フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月27日 (日)

晩秋のドラマ

 11月20日、北国の故郷へ向かった。

 カニの季節の鳥取県は今だけ名前が変わって「蟹取県」。
 地震に負けずにウェルカニ!!
1811261 
 山陰線の特急から姫路で乗り換え新幹線の窓からは、静岡県の三島あたりで頭を雲の上に出してくれた富士山。
1811262 
 東京駅で東北新幹線に乗り換える時、秋田行きの「こまち」と青森行きの「はやぶさ」の連結を目撃。
 向こう側でもドッキング。とても珍しい光景らしくマニアが一杯来ていた。
 切り離されたり、くっついたりしながら日本中あちこちの旅人を運ぶ見事なシステムプレイ。こんな細い魚の口みたいな部分だけで、よくくっついていられるもんだ・・と感心してしまうアナログトトロ。
1811263 
 盛岡は鳥取より30分も日没が早いから、18時30分に着いたら真っ暗な夜だった。
「ただいま帰りましたよ。」
1811264 
 翌日はレンタカーに母を乗せて、あちこちの用事を済ませて盛岡の街を走り回る。あの有名な「福田パン」発見。
 いつ見ても行列が出来ている。中学や高校の購買部に売っていたのも「福田パン」だったけど、いつの間にこんなにメジャーになったんだろ。
 それしか食べたことがないから、そんなにスゴイとは知らなかった。
1811265 
 大学通りの秋の彩り。亡き弟が通った道だ。
1811266 
 いつものように滞在中は毎日ポカポカの青空。父の仕業だと信じている。
 「よく来たな。」と笑ってくれているような気がした。
 法事当日の11月22日午前6時前、ユラユラと長い揺れを体感してTVをつけると「津波警報」と、「すぐに逃げて!」という大きな文字。
 あちこちの友人からのメールで「盛岡に居て大丈夫?」との着信。
 福島のあたりが震源らしく、トトロの従兄弟夫妻は仙台から車でやって来る予定だったので揺れと警報が治まるまでとても心配した。
 親戚が鳥取地震のことを心配してくれていたのに、当日揺れたことで「まあ、どごさ居でも地震はあるがら、お互いに気をつけるべ。」と、話題は変化した。
 
 父の一周忌を気丈に仕切った母も、なんだか小さくなっていて長年の二人暮らしでの生活のバランスが崩れ、怒ったり笑ったりしていた毎日がどんなに大切なことだったかと思い知った。
 叔母や近所の方や知人の方達、父の教え子さんたちが入れ替わり立ち替わり様子を見に来てお茶っこをして下さっているらしく、その方達も法事の席を共にして下さった。
 
 トトロ達は出来ることを出来るだけして、さりげなく「んじゃ、帰るね。」と23日に帰路についた。
 最後まで故郷は青い空。どんなに心が救われたことか。
1811267 
 新幹線の窓からは、雲間の光が降りていて「天使の梯子」を昇って行く父を想像した。「ありがとう。また来いよ。」
1811268 
 26日土曜日のアトリエ。
 トトロはみんなに言った。
 「あのね、みんなの気持ちがわかったよ。アトリエに来るとホッとするのね。法事で気持ちをピンと張っていたし、トトロ先生のお母さんは少しずつ弱っていたし、どうしようもない気持ちでここに帰ったらとてもホッとしたのよ。」
 みんなは「そうですよ。」と笑った。そうか・・そうなのねぇ。
1811269 
 ミカちゃんの「ポインセチア」も・・。
18112610 
 ユシンちゃんの「切り株ステージ」も、ホッとして描く絵のステキなこと。
18112611 
 ドラマは後半クラスに起こった。
 先日ソラ君のお母さんから電話で、ソラ君は陸上に興味を示して頑張り始めたので、アトリエを卒業・・とのことをうかがっていたのだ。
 今は大学生の陸君が高校生のときにソラ君の係になり、ソラ君にチックの症状が出ていたり気持ちの落ち着かないときなど親身に関わりつつ、やがて陸君は自らが特別支援のプロフェッショナル教師になる進路を選択。福岡教育大学に進んだ。
 このクラスのみんなもソラ君と関わることで、いろんな成長を遂げた。
 そして一番成長したのはソラ君だった。
 
 地震後初めてやって来たアオイ君とも心が通い合っていた。
18112612 
 人のお世話も出来るようになっていた。
 目の不自由なヒロト君を気づかいながら遊んだ。
18112613 
 ユキノちゃんは、「ソラ君の好きな絵本を読むよ。」と、彼のリクエストに応えた。
18112614 
 この日ユイちゃんは大お祖母ちゃんが亡くなられて欠席だったけれど、替わりのようにりょうなちゃんが来ていて、いい味わいをかもしだしてくれた。
 
 みんなはアトリエに来てから知ったにも関わらず、トトロの話を聞いて自分のやるべきことを必死で探し、ソラ君のために出来ることをやり尽してくれた。
 そしてトトロ先生が提案した。
「ソラ君、みんなスゴイ絵描きさんばかりなんだから一人ずつに描いて欲しいものリクエストしていいよ。」「えっ、いいの?」彼の顔が輝き、みんなは覚悟していた。
18112615 
 ヒロト君には「ゴリラ」。ライア君には「カボチャ」、アオイ君には「馬」
サローラには「カエル」、ユキノちゃんには「りんご」モモコちゃんには「ボチボチいこか・・の絵本」、りょうなちゃんには「イルカ」Mちゃんには「おっとっと」トトロ先生には「トトロ」を考えながらリクエストしてくれた。
 みんなはたちまち描き上げた。ひとひねりして楽しい絵だった。
 殆どの子が「グッド ラック」と書いた。
18112616 お迎えのとき、ソラ君のお母さんのとめどない涙が全てを物語った。
 みんなでお母さんに拍手した。ソラ君も泣いた。
 「ソラ君、残念ながら君は卒業じゃないよ。アトリエはいつでも来られるところになったのよ。来たいときにはいつでもおいで。」とトトロ先生。
 「うんっ。」と、まるで明日にも来るような顔になってニッコリする彼。
 陸君に会いたいらしかったので、陸君に電話するとバイト中で夜に電話があり、トトロは全部話して「あなたがアトリエに来たら、ソラ君に連絡することにしたよ。」と伝えた。
 みんなと握手して、「ありがとうございました。」と手を振って離れるソラ君をみんなで見送った。トトロは久しぶりに涙が出た。
 「別れがさみしいとは、ステキなことだね。」みんながうなづいた。
 なんだか、子ども達の深い優しさで旅の疲れも吹き飛んでステキな晩秋のドラマを見終えた気持ちになった。
 
 人は誰かの為に行動すると不思議なパワーが生まれるんだね。
 また子ども達に教えてもらった。みんなありがとうね。
。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。
 art*トトロ先生の「安曇野 道祖神」は入選しました。12月4日まで博物館に展示されているので 是非お出かけください。

2016年11月19日 (土)

ツリーの光

 完成した大作、60号の「安曇野・道祖神」を締め切りギリギリの16日に額装屋さんに取りに来ていただいた。

 博物館搬入は20日なので、20日に法事に出発する為搬入までお願いした。
 描き終えた達成感で、とても清々しい気持ちに満たされた。
1811191 
 その日の水曜クラスは、「あっ あの絵がない。」と子ども達。
「出しちゃったよ。」とトトロ先生。みんな見てたんだね。ありがとうね。
 
 なんだかみんなもスイッチが入ったように、描く、創る、また描く。
 チカちゃんが熱でお休みだったけれど、この時期はやっぱりみんな天使の仕事に精を出している。カードが見る見るうちにたまって行く。
1811192 
 ものがたりのような森の中に、冬ごもりの支度をする動物たちを描いたヒメちゃん。満足すると絵を見せに来る。
 「いいねぇ。なかよしの森だねぇ。」「はい。」
1811193 
 それぞれの創り方で全員ちがうクリスマスカードが生まれていた。
 「患者さんたち元気になるといいね。」「もっとつくるよっ。」
1811194 
 17日の木曜夜はしんしんと冷えて来たから、なんだかみんなの体調を心配するトトロをよそに全員出席。
 中学生トリオはテストも近いのに平気な顔でどんどん描いているし。
 だからサローラの気持ちが上がって成績が良くなった話をみんなに伝えた。
 「よしっ、がんばるぞ!」とカイキ君。
 「それはあると思いますね。」とショウマ君。
 みんなガンバレ。学問も気から。
1811195 
 久しぶりに全員そろったので、記念の貴重な一枚。
 夜の9時半も過ぎているのに爽やかな笑顔。
 マサヒロ記者は今宵もトトロ特製ポトフと五穀米のおにぎりを見事に完食。
 夜のクラスの皆さんって、ナースや教師やOLさんや記者などなど・・とても多忙な職種の集まりなんだけど、アトリエの中で一番くつろいで絵を描かれるクラスだ。時間をつくって長年通われて、なんだか身内のような感覚さえおぼえる。
 感謝。トトロも頑張ります。
1811196 
 幾日か過ぎたスーパームーンをマサヒロ記者に写してもらった。
 やっぱり大きな月だった。
 ほのかに明るくて、寒い夜道をみんながあちこちに帰って行く影に手を振った。
1811197 
 金曜は少し暖かい日だったので、BOSSとスタッフに頼んでツリーに光をつけてもらった。
1811198 
 19日の土曜前半クラスは、小学校の学習発表会のため三人だけの優雅な時間になった。あらかじめ連絡していたチャーリーさんは、この前の座敷童クラスとうってかわった静けさの中でアートを満喫。
 
 こんな日はトトロと中三男子たちとの奥深いトークが楽しくて、難しい年頃諸君の本音がチラホラ感じられ大切なひとときになる。
 「大丈夫、あなたたちにはそれなりの未来があるから。生きて行こうよ。」と励ましつつ大らかに笑うトトロに「そ そうかなぁ。」となんとなく安心の顔。
 人と比べたり見栄を張ったりせずに、自分に合うことを探して行こうと話している。二人とも心根が優しくて、いつも小学生や転校生がここでくつろげるクラスの空気をつくってくれていた。
 絵は二人ともプロ並み。そしてそれを自慢していない。
1811199 
 トトロとコーヒーを楽しんでいただきながら、マンツーマンで指導出来たチャーリーさんの至福のニッコリ。いい時間を過されて良かった。
18111910 
 後半クラスは点滅の輝くツリーに歓声を上げながらやって来た子ども達。
 はるばる岡山からの兄妹も「わぁヽ(´▽`)/と入って来た。」
 ツリーの光よりもキラキラした目の子ども達。
 トトロ先生アドリブ創作絵本にみんなが夢中。
 従来のストーリーをアトリエの物語に置き換えて読んでいるところ・・。
18111911 
 前半クラスの替わりに来ていたケント君コーセー君も、シュンアキ君たちの賑やかな雰囲気でとても楽しそうだった。
 すぐに友達になるのね。心に垣根がない子たち。
18111912 
 ツリーの明かりがみんなを包んで、なんだかとってもワクワクした顔の子ども達。
 「今日フィンランドから出発したらしいぞ。サンタさん。」とBOSS。
 「いい子のリストは送っておいたよ。」とトトロ先生。
 「えっ??・・・・・」と数人たじろいでいるし。
 「いい子なんでしょ?」と聞くと「・・・・うん。」とお母さんを見上げている。
 今年もみんなよく頑張っていました。トトロはちゃんと見ていたからね。
 大きな地震もあったけど、お互いのことを涙ぐんで心配していた姿をサンタさんに伝えておいたトトロです。
 人は心配し合って、助け合うとみんなが元気になるってこと。
 トトロは一番知っているから、こんなに毎日絵が描けるんですよ。
 ありがとうのツリーの光が今年も温かく始まりました。
18111913 
 *20日から23日まで父の一周忌で盛岡に行って参ります。

2016年11月13日 (日)

シクラメンの日々

 11月の第二週は、ありがたいことにだんだんにお天気も回復して小春日和に助けられた。

 アトリエのシクラメンは今年の花を見事に咲かせて「もうすぐクリスマス。」とささやいている。 
1611136 
 やる気満々のマンデークラス。11月7日の月曜クラスではマオちゃんとカノちゃんが夢中で取り組むワクワクのことがあった。
 歴代の先輩たちが創っていた「消しゴムハンコ」の箱を見つけてしまい、その出来のステキさに宝石箱を開けたかのように感動した二人は、やっぱり自分も創りたいと言って来たのだ。
 初めて使う彫刻刀と丸カッターの正しい使い方を教えて、文字はどうして反対になるかの実験もしてみせて、あとは内心ハラハラしながら画伯たちに任せてみた。
 一心不乱のマオ画伯。
1611131 
 わき目もふらないカノ画伯。
1611132 
 向かいの机のアヤカ画伯は慣れた手つきの6年生。
 
 3人の目的はこれだった。
 「これで、もっとクリスマスカードを増やせるね。」「うん。」
 もうアトリエの「クリスマスカード創り」と言えば病院へ届けることがあたりまえになっている3年目の作業。
 トトロは自信を持ってみんなに伝える。
 「ホントにうれしくて、元気になれそうな気持ちになるんだよ。」
 大人の創るカードじゃダメな理由は(してあげる)という心があるから。
 さあ天使たち・・・がんばろうね。
1611133 
 10日の木曜夜クラス。
 トロトロの野菜たっぷりお肉とコーンの入ったポタージュトトロ風とデッカいオムライスのディナーをパクついて、スープをおかわりしてたのは仕事でクタクタ帰りのマサヒロ記者。
 つられてスープを召し上がるカナちゃん。
 少し寒い夜に沁み渡るホンワカ魔法の味。
1611134 
 中学生トリオは次々と傑作作品を制作中。
 サローラの場合、いつもアトリエ翌日の試験は点数が良いのだとか・・・。
 「どうしてなの?」と聞くと「何か上向きのスイッチが入るんです。」って。
 ちなみに彼女は塾には行っていない。
1611135 
 トトロの故郷、岩手には座敷わらしの伝説があって「みんな知ってる顔なのに一人多い。」というとても不思議な現象が起こる。
 この日・・それは起こった。二ヒヒ^^
12日土曜の前半Cクラス。
ミカちゃんはクルミインクのペン画を楽しんでいる。
「私このインク好きです。」「飽きるまでどんどん描きなさいね。」「はいっ。」
1611137 
  地震のあと久しぶりに倉吉から来たとも子ちゃんも楽しんで描いていたし・・
 みんながそれぞれ いい絵を描いてから記念撮影のとき「あれ、多いね。」
 椅子とテーブルの都合上、どのクラスも最大8人のはずだった。。。。。
 
  しかも撮影しているサローラを入れると10人。
  答えは左から2番目のコータ君がまちがえて来たのでした。notesジャンジャンup
  さらに、半年お休みしていた青チェック服のヤチルちゃんもこの日から復活。
  これでも一人欠席していたから座れたというわけ。まさにトトロマジック。
 
 トトロ先生は、もちろんお迎えに来られたコータ君のお母さんに「ダメでしょっ!!まちがえちゃ」とダメ出しをしましたよ。。。。
 あーーーーびっくりした。
 彼はお休みが多いので「自分で電話をして確認すること。」って言っているのだけども・・。
 なんとか全員楽しく描けたのだったらいいんだけども。アトリエ史に残る日。
1611138 
 だから、後半のクラスは2名欠席でゆとりもいいとこ。
 あれから、少しシャンと描いているライア君。倉吉のアオイ君を待っていたけど都合で次回になったから「今日はこのクラス、オヤツが余るねぇ。」と言ってみたら「僕、食べてあげますっ。」ライア君、細身でもよく召し上がる男。いいな。
1611139 
 ヒロト君の世界は相変わらず独特で楽しい。
 ものがたりが織り込まれていて、いつも出来上がりが楽しみだ。
16111310 
 ユイ画伯は光を注ぐ少女たち。
 ユイちゃん自身がそんな子なので、楽しそうにパンジーを描き進めてデッカい太陽を描きながら「フフフnote」という感じで楽しそうだった。
 トトロ先生の絵にも光が注がれたようだ。
16111311 
 みんなが帰って「すごい日でしたねぇ。」と、一息つきながらサローラとお花のプレゼントアレンジをこさえた。
 日曜のイベントにアトリエの子が出演するので、その準備。
 生け花もアレンジも子ども達には教えながら手伝ってもらっている。
 いつかきっと役に立つから。
16111312 
 13日の日曜は、創ったお花を届けに行ってからアトリエの中で秘密の作業を繰り広げた。助っ人は生徒のカナちゃんとサローラ。11月はいろいろと楽しい作業がてんこ盛り。
 
 「忙しい。」とは決して口に出さずに「面白いこと手伝ってください。」と助っ人を呼ぶトトロ。そうすれば、なんか楽しくなりそうだからね。
 
 20日に法事で盛岡行きがあるのでタイムリミットが足音を忍ばせて近づいている。
16111313 
 天使とお花と秘密の仕事。座敷わらしも手伝いに来ないかな・・
 四苦八苦の、まさしくシクラメンの日々。
 きっと、それを幸せと呼ぶのでしょう。
 

2016年11月 6日 (日)

11月のはじまり

 10月30日の日曜は、美しい秋色の並木道を通って県民文化会館ロビーへ。

 災害が来ても、街路樹は季節を彩る。

1611052_2  
 
 BOSSの写真が「しゃんしゃん傘踊りフォトコンテスト」で「スマイル賞」に輝き、展示されているのを観に出かけた。
 毎年、コンサート直前のフル多忙の時期に「アトリエの子ども達が頑張って踊っているから写真撮って来てくれないかなぁ・・」と頼むトトロ。
 アトリエキッズを探して写すうちに、いろんな素敵なシーンも撮影して汗まみれで帰ってくるBOSSは何年か前からコンテストに応募するようになった。
 一番先に応募したアトリエのミオちゃんの写真が佳作に入り、ほぼ毎年何かの賞をいただいている。
 今年は。保育士さんのグループ連のなかでもひときわ輝きを放つ方を見つけて「陽光」とタイトルをつけて応募した。いい写真だと思った。
1611051_2
 
 11月2日の水曜クラス。全員集合。
 やっぱり地震のときの話をしている。みんな学校に居た時間だ。
 「倉吉の給食センターが年内は復活が出来なくて、毎日パンと牛乳だけだったんだってよ。」と伝えると「しっとる」と。 みんなはオヤツを大切に分けていた。
 「好き嫌いとかいってる場合じゃないよね。」ユミちゃんが家の人に言われたのか少し大人っぽく言った。「うん。」みんなはうなづいていた。
 子ども達なりに、いろんなことを考えたらしい。
 このクラスだけは小さいから、いざというときは全員テーブルの下に潜り込める。ちょっと潜ってみる子もいた。「せんせいは安全なところを見つけておいて逃げてよ。うちらはここの下に潜れるから。」「はい。わかりました^^」
 なんだか急に成長する心。
 本人達は気づいていないけれど絵を描くチカラも心のチカラもワンランクアップする秋。
1611053 
 11月3日、文化の日。
 トトロはJRで米子へ。今回は三人旅となった。
 足の長い二人は、マサヒロ君とサローラちゃん。ステキですっ! 米子駅にて。
1611054 
 知事のダジャレの「蟹取り県」から生まれた「カニダー」に変身したマサヒロ君。彼は9年前の中学生の時と7年前の高校生のときの2度、米子のトトロ展にそのときのアトリエの仲間達と同行している。
 高校生の時には安来の足立美術館にも行った。
 社会人となって、ようやく実現した懐かしのトトロ旅。新聞記者用のカメラも持参して、大量の写真を撮ってくれた。
 サローラちゃんは昨年に次ぐ2度目。
1611055 
 米子の「だんだんバス」(だんだん・・西部の方言でありがとうの意味)。
 僅か10分ほどの乗車区間でメキシコ人のパパと米子人のママを持つ小さな女の子と赤ちゃんと親しくなり、トトロ個展に来て下さる約束をして手を振っているところ。お姉ちゃんは3歳のティナちゃん。トトロの得意わざ瞬時の国際交流だった。
 こっちだってモンゴルのサローラも居るしね。なんだかスゴイ。。。。
1611056 
 バス巡りと街中散歩を楽しんでから行こうと立ち寄ったのは「米子市美術館」。
 中では太宰治などの「美形男子」の写真や地元出身画家の作品の展示。
 「本日に限り無料」の看板。文化の日特典だった。
1611057 
 この界隈にあったレトロな本屋さんで第一回米子個展をしたトトロ。
 そのときマサヒロ君は今のサローラと同じ中二だった。
 「あ ここにみんなで来ましたね。」思い出したらしく感無量。9年前のこと。
 そのときのアトリエ仲間は全国に散って働いている。
1611058 
 パナデリーアに着いたとたん、今帰ろうとされている方が「あトトロ先生。」と。ご自分のブログに米子のトトロ展のことをいつもご紹介して下さるEさんだった。ようやくお礼が言えて、また奇跡の予感。
1611059 
 続々とお客様が来られて、その中の93歳の白髪のご婦人がマサヒロ君を見つめて「美男子だことぉ♡」と首ったけ。マサヒロ君たじろぐ一幕。年上にモテるのね。
「今、美形男子の展覧会に行って来ましたよ。」とトトロ。
 皆さんトトロ童画のファンで絵を買って下さっていた。
16110510 
 ちょっと外に出ると、またあのZuさんとバッタリ。
 何年も会えなくて会いたかったのに、来る度に会えるなんて・・。
 あとでFAXをいただいて知ったのだけど、ご自分の病気と老親の介護で2年間もお休みしていたアートの教室を再開したところだったとか。「トトロさんに会えた。再開してよかった。」と書いてあって「生きててよかった。」と返信した。
16110511 
 さまざまな人間模様を目の当たりにした二人は、たくさんの手伝いをしてくれて人の出逢いや不思議なつながりに何かを感じてくれたと思う。
 もちろんここの美味しすぎるパンや、駅中グルメランチもごちそうしたのだけれど、やっぱり有り難い方が大きい。
 またこんな風に、大きくなった生徒たちと旅が続けられたらいいな。
 元気でいないといけないな、と思った。
 
 米子展第2幕は 始まったばかり。
16110512 
 5日の土曜日は、風邪でお休みが数人。寒くなったからね・・。
 と思っていたら半袖のコーセー君。すごい。
 描く気満々。
16110513 
 
 静かに燃える男、セラ君。
16110514 
 秋色の鉛筆を探してワイワイと色の研究中。みんな楽しく真剣で可愛い。
16110515 
 後半クラスも、アトリエに来て2分もしないうちに何かを描き始める姿に感心する。
16110516 
 買ってもらった自転車に乗れるようになって、乗って見せに来たエミちゃん。
 よく見ると自転車の絵が描かれている。
16110517 
 こびとの世界、とどまることを知らず。
 このあと2枚目も描きはじめていたあやかちゃん。
16110518
 
 
 いろんなことがあるけれど、みんなの笑顔に救われる11月のはじまりです。
 
 *全国から被災地への応援、ご支援ありがとうございます。
 倉吉をはじめ中部被災地のみんなはとても頑張っています。
 落下梨のコンポートなども販売始まりました。
 引き続きよろしくお願い致します。
 

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »