フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« どんなときも | トップページ | アトリエクリスマス・・その1 »

2015年12月13日 (日)

祈りの日々

 あれから、盛岡の父はあちらの世界とこちらの世界を行きつ戻りつ、時には見舞い客と会話が出来たかと思えば、今日は昏睡状態らしく予断を許さないようだ。

 トトロは飛行機を使ってもいいかどうか、木曜の診察の時に聞いてみたところ「何かあっても途中で降りられないし、酸素とか航空会社にあらかじめ連絡しておかないといけませんから、新幹線をお使い下さい。」とのこと。
 何故か飛行機の途中下車というところで、ドラえもんのタケコプターが思い浮かんでしまいちょっと笑いをこらえた。ドクターは真顔だったし。
 そして今年もまた、お世話になっている県立中央病院の心臓内科と胸部外科の入院病棟に子ども達のこさえたクリスマスカードをお届けした。
 看護師長さんたちとお会いして、トトロがおかげさまで子ども達とアトリエをしていることをお伝えし、イブに患者さん達やナースの皆さんやドクターの皆さんとでカードを開いて下さいねとお渡しすると、喜んで受け取って下さった。 
1512121 
 
 そして、さらに今年はトトロの最初の入院でお世話になり、今年の3月には病棟に3枚の絵をご購入いただいた市立病院へもカードをお届けした。
 
 アトリエの子ども達の100枚と、昨年授業に出向いたトトロの木のある小学校の子ども達からも50枚ほど届けられたので、シャッフルして混ぜ合わせ3等分して持って行ったのだ。
 
 久しぶりに絵と対面すると、描かれているこびと達は元気に毎日患者さんたちを励ましているようだった。「がんばるんだよ。」と絵の中のこびとたちに声をかけて、ナースの皆さんにカードを託しておいとました。市立病院にもあちこちにトトロの絵はがきが額装されて飾られていたことに感激した。
 
 相変わらずどこの入院病棟にも、点滴をぶら下げて車いす姿の患者さん達がたくさんいらっしゃる。自分もああしていたんだな・・・と思うと、今外から訪ねてカードをお渡しできることすら夢のようにありがたい。
 ベッドで知らない小学生達が一生懸命にこさえたカードを開いたら、どんなにうれしく元気が出るかをトトロは身をもって知っている。
 苦しい入院中にアトリエの子ども達からの手紙が、どんなに心の支えになったことか。「せんせいまってるよ。」のみんなからの一行で生還したと言っても過言ではない。
 トトロの描く童画の世界は、こんな場所に一番ふさわしいのかも知れない。
1512122 
 7日の月曜クラス、10日の木曜夜クラスにもみんなのカードを無事お届けした事を伝え、市立病院にも初めて持って行って喜ばれたことを話すと「来年はもっといっぱいつくろう・・。」と子ども達。その中から3枚ほど盛岡の父にも送らせてもらったことも話した。父はもうそれを読む元気がなくなっていたらしいけれど、何かは伝わったことを信じて・・。
 
 12日の土曜日クラスは、みんな展覧会に出そうとする作品を描いていたけれど、どうしてもクリスマスっぽくなっている。
 あたたかい電球の光に包まれたテーブルでみんながカンパイしている絵の途中のヤチルちゃん。
1512123 
 市立病院には足りなくて天使を持って行けなかったと言ったら、また作り始めたミカちゃん。・・・・・あなた自身が天使なんだよ。
1512124 
 後半クラスもみんなやって来て、う~~~~んと真剣に小さな自由の女神像を見つめて描く気満々のソラ君。
1512125 
 ちょっとミステリー。片方だけのクツの秘密は・・・?
1512126 
 三日月のファンタジーを仕上げたゆきのちゃん。「これ出します。」
1512127 
 合戦の図2部作をこれから完成させて出展しようとしているライア君。とってもオリジナルでいいよ。
1512128 
 ヒロト君の色使いはどの絵もステキだ。たくさんある作品の中からどれを出品するのかな?
1512129 
 片方のクツの秘密は、ユイちゃんだった。
 学校で駆け回っていて転んでねん挫したらしく、お父さんに「自業自得だ。」と言われていた。おてんばさんが静かに絵を描いていた。「先生といっしょの杖だよっ。」なんかちょっと得意そうなんだけど・・。
 子ども達って、よく怪我をする。
 そして、腕を吊ったり足にギプスをしてもアトリエに来て、いつもよりちゃんと絵を描くのは先輩達も同じだった。見せたい気持ちもとってもわかるトトロです。
15121210 
 xmasいよいよ翌週からのサンタウィークを控えて、今年は音信不通の上、胃潰瘍で通院していると聞いてあきらめていたのに、横浜のずっかちゃんからいつもの手づくりトトロクッキーが届いた。
新聞紙でムギュと固定された箱に一杯のトトロ。
 すぐにありがとうの連絡をして、ファー民さんに白ネギの手配をした。
 全国あちこちから心づくしのサンタグッズが到来して、アトリエのサンタ袋がだんだんに膨らんで行く。ありがたいことだ。皆さんとはまだお会いしたこともないブログフレンドだというのに。あちこちに人間のフリをしたサンタさんが居てくれるのね。
15121211
 人は生まれる時と還る時を自分で決められないから、せめてその間、生かされているうちは前向きに自分で決めてしっかり生きようと、あらためて思う師走の日々。
 カードも展覧会のことも、アトリエサンタの準備も誰かに頼まれたわけでもないけれど、そうと決めて始めたからには続けて行こうと思うのだった。
 教師だった父がそうしていたように、関わる子ども達を全力で愛して、大切なことを伝えながらいつまでも見守る姿勢を受け継ぎたい。
 今にも天からお迎えが来そうな父に、心の中で(もうちょっと待ってて)と祈りつつ、ガサゴソと夜な夜なサンタの支度をしている毎日がなんだか不思議とあたたかい。     感謝と祈りの日々の中で。

« どんなときも | トップページ | アトリエクリスマス・・その1 »

アトリエ日記」カテゴリの記事

コメント

(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★師匠。(o´Д`o)ノ゙ お疲れ様です。 
師匠とチビ画伯達の暖かい贈り物。患者さんは勿論, 
病院関係者の方々も 癒され 元気UP!間違いなしです。 
まだまだ個展の準備や新年を迎えるあわただしいこの時期。 
体調管理は万全ですか? そうもいかないですか… 
楽しく充実した師走を 過ごしましょうね。 
q(゚ω゚q)(p゚ω゚)pガンバ♪

プニ 様
ありがとうございます。
おとなの創るカードではこんなにパワーが伝わらないんですよ。不思議なもんですね、子ども達の無垢な力って。喜んで下さると思います。
プニさんも長く介護されている日々・・いろんなハラハラがおありだと思います。たくさんの方がおなじようなことを乗り越えて生活されているのって、あらためてスゴいなと思います。
このごろ暖かい日が続くので、ありがたいですね。
お互いに風邪などひかずにファイト出しましょうね。(◎´∀`)ノ

みんなの心が絵があったかくて優しくて・・
人はつながって、つながって、伝えて、伝えて、
御先祖さまや先輩から・・
子どもや後輩へ・・
同じ時代に生きている人たちとは
リアルに密に・・
活き活きと生きて行きましょう✿(=^・^=)

アトリエはクリスマスがふさわしいですね~
クリスマスのあたたかい、うれしい気持ちは、
アトリエの気分に近いような気がします。
そんな気分を伝えてくれる絵葉書たち。
きっと入院中の人に元気を届けてくれるでしょうね♪

うさパン 様
ありがとうございます。
毎晩の電話でヒヤヒヤの毎日の中でも、ニコニコとやって来て絵を描く子ども達の気持ちに心がシャンとします。
そうですね。今を一緒に生きているみなさんと 大切に心通わせつつ過して行こうと思います。
きっと何かがつながって行きますね。ずーっと ずーっと。heart

ふうちゃん組 様
ありがとうございます。
アトリエは一年中クリスマスのような雰囲気ですね。笑xmas
今は まさにその集大成。
穏やかな顔で一心に絵を描く子ども達の姿そのものが 可愛くて天使に見えます。荒れた学校やいろいろな暴力などの事件を聞くにつけ、駆けつけて抱きしめたい気持ちになります。
子ども達を安心させるのは サンタの心を持つ大人達の大切な仕事です。
病院の患者さんたちも 束の間ニッコリして下さる事を祈りつつ・・。

「任しときぃ!」
ウィンクをするこびと達が見えるようです。
病院のあちこちで、たくさんのひと達に
ほっこりを届けているのですね。
それに加えて、こどもサンタさん達からの
お手製のクリスマスカードに、どんなにか
心が癒されることでしょう。
今度は自分がサンタになろうと思うひとが
いるかもしれませんねxmas

盛岡へ届いたカードは、きっと心眼で読まれているのでしょうconfident

くまきろり 様
ありがとうございます。
何事も始めるのは勢いで容易いことですが、続けて行くにはエネルギーが必要です。アトリエ自体も、その中であたりまえのように繰り広げられるいろいろなことも・・こびとたちに助けられながら。
サンタさんも、クリスマスカードも・・・。続けるエネルギーを養いつつ
今年もまた、さりげなく達成できたことが有り難いと思います。
誰かがどこかで真似をして下さったら、それはとてもステキですね。

父は心眼で読んでいたのかも知れませんね。詩人ですものね。

こんばんは。
生まれてきたってことは使命があってのことと…
そう思いたいんですよね。
なにも、世界の偉人になろうとか有名人になろうとか、
そんなことではないと思うんです。
そのことを子供たちの作ったクリスマスカードが語っていると、
そう思います。
思いは不思議と風がさらって行くものですから、
お父様にも届くと思いますshine

チャーリー69 様
ありがとうございます。
そうですよね。
その使命を全うして生きたいものです。
子ども達は自慢も卑下もしませんから、ただ無心にこさえたものにパワーが宿ります。可愛い自慢は時々ありますけどね。笑
思いや心配は必ず届きます。
そう信じて絵描きをしています。
明日は楽しく過しましょうね。xmas

お父様の事を考えると飛行機で飛んでいきたいですね。教師のお父様の素敵な愛情が遠い鳥取の地で子供たちにも受け継がれているんですね。子育てに必死でなかなか余裕を持てない私にとって、トトロ先生の深い愛情と見守る姿勢が本当に心強いです(*^^*)昨日は弟にまでプレゼントありがとうございました(о´∀`о)二人でキャッキャ言いながら楽しそうに袋を開けていました!
ひめパパも初のアトリエに緊張したらしく、やはりDNAを感じました(笑)
そしてキラキラの素敵な絵を持って帰り、また宝物が増えました‼魔法のようなご指導ありがとうございました( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

ひめママ 様
ありがとうございます。
昨日はみんなちゃんとしてましたよ。笑
そして楽しく絵も描いて みんなで協力していて成長を感じました。
ひめパパも、やさしそうないいパパですね。DNA満載(*^-^)
魔法を使ってキラキラの絵 指導してみましたよ。
うれしそうでした。
みんなの未来が楽しみです。xmas

その後、お父様の御加減はいかがでしょうか。
恐らく、頑張っておいでのことと存じます。
トトロ先生も頑張って下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556626/62857161

この記事へのトラックバック一覧です: 祈りの日々:

« どんなときも | トップページ | アトリエクリスマス・・その1 »