フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 米子の童画展・・その1 | トップページ | 米子の童画展・・その3 »

2017年3月23日 (木)

米子の童画展・・その2

 3月17日。天気快晴。童画展2日目。

 西へ向かう車窓から大山(だいせん)の美しいお迎えをいただく。
 BOSSの都合がつかなくて、友人の熊田っちが運転して下さることに。ありがたいことに熊田っちは米子の出身なので「米子ならまかせてっ!!」と引き受けてくれた。
1703221 
 会場に着くと既にお客様たちが絵と対話されていた。
 ここで、ミラクル発生。
 この「さっちゃん」という方とお話していたら、彼女はお地蔵さん作家で粘土で感謝の想いの詰まった小さなお地蔵様をこさえておられるとか。
 トトロ童画にもよくお地蔵様が登場するから百花堂のうさ子さんが連絡して下さって安来からお出でになり、感動しつつ観て下さっていたとのこと。
 そして、「これこれ。」とうさ子さんの持っておられた小さなお地蔵様を見せていただいた。
 (あれれ・・・このお地蔵様って。。。)トトロの身体がゾクッとした。
 アトリエの入り口カウンターのお地蔵さんだった。
 以前友人がどこかで手に入れてお土産に下さったものだ。
 以来アトリエの守り神として、入口で子ども達を迎えてくれる小さなお地蔵さん。生徒たちはそれを真似してこさえたりしていた。
 あんまり量産されていなくて、時々頼まれてワークショップなどに出されるという。その中の一体がアトリエにやって来られて子ども達を守ってくれたのだった。
 さっちゃんとトトロはお彼岸にお地蔵様で繋がった。
1703222 
 繋げたのはビンクの服の一青窈に似ている自称「うさ子」さん。後ろは倉吉の百花堂のMさん。
 なんとMさんは百花堂に勤める前にBOSS達の関わる音楽企画のステージ仕事でトトロと会い、トトロの本もお読みだったというこれまたご縁の不思議。
1703223 
 熊田っちには運転をお願いしたにも関わらず、スタッフとして助けて下さろうとして、キリリとスーツで決めて来てくれた。持つべきものは良いともだち。
1703224 
 この日澤田デスクの粋なはからいでデカデカとステキな記事になっていたトトロの米子展の写真を持って、「ラテアートして見たけども・・◎△×???」と米子弁でまくしたてるおじさん登場。
 「???ラテ。・。アート?」戸惑うトトロ。
 よく見ると、コーヒーカップの泡の中にトトロがいるではないか。ヾ(.;.;゚Д゚)ノ
 パソコンで新聞の写真をラテのようにに加工して、本人に届けるのがご趣味とか。
 このときは驚いて「あ ありがとうございます。」と言ったけれど、あんまり大声で自分の趣味を話されるので、他のお客様に挨拶しそこなってヘトヘトになった。「また来るけん。」と上機嫌のおじさん。
 
 いろんな方がいらっしゃる。・。・。・
1703225 
 そして、またまたミラクル。
 
 一枚の絵に釘付けの方がいらした。
 芳名録にお名前を促す熊田っちに「いいです。」とお名前は記帳されず、「また来ます。」と一度帰られて、やがてまたいらした。
 なんとなく涙ぐんでおられるようで、トトロは近くに行って話しかけてみた。
 「それ、フイに浮かんで描いた絵なんです。地球の毛糸で編み物をしたら春夏秋冬の模様が編めた絵です。タイトルは地球の毛糸です。」
 この女性はポツリポツリと話された。
 「実は、最近可愛がってくれた姑が亡くなって、編み物が得意だったんです。色々編んでもらいました。そして主人は地球科学の研究をしているんです。。。」
「・・・・・・・・。」トトロ驚き過ぎて無言。
「あのう。。。この絵を買わせて下さい。」
「ありがとうございます。」
 
 手続きにはお名前も必要だったので、「ほらね、ちゃんと芳名録にも書いてくださいね。」「はい。」
 いらしたときはニコリともされなかったのに、いい笑顔で帰って行かれた。
 時はお彼岸。きっとお姑さんも会場にいらしたことだろうと感じた。
1703226 
 ヒョイと現れたのは、15年前に鳥取本社で記者だった酒井さん。いろいろな取材でトトロを紹介して下さった恩人。今は米子本社で健筆をふるっておられる。トトロと同い歳で一度退職されて尚、署名入りの記事を名文で書かれている。
 とりわけ、15年前のその記事はアトリエの理念を一面を使う大きな特集記事にして下さり「根っこの力はぐくみたい。」という大見出しで子ども達へのインタビューも交えて一日中取材され、「取材は格闘技」と仰りトトロカレーで休憩して、トトロ自身も気づかなかったトトロの全てを解明して下さった。
 そのときインタビューに答え、大きく写真に載った子ども達は現在25歳。
 みんなあちこちで頑張っている。
 今でもその大きな記事をアトリエに置いて、時々読んでは初心に帰る。
 「感じるチカラと表現の喜びを子ども達の中に育てたい」と語っていたトトロ。
 今でもその信念は変わらない。
 合掌作りの絵の前で合掌しているところ。
 いつも思い出す方なので、お会い出来て作品も久々に観ていただけて本当に嬉しかった。
 あの心臓手術の前日に速達で励まして下さった。「みんなが待ってます。」と。
1703227 
 その後、鳥取からのご夫婦ご来場。
 「長男が生まれた時、頼んで絵を描いていただきました。」と。
 「何歳になられましたか?」と聞くと「高校生です。」とのこと。
 ガーーーーーーン。。。時の流れの速さについていけない。
 ついこの前のことのような気がしていたのに。。
  こうしてミラクルな二日目が終了。不思議な一日だった。
1703228 
 
 18日はBOSSの車で向かう。童画展3日目。
 お天気はいいけれど少し霞んだ風景にお城が見える。
 これは米子への途中にある「寿城」お菓子屋さんなのだ。^^
1703229 
  片道2時間の往復が続き、初対面のミラクルばかりの中トトロの疲れがピークに達してしまい、後半は連泊なので今日一日はがんばろう・・と思っていると、トトロの大好きな油絵を描かれる画家のトーサキ氏登場。10年以上振りの再会だ。
 色彩もお人柄も好きで、お会いしたのは鳥取市のギャラリーの彼の個展で。米子市在住。
 「いい画家だから。」と紹介してくれたデザイナーのギっちゃんは10年前に他界してしまった。トトロを応援してくれて仕事も一緒にした。
 トーサキ氏とトトロはギっちゃんを偲んで語り合った。
 絵の話もたくさんして、トトロの疲れが癒された。・・・やっぱり時はお彼岸。。。
17032210 
 それからは元気になって、本にサインをしたりお客様と笑い合ったり。
17032211 
 アトリエのユイちゃんご一家登場。慣れた手つきで芳名録に記帳するユイちゃん。
17032212 
 合掌造りの手つきをする妹のSちゃん。
17032213 
 はるばる来てくれてありがとうね。
 こうするとトトロ先生が元気になることを知るソウルメイトだ。
17032214 
 このお二人は、元TVのキャスターさんたち。
 彼女たちには、この後スリリングな運命がやって来る。
 
 後のブログでそれがわかります。。。
17032215 
 ものすごくはるばる来て下さったアトリエ生徒のチャーリーさんと。
 お天気もいいので、カメラマンの彼はこちらの花回廊で撮影して来られたとか。
 
 最終目的があると、遠くても道中ワクワクで楽しいのよね。
 「今行きます。」のメールをいただいて待つ気持ちもワクワクでしたよ。
17032216 
 この日最後のお客様の少女は、初めて童画を観るとのことで一枚ずつに長い時間をかけてとても幸せになりました・・と言ってくれた。
 トトロの疲れは、もう残っていなかった。
 こうして3日目も無事に終わった。・・・・・・つづく
17032217 

« 米子の童画展・・その1 | トップページ | 米子の童画展・・その3 »

アトリエ日記」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でしたヽ(^。^)ノ
ミラクル連発☆
楽しくもありパワーを要するため疲労もあり^^;
どうやらまだまだ続きそうな予感
この後も楽しみにしてます☆(*^▽^*)

個展開催おめでとうございます。

外は三寒四温で春と冬を行ったり来たりですが、会場の中は春爛漫ですね。
たくさんの出会いと感動の中で想いがたくさん飛び立ったことでしょう。
読んでいても、ここまで春が届いたみたいです。heart02

お地蔵さん作家さんとの出会いのエピソード
すごいことですね。
お地蔵様のお導きでしょうか。

大作を含めところせましと並んだお作品の数々。
出来れば実際に拝見したいですが
こうして少しでも触れることができ
感謝しています。

お疲れ様です 師匠。 
作者の方とふれ合いながらの鑑賞。 
贅沢ですねぇ 皆さん 幸せそう。 
ただでさえ 師匠の絵は暖かい。 
購入される方は その暖かい世界と 
ご自分の生活とがリンクして 感動・・・ 
お地蔵さん作家さんも なかなかレアですよ 
繋がるんですねぇ ほんと 不思議^^ 

ミラクル炸裂ですね~🎵
感動しながら、またぷぷっと笑いながら読ませて頂きました。
この度ご縁を頂き、同じ場所で同じ時間を共有出来たこと、とても嬉しく感謝しております。

つづき、楽しみにしております🌸

(前回ほどではありませんがやっぱりピクピクは隠しきれません・・・😳💦)

「トトロマジック」
わたしの想像なんかはるかに超えて・・
ご縁の不思議を感じます。

さっちゃんです🎵本当にはじめてお会いしたときから、本当になにかしら びっびっときました。私もお地蔵さん作るようになって心穏やかになり毎日感謝の心持てるようになりました。 はせさんから(さっちゃん、さっちゃんが喜びそうなお地蔵さん 癒されるから おいでー)って声かけてくださったお陰で 大好きな素敵な たなかさん(ととろちゃん(笑)✨)とご縁繋がってよかったぁ。また いつかお会いしたいです。 

縁とは本当に不思議ですね。
きっとトトロさんの絵には
縁を引き寄せ、繋いでゆく
ミラクル☆パワーが秘められているのでしょう。
もちろんトトロさんご自身からのパワーも
知らず知らずのうちに
あちこちの縁を紡いでいるように思います。
温かな心と笑顔がどんどん広がってゆきますね。confident

こんばんは。
僕がお伺いしました日には、
たくさん不思議な出会いがあったんですね。
う~ん、なんとも…。
ユイ画伯も来られてたんですか、安心しました(笑)
次の教室早く行きたいです。
楽しみにしていますweepshine

Lino 様
ありかがとうございます。
まとめたブログを書こうとしたら、毎日があまりにもミラクルでつい小刻みに綴っています。
お楽しみに。、。、ゆっくりとお読み下さいね。

くまたろう 様
ありがとうございます。
受付にくまたろうさんの手づくりお菓子入れ 置いてみました。
童画展には手づくりのグッズがとても似合います。
続きも引き続きお楽しみ下さい。

ホシノ 様
ありがとうございます。
お地蔵様の奇跡。。。さすがに驚きました。
童心の童画展・・・何が起こっても不思議ではないのかも。
続きもお楽しみ下さい。

プ二 様
ありがとうございます。
ホント 不思議な繋がりに この世も捨てたもんじゃないと思いました。
まだまだ ミラクルありました。
ていねいに綴って行こうと思います。お楽しみに。

月草 うさこ 様
ありがとうございます。
うさこ様がそちらで一生懸命に伝えて下さっていたこと 感謝です。
さすが妖精のリーダー。^^
トトロもいろんな目には見えないこと 信じています。
水木先生もそう仰っておられましたね。
いろんなものに助けられて人間は奇跡的に生かされているんだって。
おかげさまだらけの一週間でした。

うさパン 様
ありがとうございます。
でしょ。でしょ。
トトロの予想もはるかに越えることばかりでした。
続きを綴る手も震えます。
お楽しみにお読み下さい。

長谷川さつき 様
ありがとうございます。
さっちゃんと出合わせていただいて本当に感謝です。
ラストまで会場に居て下さってありがとうございました。
これからも浮かぶままにお地蔵さん 描いていきたいと思います。
ありがとうの作品 たくさん生み出しましょうね。
また お会いしましょう。

くまきろり 様
ありがとうございます。
精一杯やっていれば、不思議なことが起こるもんですね。
何よりもトトロが初対面ばかりのところで 一週間立ち続けられたことが奇跡なんです。
終わっても さほど疲れもひきずらず アトリエをすることも奇跡。
またさらなることにチャレンジしていこうと思います。
感謝の中で。

チャーリー69 様
ありがとうございます。
ようこそ来て下さいました。
とても嬉しかったです。
お天気にも恵まれて、花の写真もいっぱい撮れたのでは?
知らないところで生徒のみんなと会うのも新鮮でいいですね。
また アトリエで待っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556626/65052828

この記事へのトラックバック一覧です: 米子の童画展・・その2:

« 米子の童画展・・その1 | トップページ | 米子の童画展・・その3 »