フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« トトロの涙 | トップページ | うるう年 »

2016年2月21日 (日)

小さな仲間たち

 二年ぶりの復活童画展の案内ハガキが刷り上がった。

 使用した作品は、二年前の入院直前に描き始めてそのまま放置され、退院から一年後大きな絵に着手出来るようになってからアトリエのイーゼルに立てて、みんなの教室の度に一筆ずつ描き進めて、先日ようやく完成して画材屋さんに額装をお願いすることになった今展の代表作「希望」。
「リンタ」という和紙を漉くときの原料となる分厚い和紙で、これを煮融かして薄い和紙を漉く。だから色を乗せても乗せても沁み込んで、なかなか紙の表面に浮かばない。水彩で描くから何度も何度も重ねて色の変化を楽しむことが出来る。
 私は、この紙のあたたかさが好きで以前鳥取の山あいの紙漉の里「佐治町」まで行って手に入れて来た貴重な紙だ。
 生命の木の枝に、子ども達がそれぞれのことを楽しんで歌い奏でる。
 トトロの大切な仲間たちの姿そのものだ。
1502201_2
 
 制作もクライマックスの時期になり、なるべくまとめて画材を出し置いて絵を描く為に、教室の日を翌週に集中していたら「アトリエ入会希望」のお電話があり、16日の火曜日に面接をした。
 つぼみのような小ちゃい一年生の「まおちゃん」
 緊張しながらお母さんと訪ねていらして、挨拶のあと一緒に絵を描きながらお話をすると、ものの5分くらいでトトロとうちとけてピトッと寄り添いたちまちスヌーピーの世界を描いた。
「これを仕上げて展覧会に出しましょうね。」「はいっ。」
 先日のカノちゃんに続いて、同じく月曜クラスに通うことになった。
 またみんながビックリして、喜ぶだろうなぁ。カノちゃんすでに「先輩」。
 この初対面は、もちろんトトロ先生のファイトの元となったのは言うまでもない。
1502202
 
 19日の金曜は病院の日。
 新幹線やホームで度々息苦しかったこと、ペースを速めると苦しいこと・・・。 出来ると思っていたゆるい坂道を歩くことでもなかなか大変なことなどを報告し、それでも絵描きの仕事とアトリエの教室だけは大丈夫なことをお話した。
 「復活個展をすることになりました。」とハガキをお渡ししたとき、ドクターは
 「おめでとうございます。」とニッコリ。「おかげさまで、ありがとうございます。」
 大丈夫。絵さえ描けてアトリエが出来たら生きていける。
 
 「次の時にレントゲン検査もしましょう。」
 今回の血液検査はまあまあだった。
 診察のあと、もちろん入院していた二つの病棟に上がって個展案内ハガキをお渡しして来た。「元気の出る展覧会だから、いらしてね。」懐かしいナースの皆さんやドクターとお会いして渡すことが出来た。
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
 20日土曜A・Bクラス。
 あいにくの雨の中、マスク姿の子も多い。
 「インフルじゃありませんから。」・・。
 ミカちゃんも立派な樹を描いている。
 感心するのは、展覧会用の作品を出し終えたばかりで、新たな作品に燃えていること。みんなは展覧会の為に描いているのではなくて、いつもいつでもアトリエに来て絵を描くことの姿勢が同じなのだった。
1502203 
最大27センチ。最小12センチ。
みんなアトリエで絵を描く姿は同格。・・・・・27センチって・・デカッ!!
1502204 
 アートの空気がみなぎるアトリエ。
1502205 
 秘密基地のようなアトリエ図書館でお気に入りの本を探すコーセー君。
彼は毎回絵本を借りて行く。
1502206 
  絵を描き終えて、オヤツが終わるとケント君とコーセー君の絵本タイム。
 時々二人の好きな絵本が被っているし。ゆったり時間は楽しそう。
1502207 
 Bクラスでは、シュンアキ君とエミちゃんが初展覧会になるので、ハガキを読んで説明をした。
「いいですか?この同時開催・・トトロ先生の小さな仲間たち・・というのは、みなさんのことですよ。先生は本気でみんなのことを仲間と思っています。仲間ってお互いが大好きで、いつも助け合うものだからね。。」「・・・・・・。」「うん。」
 みんなはとても嬉しい顔で聞いていた。そして一生懸命絵を描いた。
アトリエのあちこちに、トトロ先生の描きかけの絵があって、それを時々見に立ったりして。「いいね。これ。」なんて言っていた。
1502208 
 一人の絵を見に行くと、みんなが一緒についてくる。
作者はうれしそうに説明している。こんな場面はとてもいい感じだ。
1502209 
 ひとしきり片付け終えてから、飽きもせず剣玉タイム。
 ユウマ君とハルカちゃん兄妹は名人だ。
 シュンアキ君に極意を伝授している。
15022010 
 トトロ先生描きかけの「湖」と小さな色紙。
 この日、「みずうみ」を描いていた子が多かった。見てたのね。
 小さな仲間たちって、すばらしく目ざとくて、可愛い。
 
 さあ、もう一息。トトロはみんなに元気づけられてまだまだ筆が止まらない。
 こんな関係ってとても有り難いから、もう少し頑張れそうな気のするアトリエの二月のこと。個展まであと約3週間。もうすぐ春が来るね。
15022011 

« トトロの涙 | トップページ | うるう年 »

アトリエ日記」カテゴリの記事

コメント

「みんなは展覧会のために描いているのではなくて、
いつも姿勢が同じ」って、すごいことですね。
大人のように余計なことは考えないで、
まっすぐ絵に向き合っている人が、
まわりにたくさんいる環境って、
本当にすごくクリエイティブなんだと思います。
展覧会の準備、大変と思いますけれど、
体調に気をつけて、がんばってくださいねheart

ふうちゃん組 様
ありがとうございます。
トトロも一番感心し、また見習いたいところがそこです。
とかく、やらされているものは 提出してしまうとヤレヤレとなりがちですが、展覧会用に描いたものではない証拠に、子ども達は揺るぎません。
だから、素晴らしい作品なんだと思います。
本当のアーティストは、揺るがないのですよね。
無理をせずいいものを描きたいと思います。

こんにちは 師匠! お疲れ様です。 
ちっちゃい まおちゃん 可愛い仲間がまた一人増えて 
トトロ先生 嬉しそうですね~ 長くここで成長を 
見守れるといいなぁ p(*^-^*)q がんばっ♪まおちゃん 
HPで拝見してましたが、ポスターに描かれてる木の上の 
子供達も 嬉しそう♪ 大病を乗り越えてのお披露目、 
本当に生命の木って あるのでしょう! 
初日を迎えるまで 大変でしょうが 西から 
プニプニパワー送ります! 
(`ω´*)o"エイ(`ω´*)o"エイ(`◇´*)ノ"オー!!

プニ 様
ありがとうございます。
さっそく 本日の5時から教室に、まおちゃんやって来ます。
ドキドキでしょうね。みんなのびっくりも楽しみです。
今の時期に入る子も珍しいし、ましてや久々の展覧会に参加出来るなんて運命の神様のお計らいでしようね。
さてさてトトロ先生も立ち止まらずに進みましょうか。
パワー届きました。ありがトトロ。heart

こんばんは。
あと約3週間ほどに迫りましたか。
あれよあれよという間に早いものですね、
なんか、いまだ自分の作品が出るってほんとなの?って感じです(笑)
そうですね、あまり個展、個展と意識するよりいつも通りの自然体で絵を描くほうがいいかもしれませんね。
また新しく入って来た「まおちゃん」心から祝福いたします。
顔は合わしてないんですがうれしい限りです、心強いです。
“ギャラリー素敵”は実際に行って来ました。
アットホームで騒がしくないところがよかったですshine

素敵な案内状です☆
行けないけど欲しいくらいです(≧▽≦)

まおちゃんかわいいですね^^
小さい生き物って必然的にかわいらしく見えるように
なっているそうです
大人の生き物の保護意欲をそそるように・・・
トトロ先生のアトリエで見せるみんなの表情に
たいへん癒されております

作品がつつがなく仕上がりますように☆

チャーリー69 様
ありがとうございます。
さてさて いよいよですよ。
トトロは未だ毎日制作中。もうお尻に火がついてます。逃げられない。
こんな切羽詰まった日々はうれしいです。
ようやく生き返った感じです。
チャーリーさんとの初対面から2年。
出品までの関係になるとは・・うれしいですねー。
人生の出合い、まおちゃんも本日みんなと初対面して作品を仕上げました。お見事!!

Lino 様
ありがとうございます。
小さい人たちの可愛いデビューに、アトリエの未来を感じます。
まおちゃんの作品仕上がって、サインも入れましたよ。
この時期にニューフェイスとは神様も粋なことをなさいます。
他のメンバーも張り切っていました。
入学や卒業の決まっていないアトリエは、永遠を感じて安心するのかも知れませんね。
何とかして案内状送りましょうか・・・。考えてみますね。

「リンタ」から出来る和紙、素敵だなと思いました。
何度も色を乗せても、なかなか表面に色があがってこない紙。。

”小さな仲間たち”は、トトロさんの大きな原動力ですね。
卒業していく仲間のあとには、また新しい仲間がやってきて
途切れることなく続いてゆくアトリエは、卒業生にとっても
かけがえのない場所ですねshine

くまきろり 様
ありがとうございます。
リンタの原紙って、なんだか人生の経験値のようで惹かれます。
たくさんの経験を重ねると、ようやくその人の表面に何か魅力的な色が出るみたいな・・。
ちょっとだけの苦労や痛みくらいでは味が出ませんよね。
アトリエのたくさんの先輩たちが喜んだ絵本を、今の子たちが喜んだり、置き土産のパレットや古いバケツを大切に使わせてもらったり・・・トトロが夢見た理想の魂のつながりのある小さな学び舎になりつつあります。
つなげていかなくちゃ・・・と思っています。

またまた可愛らしい新人さん!(゚▽゚*)

トトロ先生の絵の中からぴょこんと飛び出して来たみたいですね。
「私も一緒にお絵かきしたい~♪」ってね。
あ、「おやつも一緒に食べたいし~♪」かな?(笑)


個展待ち遠しいですね。体調にお気を付けて。
「すてき」な春の始まりを感じます。

くまたろう 様
ありがとうございます。
そうなんです。この寒い時期に可愛いニューフェイス登場・・。
まるでトトロを元気づけるような出来事が次々とおこります。
不思議なこと満載。
あ そちらの岩手のお客様も県南の方とか・・トトロの両親の出身も宮城県境のあたりですよ。案外つながっていたりして。

個展の復活を直前にして、ゆっくりと春のきざしが見え隠れ。
人って心で生きていますね。heart

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556626/63240042

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな仲間たち:

« トトロの涙 | トップページ | うるう年 »