」ということに。
 アトリエでは何をさておき「ありがとう」の心を一番に教える。
 だって、ありがたいことばかりなんだものね。
1703245 
 「はい、合格です。四月から来てね。」「よ よろしくおねがいします。」
 ソロンゴもmikomikoさんも、笑いをこらえて見守っていた先輩たちもみんながうれしいシーンだった。
1703246 
 この絵の前で、ずっと語らう親子。
 小さな女の子がお母さんに説明していた。
 「ランドセル。おじぞうしゃん。。おやま。」「そうだねぇ。いい気持ちね。」
 トトロは胸がいっぱいになった。
1703247 
 そして、この日何故お線香の匂いをまとった方々が多勢いらしたかといえば、この方のおかげさまだったという事が判明。
 BOSSのバンドのメンバーの中にお寺の奥さんが居て何気に米子のお寺にもDMを送ってくれていたら、このIさんというお寺の奥様が口伝えに広げて下さったとのこと。お彼岸でご多忙中のすき間を飛んで来て下さった。
 さらにその時一緒にいらした高校を卒業されたばかりのご長男君が受付のヒロユキ君と「おぉ~~~~~~っ。なんで?なんで?」と絶叫。
 ヒロユキ君の所属する体操部の一番好きな先輩だったとか。
 ご縁の繋がりだらけの名場面を、見せていただいていたのはトトロの方だった。
 個展のつもりが、逆に壮大な名画を鑑賞しているかのようで感動ばかり。
1703248 
 ヒロユキ君とアトリエクラスが一緒だった倉吉のアオイ君も来てくれた。
 二人とも大きくなったね。。。ここで会えてよかったね。
1703249 
 6時をまわり、それでも入って来られた一人のお客様に「いいですよ。どうぞご覧下さい。」と言うと。。。ゆっくりまわられてから、ついにこの看板娘をご購入。
 「つい買い物ついでに。あ トトロさんの個展だわ、と思い寄りました。」と。
 まったく知らない方だった。
 
 トトロはこちらで少し知られているらしかった。感謝。感謝。
17032410 
 そして5日目。この日も快晴。3月20日春分の日。
 なんと、この日のスタッフは3日目に来られたあの二人。
 元、鳥取のTVキャスターさんたちで今はこちらにお住まいなのだ。
 BOSSがまったく来られない日なのでどうしようと困っていて、あの日に頼んでみると「二人で午前と午後と交代でお手伝いします。」との嬉しいお言葉。
 
 午前はユキミさん。急ぎスタッフカードはトトロの手描き。
17032411 
 新聞社の澤田デスクが仕事休みの日に、昔トトロがプレゼントしたネクタイをして来て下さった。ピ ピ ピンクです。お似合いです。
17032412 
 もう残すところ、あと一日となり初めの日にいらした方が誰かを連れてまたいらっしゃる現象多数。
 画家のトーサキさんがまたいらしたので、デスクにご紹介した。
 「なんかされるときは、是非情報を・・」とデスク。
 繋がる人々。繋げるトトロ。
 絵を真ん中にしてどれだけの奇跡が起こっただろう。
17032413 
 トトロの個展とBOSSのコンサートを20年前からずっと支えて下さっているSさんが鳥取からご来訪。
 何食わぬ顔でいつも手伝って下さり、初めはトトロデビューの小さな個展が出逢いだった。横浜出身の奥様と共に鳥取に帰られたばかりの頃。
 それから年二度ごとの強力スタッフになって下さって人生を重ねながら過して来た。今回は「勝手に米子でやりますから。」と連絡したら出張先の大阪から帰られてすぐに来て下さった。
17032414 
 午後の担当はサトミさん。
 さすがキャスターさんたちだ。見事なスタッフ姿でお客様とも会話して下さった。
17032415 
 そこにアトリエ生徒のとも子ちゃんご一家が倉吉からご来場。
 兄ちゃんは九州大学に合格。とも子ちゃんも志望高校に合格。
 二人ともコンサートスタッフなどでよく手伝ってくれていた。おめでとう。
17032416 
 アトリエを卒業していくとも子ちゃん。
 長い間、よく倉吉からお父さんの運転で通い続けてくれました。
 ありがとうね。また会おうね。
17032417 
 いろいろな質問に答える。
17032418 
 お話し中に、何気なくストレッチするトトロ。失礼しました。
 立ちづけて、もう足がパンパンになっていた。
17032419 
 そこに17年前にトトロが鳥取大学で絵本の授業をしていた時の教え子の(ペンネーム)ヒミト君が登場。「36歳になりました。」って。
  またタイムスリップ。。。。。いろんな話をした。
17032420 
 入り口近くの「流氷の夢」という作品で「お父さん、家のあれ連れてくれば良かったがん(米子弁)」と奥さん。
「えっ? あれって? シロクマかペンギンでもいるんですか?」と聞くと
「いえいえ アハハ。。流氷の下に住むクリオネを飼っているんです。」
 「へーーーへーーーーへーーー・・・」びっくり。
 さらに、昔北海道の釧路に住んでおられたとか。
 
 話は弾んだ。新聞を読んで来られたご一家だった。
17032421 
 この方も新聞で知ってのご来訪。本にサインを頼んで下さった。
 いろいろうかがって、お好きなイラストも入れて。。。楽しそうなひととき。
17032422 
 終わったらタクシーでホテルへと思っていたら、ついに小さな童画展を毎年させて下さるカフェの谷山さんとそこへの道筋をつけてくれたZuさまことトトロのアーティストの中で一番の友達の和美さんがいらして「帰りは送ってあげる。」と。
 このお二人は高校の同級生で、カフェが出来た時にみんなで支えたとか。
 おかげでトトロはここに居る。ご縁は異なもの味なもの。
 感謝の花びらが心に降り積もる。残すところあと一日。。。。。
17032423 

2017年3月23日 (木)

米子の童画展・・その2

 3月17日。天気快晴。童画展2日目。

 西へ向かう車窓から大山(だいせん)の美しいお迎えをいただく。
 BOSSの都合がつかなくて、友人の熊田っちが運転して下さることに。ありがたいことに熊田っちは米子の出身なので「米子ならまかせてっ!!」と引き受けてくれた。
1703221 
 会場に着くと既にお客様たちが絵と対話されていた。
 ここで、ミラクル発生。
 この「さっちゃん」という方とお話していたら、彼女はお地蔵さん作家で粘土で感謝の想いの詰まった小さなお地蔵様をこさえておられるとか。
 トトロ童画にもよくお地蔵様が登場するから百花堂のうさ子さんが連絡して下さって安来からお出でになり、感動しつつ観て下さっていたとのこと。
 そして、「これこれ。」とうさ子さんの持っておられた小さなお地蔵様を見せていただいた。
 (あれれ・・・このお地蔵様って。。。)トトロの身体がゾクッとした。
 アトリエの入り口カウンターのお地蔵さんだった。
 以前友人がどこかで手に入れてお土産に下さったものだ。
 以来アトリエの守り神として、入口で子ども達を迎えてくれる小さなお地蔵さん。生徒たちはそれを真似してこさえたりしていた。
 あんまり量産されていなくて、時々頼まれてワークショップなどに出されるという。その中の一体がアトリエにやって来られて子ども達を守ってくれたのだった。
 さっちゃんとトトロはお彼岸にお地蔵様で繋がった。
1703222 
 繋げたのはビンクの服の一青窈に似ている自称「うさ子」さん。後ろは倉吉の百花堂のMさん。
 なんとMさんは百花堂に勤める前にBOSS達の関わる音楽企画のステージ仕事でトトロと会い、トトロの本もお読みだったというこれまたご縁の不思議。
1703223 
 熊田っちには運転をお願いしたにも関わらず、スタッフとして助けて下さろうとして、キリリとスーツで決めて来てくれた。持つべきものは良いともだち。
1703224 
 この日澤田デスクの粋なはからいでデカデカとステキな記事になっていたトトロの米子展の写真を持って、「ラテアートして見たけども・・◎△×???」と米子弁でまくしたてるおじさん登場。
 「???ラテ。・。アート?」戸惑うトトロ。
 よく見ると、コーヒーカップの泡の中にトトロがいるではないか。ヾ(.;.;゚Д゚)ノ
 パソコンで新聞の写真をラテのようにに加工して、本人に届けるのがご趣味とか。
 このときは驚いて「あ ありがとうございます。」と言ったけれど、あんまり大声で自分の趣味を話されるので、他のお客様に挨拶しそこなってヘトヘトになった。「また来るけん。」と上機嫌のおじさん。
 
 いろんな方がいらっしゃる。・。・。・
1703225 
 そして、またまたミラクル。
 
 一枚の絵に釘付けの方がいらした。
 芳名録にお名前を促す熊田っちに「いいです。」とお名前は記帳されず、「また来ます。」と一度帰られて、やがてまたいらした。
 なんとなく涙ぐんでおられるようで、トトロは近くに行って話しかけてみた。
 「それ、フイに浮かんで描いた絵なんです。地球の毛糸で編み物をしたら春夏秋冬の模様が編めた絵です。タイトルは地球の毛糸です。」
 この女性はポツリポツリと話された。
 「実は、最近可愛がってくれた姑が亡くなって、編み物が得意だったんです。色々編んでもらいました。そして主人は地球科学の研究をしているんです。。。」
「・・・・・・・・。」トトロ驚き過ぎて無言。
「あのう。。。この絵を買わせて下さい。」
「ありがとうございます。」
 
 手続きにはお名前も必要だったので、「ほらね、ちゃんと芳名録にも書いてくださいね。」「はい。」
 いらしたときはニコリともされなかったのに、いい笑顔で帰って行かれた。
 時はお彼岸。きっとお姑さんも会場にいらしたことだろうと感じた。
1703226 
 ヒョイと現れたのは、15年前に鳥取本社で記者だった酒井さん。いろいろな取材でトトロを紹介して下さった恩人。今は米子本社で健筆をふるっておられる。トトロと同い歳で一度退職されて尚、署名入りの記事を名文で書かれている。
 とりわけ、15年前のその記事はアトリエの理念を一面を使う大きな特集記事にして下さり「根っこの力はぐくみたい。」という大見出しで子ども達へのインタビューも交えて一日中取材され、「取材は格闘技」と仰りトトロカレーで休憩して、トトロ自身も気づかなかったトトロの全てを解明して下さった。
 そのときインタビューに答え、大きく写真に載った子ども達は現在25歳。
 みんなあちこちで頑張っている。
 今でもその大きな記事をアトリエに置いて、時々読んでは初心に帰る。
 「感じるチカラと表現の喜びを子ども達の中に育てたい」と語っていたトトロ。
 今でもその信念は変わらない。
 合掌作りの絵の前で合掌しているところ。
 いつも思い出す方なので、お会い出来て作品も久々に観ていただけて本当に嬉しかった。
 あの心臓手術の前日に速達で励まして下さった。「みんなが待ってます。」と。
1703227 
 その後、鳥取からのご夫婦ご来場。
 「長男が生まれた時、頼んで絵を描いていただきました。」と。
 「何歳になられましたか?」と聞くと「高校生です。」とのこと。
 ガーーーーーーン。。。時の流れの速さについていけない。
 ついこの前のことのような気がしていたのに。。
  こうしてミラクルな二日目が終了。不思議な一日だった。
1703228 
 
 18日はBOSSの車で向かう。童画展3日目。
 お天気はいいけれど少し霞んだ風景にお城が見える。
 これは米子への途中にある「寿城」お菓子屋さんなのだ。^^
1703229 
  片道2時間の往復が続き、初対面のミラクルばかりの中トトロの疲れがピークに達してしまい、後半は連泊なので今日一日はがんばろう・・と思っていると、トトロの大好きな油絵を描かれる画家のトーサキ氏登場。10年以上振りの再会だ。
 色彩もお人柄も好きで、お会いしたのは鳥取市のギャラリーの彼の個展で。米子市在住。
 「いい画家だから。」と紹介してくれたデザイナーのギっちゃんは10年前に他界してしまった。トトロを応援してくれて仕事も一緒にした。
 トーサキ氏とトトロはギっちゃんを偲んで語り合った。
 絵の話もたくさんして、トトロの疲れが癒された。・・・やっぱり時はお彼岸。。。
17032210 
 それからは元気になって、本にサインをしたりお客様と笑い合ったり。
17032211 
 アトリエのユイちゃんご一家登場。慣れた手つきで芳名録に記帳するユイちゃん。
17032212 
 合掌造りの手つきをする妹のSちゃん。
17032213 
 はるばる来てくれてありがとうね。
 こうするとトトロ先生が元気になることを知るソウルメイトだ。
17032214 
 このお二人は、元TVのキャスターさんたち。
 彼女たちには、この後スリリングな運命がやって来る。
 
 後のブログでそれがわかります。。。
17032215 
 ものすごくはるばる来て下さったアトリエ生徒のチャーリーさんと。
 お天気もいいので、カメラマンの彼はこちらの花回廊で撮影して来られたとか。
 
 最終目的があると、遠くても道中ワクワクで楽しいのよね。
 「今行きます。」のメールをいただいて待つ気持ちもワクワクでしたよ。
17032216 
 この日最後のお客様の少女は、初めて童画を観るとのことで一枚ずつに長い時間をかけてとても幸せになりました・・と言ってくれた。
 トトロの疲れは、もう残っていなかった。
 こうして3日目も無事に終わった。・・・・・・つづく
17032217 

2017年3月17日 (金)

米子の童画展・・その1

 13日の月曜クラスのときに、米子からホワイトデーのどじょうすくい饅頭やらチョコやらいろいろなものが届いて、みんなで分けていただいてお礼状を書いた。

 いよいよ15日の水曜日。
 小雪や雨や突風吹きすさぶ怒濤の日本海沿いを、たくさんの絵を積んだBOSSとスタッフの2台の車がトトロも乗せて雨しぶきをものともせず一路米子へ。。。
1703161 
 2時間後ドラマの始まる予感に武者震いしつつ到着。
 午前11時より搬入開始。
 天井のステキに高いギャラリーにレイアウトを考えながら作業を始める。
 デカい絵の場所を決めて・・・。
1703162 
 だんだんに 物語りを創って行く。
1703163 
 手づくりして来た看板を設置。
1703164 
 照明や音楽もあしらい、どうやら形になったのが閉店間際の午後6時。
 お客さん気分でいろいろなところから眺めて見るフリをして一休み中のトトロ。
 いいギャラリーだった。
 65点がおさまるところを知っていたいたかのように、ストーリーある展覧になった。
1703165 
 スタッフのTさんは会社の用事があるので絵の空き箱を積み込んで日帰り。
 トトロとBOSSは初日に備えて米子泊まり。
 16日木曜日。初めての米子でのギャラリー童画展初日。
 まず、朝8時に地元FMラジオ局の生出演でトトロとキャスターさんの電話でのやり取りを楽しく繰り広げて、
「お身体がご不自由とのことでいろいろと不便ではありませんか?」の質問には
「大丈夫ですよ。出来ない事以外は何でも出来ますから。アハハ。」と迷回答をすると「わぁーーーー出ました。トトロさんの名言。」と言われて、明るい番組になった。リクエストの曲をかけて下さるというので、「早春賦」を頼んだ。
 
 その後個展会場に一番に飛んでいらした新聞社のSデスクが、渾身の取材をして下さり、その最中もお客様が次々と。。。
 皆さん知らないお顔ばかりだけれど、トトロ童画の前で口々に「懐かしい。」を連発。涙ぐんでご覧になっていらっしゃる。
 「ここはタイムマシンの駅ですから。」とトトロが言うと、Sデスクの目がキラリンと光り「それだっ!!」と。
 明日の見出しが楽しみだ。
 新聞社の心からの応援に、いつもトトロは感謝感動で心が震える。
 がんばろう・・・と心に誓う。
1703166 
 このコーナーには父の遺品の中にあった祖父の大正時代の帽子。
 なんと祖父は宮沢賢治とほぼ同期で、共に教師時代会話をしていたというから
おそらく賢治の帽子もこれだったと思い、賢治をイメージして描いたコーナーに陳列したのだった。
 時はお彼岸をまたぐ童画展。父も祖父も「よっしゃ!」と悦んでくれる気がする。
1703167 
 三歳の小さなお客様も何やら話しかけながら、一点ずつの絵に指差しつつ見入っていらっしゃる。この光景そのものが「童画」だ。
1703169 
 まるで絵の中に入って行きそうな会話が聴こえる。
17031610 
 発想の説明を求められて、「ポンと浮かぶんです。」なんて言ってるトトロ。。17031611 
 92歳の俳句の先生が、これを書いて下さった。
 ペンネームは悠々と飛ぶトンボの意味だと仰るから、そんなイラストを描いてお渡ししたら、「ときめきますなぁ。」と喜んで下さった。
 ダンディなおじさまだった。
 こうして初日は初対面の連続。
17031612 
 そこにトトロが20代のときに入院した二人部屋におられたK子さんが約40年近く振りにいらして下さった。米子にお住まいでお孫さんもたくさん。
 二人で「変わらないね。」と笑う。
 やっぱり生きていればまた会えるのね。
17031613 
 宮沢賢治先生が来られたと思ってビビったら、画家の方だった。
 いい絵だ、いい絵だと褒めて下さり「欲のないヘタさが上手い。」と仰るから
 「それって最高の褒め言葉ですよね。」と言うと「そうだよ。」と笑い、たくさん話した。
 そしてずっと、じっと観て下さって、絵描き同士のエールを交換した。
 なんだかとても楽しかった。
17031614 
 三連作。はるちゃん、なっちゃん、あきちゃん。
17031615 
 外は日射しが戻り、すっかりお天気が回復。
17031616 
 先日広島大学に合格報告のメールをくれたマサト君が列車でやって来てくれた。
 お母さんの焼いたパンとおばあちゃんのこさえた桜餅を大量に抱えて。
 アトリエの子とひっつくと元気になるトトロ。
 ていねいに全部の作品を観てくれて、ガッチリ握手をして帰って行った。
 月末には広島に旅立つという。
 「迷ったら、めんどうな方から行動するのよ。今日のように悔いのないように行きたいとこには行くんだよ。」トトロからのはなむけ。
 「はいっ。」
 マサト君ありがとう。会えてとても元気が出ましたよ。
17031617 
 最後までお客様は続き、
17031618 
 購入されたトトロ本に、サインとイラストを頼まれて描いたら
 「お礼です。」と首と肩のマッサージをして下さった。
 もちろん初対面の方だった。
 こうして、米子童画展。初日の日が暮れて行った。
17031619 
 あと5日。。。どんなことが起こるのだろう。
 アトリエのみんなからは高校合格の報せが次々と届いている。
 みんなおめでとう。そしてありがとう。トトロも毎日がんばりますね。

2017年3月13日 (月)

花は咲く

 3月8日の水曜日クラスの日のこと。

 教室時間の前に、「広島大学 合格しました!!」の吉報がマサト君から届いた。
 彼は一年間の再チャレンジ修行を完遂。
 トトロが病気したとき陸上部の足で神社参りをしてくれてお守りをアトリエのポストに入れてくれた少年だ。
 
 水曜メンバーのミサキちゃんがちょっと体調不良で欠席との連絡をいただいたので、返信がてらに花の配達を注文してこの日のうちに届けていただいた。
 ミサキちゃんの叔父さんやお祖母ちゃんのやっておられる花屋さんがアトリエの近くにある。(あのとき仔猫を助けた花屋さん)
  ミサキちゃんのお母さんが届けて下さった。彼からすぐにありがとうメール着信。
 
 みんなはマサト先輩を知らないけれど、「おめでとうございます。」とカンパイ。
 「先輩たちもみんなのように小さい手でここで描いていたんだよ。」とトトロ。
 
 おめでとうって気持ちのいい言葉だ。なんだか元気になれる。
 
 ショウコちゃんの新作は深海の物語。海底の美しい世界を模索している。
1703121 
 ヒメちゃんは一面の星空をクマちゃんたちがウットリ見上げる絵。
 星にキラキラを塗っている。☆shine
1703122 
 チカちゃんは上手にウサパンちゃんのデッサン。
 子ども達が描くと生きているようになる。話しかけながら描いていた。
1703123 
 ユミ画伯もアトリエにあるいろんな瓶をデッサンした。4年生でこの画力。
 少し残った時間で、「とても創りたい」とトムとジェリーに出て来るチーズを粘土で創った。
 みんなの発想はいつもステキ。
1703124 
 9日の木曜夜クラス。トトロ特製「春を呼ぶチラシ寿司」。
 「鰹のたたき」ものっけて見ました。
 サローラはお家ではモンゴル料理なので、チラシ寿司を食べたことがなかったというので、小さい一皿を可愛く盛りつけると「美味しいです~~~。」と。
 もちろんマサヒロ記者と順子さんも。
 この日も寒くて何かしら降っていて冬が足踏みする中、皆さん仕事終わりによくいらっしゃると感心する。
1703125 
 こちらサローラの修学旅行のお土産をカイキ画伯とショウマ画伯がジャンケンで分けていた。^^・・・サローラはお小遣い全部をアトリエのみんなの為に使ったんだね。
1703126 
 
 みんなの帰った深夜に、3月個展最後の作品が完成した。
 11日は東日本大震災の日なので、トトロは故郷の東北に向けて花を描いた。
 タイトルは「花は咲く」。ちょっと大き目の作品。
 
 疲れたり、手が痺れてしまった日もあったけれど、一月半ばくらいから二月の教室のない日に発想を満開にさせて描き続けた作品65点が生まれてくれた。
1703127 
 11日の土曜日クラスの中で2時46分が来たので、全員で黙祷。
 小さい子は赤ちゃんだったということが6年の歳月を物語る。
 みんなでいろいろと話し合った。
 「自分たちの幸せにもっと感謝したい。」と言った子もいた。
 とにかく一生懸命生きて行こう・・とトトロ先生からのメッセージ。
1703128 
 黙祷の最中に「こんにちはー。」と訪ねてくれたのは山口の大学に行っているナツミ先輩だった。
 みんなに山口銘菓のお土産と大学の報告。
 ナツミちゃんは、となりのユシンちゃんよりも小さいときから高3までずーーっとアトリエに居た子。
 「お帰りぃ~~~~。今黙祷してたんだよ。」
1703129 
 それから、みんな先輩達がそうなるようにアトリエの席に座って自然に絵を描いて、オヤツを共にして、みんなのお皿やコップを洗ってから帰って行った。
 
 なんだかみんなと会話している姿は、いつもここに居るようで大学生活で独りで暮らしていてもアトリエのこと思い出しているらしいことが伝わった。
 
 女の子クラスのCクラスの花が咲いた日。
 
 みんなで将来の夢を話してみると、薬剤師やナース。管理栄養士、幼稚園教諭などなど もう随分明確な進路を考えていることに感心した。
 「みんなで病院が出来るねぇ。」「アトリエホスピタルつくりましょう。」
 
 とにかく自分の出来る事でみんなをハッピーにし合うのがそれぞれの仕事というものだ・・と常々トトロは伝えていて、トトロには絵しか出来ないし、見事にシンプルな人生だと我ながら天職に感謝の日々だ。
17031210 
  後半クラスにも残り描き続けるヤチルちゃん。欠席の代替え。
 「飽きない?」「ぜーんぜん。」5時間連続のお絵描きタイム。幸せそうだ。
17031211 
 ヒロト君もすごい集中力で物語を創って絵にしている。
 目が弱くてこれだけくっつけば何とか見えるのだけど、心のスクリーンにはいつも鮮明にくっきりと絵が浮かぶらしい。
 
 トトロとおんなじだよ。どこにも行かなくてもたくさんのシーンが浮かぶのよね。
17031212 
 モモコ画伯はプロ並みの画材を持参して、見事なイラストを描き続ける。
 きっとこの子もプロになれる。
 何故かアトリエ歴代の「モモコちゃん」という名前の子はプロになっているのだ。しかもみんな性格穏やか。
17031213 
 今日は生徒のユイ画伯。
 展覧会の作品が出来ても勢いは止まらず、また楽しい発想の作品に着手。
 トトロに説明しながらケラケラと自分が先に笑っちゃう。^^;
    米子にも来てくれるとか。。。ありがたいことだ。
17031214 
 いよいよ近づく米子個展。
 はじめは行ったり来たりするけれど最後の4日間はトトロは米子に泊まりがけで結局毎日会場に居る事にした。
 ギャラリーからの依頼で大きな絵も含める個展は初めてのこと。よくぞ頼んで下さった。
 
 3月は始まりの季節でもある。
 天気予報では個展が終わってから、暖かくなりそうだ。
 精一杯のことをしていれば、出来る事が少なくても誰かが微笑むパワーになるだろう。
 
 10日の金曜に診察に行った時、主治医から呼吸器を必ずつけることとバタバタしなければ大丈夫と安心をいただき、売店で思いがけず手術をして下さったイケメンドクターと再会。
 「いつか個展に行ってみたいと思います。」とエールをいただいた。
 おかげさまのトトロの命。あらためてありがたく感謝しつつ、描けるだけ描き続けよう。
 
 まっすぐに、子ども達と正直に。。。ほほえみながら花は咲く。
17020210

2017年3月 5日 (日)

冬の終わりに

 梅のつぼみは、まだまだだけど。

1703041 
 だんだん子ども達の笑顔が春めいた月曜クラス。
 みんなでサローラのお土産の東京バナナに舌鼓のあと、箱にごちそうさまを描きながらケラケラの笑いがとまらなくなった。
 昭和の子かと思うほど。。。みんなが描いたのは何と「サザエさん」のキャラクターたち。波平さんも華やかに描かれていて「東京と言えばサザエさん」なんて、いいねいいねとトトロも参加。
1703042 
 それに「ごちそうさまでした。」とていねいに筆文字を入れる。
1703043 
 それぞれ満足の絵を描いて、いたずらもして、落書きもケラケラ楽しんで、ココロたっぷりの二月の終わり。
 さよならの時間でさえうれしそう。
 アトリエの入り口には先輩たちの思い出フォトや、信州のブロ友くまたろうさんの小鳥の写真や、みんなの描いた「先生ガンバレ」のカードがアートのように壁を飾る。
 なつかしくて、いつか尋ねて来る先輩たちはここでしばし涙ぐむ。
1703044 
 4日の土曜クラス。
 インフルを乗り越えたりょうなちゃんは、みんなの粘土作品を手づくりの箱に陳列してボンドでペタペタ。
 今年は生徒展にみんなの粘土も展示しようと持ちかけたトトロに、子ども達は賛同。作者名のない合作だ。
1703045 
 サローラ不在のこの日。
 スタッフ見習いのユイちゃんが駆けつけて、デコレーションに参加。
 決して持ち帰ろうとせず、「アトリエに置いといて下さい。」とみんなが創って置いてある作品たちがカテゴリー別にお部屋に並んで可愛いアートに変身した。
1703046 
 ↓この二人。。。あと3日で県立高校の入試。
 ・・・・・・よく来たねぇ。。。
 中学に上がるときに「三年後は入試なので辞めます。」という子も居るし、かと思えばこの二人のようにいつの間にか高校生になり、挙げ句、いつの間にか大学に合格していた子もいた。
 
 とにかく、この二人はいつものように来ていつものテンションでゆったり絵を描いていたからトトロは「えっと試験いつだっけ?」「来週です。。」「・・・」
 そして手づくりのお守りを渡した。ガンバレーーーー♡
 
 小学生の後輩たちは「がんばってください。」とオヤツを運び、至れり尽くせりエールを送った。
1703047 
 後半クラスもみんな出席。
 あやかちゃんの没頭。
1703048 
 シュンアキ君の仕上げ。
1703049 
 代替えのすずなちゃんも入って。。
 チャーリーさんのホッペにちょっかいを出すシュンアキ画伯。^^:
17030410 
  この二人、素敵な関係だ。
17030411 
 ↓トトロの新作、森でハーモニカを吹く旅人の周りに集まる仲間たち。
 
 3月16日からの米子百花堂ギャラリーでの個展を控えて、やること一杯だけど4日の新聞の展覧会情報欄に作品の写真入りで載せていただいていてビックリ。。。
 あちらのギャラリーと新聞社からのエールを感じ取って感謝した。
 よしっ。。がんばろう。子ども達もこんなにがんばっているんだものね。
 春のほほえみをお届けすべく、大雪のおかげでたくさんの作品を描くことのできた冬ももうすぐ終わりそうだ。
 
 トトロは期間中毎日会場に立ち続けることに決めた。
 どんな出逢いがまっているんだろう。
 そのときめきの為にトトロは毎日描き続けているのかも知れない。
17030412 

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »