フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 嵐の晴れ間 | トップページ | それぞれの道 »

2017年1月28日 (土)

大雪の中で

 一月23日から降り続いた雪は、県内に大雪をどっさり積もらせて前代未聞の300台もの車が立ち往生20時間という大変なことになっていた。

 それが、ひっきりなしに全国ニュースになっていたからトトロ関係あちこちから心配のメールや電話をいただく中、28日の水曜クラスの日にドッサリ届いたアトリエ支援物資。
 やっぱりトトロの友人 神戸のラクヨからだった。
1701271 
 ちょうどアトリエ時間の最中で、この日は風邪で来られない子が二人と雪でお母さんの車が出られない子が一人欠席で、半分の三人だけのクラスだったけれど
「みんなー。。支援物資が来たよー。」と言うと「わぁーーーっ。。スゴい。」と箱を開封。
 本当に、買い物に行ってもトトロの足ではなかなか歩けない状況だったのでオヤツはストックのものを分けようと思っていたから有り難い差し入れだった。
 子ども達も、いろんな学校が休校になっていたり、駐車場が雪で埋もれたり、僅か7~10年の人生では初めての大雪かも知れなかった。
1701272 
 「ありがたいね。」とトトロが言うと、みんなはていねいな文字でイラストつきのお手紙を書いた。
 「めったにないことだから、有り難いって言うのよ。」とトトロ。
 ラクヨにメールをすると、自分は20年前の阪神の震災のトラウマで、いまだに一月は涙がこぼれるのだとか・・・だから困難に出逢っているニュースなどを見ると放っておけないのだとか。
 実はお菓子の一箱ではラクヨの思いが間に合わなかったようで、翌日の便でラーメンなどの食料や絵本などの入った第二便も届いた。一体どんな被害に合っていると思ったんだろう。
 子ども達はトトロの友人の行動に感動していた。
 「みんなも、おとなになって、困った人を見たら助け合おうね。」「はーい。」
1701273 
 ショウコちゃんの絵には日射しが描き足され、お花もたくさん増えていた。
1701274 
 チカちゃんも、ていねいに色をぬって冷蔵庫の中に食べ物が一杯の絵を描いた。
1701275 
 この日、歩いて帰るショウコちゃんの出で立ち。北国のようだね。
1701276 
 翌26日木曜夜クラスは、日中久々に青空がのぞいて幾分雪も融け始めていたけれど・・それにしても皆さんあちこちからよくいらっしゃるもんだと感心してしまう。
 これは、絵ではなくて・・この夜のオムライスとコンソメスープのトトロディナーをマサヒロ記者が、自分用の額縁ごしに撮影したアートな一枚。
 いつも写す前に半分食べちゃうから「写真撮ってから召しあがれーーー!!」と向こうからトトロが叫んだのですよ。美味しかったらしい。^^
1701277 
 小学生のときは病弱で入退院していたショウマ君も中学に上がり、アトリエも夜に移ってからは皆勤賞で、絵もグングン上達している。
 この雪なのに、この夜も一番に来た。
  もちろんサローラもカイキ君も平気な顔でやって来てラクヨにお礼を書いた。
1701278 
 おとなの生徒のカナちゃんの力作。みんな展覧会に向かって意欲旺盛。
1701279 
 ナースのじゅんこさんの絵はいつもあたたかい。
17012710 
 トトロはこのクラスに居た陸君が、24日から福岡で大学の美術科有志の初個展をするから、お花を贈ろうと思い
 「トトロが5千円でみんなは500円ずつちょうだい。そうすれば少し大きなアレンジメントが贈れるんだよね。」と、前回のアトリエの時相談すると、子ども達まで「お年玉あります。」と払いそうになったから、慌てたトトロは「その気持ちだけでいいのよ。」と、マサヒロ君も含めたおとなの皆さんから集金して、さらに少し大きめのお祝いのお花をギャラリー宛に贈っていた。
 
 すると陸君から、こんなメールをいただいたので、この夜それをみんなに見せた。
 「どうせお祝いをするなら、感謝を越えて・・感動まで届くようなことを考えながら、タイムリーにお互いの応援して行きましょうね。」
 これ トトロの思い。いつもみんなに伝えている。大事なのは精一杯の心。
17012711 
 三月四月と続けて催すトトロ展の作品も、だんだんに増えているところ。
 なにせハッピーな春を呼ばなければ。。と、大雪の中で使命感に燃えている。
 ご覧になる方々が、ニコッと感動して下さる絵を創作したい。
 キーワードは「感謝・感動・・・そしてしあわせ。」
 
 大雪の立ち往生の中にも、炊き出しや自宅のお手洗い開放や、山深い村落の皆さんが夜を徹した行動で助け合いのドラマがあったようだ。
 いろんなことを見聞きして、子ども達の心にやさしい芽が芽生えて来るといいなぁ。。。。大雪がもたらしたのは過酷さだけではないような気がした。
17012712 
 さあ、みんなで春を待ちながら、アトリエは休校せずに開けていますよ。

« 嵐の晴れ間 | トップページ | それぞれの道 »

アトリエ日記」カテゴリの記事

コメント

トトロ さん


こんにちは、335です。あの大雪のニュース、正直どういう状態なのか想像がつきませんでした。本当に前代未聞ですよね。

ラクヨさんのお気持ち、解ります。実は私は生まれは関西で (直ぐに関東に引っ越してしまったのですが)、今でも親戚が関西には沢山います。22年前の今頃の季節でしたね。

この日記でお子さん達のお写真を見て、笑顔で安心しました (^-^)。

ES335 様
ありがとうございます。
 今日はとても晴れて、道が見えるほどに融けました。
久しぶりの晴天の中 アトリエをしました。

 ラクヨもトトロも岩手盛岡出身なので、ラクヨが22年前に阪神淡路大震災に遭って、しかも5年前には故郷の東日本大震災。。。と 大きな災害の哀しみを2度も味わったことになります。

 今回の大雪を心配して 一番に電話をくれたのもやはり神戸の別の友人でした。酷い目を経験すると、人の苦しみに心を寄せることが出来るようになりますね。
平穏な毎日がありがたいと言う事に子ども達も気づいたようでした。
まあ、それでも大雪で学校が休みになったり、雪遊びが出来て喜んではいましたが・・。^^:
もっと雪深いところは大変だろうな、とも言ってました。
 子ども達はみんな元気です。snow

温かく明るいみんなの絵が
気持ちを落ち着かせてくれます。
大地震、大雪と続けて大変な経験をした子どもたち。
平穏のありがたみを胸に刻んで
大きく成長してゆくことでしょう。
描きためられてゆくトトロ展の絵には
待ち遠しい春が溢れているようですtulip

くまきろり 様
ありがとうございます。
いろんなときに、励ましをいただいた経験は 忘れないことでしょう。
春の方向に向かっているんだな・・と みんなの絵から感じます。
気を抜くと トトロの絵がマンネリになりそうなときに、大雪や応援のドラマで、みんなで頑張る気持ちが創作のエネルギーになって ありがたいことです。
一心に描きたいと思います。art

行ってきましたよ~
今日の午前中先輩を誘って
宗像ユリックスへ rvcar

陸君には会えなかったけど
おやつを差し入れしてきました good

若者の熱気あふれる展覧会で
とても楽しかったです heart04
1時間ゆっくり見て eye
沢山エネルギーをもらうことができました happy01

mikomiko 様
ありがとうございます。

わぁーーー 行って来て下さったんですね。
陸君 どこに行ってたんだぁ!! 残念!!
おやつまで かたじけない。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

元気な展覧会だったんですね。
トトロまで 行った気持ちになれました。
 心から heart感謝一杯です。

(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★師匠。 
写真で見ると 想像以上の雪ですね!  
こちらでは無い風景に 驚きです。
でも アトリエにはいつもの面々が! !(^^)!  
春色の色使いが 部屋を暖め  
描き足された日差しが 雪を溶かす。。  
額の中のオムライスで 満腹の幸せ。。 

師匠の作品も 順調に生まれてますね 
q(゚ω゚q)(p゚ω゚)pガンバ♪ 

春を呼びましょう♪ 

punipuni 様
ありがとうございます。
この時の雪は 大方融けて、道が見えて来ました。今日は雨でした。
そそ いつもの面々。。。
雪を越えて みんなやって来ます。
楽しいことや 美味しいものを準備して あたたかいアトリエにしておかなくては。。
トトロも心を折らず 描き続けようと思います。
応援 感謝です。ヽ(´▽`)/

大変な雪でしたね。
そんななか
届いた救援物資は
心あたたまりますね。

大人の生徒さんカナちゃんの作品
繊細で素敵です。

トトロさんのお花があふれる優しい作品
心が和みました。

ホシノ 様
ありがとうございます。
友人の気持ちに みんなで温かい気持ちになりました。
おかげで みんなの作品も なんだか温かい感じになります。
トトロも春を呼ぶ作品 たくさん描きたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556626/64817260

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪の中で:

« 嵐の晴れ間 | トップページ | それぞれの道 »